Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

2015年、ももいろマジンガーZ出撃だぜ!!

2015年もあっという間に2週間が経ちまして、景気づけにデザート食べ放題とやらに行って来まして色々とたいらげました、暫くスイーツは遠慮しておきます・・・

あ、ちゃんと仕事もしております。正月明け一番で第29回Mooneyes Street Car Nationalsのポスター原画を仕上げました!

今年はですね、会場スペースも広く取れましたので、昨年はスペースの関係上出来なかったPinstripe Gatheringも開催となります、4月26日(日)はお台場へGo!です。 来年2016年はついに30回目という記念すべき年になりますね。第1回目開催だったついこの前の1987年の大井競馬場での出来事なんて3年位前にしか感じませんが・・・

ということで、この前生まれて初めて地下鉄大江戸線などという乗り物に乗って(券売機の前でどうやって買うのか3分間悩んでました)東京に行って参りました。 そうです今年一発目の”Juicy Fruits”のライブに参戦して来たのです。もちろん一人で!!

入場順が決まる整理券を配るということだったので、小心者らしく配布時間の30分前に到着したのですが、そこには私以上の変態さんが大勢いらっしゃり、こんなに早く来たのに28番の整理券となってしまいました・・・・皆さん寒くないんですか?? 修行が足りない身ということが分かり反省したので、次回までに変態としての自分を見つめ直しておきます。

ライブはたっぷり2時間以上も演って頂き、我が女神イリア様を羨望の眼差しで見つめておりました、変態は静かに見たいのです。次回は修行してもっと早く来てもっと前で見れるようにします、なんならその場でギターにPinstripeを入れても構いません!!

で、さらにもう一発、皆様も御存じのようにKISSが初春に来日決定となりました!!! 2013年秋に来ましたが、まさかこんなに早くいらっしゃるとは思いませんでした。

ちなみにこの画像の中の一人は私Wildmanであります、さてどれでしょうか??

今回は名古屋、大阪、広島、仙台そして千秋楽の東京と5か所を廻って頂けるのです、ありがたや、ありがたや。それにしても横浜には久しく来られませんなあ・・・・ 私は東京への参戦が決定し、音響が最悪で宿敵巨人軍のホームでもある東京ドームに出撃となるのです。DeNAベイスターズとコラボして横浜スタジアムでドカンと一発やって欲しかったのですが・・・

コラボと言えば今回のKISSはビックリのコラボとなってしまいました。昨年珍しく家でTVを見ていると、いきなりKISSの面々が出てきて、怪獣がその辺で少女たちを捕獲して来たような映像が流れたのです。「な、な、何コレは???」とビックリして思わず飲んでいたヤクルトジョアを吹き出すハメになりました。

「KISS来日は嬉しいけど、この子供たちは一体なに?なんなの??」とTVの前で叫んでいるとビックリ仰天、東京ドームのライブでこの子供たちとKISSがコラボして演奏するのだということ・・・・何が何だか分からなくなり「前座と言えばついこの前の1977年初来日時の武道館でのバウワウしか頭に浮かばんが、前座じゃなくってコラボレーションですって??」と変態は混乱の極致となりました。

それは「特別参戦! ももいろクローバーZ」なる企画で何とビックリ、ももクロとKISSのコラボなのでした!!! オジサンには全く理解出来ず「ももいろマジンガーZじゃねえのかよ??」と大声を出し愛犬ルルがビックリして逃げて行きました・・・

しかも今月末には「ももいろクローバーZ vs KISS」でCDシングル「夢の浮世に咲いてみな」がそれぞれももクロ盤、KISS盤が発売決定となりました、作曲はKISSのPaul Stanleyなのです、スゲえ企画ですね、参りました・・・

「Powered by HKSやTVKなら知ってるがHKTもAKBも全く意味分からん」と言っていた変態もこうなったら降参して、ももクロ vs KISSを楽しむしかなくなって来ましたぜ。 3月の東京ドームにももいろマジンガーZと化したWildmanが現れるかもしれませんな!? 小心者は開演5時間前には現地入りしますので、見掛けたら声を掛けて下さいませ。

[…]

明日は快晴のSCN、これからのサインはTO WILDMANで決まりだぜ!!

