Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

採算は取れたのか? SCNもインドネシアも天気予報は大外れ!

ついに33回目の開催となりましたMQQNEYES Street Car Nationalsでしたが、週間天気予報は見事に外れてくれまして、当日はちょっと晴れ間が覗く曇り空の中、無事に開催出来ました。

1200台を超えるエントリーの方々、145件ものSwap Meetの方々、そして11,000人の来場者の方々、皆様有難うございました!!

思い起せば大井競馬場で開催された1回目のSCNにエントリーしてから33年の月日が経ってしまったとは驚きです。あの時はまだ昭和だったのですね・・・・

昭和に始まり平成を駆け抜け、そして東京オリンピックの開催となって、34回目は未だ開催未定のSCN、この先も続けられるよう頑張りますので、宜しくお願い致します。

そして2週間前はですね、インドネシアで開催されました”BBQ Ride”というイベントに出撃致しました。これまでも他のMQQNEYESスタッフは参加していたのですが、私は今回が初参加となりました。

インドネシアのBandungという街での開催となったのですが、空港に着けばやっぱり雨・・・最近は晴れ男のイメージ先行のWildmanで有りましたが、初めて行くところはナゼか必ず雨が降っているような気が致します。

今回の会場付近は標高が高いところにあるため、これまで経験した強烈な蒸し暑さのインドネシアとは違った感じの場所で、過ごしやすかったのでした。

今回、MQQNEYES御一行を案内してくれたのはこちらのスズキのバンなのですが、日本から中古で輸出された車両なので、サンルーフ等フル装備状態でした。ETCまで付いたまなのですが、使えるはずが無いのに使っていたので何かと思ったら、ただのカード差しとして使っておりました・・・・・

相変わらず東南アジアの街中はスクーター天国ですが、ガソリンスタンドではこのようにとっても素敵なミツビシがおりました。

クルマの渋滞が酷い所でして、こちらの徒歩で進む移動レストラン?のおじさんには何度も抜かれました。歩いた方が早いのです。

こういった移動式屋台も風情がありますね、ひ弱な私は絶対に食べられませんが。初インドネシアの時、帰国後病院送りになった事を思い出してしまいます・・・

今回のイベントは2日間開催されるのですが、会場はジャングルクルーズのような密林地帯にあり、スズキのバンのエンジンを唸らせて山の中を突き進んで行くのでした。

画像では分かりにくいのですが、山の中にはこのように家の軒先でやっている小さな小さなガソリンスタンド?が沢山ありました。やっと着いた会場はキャンプ場にもなっているのですが、芝生のはずが、雨のせいで泥の中に芝生が見え隠れするといった感じでして長靴がないと遭難してしまいそうな所でした。

天気予報は2日間共に100%雨・・・・・「やっぱり私が来てはいけなかったのでしょう」と心を痛めていたのですが、結局雨は夜を中心に降ったので、日中の開催時間はあまり降らない状況が続いて、100%の降水確率というのは大げさな予報のようでした。

それにしても泥んこの中でキャンプをされている方々は凄いですね、私には絶対無理です。

MQQNEYESブース前も泥んこ状態でして、すのこというかパレットを敷いて歩けるようにしてました。というか何度も転びそうになりましたが・・・・

ステージも設けられた会場にはバイクメインのエントリー車が並びました。泥んこの上にディスプレイされたバイクたちはちょっとかわいそうでしたが・・・

こんなオリジナルなGTサンパチ@湘南爆走族桜井やCB500Fourも並んでました。

クルマは少なめでしたがアメリカ車がメインとなっておりました。と思うとヘッドライトにワイパー装着のメルセデスはボンネットに穴をあけて我が道を行くという感じが素敵でしたね。

こちらの赤いChevy C-10がMQQNEYES […]

タイの次はインドネシアにGo!そして’18ベイスターズ総括

やっと秋らしくなってきた今日この頃、Wildmanは暑さを求めてタイのお次はインドネシアに行って参りました。今回で7回目の開催となりましたKustomfestへの参加ですが、2回目から参加させて頂いておりますので、気付けば6回も行っておりました。

最初に行った頃は初めての東南アジアに色々衝撃を受けましたが、(衝撃的な下痢も含めて)だんだんと激しいバトルの交通ルールやアジアンテイストな風景も見慣れて来てしまいました。

慣れないのはお食事くらいでして、基本的に辛い物や香草のたぐいが苦手な、ひ弱なWildmanとしましては現地の食べ物は中々ハードルが高いのであります・・・・なのでいつもマクドナルド等の当たり障りのない物を食しているのですが、今回のランチも安全パイをチョイスという事で世界共通のケンタッキー(KFC)を頼むことに致しました。

