Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

二刀流万歳!! 変態と常人の二刀流はWildmanです。

狂ったような暑さの中、我がDeNAベイスターズは完全に狂ってしまい、20年振りの優勝どころか首位カープには離されるばかりの戦いっぷりになってしまいました、まさかここまでケガ人が出るとは・・・・

それでも突発的にトレードを行ったり、アメリカ帰りを補強したりとまだあきらめてはいません。こうなったら優勝なんかどうでもよいのですな。だって3位までに滑り込んでクライマックスシリーズにさえ出てしまえばこっちの物、短期決戦の鬼ラミレスベイスターズは、高校野球のようにせこせこと勝ち上がって、日本シリーズに出撃するシナリオは目に見えているのです!(と言うかもうこれしか方法が無いのですが・・・)

なのでWildmanは本日、横浜スタジアム開催の阪神タイガース戦に今季初の出撃となります。ここ数年、観戦する試合はやたら勝率が良いので、今日も苦手阪神相手にきっと勝つことでしょう。

と、その前に不肖Wildman、明日21日(土)の午後13:00pmから放送予定のBSフジの番組「水前寺清子情報館」に出演予定です。予定というのは生放送なので、何がどうなるのか私には分かりませんので、見てからのお楽しみという事で宜しくお願い致します。

で、先週末はですねMQQNEYES USAのOpen Houseが開催されまして、瞬間移動で行って参りました。アメリカも暑いのは分かっておりましたが、今回は湿度を含んだ暑さとなっていて、なんだか日本みたいで驚きました。

相変わらず朝早くから、皆さん集まって来まして、Shop前の通りからお隣のHamburger Shopまで沢山のHot Rod & CustomやChopperたちで埋め尽くされました。

名古屋から渡ってはや数年のロドリゲス号も毎回元気に走って来ております。

こんな車が来ているのもご愛敬ですが・・・・

もちろんPinstripeのデモも行いまして、沢山のお仕事を頂きました。何だかここ数年ミニカーへのPinstripingがやたら多いのですが・・・

いつも沢山のミニカーへのStripeのご注文を頂くミニカー兄ちゃん(勝手に呼んでいるだけです)はだんだんエスカレートして来て、今年はこちらのモーターホームのミニカーを持って来ました。WILDMANて描いてくれだって・・・・・・

こちらのVW Type IIは左面がMQQNDOG、右面はMQQN犬(ムーンドッグ)と描いて欲しいとのリクエストでした・・・不思議です。

Open Houseは無事終了致しまして、翌日はPetersen Automotive Museumにふらっと行って参りました。2年前もふらっと行きましたが、今年も記憶にある景色だけで判断し、何も見ずにまぐれで無事到着となりました。

このミュージアムは期間テーマを決めて、展示車両を替えているのですが、前回訪問時は流線形のおフランス車の特集でしたが、今回は”The Roots of MONOZUKURI”というタイトルで日本車特集となっていました。ものづくりニッポンであります!

日本やアメリカから集められた日本車が多数展示されているので、一瞬日本の博物館にいるようでした。BGMはもちろんスキヤキ(上を向いて歩こう@坂本九)でした。しばらく上を向いて歩いたら、めまいがしましたが・・・・

入り口ではスバル360、トヨタS800、エスロクが迎えてくれて、上の階に行くと、トヨタ2000GTが2台、コスモスポーツ、フェアレディ等の分かりやすい車から、フライングフェザー、フジキャビン、三菱500といったアメリカ人には難解な車も並んでいました。

展示の看板の日本語はホンダではなくホソダに見えますが・・・・

他にもマツダR360クーペ、日野ルノー、ダットサン・クーペ、シルビア、観音クラウン等が並んでおりました。

このような物体も展示されるのが現代的というか、アメリカ人から見た日本のイメージなのかしらん、という気持ちにさせられました。ケンメリ・スカイラインはKENMERIと紹介されてました・・・