さて皆様、明日はいよいよ東京はお台場にて「第27回ムーンアイズストリートカーナショナルズ」が開催されます。

ついこの前の1987年に大井競馬場にて産声を上げたこのイベントでしたが、私は1回目から全て参加し、気付けば軽く四半世紀を超えてしまい、未だに皆様に愛されているというのは嬉しい限りでございます。

今回もエントリー車両は約1000台!!という規模で皆様をお待ちしておりますので、快晴のお台場に6時だョ!全員集合であります。

そしてもうお手元にある方も沢山いらっしゃると思いますが、MOON IllustratedVol.11が発売となっております、気がつけばもう11号であります。

今回の春・夏号はページ数もたっぷりありまして、海外から国内の記事、New Itemの紹介等盛りだくさんの内容となっており、もちろん我がWildmanページも暴走状態で掲載されておりますので、皆様も一緒に暴走致しましょう!!

もちろんストリートカーナショナルズ会場でも販売しておりますので、お買い上げの方はぜひサインをさせて下さいませ!!

サインといえば、サインはV!!じゃなくって、先日カリフォルニアよりこのようにとんでもないものが私宛に送られて来ました・・・

「1クリックで間違えて海外通販で何か買っちゃったのかしら??」と恐る恐る封を開けてみるとそこには1枚のKISSの写真が入っていました。

我がKISSの写真にマジックペンで描かれたサインは何とジーン・シモンズの物であります!!

しかも”TO WILDMAN”となっているじゃありませんか!!!

「うおお~、ついにこの私にもジーンから直接手紙が来るようになったのか!?やっと長年の精力的な変態活動が認められたぜ!!」と勝手に解釈し、しばし放心状態になっておりました・・・・

しかしそんな事があるわけも無く、今回のサインはアメリカ在住のS様という知り合いの方が「ひょんなことから」ジーン・シモンズの自宅に行くことになり、そこで私が30数年に渡るKISS ARMYであることを思い出してくれて、わざわざジーンよりWILDMAN宛でサインを頂いてくれたのです。

S様本当にありがとうございます!!

それにしても「ひょんなことから」ジーン邸宅に行けるなんて一体何なのでしょう?? 私もひょんなことから行ってみたいものです・・・

これまでKISS関連のサインは力づく?で手に入れた物が何点かありましたが、それらには当然私宛の名前など入って無かったので、魂のこもったサインが手元に来たわけであります、最高です!!

先月は前回ブログでお伝えした通り、ジューシィ・フルーツ(ジューシィ・ハーフ)のイリア様に宛名入りサインを頂けたので、最近調子に乗っているWILDMANなのであります。

残念ながらついこの前の1961年に書かれた力道山先生の本物直筆サインには、他の方への宛名が入っておりますので、このようにカバーをして気を紛らわせております。

書き直して頂きたいですが、こればかりはどうにもなりませぬ・・・・

 

こちらはEd”Big Daddy” Rothより1991年に頂いたものであります。自分でWILDMANて名付けてくれたくせに、サインにはいつもHIROと書いてくれてましたね・・・ そういえば最初は間違えてHITOとも書いてました、確かに人ですが・・・

 

そして全然関係ありませんが、ついに禁断の果実に手を出してしまいました。 そう30年来の憧れだったテニスラケット”DONNAY BORG PRO”であります。

 

ついこの前の1981年に我があこがれのスーパースター、ビヨン・ボルグ様がウィンブルドン5連覇した時に使用してたのがこのモデルで、当時はお値段も強烈だったのと、何よりも恐れ多くてこんなもの使えないというのが、当時の正常な神経のテニス・フリークの考えでした。

 

だってこんなの使ってヘタクソだったら恥ずかしいじゃありませんか、小心者には絶対無理でしたね。

    

BORG PRO以前は同じベルギーはDONNAY社のこちら”ALL WOOD BJORN BORG”を使われていました。

   

契約の関係上アメリカでの試合はこちらアメリカはBANCROFT製の”BORG PERSONAL”を使用するという人気者ならではの二重契約??でした。

[…]

女神さま降臨、33年越しの恋はベンチシートだぜ!

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか??

