Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

44周年のミニカーコレクション、第2位発表!!

皆様、10連休となった(方々もいる)Golden Weekは如何お過ごしだったでしょうか?

この間に我がDeNAベイスターズは10連敗という凄まじい成績を残して

あっという間に最下位転落の憂き目に遭いました・・・・

連敗脱出後、ちょこっと勝って又連敗という流れは、懐かしい暗黒時代を彷彿させる
ものでして、DeNAになってからの新規ベイファンの方々はさぞや困惑されていること
でしょう・・・・

このくらいの連敗でですね、5月でシーズン終了なんて状況は、大洋~横浜大洋ホ
エールズ時代はしょっちゅう起こっていた事ですし、ベイスターズになってからも98
年の優勝後、21世紀になってからは長い暗黒時代がありましたので、Wildman的には
こんなの全然平気なのであります!

なんて、強がりを言っているように思われますが、ここ数年ベイスターズはラミレス
監督の元、Aクラスに2度も入ってしまい、しかも2度目はクライマックスシリーズを
勝ち抜いて何と日本シリーズ進出という快挙というか暴挙をなし遂げてしまいまし
た。

ファンもチームもその気になってしまい「今度は優勝だ!」と騒ぎ始めましたが、昨
年はあっさりと4位に沈んでしまい「あれれ、こんなはずじゃなかったのに」と意気
消沈・・・・横浜スタジアムもスタンドを増設し、今年こそ!と挑んだ今季はいきな
りの大失速で、ぶっちぎり最下位を迷走しております。

この感じは久々なのですが、少し前までは毎年こんなだったので古くからのファンは
それほどの衝撃は無いと思いますが、新規ファンはたまったもんではないでしょ
う・・・かわいそうに。

2年前のクライマックスシリーズ制覇~日本シリーズ出場時の流れではラミレス監督
の采配はズバズバと神がかり的に当たりまくり「短期決戦の鬼」

といった感じで「名将」とさえ言われました。まるで高校野球の甲子園大会を制する
ような感じで、短期決戦上等の素晴らしい采配でした。

これがいけなかったのかも?と昨年薄々と感じていたのですが、ナゼかこの時の采配
をシーズンを通してやるようになってしまい、中継ぎの投手は勝っていても負けてい
ても毎日のように投げまくり疲労困憊でぶっ壊れる、一発頼みの打線はソロホームラ
ンばかりで全くつながらず、打っても打っても全然得点出来ないという流れでホーム
ラン王もいる強力打線を持ちながら最低のチーム得点という摩訶不思議なチームと化
してしまいました。

中畑監督からラミレス監督へと繋がれ少しずつ上昇していったDeNAベイスターズです
が、ここらがここ数年で作って来たチームの限界なのかな?と思わせられる最近の戦
いぶりなのです。

主砲のTさんは来年以降のメジャー移籍を希望されているようですし、チームを引っ
張って来てくれた外国人選手もそろそろ衰えが隠せず、若い投手は一年限定の活躍で
終わるといった恒例の流れとなっていて、どう考えても今期は上昇の兆しは見えて来
ません。ケガ人も多いのですな・・・・

第一期DeNA時代は十分に堪能させて頂きましたので、今後は切り替えて短期決戦型で
はなく「普通の采配」をして頂き、若い選手を上手く起用して新しいベイスターズを
数年掛けて作って欲しいですね。その間はずっと最下位でも昔のことを考えたら全然
OKなのであります、あの大洋ホエールズ時代を知っていれば何も怖くありません、ハ
イ!! 今後もGo! 横浜 DeNAベイスターズであります!!

という事でベイスターズ話が長くなりましたが、いよいよ44周年のミニカーコレク
ション、第2位の発表をさせて頂きます。

Wildman家における最初のファミリーカーは昭和40年頃に親父が中古で買ったこちら
の画像の出目金一本バンパーのスバル360で有りました。

その後もスバル360を乗り継ぎ、初代ダイハツ・フェローに乗り換えましたが、スバ
ルからフェローの流れが幼年Wildmanにとってはたまらなくノスタルジーを感じさせ
る自動車の記憶となっております。

ミニカーコレクションを始めた1975年の時点ではすでにスバル360のミニカーなんて
作られているはずもなく、欲しければ昭和30年代当時に作られた当時物絶版ミニカー
を探すしか方法は有りませんでした。

バイブルのカラーブックス「世界のミニカー」で調べてみるとスバル360のミニカー
は、当時アサヒ玩具のモデルペット製と大盛屋のミクロペット製の二つのモデルが作
られていたようでした。

しかし1975年の時点でもこれらのミニカーは10数年前に絶版となっていて、おいそれ
と見つかる物ではありませんでした、インターネットもありませんしね・・・・

それでもこちらのアサヒ玩具のモデルペットのスバルは当時そこそこの量は作られて
いたようでマニア間でも流通していたので、頑張れば見つかるかもといった感じでし
て、実際に頑張ってみたので1979年に元町サンセットさんの最初の店舗で無事に捕獲
することが出来ました、めでたし、めでたしと変態中学生は一人部屋の中で満足して
おりました、素晴らしい青春であります!

