Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

灼熱のタイにてアラレちゃんこんにちは!

今年の春はとっても寒くて、本牧通りの桜さんたちも寒さを感じているようでして、ゆっくりと咲いてゆっくりと散って行くようです。

そんなSakura Weekの間にMQQNEYES御一行はタイに行って参りました。まさか帰国後も桜が咲いているとは思っておりませんでした。

タイはバンコクのMQQNEYES SHOP BKKが3周年記念のイベントを開催致しまして、そちらに参加して来ました。というか昨年の9月にも2周年記念イベントで行っておりますので、何だかAnniversaryだらけでよく分からないのであります・・・・・

タイは只今真夏でして、気温は平気で35度!になってしまう暑さでありまして、春なのに寒い日本とのギャップが激しかったのです。おかげでもう日本では食べられないDaily Queenのソフトクリームが食べられて大変満足なのでした。懐かしいなあ、元町や上大岡にあったDaily Queenが・・・・

いつもと同じくビンテージモール内のMQQNEYES Shop BKK & MQQNCafe前の広大なスペースを利用してCar & Bike Showが開催されました。

相変わらずいろんな車やバイクがあるのですが、今年はやたら旧い型式のメルセデスが多かったのです、タイで流行っているみたい!?

残念ながらこのマフラーの意味が分かりませんが・・・

こちらは出来たばかりのMQQN CafeのShop TruckのISUZUですが、黄色と白のツートンカラーは少し寝ぼけた感じがしていたので、塗り分けの境目に一本黒いラインをササっと描いたところ、このようにビシッと決まりました、自画自賛!?

日本車は人気でありまして、70’s なセリカには本牧ステッカーが張られていました。ルーチェもやたらうるさいロータリーサウンドを響かせておりました。

ナゼか藤原とうふ店(自家用)仕様はダイハツ・シャレードでした。

VWはHot Wheelsの実物大のような感じで作られていました。これからは実車からミニカーを作るのではなく、ミニカーを実車にしてしまう時代が来るのかもしれません・・・

フラフラ歩いておりますと、目の前に突然不気味な物体が! 何とマツダ・ライトバスがバーに改装されて鎮座しておりました。

何でこのような珍奇なクルマが、この場所にこのような形で存在しているのかさっぱり分かりませんでしたが、異国の地で余生を送っているライトバスに郷愁を感じたのであります。

勝手に決める、Best of ShowはこちらのDr,スランプはアラレちゃん号に決定致しました。最初に見た時は驚きました、だってまさにミニカーを実車化したとしか思えませんでしたから。

漫画に出て来るルーフがビヨ〜ンと伸びたMiniがそのまま形になっていて、一体どうやって作ったのかと思ったら、ベースはゴルフカートでそれにMiniのパーツを組み合わせて仕上げたようなのです。素晴らしいです、んちゃ!!

カスタムバイクも沢山飾ってありましたが、他の東南アジアの国々とは違って小さな排気量のバイクは少なく、大型の日本車やHarley-Davidson、Triumphが目立っておりました。

旧車會は世界進出を目指しているのでしょうか・・・・



ちょっと珍しいスズキは750刀ではなく、しぶいGS650Gでありました。

何と陸王のコレクターさんがいて、ベース車両やエンジンが沢山あって驚きました。どこの国にも変人はいるものです。

鉄腕アトムやドラえもんも人気なのであります!

ヨーロッパの旧い珍スクーターたちも、ここに来た時に見れる楽しみの一つなのでした。

カスタムペイントのコンテストも開催されておりまして、今回のお題はぶった切ったバイクのタンク(片面)でありまして、力作揃いでした。

Pinstripeのお仕事も沢山頂き、タイ在住の日本人の方も来てくれました、有難うございます。

そして同じ敷地内のナイトマーケットを廻ってみると相変わらず小心物Wildmanには食べられそうにない食材が多数並んでおりました。

真ん中のは天然記念物にしか見えないのですが・・・・

豚の血のスープのタイラーメンは何とか食べれるようになりましたが・・・・

おなじみの初期ダイハツ・ハイゼットのケータリングも来てました。

こちらも少し新しい年式のハイゼットですね。

相変わらず動物の生体も売られておりまして、暑い中小さなワンちゃんがケージの中に・・・複雑な思いであります。

スワップミートを覗いてみますとショーケースの中に青い素敵なミニカーを発見、あわてて写真を撮ったらこのようにブレてしまいました、すみませんです。

こちらの青いミニカーは本物のビンテージモデルになりまして、1960年代に製作された英国はCorgi Toys製のLotus Mk.Elevenなのです、実車が現役だったころに作られた当時物です。

キズや汚れもあってドライバーのフィギュアも欠品しているのですが、よくぞこの灼熱の地、タイに50年以上残っていたものだと感動してしまい思わず買ってしまいました。たったの200バーツ(700円くらい)でしたので・・・・

Wildmanお気に入りミニカーの一台でありまして、家に帰れば御覧の通り沢山生息してました。初期は薄いグリーン、シルバー、レッドの3色で品番が151でしたが、後期になって鮮やかなブルーにストライプのゼッケン
デカールとなりドライバーが追加されて品番151Aとなりました(どうでもいい知識!?)奥にあるレッドが激レアのカラーでして、20年以上探しました。ちなみに薄いグリーンのヤツが最初に手に入れた物で、ついこの前の1978年に元町サンセットにて捕獲しております。

さらにレアなのがこちらのレーシングカー・ギフトセットで、3台セットの内、一台がLotus Elevenとなっています。

最後はミニカー話で今回のタイ出張Reportは終了となりますが、「ミニカーコレクション、第3位」は次回の発表とさせて頂きますので、宜しくお願いします。

Be Sociable, Share!

???????????