Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

間違えだらけの雑誌探し、Bye Bye PORSCHEが見つかった!!

皆様、Stay-At-Homeはいかがお過ごしでしょうか?私は元々お家にいるのが大好きなので、皆様が何で自粛で外に行けず苦しんでいるのかさっぱりわかりませんです、はい!

家にいればミニカーも磨けるし、スニーカーも履かずに眺められるし、50年前の雑誌も読み放題だし、イヌやネコにも遊んでもらえるし、KISSも思う存分聴けるし全く問題ありません。変態はこういう非常事態の時はとても生きやすい生き物という事で納得しております。

という事で長らく探していたある雑誌がやっと見つかったので報告させて頂きます。ついこの前である昭和51年の真冬に小学5年生だった少年Wildmanはあるクルマ雑誌をお買い上げになりました。

何でお買い上げになられたかと言いますと、一台の衝撃的なクルマが紹介されていたのです。スーパーカーブームが始まろうとしているこの頃(ピークまではもう少し時間が掛かります)BMW2002ターボやポルシェ930ターボが日本に上陸し、漫画「サーキットの狼」でもこれらのクルマが大活躍し子供たちは未知のメカニズム「ターボチャージャー」に興味と強いあこがれを持っていました、しかも「ターボ」という語呂が何となく高性能をイメージさせたのです。

「ターボってなんか凄いらしいぞ、かたつむりみたいな形してて、それがグルングルン回ってガソリンを沢山エンジンに送り込むらしいぞ、だから速いんだ!」と訳の分からない会話をし、ターボエンジンはとにかく凄いというのがクルマ好き少年たちの小さな頭にインプットされていました。

国産車にもボルトオンのターボキットを組み込んだ車が現れて、ゼロヨンなんかでも活躍し始めるのでした。日産のL型、トヨタの2TGや18RGに組み込んでドッカンターボが炸裂していました。市販の国産車メーカー純正のターボ車が出るのはまだ先のことでした。

そんなご時世の中、ある雑誌を開くととんでもないクルマが紹介されていたのです。当時はフォルクスワーゲンType-I(ビートル)は全然現役だった時代でして、そこらへんを走り回っていた外国製乗用車のイメージしかなく、やっと日本でもCal Lookのシーンが始まり出した頃でした。

唐突に現れたそのクルマは「ターボチャージドVW」でして、私にとってただのノロマな乗用車のイメージでしかなかったビートルにターボキットを組み込んでチューニングしたという化け物(に見えた)でした。

「す、すげえコレ、ワーゲンにターボだってさ!きっと無茶苦茶速いんだぞ!」と勝手に興奮しておりました。しかもですねリアフードには手描きのレタリングで”Bye Bye PORSCHE”なんて描かれているじゃありませんか。

「うおおおお~、売買じゃなくってバイバイ・ポルシェだって、ポルシェに手を振ってバイバイする、つまりポルシェより速いんだぞきっと!!」と少年は純粋な心で本当にそう信じておりました。この瞬間、将来カウンタックを買ったら、後ろにバイバイ・フェラーリと描こうと決めたのでした。

しかも横浜ナンバーだったので「これはきっと横浜のどこかで遭遇するかもしれないぞ、その時はオリンパス・ペンで激写だ!!」と意気込みましたが、結局一度もこのクルマに遭遇することはございませんでした・・・・

「ワーゲンがポルシェをぶっちぎるのか、それは素晴らしいぞ、バイバイ・ポルシェは素敵過ぎる、早くミニカーになればいいのに!」とその頃は本気で思っておりました。

何て妄想にふけっておりますと、時は流れてバイバイ・ポルシェのことはうっすらと頭の片隅に残っておりましたが、その後免許を取ってからワーゲンとは全く関係のないクルマ人生を歩んでしまい、バイバイ・真っ当なな人生となってしまいました・・・・

「あのバイバイ・ポルシェの記事が又読みたいな」と数年前よりずっと思っていたのですが、ついこの前の1978年に実家を建て替えた際、おそらくその時に間違えてその本を捨ててしまったようなのでした、同時期に買った本は未だ沢山手元にあるのに・・・・残念!!