イベントスタッフが買って来てくれたのですが、普通の「オリジナル・チキン」を頼んだところ、見た目は確かに普通のケンタッキーなのですが一口、二口と食べた所、口の中に何か違和感が・・・・「か、辛いこれ・・何で??」となってしまいました。どう考えてもアメリカや日本で食すあの普通のケンタッキーの風味ではなく、HOT仕様のような明らかな辛味があるのです。間違えて辛いバージョンを買って来てくれたのかと思いきや、何とこれがインドネシアにおける普通のケンタッキーフライドチキンの味だそうです。まさか、現地仕様の味付けになっているとは思いませんでした。まあ、私が必要以上に辛い物に対して敏感なせいもあるのかもしれませんが・・・・

ということで、イベントはいつもと同じ会場で、いつもと同じように開催されたのですが、今回はゲストにインドネシアの政治家や軍人さんたちが招かれておりまして、スピーチなんかを行っていました。日本のカスタムカー&バイクのイベントでは見慣れない不思議な風景でありました。以前は民族舞踊なんかを行っていましたので、そっちの方が良かったように思います。

こちらは主催者の御馴染み、やくみつるさん(LTさん)であります。12月のYokohama Hot Rod Custom Showにはインドネシアから多数のバイクを持ち込む予定です。

今回のイベントのクルマのエントリーはこんな感じで、台数は以前より少し減った感じでした(特にアメリカ車)

オーストラリアのホールデンが沢山有りました。

MQQNEYES Pickはこちらのカルマン・ギアに贈りました。エンジンはポルシェ356 スーパー 90の物に換装されていて、ペイントや車高含めてカッコ良かったです。1-Pointのデザインも描かせて頂きました。

こちらは主催者やくみつるさん所有の黄色いカルマン・ギアです。と言ってもフィアット850クーペにもフィアット・ディーノにも見えるとっても不気味なこの個体はVWブラジル法人生産の1974年式、VWカルマンギアTC(Touring Coupe)という珍車なのであります。以前やくさんは素晴らしい旧いマスタングのコレクションをお持ちでしたが、ナゼかこの車に変わっていました・・・珍車好きのWildmanでありますが、これには食指が動きませぬ・・

これはHarley-Davidsonのサイドバルブエンジンを積んだ飛行機であります、意味分かりません・・・

いつも勝手に心の中で決めるWildman’s Pickはこちらの三菱デリカで決まりです、いや〜カッコいい!!!とってもFunnyなお顔のデリカなのですが、なんといってもこのシェルというかバスボデーというか荷台を架装した姿がたまりませんね! これに乗ってジャカルタまで運ばれてみたいです。

バイクはHarley-Davidson、Triumph、日本車等々沢山のエントリーがありましたが、やはり東南アジアは小排気量車のカスタムが楽しくクオリティーも高いので、ぜひこういった小さなバイクを日本に持って来て欲しいですね。

Pinstripeのお仕事も色々頂きましたが、こちらのGo! with MQQNなレザージャケットやGジャンの大作はまさか現場のデモで仕上げるとは思いませんでした・・・有難うございます!!

懐かしいWildmanデザインのアロハシャツを持ち込まれた方もいましたが、東南アジアではこういった旧いMQQNのアイテムをお持ちの方が結構いて、いつも驚かされます(Fakeも結構あるのですが)

そんなこんなで、今回のインドネシア出張も無事に終了しましたが、帰国後、我が横浜DeNAベイスターズは無事に終了致しませんでした。

クライマックスシリーズ出場(3位まで)を掛けて読売ジャイアンツと争っていたのですが、タッチの差で3位に届かず今シーズンは3年振りのBクラス(4位)でThe Endとなりました・・・・

ずっと5位か最下位だったチームが、ここ数年力をつけて来て、昨年は下剋上クライマックスシリーズを勝ち抜き、日本シリーズにまで行ってしまい、ホークスをあと一歩のところまで追い詰めたので、今年こそ優勝!と思っていたのですが、そんなに甘くはありませんでした。まあ夏の時点で最下位に転落し、そのまま終わってしまうのかと思っていましたが、ラミレス監督が突然「Bプラン発動」宣言を行った後に怒涛の追い上げを見せてギリギリまで楽しませてくれたので良しとしましょう! で「Bプラン」が一体何のプランなのか、サッパリ分かりませんでしたが、結局Bクラスになるプランだったのかと最後には思いました・・・・

[…]

今年も暑くて熱いインドネシアに行って参りました!

