Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

二大イベントの後はホットカルピスとミニカーでほっと一息であります!

   

この三週間はですね、日本ではHot Rod Custom Showが、Mooneyes USAではX-mas Partyがたて続けに開催されまして、帰国後は大阪に出張Paintに行ったりと時差ぼけだか何だか分からないままあっという間に時間が経過してしまい、行方不明で申し訳ありませんでした。

  

アメリカでは現地到着後、たった一日でこちらのMoonlinerのモデルを下地塗装からStripeまで一気に仕上げるという変態技を見せ、翌日のX-Mas Partyのオークションでは最高額にて落札して頂きました、まことに有難うございます。

 

もちろん出張中はカニやスイーツの摂取も忘れず、健康的な日々を過ごさせて頂きました。

で、帰国後は大阪に行きタップリと仕事をしヤットコ横浜に舞い戻って来ました。 そして自室にこもりほっと一息、ホットカルピスをすすりながらのミニカー鑑賞は至福のひと時なのですな。

今回ウットリとしたのは国産コーナーでして、黎明期の日本製ミニカーを手に取り感慨に耽りました。 ミニカーと言いましてもついこの前の昭和34年10月に発売された国産本格的ミニカー第一号として認められているモデルペット製、トヨペット・クラウン以前に細々と造られていたミニカーというか「ミニカーのような物」たちです。

戦後、日本製の玩具はティントーイ(ブリキ)を中心に輸出の花形産業でしたがダイキャストミニカーに関しては技術力も無く後発的なジャンルでした。昭和35年に玩具輸入自由化となってからは外国製ミニカーが入って来たり、モデルペットや大盛屋等が技術を磨き必死にミニカーを作りましたが、それ以前は何処かの町工場であまり参考にする物も無い状況で、職人さんが必死に「ミニカーのような物」を作っておりました。

当時駄菓子屋でも売っていたと言われている倉持商店というブランドがありまして、東京タワーが建つ頃より豆粒の様なミニカーを作っておりました。それはそれは小さく今でいうHOスケールの様な感じで、この様に小スケールのトミカと比較してもふた回りは小さいのです。

   

出来がどうこう言う以前の芸術作品となっておりますが、おそらくたった一、ニ 枚の写真を頼りに職人さんが必死に作ったと思われます。一応実車をモデル化していてどれも何とか車種の判別はつくのです、素晴らしい! なぜか立派なプラスチックのケースに一台づつ入れられ、1ダース入りアソート箱で出荷されていました。

 

こちらは1959年のインパラで、特徴的なフロントグリルやテールフィンが確認出来ます。

 

これはジャガーXK150ドロップヘッドクーペとなっていますが、ケースに車名が書いてなければ何だかサッパリ分からないような芸術性を見せております。 最大の見所は米粒大の素敵な女性フィギュアが乗っている所なのです。

外車の乗用車やスポーツカー、建設車等合わせて120種類くらい作られていたそうですが、最近国産車のモデルがあったことが判明致しました。

見てびっくりのスバル360とバーハンドルのダイハツミゼットであります!まさかこんな物があったとは・・・・

 

スバルは初代デメキンをモチーフとしていてとっても可愛く、このように当時物グリコのオマケのスバルと並べると大きさがわかると思います。本来SUBARUと入るボンネット下のエンブレムは何故かJAPAN と入っている所が芸術なのです。

ミゼットは初代のバーハンドル仕様ですが、ドアーがついているので後期型をモチーフとしています。フロントフェンダーの丸みがとっても愛らしく、ツートンカラーが素敵過ぎるのです。

このように二台並べると、三丁目の夕日の世界へとトリップ出来るのです・・・・

そして倉持商店はもう一回り大きなモデルも作っていました。アメリカのLINEMARと言う玩具メーカーからの依頼で下請けのような形で主に輸出用として作られていました。なので日本国内にはあまり出回らず、モデルペットよりも先の発売にもかかわらず、純粋な国産ミニカーとして認められていないと言う悲しい存在なのでした。

コレクトーイというブランド名で、トミカよりも少し大きなサイズでフリクションを内蔵していて走らせることが出来、ヨーロッパ製スポーツカーやアメリカ車のラインナップしていました。

 

こちらはシリーズ中最高の出来を誇るフォードのデリバリーバンです。全体の型彫りも良くてフロントグリルの出来は秀逸なのです。

こちらはビュイックと悲劇の名車フォードエドゼルですが、双方ともに悲劇的な出来栄えなのでした・・・・この二台はついこの前の1979年に入手しました。

そしてC-1のコルベットなのですが、金型師の想像だけで作ってみた感じが致します。 箱絵は小学生並みのデッサン力ですが、ミニカーと合わせればこのように芸術作品と化すのでした。

  

同年代のアメリカ製ミニカー、Hubley 社の黄色いコルベットと並べてみましたが、この様に技術の差は歴然といった感じでして、当時の日本とアメリカの工業力の違いを見せつけられてしまいます。実車において立場が変わる時代が来るとは思いもしなかったことでしょう・・・

そして最後はオマケ画像になりまして、プラスチック製のダイハツミゼットになります。 丸ハンドルがモチーフとなっていますが、これは当時のダイハツの販促用モデルでありまして、何と鉛筆削りなのでした。

 

しかし流石にメーカーのオフィシャル物なのでその出来は凄まじく、五十年近く前のモデルですが、現代の目で見ても侮り難いプロポーションを誇っております、素晴らしい!!