まあいいや古本で探そうと思ってみましたが「あれって、モーターマガジンでしたっけ、あの本は?」と勝手な思い込みが不幸を呼んでしまい、片っ端から70年代のモーターマガジンを探したのですが、あの記事なんてどこにも載ってないではありませんか!!

「トンネルの中を走っている後ろ向きのVWの写真を鮮明に覚えているんですけど、表紙が全く思い出せん!」とどんどん混乱して行きます。

「おかしいな、確かあれはモーターマガジンだったはずなのに、あの本を買った翌日に友達と横浜市営バス78系統に乗って国鉄根岸駅まで行き、そこから歩いて本牧市民公園に遊びに行ったことまで覚えているのになぜだろう・・・」と本が全く見つからない状況になってしまいました。

「あ~、読みたい、あの本がもう一度読みたいぞ!」とムキになってネットで検索すると何とビックリ、バイバイ・ポルシェのオーナー様のブログを発見!!そこには当時の掲載雑誌は「ドライバー」と紹介されていました。

「な、何だ、あれはモーターマガジンじゃなかったのね」と完全な記憶違いなのでありました、とっても間抜けなのでした・・・・しかも何月号とは書いておりませんでしたので、一体どれに記事が載っているのやら。

そして必死にドライバー誌を探すとやっと記事が見つかりました。ついこの前の昭和51年2月5日号なのでありました、疲れました反省です・・・・

表紙は素晴らしいイラストの真っ赤なロールス・ワーゲン、パラパラとめくるとカラー4ページ、モノクロ2ページでバイバイ・ポルシェが紹介されていました。40年以上前に読んだ本をもう一度見たい為にかなりの時間が掛かってしまいましたが、大変満足であります。

ベースは何と’56年式のオーバル・ウィンドウで(と言っても1976年当時ですとたったの20年落ちなのでした)赤と黒のツートンカラーのボディはフロントにスポイラーとシビエのデッカイフォグランプを装着し、リアはフェンダーがカットされ、のたうち回るターボの配管が見えて少年Wildmanには夢のウルトラ超高性能マシンに見えたのでした。

しかもこのクルマは未だオーナー様の元で現存するとの事で大変感激しております。当時学生のオーナー様が自力で作ったターボチャージドVW、70年代にこれをやってのけたのは素晴らし過ぎます!!

「やっとこの本が見つかって大感激だ!この幸せを他の方々にもお伝えしなければ」と問題のドライバー誌を抱えてシゲ菅沼の元へ・・・

「どうです、素晴らしいでしょうバイバイ・ポルシェ、この時代にこんなことをやられているのは変態、じゃなくって大変な事ですよね!」とドライバー誌を見せて意見を求めました。

するとファイルされた古い雑誌切り抜きを差し出されました。そこにはバイバイ・ポルシェの姿と、何とVW Type IIのOwnerとして紹介される70年代のシゲ菅沼の姿が!!

「67年式バンの室内。たたみにして20畳くらいのじゅうたんを使用している。シートはサンダーバードの物。改造費約60万円。オーナーは菅沼クン」と解説が載っております。

「たたみ20畳のじゅうたん・・・・何て奥の深いカスタムなんだ、きっと不良だったに違いない!」と感動しました。私が小学生の頃にこのような事をされていたとは反則であります。バイバイ・ポルシェ同様、当時横浜でこのType IIに遭遇することはございませんでしたが・・・・

こちらは昭和50年11月5日号のドライバー誌の切り抜きで、伝説のスキャット・ジムカーナ大会第一回の記事でして、優勝したバイバイ・ポルシェの姿とカスタムされたシゲ菅沼のType IIが載っていたのでした。う~む45年の時を超えて何という偶然なのでしょう・・・・

オリンパス・ペンはもうないですが、いつかデジカメでバイバイ・ポルシェを激写してみたい今日この頃であります、バイバイ・変態人生!!

Be Sociable, Share!

???????????