Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ミニカーコレクションは芸術の域へ!そしてMIM No,21発売であります!!

ミニカーコレクション第1位を発表してしまいまして、腑抜けになってしまった Wildmanは毎日ベイスターズの勝敗を見て、ますます腑抜けになってしまいそうなの であります。

ついに恐怖のセ・パ交流戦が始まってしまい、この先セ・リーグのチームはどん底に 突き落とされる未来しか見えて来ないのです・・・ 我がベイスターズもどん底からは脱して、ちょぴっとづつ成績は上向いて来たのです が、このタイミングで交流戦が始まると、また振出しに戻ってしまいそうで、小心者 としては梅雨とともに憂鬱な季節が始まってしまいました。早く終わってしまえ、交 流戦なんか!!

7月には横浜スタジアムにて今季初観戦となるのですが、言いたい事は山ほどござい ますので、Wildmanの「ベイスターズが夏を乗り切る作戦」をレポート用紙にまとめ て、紙飛行機で一塁側ベンチに飛ばす計画を企てております。

もし夏場にベイスターズの成績が上向いたら、それは私のアドバイスによる作戦が功 を奏したと思ってくださいませ。

そしてミニカーコレクションはついに第1位を発表してしまいましたので、思い残す ことは無かったはずなのでしたが、やっぱり思い残すことばかりでまた少し語らさせ て頂きます。

最近のミニカーというのはどれもこれも素晴らしい出来栄えで、まるで実車の縮小コ ピーと思えるようなものが沢山作られていて、大人がミニカーを集めるというコレク ションが普通の趣味?ととらえられるような時代となってしまいました。

メーカーも子供対象のオモチャとしてのミニカーではなく、大人を対象とした高価で 精密なモデルを作って売りさばいております。もうこれは「ミニカー」ではなく「模 型」なのであります。メーカーは限定品を乱発し、コレクターをあおって爆買いさ せ、コレクターはコレクターで自分たちで市販ミニカーを二次加工し(メーカーが加 工したものではなく素人が脚色したモデル)勝手に付加価値を付け、それを勘違いし たコレクターがネットで高額で取引をする変な時代となってしまいました。

40年以上前は小学校の高学年ですらミニカーを集めてると言ったらキチガイ扱いされ ましたが、今時いい年こいてミニカーを集めてるといったところで誰も驚かないし、 ミニカーコレクション自体が世に認知されたのは良いのですが、 モデルのディティールや雰囲気を追うのではなく、価値(価格)のみを追っているよ うな方々が増えてしまい、とっても残念に思っている私であります。 とそんなこと言ったところで私が元祖変態であることには変わりないのです が・・・・

なので変態的には限定トミカやトレジャーハントのホットホイールなんて全く興味御 座いませんので、勝手に我が道を行く独りよがりのコレクションを続けてまいりま す。ああ、ちょ~気持ちいい!!

ミニカーを芸術品としてとらえておりますので、ピカソのような無茶苦茶な芸風のモ デルに魅力を感じ、実車を超えるような形になってしまったモデルや実車とはかけ離 れてしまった仕上がりの作品たちに美を感じる今日この頃であります。

なにも資料を見ないで頭の中だけで考えて車の絵を描いてしまったような作風のミニ カーこそが最高のミニカー芸術なのであります。何を言ってるのかさっぱり分からな くなってきました!!

という事で「これぞ何も資料を見ないで作ってしまったミニカー芸術」を御紹介致し ます。

まずはこちらの北欧はデンマーク製のB.P.(Bros. Peterson)というブランドの 1940 Ford V8 Coupeであります。B.P.はブルーパニックではありません。 このミニカーが製作されたのは資料によりますと1948年頃になりますので何と70年く らい前の芸術品となります。

[…]

44年のミニカーコレクション、第1位発表!!