皆様こんにちは、私は猛烈に悲しんでおります。DeNAベイスターズが前半戦首位ターンから、終わってみれば最下位に転落したという日本プロ野球史上前代未聞の出来事を大変に悲しんでおります・・・

じゃなくって「我が家のペットはシックスパック!?」(2008年11月22日ブログ参照)でおなじみの愛猫ロビンが先日旅立ってしまったのです。推定13歳でした・・・合掌

思えば11年前、旧御所山Studio前にて放浪していた純血種のロシアンブルーを捕獲、ケガの手当てをし警察に届けても一向に飼い主は現れず、結局ウチで飼うこととなり、さらに他のネコも増殖して気付けば我が家には6匹のネコが生息するという異常事態?が続いておりました(現在も) 御所山出身脱走ネコのロシアンブルーは「ロビン」と名付けられ、その後も幾多の脱走を繰り返し、11年間我が家のボスネコとして君臨して来ました。捕獲時が推定2歳位(獣医さん見解)だったので約13歳での旅立ちとなってしまいました・・・・7キロもあった体重が最後は3キロしかなくなってしまい、捕獲した頃のスリムな姿となり、ラスト数日は脱走もせずに私が休みの日に我が家で息を引き取りました。こういう時はいいヤツだったな・・・さらば脱走ネコのロビンよ、また御所山で会いましょう!!

ということで悲しみに暮れる中、今年も暑い暑いインドネシアに行って参りました。インドネシアはJogjakartaにて開催のカスタムカー&バイクのイベント"Kustomfest 2015"に3回目の参戦となりました。今回で4回目の開催となるイベントなのです。実は昨年ですね、インドネシアでは調子に乗っていろんな物を食したのですが、帰国後猛烈な腹痛に襲われて病院送りとなり、人生初の内視鏡検査を経験するという事態に見舞われたのです。 以降、か弱い小心者はさらに気が小さくなり、今回は一切水と氷は口にせず、歯磨きもミネラルウォーターで行うという気の小ささ振りを徹底し、見事ピンチを潜り抜けたのでした!!俺の勝ちだぜ!!!

出発前の空港で自分への壮行会として寿司を食べて気合を入れ、現地ではステーキやハンバーガーやアイスクリームを主食として、これまで見たことのない物はなるべく遠慮させて頂きました。小心者なので・・・・・

こちらは一番美味しかったナシゴレン弁当?であります。

徹底した自己管理の元、週末2日間のイベントは元気一杯に過ごすことが出来ました、最高だぜ!!

イベントはいつもと同じ会場で開催されましたが、主催のメガネのLTさん(通称やくみつる)は今年もやっぱりやくみつるなのでありました。

ステージではライブ以外にも民族舞踊?なんかも行われ、ああここはインドネシア何だなあと思いました。

あといつも思うのですが、東南アジアのインドアイベント会場内の照明はナゼかやたら薄暗くて、ピンストライプが描きにくかったり、写真が撮りにくかったりと、節電なのか演出なのかよく分かりません・・・皆さんよっぽど目が良いのでしょうか??

このHot RodなVWは2014年、私が文字入れしたクルマで、昨年のくじ引きの景品となっていました。どちら様が当選なされたのでしょう??

今年はこちらのバイクが2015年度の景品となっていてGuestの皆さんでサインを入れてました。仕上げはTeam Nashの面々がペンキで文字やストライプを入れましたね。

今回もHelmetや小物、バイク等の色々なPinstripeのお仕事を頂きました。現地の皆様いつも有難うございます!!

クルマやバイクのカスタムのレベルは年々レベルアップされている感じで、特に塗装技術はかなり進んでいるのではないでしょうか。

世界中で?はやっている日本車のカスタムはこちらでもありまして、こんなオーバーフェンダーなカローラ・スプリンターもございました。フェンダー無ければカッコいいのに・・・・

[…]

力道山先生を偲びつつインドネシアへGo!

2週間ほど前になりますが、Mooneyes Area-1地元の本牧地区センターにて横浜アーカイブス~本牧への熱い思いを語る~という企画がありまして、そこにShige菅沼がお呼ばれして講演(ミニトークショー?)を行うという企画でした。

予約制になっていたので、電話してみるとコンサートチケット発売日のように全くつながらず「やばい、これは大人気でもしかしたら入れなくなってしまうかも、最後はヤフオクか??」と小心者は焦りましたが、10分後に電話するとあっさりつながって「まだお席は全然大丈夫です」と言われて拍子抜けしてしまいました。

米軍接収時代の本牧の街から、現在までの流れをビデオで見てからShige菅沼が、Mooneyesが本牧に出来たいきさつや本牧の街について語るという物でした。荒天だったのですが、傍聴者も多くてビックリ致しました。

そして当日のSpecial Guestは何と力道山夫人、田中敬子様と言うじゃありませんか!!敬子夫人にお会いすることが今回最大の目的だったことは言うまでもありません・・・・

Shige菅沼講演の後は、ゲスト田中敬子さんショートスピーチ「夫、力道山の本牧の思い出話」となりまして、沢山の貴重なお話をして下さり、全然ショートスピーチではなくて感動してしまいました、長話し最高!!

