Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

履きましておめでとうございます!! 今年の抱負です。

皆様あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

コロナ禍の中、あっという間に2020年は過ぎ去ってしまい、Wildman生誕の1964年以
来の開催予定だった東京オリンピックは延期となってしまいました。

緊急事態宣言も出される中、Signs & Pinstriping Studioのお客様には沢山のお仕事
を頂き感謝しております。おかげさまで夏には仕事が溜まり過ぎてしまい、私が勝手
に緊急事態宣言を発令しておりました・・・

我が横浜DeNAベイスターズは5年間続いたラミレス政権が終焉を迎え、私もMQQNEYES
X Baystarsのコラボ作品を必死に描き応援しましたが、残念ながら4位に終わってし
まいました。

賛否両論の独特の采配で5年間の内、3年はAクラスを確保して一度はクライマックス
シリーズを勝ち上がって日本シリーズ進出を果たしてソフトバンクをあと一歩のとこ
ろまで追い詰めたことには大変感謝しております、ラミちゃん有難う!!ラミちゃんは
本牧在住なので、今後も本牧通りで会えるかもしれませんね。

2021年からはハマの番長こと三浦大輔が新監督となりまして新しい門出を迎える訳で
あります。2020年はベイスターズ2軍監督を務めていたのですが、奇策炸裂なラミ
ちゃん采配とは正反対の送りバント発令マシーンとしてウルトラ正攻法な野球で2軍
をイースタン・リーグ2位に押し上げました。

これまでの奇策野球ははまれば面白かったのですが、そろそろそんなバクチ野球も飽
きてきたので、久しぶりに正攻法な野球を見せて頂きたいです。あ、横浜優勝なんて
言いません、暫くベイスターズはチーム変革期になりますので、新しいチーム体制の
元、3年後の優勝を目指しましょう!!

中畑、ラミレス両監督が指揮を執ったDeNA黎明期から主力だった梶谷選手がFA権を取
得し、読売に移籍してしまいました。一番行ってほしくない所に行ってしまったわけ
ですな、オマケで井納投手も付けてベイスターズ欲張りセットとして・・・

私が観戦に行く試合ではナゼか梶谷選手は活躍し、19年は広島戦で同点満塁ホームラ
ン、20年は読売戦で逆転満塁ホームランと奇跡を観させて頂いたのですが、もうどう
でもよい事となりました。そりゃ8億ももらえればチーム何てどこでもいいもんね!!

井納投手にはコラボグッズのキャップにサインをして頂き、横浜スタジアム観戦時に
はいつも被っていっていたのですが、もう用無しとなりました、サヨウナラ。

よく「チームが替わっても応援するよ」なんて言われる神様のようなファンの方がお
りますが、私には理解不能なのでなるべく両選手の成績が少しでも落ちるよう祈る毎
日となっております、なんて暗いファンなんだ!!

もう一つ暗い話題は私が御所山Studio時代からずっと世話して来たSuper Street Cat
が秋に天に召されました。2002年に御所山に生まれてずっと御所山で生き抜き、野良
猫として何と18年!!! 野良猫としては驚異の18歳という長寿猫でありました。長毛種
のハーフ猫で左が若い頃のふさふさしてた頃の姿、右が2020年最後に撮った姿になり
ます。我が家の猫と同じハイクオリティーな餌を与えていたので、全く病気もせず18
年間同じ場所で生き続けていました。さらばFUWAKO!!

という事で2020年は元ベイスターズ梶谷、井納両選手& FUWAKOが去ってしまいまし
た。

2021年度の抱負はですね「履いてないスニーカーを履く」と決めさせて頂きました。
家に一度も履いてないスニーカーが沢山あるのは薄々気付いておりましたが、大掃除
の際に山積みとなったスニーカーの箱を目の当たりにし、絶望感と深い反省の念にと
らわれました・・・・

「一体、何がやりたいんだ!! 一生履き切れんぞ、靴屋でも始めるのか!このバカ
が!!」と年末に一人錯乱していました。

「もうこれらは全部履いてしまいましょう、ひと月に一足おろせば一年で12足
か・・・全然減らないじゃないか!!」とさらに混乱するのでした。

何だかとんでもないデザインや色の靴もありまして、コレ50代のおじさんがホントに
履くの?といった感じなのですが、履いててみせましょう、変態にもプライドがあり
ますので。

なので履く前におかしなデザインのスニーカーたちを一度お見せしておきます。

まずはナイキのエアフォース-1になります。定番のバスケットボール用シューズです
が、御覧の通りストライプがあっちこっちとっ散らかっております。それだけならい
いのですが、ストライプはホログラムでして、角度によってレインボーカラーが炸
裂!!

子供の頃からホログラムが大好きなのですが、コレ一体どうやって履きこなすので
しょうか??

お次はNIKE X SACAIのコラボシューズLDワッフルになります。

70年代ナイキの銘品、DaybreakとLDVを組み合わせたデザインで、組み合わせたとい
うより本当に2足合体マシーンで、シュータンもストライプもミッドソールも何もか
も2重になっておりまして、カラーもサイケデリックな無茶苦茶仕様なので見ている
だけでも恐ろしいシロモノとなっております。ホントにどうやって履けば良いので
しょうか・・・

そしてまたもやナイキでありまして、本来テニス・クラシックというスタンダードな
テニスシューズなのですが、CLOTというブランドとのコラボでミュージアム・エディ
ションなるモデル名でこのようなケースに入って売られていました。意味わかりませ
ん・・・・・

本来真っ白なテニスシューズのはずがギンギラシルバーと赤のウルトラマンカラーと
なり、しかもヤスリであっちこっち削りまくり、なんちゃってダメージ仕様になって
います。わざとキズなんて付けなくてもいいのに、ミニカーだったら大変です・・・
でもこの箱は今後ミニカーケースとして使えそうなので、嬉しい限りであります。

そして王道アディダスですが、もはや何を狙ったか分からないカラーリングは恥ずか
しさの極みとなります。

こちらはアディダス・レーシング1・プロトタイプという名前で1970年代のアディダ
ス・フォーミュラ1というシューズのプロトタイプを復刻した物です。

フォーミュラ1は当時履いていましたが、それはブラックとイエローの強烈なカラー
で、10代の時でも道行く人々の視線を感じ恥ずかしかった思い出があります。どこか
にしまってあるので今度引っ張り出してきますね。

フォーミュラ1はスポイラーと呼ばれる跳ねあがったソールで当時のF1レーサーをイ
メージしていて、アウトソールはタイヤメーカーと共同開発していました。まるで車
のようなスニーカーでカラーは1970年代当時のJPSロータスF1をリスペクトしている
感じなのです。

このプロトタイプもカラーリング以外の作りはフォーミュラ1とほぼ同じなのです。
あの硬い履き心地が蘇って来ました!!

最後はアディダスとラフシモンズのコラボ、LAスタンになります。ヘンテコな名前で
すが、超定番スニーカーのスタン・スミスにLAトレーナーというトレーニングシュー
ズのデザインをプリントしたという変態仕様になっております。

レザーシューズに違う靴のデザインをプリントするという訳の分からない作りです
が、一見ホントにLAトレーナーに見えてしまうのです。これならどんな靴でもスタン
スミスにプリントすることが出来るという事ですね、ナイキでも・・・

という事はアディダスXナイキのコラボも夢ではないのですな。

ならばスタンスミスにナイキ・コルテッツのプリント! うおおお~これはソールが減
らなくていいぞ!!!

と、新年早々白昼夢を見ておりますが、履きましておめでとうございます、本年も宜しくお願い致します。

Be Sociable, Share!

???????????