全くどう評価していいのか分からない今期のベイスターズですが、10連敗した後ちょっと勝ったと思ったら又5連敗し、その後再び連勝が続き、ぶっちぎりの最下位にいたはずが、振り向けば横浜、何となく他のチームに追い付いて来ました、ゆっくりとですがね・・・・

このあと6月にはセ・リーグにとって恐ろしい交流戦も待ち受けておりますので、そこでまた順位はシャッフルされ、7月には一体どのような順位になってるのかさっぱりわかりませんね。過度の期待は禁物ですが・・・

横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESのコラボレーショングッズは今季

も製作しておりますので、もう少しお待ちくださいませ。

そしてついに「44年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」の栄えある第1位発表となってしまいました! う~ん、名残惜しいな・・・

一体全体、何台持ってるのかさっぱり分からないミニカーの中でベスト10を決めるというのは無謀な企画だったのですが、無理やり10台を決めさせて頂きました、かなり無理やりなのです。

第10位はこちらのイタリアはPolitoys(ポリトーイ)製のBREサムライ(日野サムライ)です。’67日本グランプリを車検失格で出走出来なかったこの美しすぎる(珍奇な)レーシングカーをよくもまあ遠いイタリアのメーカーが当時モデル化してくれたと思います、感謝であります!

第9位は今から約70年前!に造られた西ドイツはメルクリン(Marklin)製のBuick Sedanetteであります、まさに怪獣ですな。コレクションを始めた小学生の頃「こんなに旧いミニカーは一体どうやって手に入れるんだろ?」と毎日悩んでおりましたが、その後10,950日くらい掛かりまして入手出来ました。諦めが悪いのか、しつこいのかよく分かりません・・・

第8位は昭和40年5月発売の国産ミニカーの雄、アサヒ玩具はモデルペット製のトヨタスポーツ800です。ヨタハチの丸みを見事に捉えた秀逸なモデルで当時の国産ミニカーとしては抜群の仕上がりだと思います。一台目の入手は苦労したはずなのに、あまりにも好き過ぎて気付けば同じのが2018年の時点で5台並んでいました・・・・

第7位は英国Corgi Toys(コーギートーイ)製のLotus Elan(ロータス・エラン)であります。ボディとフレームが分離するという変態アクションを持つ自動車マニヤ養成ギプスのようなミニカーでありまして、見事変態に養成されてしまいました。ヨタハチ同様多数が我が家に生息しております。

第6位は国産ミニカー珠玉の逸品、アサヒ玩具はモデルペット製のトヨペット・クラウンです。「本格的国産ミニカー第一号」として昭和34年10月に発売された観音クラウンのミニカーですが、Made in Japanのパイオニアとして長く語り継がれて行く最高傑作であります。

第5位はフランスはQuiralu(キラル)製のメッサーシュミットKR200です。

名著、保育社のカラーブックス「世界のミニカー」を見て死にそうなくらい欲しくなったミニカーですが、ついこの前の1979年にお年玉を駆使して入手したので死なずにすみました。1960年頃には絶版となっていたので、その時点でも20年落ちのモデルでしたね。

第4位はベルギーはGasquy(ガスキー)製のTatra(タトラ・リムジーン)です。名前もスタイルも気持ちの悪い最高のクルマですが、実車よりも先にミニカーで存在を知った物になります。「まずはミニカーで覚えてから実車を知る」という変態的な法則を小学生の時に習得致しました。ガスキーのタトラは1950年前後に造られた大変にレアなミニカーで、入手まで長い長い年月が掛かりました。

第3位は英国はZebra Toys(ゼブラ・トーイ)製のHeinkel Bubble Carです。

1979年に元町サンセットさんで実物を見るまではその存在すら知らなかったモデルで、当時の資料には一切出て無く、日本では存在を知ってる人も欲しがる人もいなかったような幻のミニカーなのです。その後28年の歳月を掛けて手に入れましたが、一度は入手をあきらめたミニカーの代表格なのであります。

