Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

マレーシアの狂気、Oh! My街道レーサー

気温が上がると同時に我が横浜DeNAベイスターズはナゼか覚醒してしまい、連勝街道を突っ走りまして、気づけば最下位からの逆襲で8月1週目の時点でなんとセ・リーグ2位につけておりまして、いよいよ首位の読売のしっぽが見えてまいりました、マジですかこれ???

一体全体何がどうなってしまったのかこちらとしてもさっぱり分からないのですが、この状況はついこの前の1997年を思い出してしまいます。この年も夏場からベイスターズの快進撃が始まり一気に2位となり首位ヤクルトを猛追してあと一歩のところまで追い詰めたのですが、天王山の直接対決で撃沈し、結局最後は引き離され2位で終了となりました。

その翌年の1998年は38年ぶりの奇跡が起こってベイスターズは優勝しましたが、あれからもう21年が経ちました。全くついこの前の出来事なのですが・・・・

あの時のように2位から翌年優勝の美しい流れも素敵だったのですが、もう我慢出来なくなってしまいましたので、今年こそ21年ぶりの優勝を希望致します。まあAクラスに入ってクライマックスシリーズに出てしまえばこっちの物なのですが・・・短期決戦はラミレス監督の得意とするところなのであります!!

という事で皆さまお待たせ致しました、ベイスターズの快進撃とともにやっと今年度の横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESのコラボグッズ第一弾が発売となりました!! 今年はヘルメットやバットのデザインをモチーフにTシャツやワークシャツ、タオル、バッグ等を展開しています。この後も8月末には第2弾が発売予定となっておりますので、ベイファンの皆様はお見逃しなく!!その頃には奇跡の優勝!?が見えているかもしれません。

Win with MQQNEYES!!!

で、先週末はですねマレーシアに出張して参りました。おなじみのArt of Speedが開催されましてPinstripeデモを行ってきました。もう8回目のイベントなんですね!! それにしても日本は東南アジアよりも暑い気が致しまして、行くたびに調子が狂ってしまいます。

ちょうどフライト当日が私の誕生日でありましたが、飛行機の席に着くとCAのお姉さんたちがこちらにぞろぞろやって来ます。「やばい、変態はつまみ出されるのか?」と小心者らしくビクビクしているといきなり「お誕生日おめでとうございます!」と言われてしまいました。

「か、かたじけない」と返す間もなくバースデーカードを渡されてしまい、恥ずかしくなって周りをキョロキョロと見回すのが精いっぱいなのでありました・・・・

今回はMQQNEYES Staffの”Pan”角君のFord FalconがGuest車両として招待されマレーシアに持ち込まれました。ご自慢のAir Suspensionは現地でも注目の的となっていました。イベント自体も多くのお客様が訪れていて、夜通しライブも行われかなり大きな規模となって来ています。

Pinstripeのお仕事は相変わらずミニカーが多いのですが、こちらのヘルメットはエッソボーイとなぜか「私を養う」と描いてくれと言われました。

私も養われたいです・・・・

マレーシアはHot Wheelsの生産国でもあるのでコレクター様は本当に多いようです。今回もHot Wheelsは大きなブースを出し、スカイラインやシティ等の実車をディスプレイし、Hot Wheelsのデザイナーも来られてMeet & Greetが行われていました。

そして問題のCar Showなのですが、最初に行った頃から日本車のカスタムが多いのは分かっていたのですが、どんどん過激になりこのようなパイプオルガンから暴走警察まで、ヘンテコ?日本車へのリスペクトが尋常じゃなくなって来ています・・・・Oh! My街道レーサーは良いのですが、何だかこのまま行くと特攻服を着て来そうで恐ろしいですね。

こちらのBMWパトカー福島県警号は実車が存在していたので、確信犯だと思われますが、なぜかナンバープレートは福岡と言うところが奥が深いのであります・・・・

Volkswagenは人気でありまして、こちらのType III Fastbackは昨年描いた405号になります、ナゼかDeluxeのエンブレムが追加されていました。

トヨタ車は70系のカローラが人気でして、いつも沢山のエントリーあります。

この2代目のパブリカも可愛いですね。

思い出の80年代、かっとびスターレット号、懐かしい!!

Ford CapriやEscortは中々素敵ないじり方をしているのですが、こういうのを日本車でやって欲しい物ですね。

日産やマツダも色々ありますが、この国では510やカペラをよく見ますね。

ヨーロッパ車も色々ありますが、貴重なメルセデス190のエボリューションが有ったり珍車BMW8シリーズが有ったりとよく分かりません・・・

バイクは東南アジアらしい小排気量車の面白カスタムが相変わらず多くなっています。

こんな小さなバイクによくBMWのフラットツインを載せたなあと思って感心していたら、よく見るとBMWじゃなくってトヨタ・パブリカの空冷2気筒でありました!!びっくりした。どういった経緯でこうなったのか分かりませんが、いろんな使い道があるのですね・・・・ならば逆にパブリカに最新のBMWエンジンを載せるのもありですかね!?

あっという間に2日間のイベントは終了となりましたが、来年はパンチパーマに特攻服を着た方々が会場内にいそうですね。過激な日本へのリスペクトは一体どうなるのでしょうか・・・・・

そして本日、8月3日(土)から18日(日)まで本牧はMQQNEYES Area-1にてWildman30周年のイベントが開催されますので、ご来店お待ちしております、詳しくはこちらをご覧くださいませ!

Be Sociable, Share!

???????????