Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

44年のミニカーコレクション、第1位発表!!

全くどう評価していいのか分からない今期のベイスターズですが、10連敗した後ちょっと勝ったと思ったら又5連敗し、その後再び連勝が続き、ぶっちぎりの最下位にいたはずが、振り向けば横浜、何となく他のチームに追い付いて来ました、ゆっくりとですがね・・・・

このあと6月にはセ・リーグにとって恐ろしい交流戦も待ち受けておりますので、そこでまた順位はシャッフルされ、7月には一体どのような順位になってるのかさっぱりわかりませんね。過度の期待は禁物ですが・・・

横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESのコラボレーショングッズは今季

も製作しておりますので、もう少しお待ちくださいませ。

そしてついに「44年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」の栄えある第1位発表となってしまいました! う~ん、名残惜しいな・・・

一体全体、何台持ってるのかさっぱり分からないミニカーの中でベスト10を決めるというのは無謀な企画だったのですが、無理やり10台を決めさせて頂きました、かなり無理やりなのです。

第10位はこちらのイタリアはPolitoys(ポリトーイ)製のBREサムライ(日野サムライ)です。’67日本グランプリを車検失格で出走出来なかったこの美しすぎる(珍奇な)レーシングカーをよくもまあ遠いイタリアのメーカーが当時モデル化してくれたと思います、感謝であります!

第9位は今から約70年前!に造られた西ドイツはメルクリン(Marklin)製のBuick Sedanetteであります、まさに怪獣ですな。コレクションを始めた小学生の頃「こんなに旧いミニカーは一体どうやって手に入れるんだろ?」と毎日悩んでおりましたが、その後10,950日くらい掛かりまして入手出来ました。諦めが悪いのか、しつこいのかよく分かりません・・・

第8位は昭和40年5月発売の国産ミニカーの雄、アサヒ玩具はモデルペット製のトヨタスポーツ800です。ヨタハチの丸みを見事に捉えた秀逸なモデルで当時の国産ミニカーとしては抜群の仕上がりだと思います。一台目の入手は苦労したはずなのに、あまりにも好き過ぎて気付けば同じのが2018年の時点で5台並んでいました・・・・

第7位は英国Corgi Toys(コーギートーイ)製のLotus Elan(ロータス・エラン)であります。ボディとフレームが分離するという変態アクションを持つ自動車マニヤ養成ギプスのようなミニカーでありまして、見事変態に養成されてしまいました。ヨタハチ同様多数が我が家に生息しております。

第6位は国産ミニカー珠玉の逸品、アサヒ玩具はモデルペット製のトヨペット・クラウンです。「本格的国産ミニカー第一号」として昭和34年10月に発売された観音クラウンのミニカーですが、Made in Japanのパイオニアとして長く語り継がれて行く最高傑作であります。

第5位はフランスはQuiralu(キラル)製のメッサーシュミットKR200です。

名著、保育社のカラーブックス「世界のミニカー」を見て死にそうなくらい欲しくなったミニカーですが、ついこの前の1979年にお年玉を駆使して入手したので死なずにすみました。1960年頃には絶版となっていたので、その時点でも20年落ちのモデルでしたね。

第4位はベルギーはGasquy(ガスキー)製のTatra(タトラ・リムジーン)です。名前もスタイルも気持ちの悪い最高のクルマですが、実車よりも先にミニカーで存在を知った物になります。「まずはミニカーで覚えてから実車を知る」という変態的な法則を小学生の時に習得致しました。ガスキーのタトラは1950年前後に造られた大変にレアなミニカーで、入手まで長い長い年月が掛かりました。

第3位は英国はZebra Toys(ゼブラ・トーイ)製のHeinkel Bubble Carです。

1979年に元町サンセットさんで実物を見るまではその存在すら知らなかったモデルで、当時の資料には一切出て無く、日本では存在を知ってる人も欲しがる人もいなかったような幻のミニカーなのです。その後28年の歳月を掛けて手に入れましたが、一度は入手をあきらめたミニカーの代表格なのであります。

第2位は国産ミニカー二番目のブランドである大盛屋(タイセイヤ)Micro Pet(ミクロペット)の品番F-1 スバル360です。昭和36年4月に発売されたモデルですが元々生産量が少なく、殆どが子供のオモチャとして扱われて破壊されてしまったので、現存台数が異常に少ないミニカーなのです。

1998年、ベイスターズが38年ぶりの優勝を遂げた年に力ずくでやっと入手致しました。出目金スバルはWildman家最初のマイカーだったので思い入れも強いのでした。

そしてついに第一の発表となります。実は10位から9位を考える方が難しく、1位は最初からあっさりと決まってました。

小学生の頃「世界のミニカー」に次ぐバイブルだったのが、日本ミニチュアカークラブを主宰するカドー玩具が発行していたミニカーコレクション啓蒙誌「月刊ミニチュアカー」でした。30数ページの小冊子には毎月色々な記事やモデルが紹介され、変態小学生はどんどんミニカーの世界にのめり込んで行ったのです。

昭和50年の12月25日のクリスマスに発行された通巻89号から新しい連載がスタートしました。Wildmanも所属するJMAC(Japan Miniature Automobile Club)の大先輩N氏が執筆する「あちらのこちら」という難解なタイトルの記事でしたが、その内容は外国製の国産車(日本車)ミニカーを紹介する物なので「あちら」は外国で「こちら」は日本というまさに高速有鉛的なギャグ感満載のタイトルだったのでした、素晴らしい!!