力道山先生と御結婚前は本牧の隣街の根岸に住んでおられて、先生がメルセデス・ベンツ300SLロードスターで家まで送ってくれた事、港の見える丘公園でのプロポーズや先生の本牧でのお仕事の話などをとてもわかりやすく伝えてくれました。私としてはあと3時間位は聞きたかったのですが・・・・

そう、力道山先生の本牧でのお仕事と言うのは、自分で髷を切って関脇まで行った相撲に別れを告げ、プロレスラーになる前に何も仕事が無かった時、タニマチだった東京の新田建設に雇われ資材部長の肩書をもらい、工事の現場仕事をしていたのです。その工事というのが戦後、米軍に本牧の街が接収されてそこにベースキャンプの建物を作るという時代で、その現場に先生が派遣されて来ていたのです。

事務所は本牧通りから三渓園に分かれる道の左側の所にあったそうで、そこをベースに現場仕事をされていたそうです。先生は「フェンスの向こうのアメリカ」を作っていたのでした。 その後、先生はアメリカからプロレスを日本に持ち込み、昭和のスーパースターになられました、力道山先生万歳!!!

敬子夫人のスピーチ終了後、質問コーナーになったので最初に手を挙げたのは私であったのは言うまでもありません・・・・

挙句の果てに力道山先生のサインや結婚式の引き出物、当時の雑誌まで持ち込んでしまい、会場は何でも鑑定団のようになってしまいました。

敬子夫人、変態が突然乱入して驚かせてしまい、大変申し訳ありませんでした・・・・

色々なことをお聞きし、この画像を見せて「300SLの後ろに写っている建物は赤坂のリキ・アパートメントですか?」と長年のナゾをお聞きしたところ、「ハイ、そうですね」と確信のお答を頂きました、ああ、ありがたや。

そしてついこの前の昭和38年6月16日号の週刊明星「力道山世紀の結婚式、披露パーティー速報」の表紙にサインして頂きました、宝物なのであります!!

一人大騒ぎして充実した一日を過ごすことが出来ました。今度は私と敬子夫人とのトークショーを行うのが新たな夢となりました、その時は自分が生まれる前の話をさせて頂きます。

で、今度は全く別のお話でして先週末は昨年に続きインドネシアへTripとなりました。

今回もこちらRetro Custom CyclesのLTさん主催の(決してやくみつるではありません)”Kustomfest”というイベントに招待して頂き、現場で2日間Pinstripeデモを行って来ました。

基本的にはインドアイベントでカスタムバイクとカスタムカーが半々と言った感じで、屋外にも展示され、さらにそこではスワップミートや、ライブ、BMX、スケボー等々いろいろな催しが行われインドネシア最大級のイベントなのでした。お客さんも大変多く来られていますね。

こちらはアメリカよりCole Fosterさんですね。

暑いのは分かっているのですが、やっぱり暑い!! そして食べ物が辛い!!! このMister Burgerなるドーナツのようなネーミングのハンバーガーは一見普通のバーガーなのですが、一口食べると「ゲッ、か、辛い」となり、まるでドッキリカメラのようなバーガーなのでした。か弱い私には過酷な国なのです・・・・

そして本当は昨年のようにもっとたくさんの車やバイクの写真を撮りたかったのですが、そんな時間は全くありませんでした。

予想を上回るPinstripeの仕事が入ってしまいヘルメットなんか何個描いたか分からず、さらに主催者のやくみつるさんから突然「イベントの景品となるVolksrodに文字とPinstripeを入れて欲しい」なんて言われる始末で、どうにもこうにも時間が無くなってしまい、描き終わった頃には車もバイクも帰ってしまって全ての展示車両の写真を撮ることが出来ませんでした・・・申し訳ありませんです。

で、こちらはMooneyes Pickの綺麗なDodge Chargerになります、おめでとうございます!!

