Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ミニカーコレクションは芸術の域へ!そしてMIM No,21発売であります!!

ミニカーコレクション第1位を発表してしまいまして、腑抜けになってしまった
Wildmanは毎日ベイスターズの勝敗を見て、ますます腑抜けになってしまいそうなの
であります。

ついに恐怖のセ・パ交流戦が始まってしまい、この先セ・リーグのチームはどん底に
突き落とされる未来しか見えて来ないのです・・・

我がベイスターズもどん底からは脱して、ちょぴっとづつ成績は上向いて来たのです
が、このタイミングで交流戦が始まると、また振出しに戻ってしまいそうで、小心者
としては梅雨とともに憂鬱な季節が始まってしまいました。早く終わってしまえ、交
流戦なんか!!

7月には横浜スタジアムにて今季初観戦となるのですが、言いたい事は山ほどござい
ますので、Wildmanの「ベイスターズが夏を乗り切る作戦」をレポート用紙にまとめ
て、紙飛行機で一塁側ベンチに飛ばす計画を企てております。

もし夏場にベイスターズの成績が上向いたら、それは私のアドバイスによる作戦が功
を奏したと思ってくださいませ。

そしてミニカーコレクションはついに第1位を発表してしまいましたので、思い残す
ことは無かったはずなのでしたが、やっぱり思い残すことばかりでまた少し語らさせ
て頂きます。

最近のミニカーというのはどれもこれも素晴らしい出来栄えで、まるで実車の縮小コ
ピーと思えるようなものが沢山作られていて、大人がミニカーを集めるというコレク
ションが普通の趣味?ととらえられるような時代となってしまいました。

メーカーも子供対象のオモチャとしてのミニカーではなく、大人を対象とした高価で
精密なモデルを作って売りさばいております。もうこれは「ミニカー」ではなく「模
型」なのであります。メーカーは限定品を乱発し、コレクターをあおって爆買いさ
せ、コレクターはコレクターで自分たちで市販ミニカーを二次加工し(メーカーが加
工したものではなく素人が脚色したモデル)勝手に付加価値を付け、それを勘違いし
たコレクターがネットで高額で取引をする変な時代となってしまいました。

40年以上前は小学校の高学年ですらミニカーを集めてると言ったらキチガイ扱いされ
ましたが、今時いい年こいてミニカーを集めてるといったところで誰も驚かないし、
ミニカーコレクション自体が世に認知されたのは良いのですが、

モデルのディティールや雰囲気を追うのではなく、価値(価格)のみを追っているよ
うな方々が増えてしまい、とっても残念に思っている私であります。

とそんなこと言ったところで私が元祖変態であることには変わりないのです
が・・・・

なので変態的には限定トミカやトレジャーハントのホットホイールなんて全く興味御
座いませんので、勝手に我が道を行く独りよがりのコレクションを続けてまいりま
す。ああ、ちょ~気持ちいい!!

ミニカーを芸術品としてとらえておりますので、ピカソのような無茶苦茶な芸風のモ
デルに魅力を感じ、実車を超えるような形になってしまったモデルや実車とはかけ離
れてしまった仕上がりの作品たちに美を感じる今日この頃であります。

なにも資料を見ないで頭の中だけで考えて車の絵を描いてしまったような作風のミニ
カーこそが最高のミニカー芸術なのであります。何を言ってるのかさっぱり分からな
くなってきました!!

という事で「これぞ何も資料を見ないで作ってしまったミニカー芸術」を御紹介致し
ます。

まずはこちらの北欧はデンマーク製のB.P.(Bros. Peterson)というブランドの

1940 Ford V8 Coupeであります。B.P.はブルーパニックではありません。

このミニカーが製作されたのは資料によりますと1948年頃になりますので何と70年く
らい前の芸術品となります。

初めて写真で見た時に「なんだ、コレは!!」と岡本太郎のように叫んでしまったほど
の衝撃を受けました。だって1945年頃に5歳くらいの子供がスケッチブックに「鉛筆
でフォードのクーペを描いてみました!」と言ったような造型でありまして、これは
もう想像力を掻き立てる以外の何物でもありませんでした、素晴らしい!!