Mooneyes Area-1では「R381 あれから45年 パネル展」を引き続き開催しておりますので、ぜひ本牧まで足をお運び下さいませ。

  

カリスマ店長のFIAT 500にもPinstripeが入りましたのでご覧になって下さい。

お店にはこの春、数々のNew Itemが出揃いました。

その中でもWildmanの一押しはこちらのSigns & Pinstriping Studio Stickerとなります。久々のStudioオリジナルステッカーになりますね。

ブラックとパープルの2種類がありましてノーマルな方にはブラックを、変態の方にはパープルをお勧め致しております、ハイ・・・

5月19日のお台場はStreet Car Nationals会場でステッカーをお求めになられた方には勝手にサインをさせて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します(そんな元気がありゃいいんですけど・・・)

サインと言えば不肖Wildman、33年越しの夢が叶いました、有難うございます!!

 

ついこの前の1980年、16歳の時になんとなく見てたTVに映った美形のお姉さまが「ジューシィ・フルーツ」というバンドでリードギターをギュイーンと掻き鳴らすさまを見て、一発でファンになってしまいました。(Wildman’s Blog 2008年8月30日参照)

そうKISSのジーン・シモンズよりも好きになってしまったのは「イリア」こと奥野敦子様でした。

その後勝手に結婚しようと思っておりましたが、夢ははかなく破れてジューシィも解散してしまい寂しい日々を送っておりました。

30年の月日が流れ、ジューシィ・フルーツは半分のメンバーとサポートのお二人による「ジューシィ・ハーフ」となって復活し、私ども時流に逆らっている変態を楽しませてくれているのです、ああ楽しいな!!(Wildman’s Blog 2012年4月13日及び12月29日参照)

そしてこのほどジューシィ・ハーフのDVDが発売されることとなりまして「ジューシィ・ハーフDVD発売記念パーティー! ほかにもいろいろ特別に見せちゃうスペシャル」なる催しが高円寺であるというじゃありませんか!!

しかもミニライブや秘蔵映像鑑賞タイムのほかに何とビックリ「全員にサイン&握手」となっております。

「あ、あ、握手だって、イリア様と握手が出来る上にサインまで頂けるのか!? こりゃ変態だ、じゃなくって大変だ!!」と興奮しまくる私は失神しそうになってしまいました・・

ハイ、行って参りました古着の街、高円寺。高円寺なんて何年ぶりになるのでしょう。

 

場所はグリーンアップルさんという小さなお店ですが、そこには熱心なファンの皆様が沢山集まっておりました。

   

ミニライブからスタートし、トークや貴重な当時の映像も沢山流されました。

  

解散の時はTV「俺たちひょうきん族」で最後の演奏をしたジューシィでしたが、ひょうきんピヨコ隊の映像もたっぷり流してくれました。

トークの途中でイリア様が「今日はオリジナルメンバーの優司クンが遊びに来てくれています!」とこちらの方を指さして言っています。

みんなが拍手をするので「お、おれじゃないって!!と小心者は首をブルンブルンと振ろうと思ったら、何と私の後ろにオリジナルメンバーのベーシスト、沖山優司氏がいらっしゃいました。

「あ~ビックリした、全然気付かなかったぜ」と胸をなでおろしました・・・

しかし次の瞬間には正気に戻り、沖山さんにお願いしてちゃっかり記念撮影とサインも頂いてしまいました。沖山さんは本当に良い方でした、嬉しいな!!

ちなみに沖山さんは現在も作曲家、編曲家としてご活躍され、アンジェラアキやスキマスイッチ、ゆず、モー娘といった方々のライブサポートやレコーディングに参加されているとの事です、現役バリバリなのです。

私は当日、自分でデザインしたレインスプーナーのシャツを着ていましたが沖山さんに「オシャレだね」と誉められました、ただの小心者じゃなくって洒落者Wildmanだぜ!!

 

そしてイベントも終わりにさしかかり、いよいよ「サイン&握手会」となりました。

 

皆様DVDにサインを頂いているようですが、私的にはそれでは物足りないので場を盛り上げるためにも32年前のツアーパンフを持ち込み、それにサインしてもらおっと!!と決めておりました。小心者はいつでも準備周到なのであります・・・

[…]

クリスマスの再会はジューシィ・ハーフとEye Tech Bugだぜ!

Merry Christmas!!と言ってももうクリスマスは終わってしまいましたね。 でもご安心下さい、本牧はMooneyes Area-1店頭のでっかいガラスには年明けまでこのようにSeasons Greetingsのサインが描かれておりますので、写真を撮り忘れた方はこの冬休みにぜひご来店下さいませ。

クリスマスシーズンの一週間はですね、めったに行かない二子玉川に出撃しライブを堪能して来ました。

あ、KISSじゃありませんよ多摩川の河淵でドカンと花火をぶっ放すわけには行きませんから・・・来年KISSはきっと来るはずなのでKISS ARMYの皆様日本武道館でお会いしましょう!