第2位は国産ミニカー二番目のブランドである大盛屋(タイセイヤ)Micro Pet(ミクロペット)の品番F-1 スバル360です。昭和36年4月に発売されたモデルですが元々生産量が少なく、殆どが子供のオモチャとして扱われて破壊されてしまったので、現存台数が異常に少ないミニカーなのです。 1998年、ベイスターズが38年ぶりの優勝を遂げた年に力ずくでやっと入手致しました。出目金スバルはWildman家最初のマイカーだったので思い入れも強いのでした。

そしてついに第一の発表となります。実は10位から9位を考える方が難しく、1位は最初からあっさりと決まってました。

小学生の頃「世界のミニカー」に次ぐバイブルだったのが、日本ミニチュアカークラブを主宰するカドー玩具が発行していたミニカーコレクション啓蒙誌「月刊ミニチュアカー」でした。30数ページの小冊子には毎月色々な記事やモデルが紹介され、変態小学生はどんどんミニカーの世界にのめり込んで行ったのです。

昭和50年の12月25日のクリスマスに発行された通巻89号から新しい連載がスタートしました。Wildmanも所属するJMAC(Japan Miniature Automobile Club)の大先輩N氏が執筆する「あちらのこちら」という難解なタイトルの記事でしたが、その内容は外国製の国産車(日本車)ミニカーを紹介する物なので「あちら」は外国で「こちら」は日本というまさに高速有鉛的なギャグ感満載のタイトルだったのでした、素晴らしい!!

[…]

44周年のミニカーコレクション、第2位発表!!

皆様、10連休となった(方々もいる)Golden Weekは如何お過ごしだったでしょうか?

この間に我がDeNAベイスターズは10連敗という凄まじい成績を残して

あっという間に最下位転落の憂き目に遭いました・・・・

連敗脱出後、ちょこっと勝って又連敗という流れは、懐かしい暗黒時代を彷彿させる ものでして、DeNAになってからの新規ベイファンの方々はさぞや困惑されていること でしょう・・・・

このくらいの連敗でですね、5月でシーズン終了なんて状況は、大洋~横浜大洋ホ エールズ時代はしょっちゅう起こっていた事ですし、ベイスターズになってからも98 年の優勝後、21世紀になってからは長い暗黒時代がありましたので、Wildman的には こんなの全然平気なのであります!

なんて、強がりを言っているように思われますが、ここ数年ベイスターズはラミレス 監督の元、Aクラスに2度も入ってしまい、しかも2度目はクライマックスシリーズを 勝ち抜いて何と日本シリーズ進出という快挙というか暴挙をなし遂げてしまいまし た。

ファンもチームもその気になってしまい「今度は優勝だ!」と騒ぎ始めましたが、昨 年はあっさりと4位に沈んでしまい「あれれ、こんなはずじゃなかったのに」と意気 消沈・・・・横浜スタジアムもスタンドを増設し、今年こそ!と挑んだ今季はいきな りの大失速で、ぶっちぎり最下位を迷走しております。

この感じは久々なのですが、少し前までは毎年こんなだったので古くからのファンは それほどの衝撃は無いと思いますが、新規ファンはたまったもんではないでしょ う・・・かわいそうに。

2年前のクライマックスシリーズ制覇~日本シリーズ出場時の流れではラミレス監督 の采配はズバズバと神がかり的に当たりまくり「短期決戦の鬼」

といった感じで「名将」とさえ言われました。まるで高校野球の甲子園大会を制する ような感じで、短期決戦上等の素晴らしい采配でした。

これがいけなかったのかも?と昨年薄々と感じていたのですが、ナゼかこの時の采配 をシーズンを通してやるようになってしまい、中継ぎの投手は勝っていても負けてい ても毎日のように投げまくり疲労困憊でぶっ壊れる、一発頼みの打線はソロホームラ ンばかりで全くつながらず、打っても打っても全然得点出来ないという流れでホーム ラン王もいる強力打線を持ちながら最低のチーム得点という摩訶不思議なチームと化 してしまいました。