ディズニーの「青い自動車」のスージーにも見えますが、だれが何と言おうと

40年のフォード・クーペであることに間違いありません、金型を作った方はきっと変
態じゃなくって天才だったのです。

70年前に北欧でひっそりと作られていた、あまりにも珍奇なミニカーなので

入手には手こずらされました・・・でもしつこいので7000日くらい探せば手元にやっ
て来るのですな。

前から見ても後ろから見ても動物のように美しく、ホイールにはV8の刻印まであるの
でした。セダンではなくクーペと言うのがポイント高しなのです。

するともう一台エビ茶色のがやって来る事になりまして、我が家にお迎え致しまし
た。「やった、兄弟が揃ったぜ、なんて美しいんだ!」と部屋で叫んでいると「あ
れ、なんか違う」と思いよく見てみるとフロントグリルの縦のバーの本数が違うでは
ありませんか。さらに後ろを拝見しますと今度はリアガラスの大きさが全く違ってい
ました。「何てこった、こんなものにバリエーションがあったなんて」と気が狂いそ
うになり「きっと70年前に兄弟の金型師がいて、それぞれ勝手に別々の金型を作って
しまったんだ、そうに違いない!」と勝手な解釈をし今日に至っている次第でありま
す、あ~ビックリした・・・

そしてお次は日本製のスバル360になります。プラスチック製の駄玩具のようなモデ
ルなのですが、さすが当時物、ちゃんと出目金のスバルをモデル化しているのです。

大きさは大盛屋より一回り小さくトミカよりは大きいといった微妙なスケールで何と
も可愛いのであります。ハイライトは真横から見ると窓枠の本数がおかしいというか
リムジンのようになってしまっているところが芸術なのであります、素晴らし過ぎま
す!

そしてもっと凄いのがこのポリエチレン製の黄色いスバル360でありまして、まるで
Wildmanが幼稚園の時に描いたイラストのようにしか見えないのです。

チョップトップされてしまったような低いルーフはボンネビル・レーサーにも見えて
しまうのであります、カッコいいぜ!! こんな芸術は今作れないだろうな(当たり前
ですが・・・)

そして今度は西ドイツに飛びまして1950年代に造られた当時物プラ製Sikuのポルシェ
356になります。もうね、金魚にしか見えないような356の捉え方でありまして、ポル
シェの本国のくせに何も資料を見ないで、自分の記憶だけで356を作ってしまったミ
ニカー芸術だと思われます。

常に笑っているようなフロントの造型と、低くうずくまるその姿はカエルになる直前
のおたまじゃくしにも見えるミニカー芸術なのであります。

ツートーンのルーフ部のクリーム色は当時筆による手塗りの作業が施されているもの
で、その点も芸術点のポイントが非常に高くなっております。

Sikuは箱もプラスチック製となっておりまして、御覧のようなガレージ風の素敵な物に
なります。

最後はまた北欧デンマークに戻りまして、Tekno製のポルシェ356になります。

こちらはですね1950年代に製作されたミニカーになりますが、Wildman的には過去作
られた356のダイキャストミニカーの最高傑作だと思っております。

先月、旅行先のシュツットガルトの街角で見た最新のポルシェ356の絵を描いてみよ
うと、何も資料を見ずにTeknoの社員さんがお絵かきし「あまりにもカッコ良く描け
たのでこれをもとにミニカーにしてみましょう!」と勢い余って作ったのがこのモデ
ルだと思っております、ハイ。じゃなければ箱を先に作って、そのイラストをもとに
ミニカーを製作してしまったのかもしれません、逆転の発想であります!!

完全に実車を超えてしまうようなカッコ良さで、初期356の魅力を全て表している感
じでして、空気を吸い込む音が聞こえて来そうなのであります。ミニカー芸術ここに
極まる!! と断言致します。

そしてMooneyes International MagazineのNo,21が発売となっております。

今回も盛りだくさんの内容となっておりますが、、何といっても見どころはWildman
のページでございまして、今回は「変態の歩き方 Wildmanが案内する東南アジアの
変態カスタム」というお題となっております。私が訪れた東南アジア各国の変態車
両、珍奇なカスタムカーを一挙ご紹介しておりますので、ぜひご覧くださいませ!!

ご購入はこちらからどうぞ。

Be Sociable, Share!

???????????