相変わらずインドネシアは大きなバイクよりも小排気量のバイクのカスタムが盛んで、クオリティーも高いことに驚かせられます。Harley-Davidsonよりも日本車のカスタムの方が多い感じですね。

又、このようなWildman Designの珍しいTシャツや、古いDesignの物を来ている方を多くお見受けしました、どうやって手に入れているのか不思議なのです・・・・

街に出るとこんな感じで、バイク天国は当分続きそうですが、2ストロークのバイクはベスパ以外殆ど見ることは無く、この国でも2ストは消えゆく物なのですね。

もちろんスイーツは今回も沢山食す事が出来て満足であります。

[…]

毎日がデッドヒート、ジャカルタは熱過ぎるぜ!!

皆様ご無沙汰しております。不肖Wildman、先週末にですねBossと二人で東南アジアはインドネシアのジャカルタのさらに奥、Jogjakarta「ジョグジャカルタ」という街に行って参りました。ヤマハジョグではありませぬ・・・・

いつもの通り瞬間移動なのですが、成田からジャカルタまで飛んで、トランジットがありそこからジョグジャカルタに行ったのですが、合計で半日くらい掛かってしまいアメリカまで行くのと大して変わりませんでした・・・・

機内食のカニ釜めし、大変美味しゅうございました。

ジョグジャカルタの空港に着くといきなりWorld FamousRamen Hakoneの看板が出ていました。世界中でラーメンブームのようですな。

空港の作りはこのようにとってもアジアンチックで素敵でしたね。

宿泊したホテルからの眺めはこんな感じで、東南アジアな雰囲気が漂っておりました。

街に繰り出しとそこは熱いサーキット!! 気温も暑いですが、皆様の走りがとにかく熱い!! 朝も夜も市街地グランプリの様相で特にた~くさん走ってる小型バイクの方々が常に全開走行を心掛け、次の信号まで「何人たりともオレの前を走らせねえぜ!」という感じでアクセルをひねっておりました。

絶対にぶつかるようなシチュエーションでもヒラリと身をかわし、見事な流れを阿吽の呼吸で作ってギリギリの走りを展開しています。日本と同じ左側通行でも私には絶対に無理!!です。この人たち任意保険とか入ってるのでしょうか??と小心者は心配になってしまいます・・・

そしてこちらは違法な路上駐車ではなく、毎日曜日はこのように路肩に車を停めて値段を付けてCar For Saleだそうです。不思議なシステムでしたね。

今回お招き頂いたのは今年で2回目の開催となるイベントでIndonesian Kustom Kulture Festival “KUSTOMFEST 2013″という長い長い名前のショーでした。少し愛して、なが~く愛して@大原麗子

ジョグジャカルタ、訳してジョグジャのエキスポセンターというインドア会場にクルマやバイクを展示し、屋外にはステージを設け多数のベンダーも出店し、かなり大きな規模のイベントとなっていて驚いてしまいました。

でももっと驚いたのは会場に着いて送迎の車を降りた瞬間から何やら制服を着たコワモテの警備員さんがピタリとついて来て、Mooneyesブースに2日間はり付いてくれていたのです、一体何でだろ!?何だか警護されるKISSのジーン・シモンズになった気分で、なんちゃってVIP気分を味わえました。でも警備員さん最後にはビール飲んでましたが・・・

このイベントはインドネシアの”Retro Classic Cycles”さんが主宰してる物で、こちらBossと肩を組んでにっこりピースマークの方が主催者のおなじみ「やくみつる」さんです。元ベイスターズファンですね。 じゃなくって”Lulut”さん(通称”LT”さん)でした、すみません・・・日本でHot Rod Custom Showにもエントリーされているので、日本では”Yaku”のニックネームで親しまれております・・・ 2日間のイベントは朝9時から夜10時までと無茶苦茶なタイムスケジュールになっていて、本当に2日も体がもつのかしら??と小心者はビビり始めました。

今回アメリカより”Roland Sands”もゲストとして招かれていて楽しそうに過ごされてましたね。

お姉さんがステージ前で水びだしの太鼓?を叩いて唐突にイベントは始まりましたが、唐突にPinstripeの仕事が入り、そのまま夜まで休むことなく作業は続きました・・・

お客さんは隣のブースのヘルメット屋さんでメットを買って、ウチに持って来てPinstripeを描いて帰るという、予想外のビジネス展開となり、相乗効果というか、流れ作業?というかとにかく2日間で十数個の(数は忘れました)ヘルメットを仕上げるという自分でも何が何だか分からないデモとなりました。皆様有難うございました!! (作業出来なかった方々、本当にごめんなさい)

又、Bossも私もお客様に沢山のサインを頼まれて、本当にジーン・シモンズの気分を味わえました。

ショーの方は右ハンドルのアメリカ車やVWがズラリと並び、きちんと現地でカスタムされているようで好感が持てましたね。

[…]