中畑監督からラミレス監督へと繋がれ少しずつ上昇していったDeNAベイスターズです が、ここらがここ数年で作って来たチームの限界なのかな?と思わせられる最近の戦 いぶりなのです。

主砲のTさんは来年以降のメジャー移籍を希望されているようですし、チームを引っ 張って来てくれた外国人選手もそろそろ衰えが隠せず、若い投手は一年限定の活躍で 終わるといった恒例の流れとなっていて、どう考えても今期は上昇の兆しは見えて来 ません。ケガ人も多いのですな・・・・

第一期DeNA時代は十分に堪能させて頂きましたので、今後は切り替えて短期決戦型で はなく「普通の采配」をして頂き、若い選手を上手く起用して新しいベイスターズを 数年掛けて作って欲しいですね。その間はずっと最下位でも昔のことを考えたら全然 OKなのであります、あの大洋ホエールズ時代を知っていれば何も怖くありません、ハ イ!! 今後もGo! 横浜 DeNAベイスターズであります!!

[…]

ミニカーコレクション第6位、珠玉の逸品は観音開きであります!

寒い寒い毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先週ですね、こちらの横浜のCafeの看板描きに行ったのですが、計3日半の作業中、1日目は途中から雨、2日目は強風、最後の半日は超低気温となりまして、まともな天候で作業出来たのは3日目だけだったという過酷な作業となってしまいました・・・・

通り掛かりの方々が「お兄さん、寒くないの?」と声を掛けてくれるのですが「ハイ、変態なので全く寒さを感じないのです」と答えるしかありませんでした。寒いに決まってますが・・・・

真冬の作業は日没も早くてとっても寂しい気持ちになるのですが、ミニカーと力道山先生とベイスターズのことだけを考えて猛スピードで仕上げたあっという間の3日半でございました。ご注文有難うございました!!

という事で連載中の「44周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」第6位となります。ベスト10なんて言ったはいいのですが、冷静に考えるとベスト10て本当に難しく、たった10台の優秀なミニカーを選択するのは 苦渋の思いで有りまして、ベスト1000にしたくなって来ました。

1000台紹介すれば、自分的にも納得出来るのですが、そんなことしてたら寿命が尽きてしまいそうなので、やっぱりベスト10にしておきます、ハイ・・・・

これまでの10位から7位は以下のモデルたちでした。

第10位がイタリア製Politoysの「BREサムライ」

第9位が西ドイツ製Marklinの「ビュイック・セダネット」

第8位が日本製モデルペットの「トヨタスポーツ800」

第7位が英国製Corgi Toysの「ロータス・エラン」 という順になっておりました.

そしてベスト10の第6位はアサヒ玩具のモデルペット製、品番No,1の「トヨペット・クラウンDX」とさせて頂きます。ついこの前である昭和34年10月発売の、これぞ国産ミニカーのパイオニアとなる珠玉の逸品なのであります。

戦後の復興期に当たる昭和30年代は、Made in Japanの玩具類は輸出用の花形産業としてティンプレート(ブリキ)メインに沢山作られておりましたが、ダイキャスト製のミニチュアカーというのは存在しておりませんでした。

最近プラモデル界では「国産最初のプラモデルは何?」という論争が上がっていて、これまでは長い間「〇ルサン」が日本で最初のプラモデルという説がまかり通っていたのですが、実はそれ以前に他のメーカーが先に作っていたことがほぼ判明し、歴史が書き換えられようとしています。私は門外漢ですが・・・・

日本のミニカー業界ではこのモデルペットのクラウン発売以前、前後にも実は「ミニカーらしき物」は作られておりました。揚げ足を取りたい方々からは「モデルペットは最初の国産ミニカーでは無いぞ!」と反論されそうなのですが・・・・

こちらはついこの前である享保9年創業の増田屋が昭和30年頃に輸出メインとして発売したのが「シルバーペット」シリーズでして、クロームメッキされた車体にフリクションモーター内蔵という玩具的なモデルでした。