さて、問題は大盛屋ミクロペットのスバルの方でした。まず大盛屋(タイセイヤ)と
いうブランド自体、私は全く理解しておりませんでした。だって昭和40年にはこのブ
ランドは倒産していたので、昭和39年生まれの私はそんなブランドのミニカーなんて
幼少期でも触れる機会がありませんでした。

「世界のミニカー」や日本ミニチュアカークラブ発行の月刊ミニチュアカー誌の連載
「ミクロペットのすべて」等の記事でお勉強して行きましたが、

大盛屋というのは戦後出来た玩具メーカーで、二代目の社長さんが就任後新しい出発
の一部門としてミニカーの開発に取り組んだそうです。が、ミニカーというのは他の
玩具と比較して桁違いの開発費が掛かり「若社長の道楽」とまで言われながら昭和36
年にアサヒ玩具のモデルペットに次ぐ国産2番目のミニカーブランドとしてスタート
し、昭和40年に倒産するまでの間、せっせと60種近いミニカーを販売しました。大し
て売れませんでしたが・・・

そんな大盛屋ミクロペットの第一号が昭和36年4月に発売された品番F-1のスバル360
でありました。モデルペット同様、初期の出目金をモデル化したもので、角ばってい
るモデルペットよりも丸みを上手く再現したミクロペットの方が出来としては優れて
いますね。

しかしミクロペットはアンチモニーという柔らかい素材で出来ていた為、

一回の落下で完全に破損したり、フリクションモーターが内蔵されていた為、子供が
走らせて遊ぶので破壊されて廃車となり、元々の生産量も少なかった事もあって、現
存数は異常に少ないミニカーとなってしまいました。

1970年代の小中学生マニアがいくら探したところで、ミクロペットのスバルなんて手
に入るはずも有りませんでした。大人のヘビー級のマニア間での流通や専門店でたま
に扱われる程度の物だったと思われます。実物を見る機会も全くありませんでした。
「欲しい、欲しい、どうしても欲しい」と思っても私ごときのアンテナには引っかか
らず、80年代から90年代に掛けて20歳代の頃には「もしかしてこれ一生手に入らない
かも?」とかなり弱気になる変態と化しておりました。

しかし時は流れて「欲しい物は力ずくで手に入る」という恐ろしい時代となりまし
て、ベイスターズが38年ぶりの優勝を果たした1998年、23年間探していた大盛屋ミク
ロペットのスバル360は手元にやって来たのであります。長かった・・・・・これぞ
ミニカーコレクション、第2位となるのです!!

嬉しいというよりも、もう疲れたという感じでして、ほんわかと丸いミニカーを見て
部屋で一杯やりました(もちろんカルピスソーダで)

大盛屋ミクロペットのスバルは50年前の我が家のマイカーと同じ青色で、懐かしさが
込み上げてくるのです・・・・ついこの前なのですが。

大盛屋は倒産後、ミニカーの金型を米澤玩具に流して、それらを使って初期のダイヤ
ペットシリーズのミニカーが誕生し、その後長きに渡り国産ミニカーの代表格として
君臨しておりました。

大盛屋というのは謎が多いメーカーで、小さな会社がいきなり当時高級玩具だったミ
ニカーを作って、パッと打ち上げ花火のようにはかなく消えていってしまったという
印象が強いのです。

私の所には遺品のようなものが多数ございまして、大盛屋の資料もいくつかあるので
す。

こちらは大盛屋がミクロペットを発売した時の「ミニチュアカーご説明書」になりま
す。ガリ版刷りの簡素な物ですが、社長のあいさつに始まり、当時の著名コレクター
様が寄稿されています。

簡易カタログやパンフレットも色々と出ていました。一部英語表記もあってミクロ
ペットは少しだけ海外に輸出もされていました(海外で売れたとは思われません
が・・・)

こちらはミクロペットの設計図面になります(何でこんなのがウチにあるんだろ?)
ダットサン・フェアレディ、いすゞベレル2000、メルセデス220SEの3点になります。

さらに恐ろしいのがこちら、いすゞベレルのライトバンであるエキスプレスの図面で
あります。実車もレアですが、ミニカーはサンプル製作止まりで実際には発売されな
かったモデルで、極少数がこの世に存在しています。

これらは大盛屋が主宰していたTHMC(タイセイ・ホビイ・モデラー・クラブ)の会報に
なります。ミニカーコレクション黎明期のコレクター様の情熱が伝わって来るので
す。

もっと凄いのが、昭和36年当時の小学校のアンケート用紙で、ミニカーマニアの先生
が作られたもので「都内の一小学校における玩具に対する感受性の調査」となってお
ります、素晴らしい!! 個人情報が出るとまずいので一枚目だけご紹介致しますが、
最下段に「あなたは、ミクロペットを知っていますか」となっております。思わず
「ハイ、知っています」と答えてしまいましたが、当時の5年生では知っているが
2%、知らないが98%となっています。当時でも見事に大盛屋は無視されていました
ね・・・・

そんなこんなでミニカーコレクションベスト10もついに2位まで来てしまいました。
次回はいよいよ第1位の発表とさせて頂きますので、宜しくお願い致します。

Be Sociable, Share!

???????????