Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ビレット・ホイールの王者、ジンガーニール様のお通りだぜ!!

先週のブログでお届けした「カリスマ成田店長の伝説」特集でしたが、クイックデリバリーの写真を探しているうちに色々と懐かしい写真が出て来ちゃいましてつい見とれてしまいました。

Deuce FactoryさんのGraffiti Coupeが日本に入ってきた頃、ナゼか御所山倉庫にてパチリと写した一枚になります。 生まれて初めてDeuceなる乗り物に座らさせて頂き大変感動致しました。 最初に見たのがこのクルマですから、本物の劇中車両よりもこっちの方が断然カッコ良く頭の中にインプットされてしまいました。

こちらは姿かたちは変われど、今も静岡に生息しているVannuysさんの’53 Chevyであります。 こちらも御所山倉庫の前で写していて、アメリカから日本に来て軽くPinsteripeを入れて富士へ旅立つ前にパチリと写しました。

 

そしてこれは北米仕様の極上フェアレディ260Zになります。 じゃなくって変質者しか乗りこなせないであろう、フォード・マベリック”ドラゴンフライ”というウルトラレア車でした。 ワンオーナーでずっと横浜に生息していた正規輸入車ですが、この違法改造とも思える奇怪な形がオリジナルなのであります。 北米で大ヒットしたNissan Z Carをイメージして、サイズが近いマベリックで偽Z Carを作っちゃいましょうというノリで作られたとしか思えず、メーカー純正のパチモンといった栄誉があるクルマなのです。 このクルマはその後まっとうなマベリックの姿に戻され、現在は富士の街で一番の腕利きといわれる床屋さんがオーナーとなってドラッグレースを楽しんでおります。

あのバブル期の遺産ともいえるガルウィング車両はブルーパニックさんが製作したトヨタ・セラですね。 ナゼか今になって見てみるととてもPinstripeのやりがいのあるクルマに見えて来ました。もう一度描いてみたいので、どちらかのオーナー様ぜひ仕事をくださいませ。

かわいらしいディスプレイのこのショー会場は大阪Super Showでしょうか? 熱かったあのころが思い出されます、金子社長は今も熱いですが・・・・

 

こちらの2台は共に一世を風靡したBoyds Wheelsを履いた、まさに90年代スタイルのカスタムですね。 このように古い日産キャブライトにも、当時最新鋭だったNissan 300ZXにも履けてしまったBoydsというホイールは偉大な存在だったのですね。

そして最後のこちらがMooneyesにとっての90年代を代表した1台である日産アベニール”Zingernir”(ジンガーニール)なのであります。

  

以前のブログにも書きましたが、このハデなグラフィックスはもちろんクレイスミスをモチーフとしてデザインしましたが、出来た時は本当にハデ過ぎて「これちょっとヤバイかも・・・」と反省しましたが、ふたを開けてみると何処のイベントでも人気者のアイキャッチャーとなりまして、アベニールのUS BumperやBillet Grille、BoydsZinger Wheelは沢山のお客様に愛されて、日本中でジンガーニール仕様のアベニールが走っていましたね(除くPaint)それまでの「アメリカンカスタム」をAmerican Customに押し上げたのがZingernirでありました。

ついこの前のMooneyes Nooz 1994年6月号にて紹介されていますが、当時のNoozの文章は英語の比率が7割5分、日本語が残り2割5分といったあんばいでこれを解読するには読解力よりも忍耐を必要とする感じなのです。凄い読み物なのでした・・・

1994年のHot Rod Custom ShowにあのBoyds Chezoomと共に展示された事も記憶に新しいです、全くついこの前の事なのですが。

この画像はそのイベントのあと、旧Moon Cafeにて行われたAfter Party(打ち上げ)の時の物でジンガーニールの横には今は亡きボイド・カディントンさんが写っています。 一番前にはMade in USAだった頃のブルックス430ヴァンテージを履いたWildmanが座っていますね。この靴の残骸は今も手元にありますが、ジンガーニールは何処にいる事やら・・・・・

[…]

90年代の思ひ出、ニンジャ・カローラは今いずこ!?

先週のブログにて紹介させて頂きました、本牧はムーンアイズ・エリア-1ガレージ内、猛暑の中のイベント”Preview of Tribute to Robert Williams”展はおかげ様でお盆Week中、3日間に渡り無事開催することが出来ました。猛烈に暑かったのですが多数のお客様に足を運んで頂き、感謝であります!!