こちらはとりあえず「ビュイックのクーペ」らしきものと判別出来るのですが、隣りに並べた同年代の外国製ビュイックのモデル(白/赤)と比べるとミニカーというより単なるオモチャにしか見えません・・・・

こちらの倉持商店製のモデルはとっても小さくてグリコのオマケ程度の大きさで、スバルやミゼット等とりあえず車種判別は可能ですがただの駄玩具に過ぎませんね。今日、これらを見つけるのはとっても大変なのですが・・・・

同じく倉持商店製の50’sアメ車群ですが、これらもアメリカのLINEMAR TOYSブランドで主に輸出目的で製造されていました。下請けみたいなものですね。日本国内にも少し流れたようで、手持ちのパッケージには当時のデパートの値札が貼ってあるのもありました。

出来はまずまずなのですが、キャストの質が悪い物が多かったらしく、まるで時限爆発装置がついているように、ある一定の期間が経つとボディーにヒビが入り最後はバラバラになってしまう恐れがあるという恐怖のミニカーなのです。幸い手持ちの物は他にもあるのですが、全て製造後60年経過しても未だ爆発しておりません。とってもラッキーですな!

これらのビュイックや正体不明のアメ車みたいなものも、パッケージが全て英語で表記されていて、国内向けというよりも輸出用という事が分かりますね、あくまで「ミニカーらしき物」です。

という事でこれらのモデルは、時系列では確かにモデルペットのクラウンよりも先、あるいは同時期に作られていたことが判明していますが、とてもスケールモデルとして考えるにはお粗末過ぎまして、輸出メインや駄菓子屋行き?という販売体系を考えると、Wildman的にはやはり「国産ミニカー第一号」の栄誉は問答無用でモデルペットの品番1、トヨペット・クラウンDXで決まりなのです!!

観音クラウンのプロポーションを見事に再現し、車種的にも王道でスケールも1/42とほぼ国際規格標準のスケールで作られた事もポイントが高いのですな。アポロ・ウィンカーも最高なのです。未だハンドルやシート、サスペンションは付いておりませんが、迫力あるプロポーションがそれらを帳消しにしてしまうのです。トランク左下にはOverdriveのエンブレムまで彫ってあるのでした。

当時このミニカーをデパートのショーウィンドウで見て興奮された黎明期のコレクター様の気持ちが良く分かります、私は不覚にも生まれておりませんでしたが、ああ残念・・・・

モデルペットを販売したサンタ印の旭玩具(のちにアサヒ玩具)は、昭和35年の玩具自由貿易化の流れに沿って、英国製のCorgi Toys、Dinky […]

KISSも終わりか!? そしてミニカーコレクション第8位

2018年も残りあとわずかとなりましたね。先月が元旦だと思っておりましたらもう年末を迎えようとしております・・・

今年は我が横浜DeNAベイスターズは3年振りのBクラスに沈んでしまい、昨年はクライマックスシリーズを勝ち上がり日本シリーズまで行った事実が夢のように感じられます・・・

まあ数年前までは毎年のように最下位だったことを考えますと、贅沢なことは言ってられませんが、いい加減に優勝しないと本当に前回のように「38年ぶりの優勝!」なんて恐ろしい事態になりかねません(すでにあれから20年経過しましたが)このパターンが繰り返されますと次回の優勝は2036年になりますので、皆様覚悟を決めておいてください・・・

そして今年の私的な出来事でベイスターズのBクラス転落以外でショッキングな出来事はと申しますと、KISSがついに最後のツアーを行うという事が発表されてしまいました・・・・「ついに解散か??」と途方に暮れてしまいましたが「ライブ活動はこれで終わり」という事らしく、もうライブはやりませんが、解散はしないという解釈のようです。

ややこしいのですが、彼らももう70歳が目前に迫っておりまして、Tシャツとジーンズ&アコースティックギターで適当に演奏してれば何歳でもライブが出来ますが、あの衣装と18cmのブーツを身にまとい、空中遊泳をし、火を噴いて2時間近いライブをこなすのはさすがに無理という事のようです・・・そりゃそうだ。