当時海外のミニカーブランドが日本車をミニカーにするというのはあまりなく、香港製のチープな3インチモデルではコピー物含めて色々出ていましたが、王道の1/43スケールではある一車種除いてあまりモデル化されていませんでした。今でこそ世界中のブランドで日本車ミニカーは作られていますが、70年代位までは海外のメーカーがわざわざ日本車のミニカーを作るようなことはしていませんでした。フェアレディZ(S30)は実車が爆発的に海外で売れていたのでそこそこモデル化されましたが、70年代に入ってからの話なので、それ以前60年代の日本車なんて海外ではほぼミニカー化されていませんでした。

唯一人気だったのが、ボンドカーの影響もあってなのか、トヨタ2000GTが多数モデル化されていました。そして「あちらのこちら」連載第一回目はそのトヨタ2000GTが特集でした。白黒ページには小さな画像で各ブランドの2000GTが紹介されていましたが、その中で少年Wildmanの目を釘付けにしたのがこちらイタリアはMebetoys(メーべトーイ)製のモデルでした。

「ナニこれ、無茶苦茶カッコいいじゃん」と興奮し、欲しい欲しい病が始まってしまったのです。イタリアの新興ブランドMebetoysは60年代にスタートし、イタリア車やヨーロッパ車を多数モデル化していましたが、突然1968年に日本車のトヨタ2000GTを作ってしまいました。ドアー、ボンネット、トランク開閉のフルアクションを持ち、何よりも実車さながらのロングノーズ、ショートデッキのスタイルを見事に表現していました。見事とというか実はかなり誇張されたデフォルメなのですが、それがバッチリ2000GTにはまってしまい、もはや芸術の域に達していました。Wildmanが認定する60年代傑作日本車芸術品ミニカーとなったのです。

これこそが44年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10!! 第1位となる

メーべトーイ A29(品番です)トヨタ2000GTなのであります!! カッコいいぜ!!!

このミニカーは60年代から70年代にかけて正規輸入されていたので、日本ではそれなりの台数が存在していたと思われます。欲しい欲しい病が発症した昭和50年頃ではそれほど古いミニカーでは無かったので、ホームグラウンドである鶴見のチェッカーで発見、すぐに捕獲されたのでした。

おばあちゃん有難う!!

黄土色の車体でしたが、家に帰ってテーブルに載せて色々な角度から見るとそれはもう幻の名車トヨタ2000GTそのもの、それまでダイヤペットやモデルペット等の国産の出来損ない2000GTミニカーしか知らなかった少年Wildman にとっては宝石のように映ったのでありました・・・

TOYOTA 2000の刻印が入ったカムカバーやトランクのスペアタイヤ、何よりもロングノーズのそれにウットリする毎日でした。実はホイールは同メーカーのランボルギーニ・ミウラ用の流用なのですが、なぜかこの2000GTにはこれがバッチリ合っていたのです。

このモデルは多数のカラーバリエーションがあったのですが「箱にあるシルバーのがどうしても欲しい」となってかき集めたり「2000GTはやっぱり白だよな」と思って必死に白を探したりと、気付けばいっぱいケースに並んでました、何やってんだろ・・・・

その後Mebetoysは米国マテルの傘下に入りHot Wheels化されてしまい、このようにワイドホイールを履かせられ、ドーピングされたミニカーとなってしまい、当時のマニアは憤慨していました。巨大なパッケージのイタリア語のHot Wheels(Brucia Pista)ロゴが泣かせますね!今見るとこれはこれで面白いミニカーなのでした。

今でもメーベトーイA29 トヨタ2000GTと言われると、何だか興奮してしまい、だれが何と言おうとNo,1のミニカー芸術はこれで決まりと豪語してしまいます。2000GTのミニカーは21世紀現在多数のモデルが存在し、どれも素晴らしい出来のようですが、あれらはミニカーではなくただの「模型」なので、芸術作品ではないのです。申し訳ありませんがWildman的には全く興味がございません、ハイ。

これにて44周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10は終了となりましたが、たったの10台では物足りないので、今後も銘品や珍品をご紹介して行きたいと思っておりますのでお楽しみに!!

そして只今、通販限定デザイン、Wildman描き下しのCalifornia Dreamin’ Tシャツ、絶賛予約受付中であります。7色の豊富なカラー展開となっています。ご予約は6月3日(月)迄なのでお早めに、Go! with MQQN

Be Sociable, Share!

???????????