クリスマス・イブに私は女神さまに会いに行ってきました。

そう、元ジューシィ・フルーツのイリア様であります。

ついこの前の1980年、16歳の時にバンド演奏時テレビ画面でお会いして、将来は結婚しようと勝手に誓っておりましたが夢叶わず、バンド解散までずっと応援し続けておりました。

数年前、半分のメンバーで再結成し、ジューシィ・ハーフとなって活動を再開され、今年の春のライブには私も出撃し、昨年としか思えない1980年にタイムスリップさせて頂きました。

そして今回も二子玉川にてライブを行うとのことで、当然行かねばと思いましてチケットを確保致しました。

当日は何と24曲も演奏して下さり、リードギターを弾きまくるイリア様に感動し、思わず結婚を申し込もうかと思ってしまいました。

隠し撮りをしようと思いましたが当日は何とスカパーのカメラが入りましてライブの模様を収録するとのことなので、当然写真撮影禁止となりビビった小心者は一枚も画像を撮っておりませぬ。

来春放送されるそうなので、必然的にスカパーに加入しなければならなくなってしまいました・・・

で、もう一つのクリスマスはこちら黄色の’67 VW Type Iが本牧にやって来ました。

この前のHot Rod Custom Showにポツンと展示されていましたが、その時は「ただ黄色く塗ったビートル」という風情でありました。

当日見た方でこのクルマが何かすぐに分かった方は少なかったと思われますが、実はついこの前の1990年にMooneyesが製作した”Eye Tech ‘67 BUG”なのでありました。

当時は現Moon Cafe店長のGinがownerとなって乗り回していたあのクルマそのものなのです。

当時はこんなところにGinなんて描かれてましたね。

この’67は当初Moon Disc仕様でささやかなビレットパーツが奢られていました。

 

懐かしのCal誌1990年10月号に初登場したときがその姿であります。

裏表紙は当時のSigns & Pinstriping StudioのCMになってました!!

施工金額に時代を感じるよのう・・・

 

その後のマイナーチェンジで90年代に旋風を巻き起こしたBoyds Billet Wheelsを履き、多数のビレットパーツを身にまとい完全なBillet LQQKに変身しVW業界に革命的な新しいStyleを提案したクルマとなりました。

アメリカはHot […]

ああ、あこがれの女神さま、イリアの伝説は30年後も不滅だぜ!!

桜の花びら舞うこの季節、プロ野球観戦に行ったり古本屋をあさったりと色々と忙しいWildmanでありますが、先日一人でライブハウスに行って参りました。

そんなとこに小心者が一人で何しに行ったかって? それはですね昨年KISS日本公演が中止になったから憂さ晴らしに適当なライブを見に行ったというわけではなく、女神さまに会いに行ったのですよ、女神さまに・・・

私にとっての女神さまというのはやっぱりカミさんですよ、カミさん・・・・じゃなくって岡田奈々であります、うん、うん。そうじゃなくってイリアなのです、イリア様。伝説のバンド「ジューシィ・フルーツ」でリード・ボーカル&ギターをやってたイリア様なのであります。16歳の頃は本気で7歳年上のイリア様との結婚を考えておりました・・・・美しいなイリア様は・・・

2008年8月30日のブログ「やっぱりイリアは美形だぜ!ジューシィ・フルーツよ永遠に」で御紹介しました、ついこの前の1980年代初頭にテクノ・ポップで活躍した伝説の4人組バンド「ジューシィ・フルーツ」でしたが、1985念に解散してからはグループでの活動もなくソロになったり、スタジオ・ミュージシャンとして活躍されたりと、あまり表立った活動は伝えられておりませんでした。

21世紀になってから何枚かのアルバムがCD化されたり、懐かしいライブ映像がDVDとして発売されたりと、昔を懐かしむファンの皆様を多少なりとも喜ばせてくれておりました。最近ではYou Tubeにも昔の映像が多数アップされております。

2000年代後半になりオリジナルメンバーのイリアとドラムのトシさんの二人と新たにベースのジェフさん、ギターのアキシロさんの二人が加わり、4人組となってオリジナルメンバーは半分なので「ジューシィ・ハーフ」としてライブハウスで演奏しているという情報が伝わって来たのです。