KISSは2000年にも「もう、や~めた」とフェアウェルツアー(サヨナラツアー)を行って、もうこれで最後だと私もだまされて、せっせと日本ツアーを廻りましたが、結局「やっぱりやめるのや~めた」という事になりKISSはその後も何も無かったように存続、活動し現在に至っておりましたが、今度は「もう疲れるからライブ活動や~めた」という事のようです。なのでまだ解散はせず、新しい楽曲も出る可能性もありますし、無限にグッズ類も売られ続けるでしょう・・・永遠のKISSビジネス万歳!であります。

最後のツアーはOne Last KISS: “End Of The Road” World Tourというカッコいいタイトルで数年掛けて世界中を回るとの事です。これまでで最も激しく、最もデカいショウになるそうです。生KISSを見たことのない方は本当に最後のチャンスですぜ・・・

すでに2019年のスケジュールはほぼ発表されているのですが、まだその中に日本は入っておりませんので来年は来ず、オリンピックイヤーの2020年の来日かもしれません、ぜひ聖火台で火をぶっ放して欲しいのであります!そしてその年にベイスターズが優勝したら私は昇天して死んでそのまましまうかもしれません・・・

という事で本当はKISSの話をするつもりでは無くて、ミニカーの話をするはずでした。以前「43周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」と大騒ぎしたのですが、10位と9位を発表したままで、それ以降をお休みしておりましたので、反省してお気に入りベスト10の第8位を発表させて頂きます。

10位はイタリアのPolitoys製「BREサムライ」(ヒノサムライ)でしたね。見れば見るほどカッコいい!!

そして9位は西ドイツMarklin(メルクリン)製の”Buick Sedanette”でした。ほぼ70年落ちのミニカーなのですが、その迫力は現在の模型化したミニカーでは到底表現出来ないものとなっております、まさに芸術ですな。

そして栄光の第8位は8という事でヨタハチ、トヨタスポーツ800に決定いたしました!! 8という数字は良いですな、御所山8も・・・

私、国産車の中ではスバル360やフジ・キャビンとともに最も好きなクルマの一つがヨタハチでありまして、この車のデザインは国産車の中では最強と思っております。どう考えてもトヨタ2000GTの10倍はカッコいいのです・・・・あくまで私見ですが。

そんなヨタハチのミニカーですが当時物は1種類しか出ておりませんでした(ブリキ製は除く)ついこの前である昭和40年の5月に発売となったアサヒ玩具はモデルペット製の品番31「トヨタスポーツ800」であります。Wildman生後10か月のときでありました・・・・

昭和40年8月1日発行の当時のミニカーコレクターのバイブル、月刊コレクター誌No,66の表紙にもなっております。このミニカーの当時の定価は¥450でした。

存在を知ったのは、少年Wildmanがミニカーコレクションを始めた年である昭和50年(1975年)9月発行の月刊ミニチュアカー誌 No,85の連載記事「モデルペットのすべて」にこのヨタハチが紹介されていた時なのであります。

「うおおお~なんてカッコいいミニカーなんだ、まんまヨタハチじゃん!!」と興奮する11歳は変態の道を突き進んでおりました。その頃、モデルペットのヨタハチは発売後約10年が経過しており当然絶版モデルだったので、そんなものをすぐに手に入れるのは至難の業となっていました。

あっちこっちのミニカー専門店、ひなびた玩具店、ミニチュアカー誌の売買欄等を必死に探しましたが、全く私のアンテナに引っ掛かりませんでした。「欲しい、欲しい、欲しい」とのたうち回ってもナゼかこのミニカーは目の前に現れず、長い年月が経過して行くのでありました。

縁の無いモデルというのはある物で、たいして珍しくないモデルでもどういう訳か全然手元にやってこないことがありまして、ヨタハチはまさにそんな一台の代表となってしまいました・・・

[…]