こちらのサバンナRX-3やセリカもプラモの実寸仕様となっております。

となりのフロアにはバイクも多数展示されていていますが、あれっと思ったら広島の平和モーターサイクルさんのトライアンフが飾られておりました、凄いですね。

さらに下に降りるとポルシェの特集が組まれておりまして、素敵過ぎる空冷さんたちがいっぱい並んでました。

旧い356たちはどれも可愛すぎでして、ナローの911Sはタルガでしかもスポルトマチックというオシャレさん仕様がたまりませんね。

こちらの550スパイダーは、ホンダF-1初優勝時のドライバーである故リッチー・ギンサーが乗った車だそうです、歴史が刻まれています。

4気筒の白い912や、プロトタイプの真っ赤な901もありました。

名機カレラ6 & 10、化け物917や956、パリダカの959もありました。

プロトの4ドアの928は気色悪いですが、この頃からポルシェは何とかして4ドアを作ってビジネスにしたかったのですね。

大好きなビッグバンパーの930ターボもありましたが、クリームの方のストライプが素敵過ぎますね、オータキのプラモを思い出します、ビッグバンパー超カッコいい!!

さらに Low Riderたちも車文化の一つとして紹介されておりました。懐かしの1964 IMPALA “GYPSY ROSE”もありました。

もっと見たかったのですが、Petersenの館内は異常なほどクーラーが効いていて、冷凍人間になってしまうほど寒かったので、具合が悪くなる前にそそくさと退散しました、う~寒い!!こちらは入場料が$16で駐車場代金が$15でした、これいかに??

とこれで今回の出張も無事終了と言いたかったのですが、実はもう一つのお楽しみをさせて頂きました。



MQQNEYES USAから宿泊先MOTELまでの帰り道にあるのがDisneyland、その反対側にあるのがアナハイムのエンゼル・スタジアムであります。エンゼル・スタジアムといえば、MLBのロサンゼルス・エンゼルス。そう、二刀流の大谷翔平クンのエンゼルスであります。何と今回はMLB観戦をしてしまったのであります!! 仕事で行っているのに野球を見るなんて立派な犯罪行為です、申し訳ありません。

入り口にはすでに大谷ファンがいっぱいいて盛り上がっております。マニアックな方は岩隈や新庄のユニフォームを着ていましたが・・・そういえばついこの前の1981年にソニープラザで購入した、カリフォルニア・エンゼルス時代のTシャツを持っていたのを忘れていました、ここまで持ってくれば良かった・・・・

そうこの日は大谷翔平Double Bobbleheadがプレゼントされる日なのでありました! 入場者は大谷君の「二刀流」のBobbleheadを頂けるのです。つまり
フィギュアは投打の2つがセットになっているという豪華仕様です、素敵ですね。

入り口はモバイルチケットエントリーなのでスマホで行いますが、小心者は「もし失敗して門前払いをくらったらどうしましょう??」と思ってましたがすんなり読み込んでくれました・・・

するとすぐにヤクルト2本を手渡され、いったい何?と思ったらヤクルトがスポンサーなので試供品として配っていたのです。美味しかった! US仕様の容器もカッコいいぜ!でもあのヤクルトの小さな容器ではアメリカ人には小さ過ぎますので500mlのヤクルトも作った方が良いと思います。

球場内は夢の世界、やはりボールパークは違いますね。横浜スタジアムもこれを目指して現在進行形なのであります。

グッズ売り場は大谷君の物が沢山置いてあり、凄まじい人気でした。Tシャツを買うのも大変でした。

このゴミ箱も素晴らしい!

内野席に降りるとそこには黒山の人だかり、何とシアトルマリナーズのイチロー様がストレッチを行っていたのです! さすがレジェンド、もうプレイしなくてもお客様を楽しませてくれるのです、素晴らしい!

大谷君は現在ケガの為、ピッチングは行っていないのですが、代打でも活躍している二刀流なので、今日もきっと出番が来ると思っていました。こうやって彼がベンチの所にも立っています。

試合はエンゼルスがポンポンと点を取ってしまい、マリナーズに圧勝となってしまいました。だからどこかで代打に大谷君を使ってくれればファンも喜ぶのに、結局最後の回の攻撃となっても出場しませんでした。せっかく大谷二刀流仕様のBobbleheadを配った記念すべき日で、大谷ファンもいっぱい来てるのにファンサービス無しのあのヘボ監督は早くやめさせた方が良いと思いました。

終始、大谷君の後姿だけを見ていた1日でしたが、二刀流Bobbleheadがもらえたので良しとしなければなりませぬ・・・・

これを機にWildmanも変態と常人の二刀流を目指そうと思いました。ある時は変態、ある時は常人、この使い分けが大事なのです!そしていつかはWildman Double Bobbleheadを作ってみたいのです。
Go! with MQQN

Be Sociable, Share!

???????????