14人のトリビュート参加Artistの作品を堪能して頂き、トークショーや楽しい抽選会もあって、やってるこっちもとっても楽しかったのでした。

こういったイベントを今後も企画して行きますので、暑さにめげずムーン・ガレージまで足を運んで下さいませ、そこには汗だくのWildmanがおりますので・・・

で、この前ですね、汗だくになって探し物をしてたのですが、探し物と全然関係ない何とも懐かしいデザイン版下が発掘されました。一つ目はこちらの版下で、WildmanがMooneyesに入って最初にデザイン画を起こした中の一つであるStudioのロゴでした。

まったくついこの前である1989年のクレジットが入っております。

このデザインは当時ダンガリーシャツやウィンドブレーカーなんかに使用しましたが、これらをまだ持っているという方がおりましたら真の変態として認定致します。私はまだ持っています・・・・

もう一つはいきなり90年代にフラッシュバックさせられるものでした。タイトルも”Triple Wagon”となっていて、90年代のステーションワゴンブームを感じさせてくれます。1996年のクレジットが入っておりますが、14年前なんて3ヶ月くらい前にしか感じられないくらい、ついこの前の出来事なのです。これは当時Tシャツのデザインに使用しましたが、まだ持っているという方がおりましたらヘビー級の変態として認定致します。私も持っておりませんので・・・・

このデザインの一番上には、当時のステーションワゴンブームを引っ張った超有名車両”ZINGERNIR”が描かれていますね。

’94年に製作したクルマですが、ベースは’90日産アベニールで、何の変哲もないデザインのワゴンでしたが、クレイスミスをモチーフとしたグラフィックを用いて、超ド派手なペイントを施し売り出し中のビレットホイールと組み合わせたコイツは物凄い人気者となりあっちこっちのショー会場を廻りました。マスキングだけで一日掛かった思い出があり、出来た時はやり過ぎか?とも思われましたが、90年代を代表するカスタムカーの一台になりました。旧エリア-1店舗に展示していたら、こっそりグリルだけ盗まれたり(ボンネットも開けずにどうやったんだろ??)フェイク車両が作られたりと、思い出がいっぱいありますが、10年前にエリア-1スタッフのキッド・ロッカー松井君が愛媛に行った時、偶然走っていたZINGERNIRに遭遇しオーナーに話しかけましたが、その方は残念ながらこのクルマのヒストリーが分かっていなかったそうです・・・

その下には’91スプリンター・ワゴンを当時アメリカではGMのGEOブランド発売されていたプリズム仕様にカスタムしたものです。

プリズムにはセダンしか無かったので空想で「もしワゴンが設定されていたなら」という洒落で作ったクルマなのです。これは’96年に製作しましたが、もっと前の’93年に製作したカローラ・ワゴンベースのコイツこそが90年代における日本のワゴン・ブームの火付け役となったクルマなのです。80年代のカスタムペイントから一気に抜け出て、90年代の流れになるようなコンセプトの元、社内でグラフィックをデザインし「ボイド・ニンジャ」を履いてホイールとクルマのイメージがバッチリ決まる物となり、USルックのバンパーテールゲートのスムージング、ビレットパーツとの組み合わせで、超人気者となりました。

「ニンジャ・カローラ」という素敵なネーミングもこのクルマにぴったり合っていましたね。デモカーとしてお役御免となった後、売却し数年経って90年代の後期に新横浜の中古車屋さんの店頭で見たのが最後となりました。ニンジャは今いずこ・・・

そして一番下に描いてあるのが、カローラより一回り大きかったカルディナをベースに作った”Kaldina Speed Wagon”で’94年の製作車両であります。

50’sのKのカスタムを意識したメッキモール風のグラフィックをペイントし、超極細の扁平16インチタイヤとムーン・ディスクの組み合わせで、ワゴンをボンネビル・レーサー風に仕上げるという新たな試みでした。もちろんUS Look風のバンパーも製作し、当時のトレンドを追っていました。

当時エド・ロスがHot Rod Custom Showのゲストとして来日し、御所山Studioにてこのカルディナのボンネットに描いてあったピンストライプを見て「だいぶ上手くなったな」とお誉めの言葉をいただいたのがこのクルマ一番の思い出であります。上手くなったのは口だけじゃなかったのです・・・・

というわけで一枚の旧いデザイン版下が見つかった事によって、いろんな思い出話が出来た次第であります、別に何も無くても話は出来ますが・・・・

[…]