「何としてもジューシィを観に行きたい、女神さまに会いたい!!」と叫ぶ変態でしたが、都内で行われている不定期なライブのスケジュールが全く私のスケジュールとかみ合わず「このままでは一生行けないかもしれない、どうしましょう」と小心者は途方に暮れておりました。

しかし2月に出張Paintで富士のTriedさんに行って寿がきやのラーメンを食した際、お客様が「今度ジューシィがテレビに出るみたいですよ」という情報を流してくれました。

調べてみると「あの人は今」的な番組にイリアが出演して演奏までするらしいという事が発覚し変態は狂喜致しました・・・・

数日後番組を録画し、家に帰って見てみると2児の母となった美大卒のイリアは現在幼稚園で生徒さんに図画工作を教えていて、たまにジューシィ・ハーフのライブ活動を行っているというふうに紹介され、番組内で「ジェニーはご機嫌ななめ」を演奏してくれました。すると今後のライブ活動情報が流され4月に都内でライブが行われるというじゃありませんか!! これまでは高円寺のライブハウスでやっていましたが、今回は二子玉川に遠征してのライブで、日付けを見ると私も何とか行けそうな感じなのです。

さっそくネットでチケットを予約し、その日を楽しみに待っておりました。さて二子玉川なのですが、これまで車では何度も行った事が有りますが、電車で行くのは初めてなのです。

電車には年に数回しか乗らないWildmanにとってどこでどう乗り換えれば二子玉川に行けるのかさっぱりわからず、遅刻したらどうしましょうと駅の切符売り場で路線図を眺め唸っておりましたが、何とか無事にたどり着きました。

開場45分前にライブハウスに着くとすでに沢山の方々がこの様に並んでおりました、皆さんも小心者なのでしょうか・・・

自由席なので一人で勝手に前の方に座り、コーラを飲みながら開演を待ちました。Sold outで満員でありました!!

そしていよいよライブスタートとなり、ああ憧れのMade in USAじゃなくって憧れのイリア様が登場されました。

その後は感動の嵐なってしまい、ギュイーンとギターをかき鳴らすイリア様の動きと歌に釘付けとなってしまいあっという間に2時間に及ぶライブは終了しました。

ギター演奏中指がつってしまったり、途中で演歌歌手のように客席から颯爽と登場し氷川きよし並のパフォーマンスを見せてくれたくれたりと、サービス満点のイリア様でしたが「次はセカンドシングルだった、なみだ涙のカフェテラスです、セカンドといっても30年も前ですけど・・」と言われていましたが「何言ってるんだ、30年なんてついこの前じゃないか、全くついこの前の1980年10月にこのレコードを上大岡駅で俺様は買ってるん

だぞ!!」と心の中で叫んでおりました・・・・

それにしても「美しいものは何年たっても美しいのう・・・」と一人感慨にふける変態がそこにおりました、ああ美しいな女神さまは・・・・

「おばあちゃんになってもロックで行くぜ!!」と勇ましいお言葉を発していたイリア様でしたが、本当にあと30年たっても私はライブに行きますので、その際も宜しくお願い致します、30年なんて本当にあっという間なのですから、Go! Juicy Fruits!!

イリア様は赤やピンクで綺麗にペイントされたギターを使われておりましたが、私がギターに一筆入れればさぞや美しくなる事でしょう・・・・何とかなりませんかね。ピンストライプを入れたり、ゴールドリーフを使ったりと夢は膨らんで行くのです。

ゴールドリーフといえば先日この様な巨大な車両がPaint作業で入庫して来ました。宮城の”Allsons”様のお車なのですがChevyのランプトラックでデューリーでクルーキャブというとっても非常識な?三本立ての仕様で、日本でこんな身勝手な車を走らせてしまうという勇気に感服してしまいました。

ドアー2枚を使いに大きくShop名を描いたのですが、ゴールドリーフにて豪華に仕上げました。こちらは「バリエゲーテッド・ゴールドリーフ」になりまして赤色の方を使用しております。この手のトラックのロゴにはぴったりですね。

バリエゲーテッド ゴールドリーフは赤系と青系の2種になりますのでデザインのイメージによって選んでください。

バリエゲーテッド ゴールド リーフ(赤色系) [PGRVLBK]販売価格: 6,090円 (税込) ご購入はこちら

[…]