そんなこんなで、国産黎明期の悲しくもパワーのあるモデルたちをご紹介しましたが、ヤッパリ一回じゃ全部出し来れませんので、またいつの日か仕切り直しと行きますので宜しくお願い致します。

[…]

ぼくとわたしのストリートカーナショナルズ!!

25日に開催された第24回Mooneyes Street Car Nationalsでしたが猛烈な好天に恵まれてとっても素晴らしいイベントになりました。

沢山のお客様にお台場まで足を運んで頂きまして、嬉しい限りであります。本当に有難うございました!!

当日は不肖Wildman、いろいろとPinstripeのお仕事を頂き、会場内あっちこっちに飛び回っていたので、ブースにいる時間が少なくなってしまい、お会い出来なかった方々が多数おられました。大変申し訳御座いませんでした・・・・

SCN初の試みとなりました”Burnout Demo”は大変盛り上がったようで(遠目にケムリだけは見ておりましたが・・・)Drag Racerの迫力あるBurnoutがお台場で展開されました。凄いイベントですね・・・・

Mooneyesの’69 Camaroは今回ちょっと化粧直しをしてBurnoutに挑みました。ボディー・サイド面にGold LeafのLetteringやPinstripeを描いて、とっても70’sなDrag Racerになりましたよ!!(見れなかった方は本牧Area-1に展示してありますので、ぜひ足を運んで下さいませ)

何はともあれあのような素晴らしいショーが開催出来たのも、エントラント及びギャラリーの皆様のおかげであります、本当に有難うございました!!

ということで、ついこの前の昭和37年にも素晴らしいショーが開催されていました。といっても月刊平凡誌の付録冊子の中でですが・・・・

その名も「ぼくとわたしの自動車ショー」であります、何とも素晴らしいタイトル!!!表紙は真紅のポルシェ356スピードスターに寝そべる浅岡ルリ子嬢で御座います、山田邦子ではありません。そしてページをめくると当時のスターたちの愛車が紹介されております。

まずはこまどり姉妹のお二人様。当然ともいえるシングルナンバーの’60年型縦目セドリック・デラックスは車も姉妹も双生児・・・・・でも免許はお一人しか持っていないそうです。

で、こちらが当時物ミニカーであるアサヒ玩具はモデルペット製の縦目セドリックです。どう見てもやっぱ実車よりカッコイイや!!

そして小坂一也様は’58年型のC1コルベットに乗られております。「もう何台とっかえたか分からない、車だけが僕の道楽さ」とまるでMoon Cafeの店長のような事をさらりと言っております・・・・

しかも助手席には十朱幸代嬢を乗せて「今日は仲良しの十朱幸代ちゃんをさそって、ドライブとしゃれるんだ」ときたもんだ。

う~ん、しゃれてやがる・・・・

で、こちらが当時物ミニカーであるハブレー製のC-1コルベットです。ああ、憧れのMade in USAであるとてもレアなモデルです。

今度は現在進行形のカーマニアである、Gメン75な夏木陽介氏であります。懐かしいぜ小田切警視よ!!

この時点で20台目の車歴というヘビーさですが、’54年型のジャガーXK120フィクスド・ヘッド・クーペはあまりにも美し過ぎます!!

この写真を見て撮影場所を特定出来た物凄い方がおられます。(もちろん電車にも詳しいカーガイであります)

皆様ここどこだか分りますか??分かった方はWildmanまでご一報を!

で、こちらが当時物ミニカーである、英国はディンキー・トーイズ製のXK120です。玩具の貿易が自由化されたついこの前の昭和35年頃に滑り込みセーフで日本にも輸入された名品であります。

私は全くついこの前である昭和62年にトレードで入手致しました。

さらに続きますが、今度は燃える男の赤いトラクターじゃなくって小林旭様の’59年型シボレー・インパラであります。さすがだぜマイト・ガイ!!!

車高が低く見えますが、ハイドロは入っておりません、念のため・・・

で、こちらが当時物ミニカーの英国はコーギー・トーイズ製のインパラであります。まだお客として通っていた昭和61年にムーンアイズ元町店でBossより頂いたものなのです。ありがたや、ありがたや・・・・

今度は力道山先生が所有された2台目のメルセデス・ベンツ300SLであります。ガルウィングに代わって北米仕様ロードスターを購入されました。

新築の赤坂リキ・アパートのエントランス付近ですが、ここから力道山家専用エレベーターが最上階につながっております・・・・

いまだにこの実車の色がさっぱりわからないので、どなたか情報を!!!

で、こちらが当時物ミニカーのデンマークはテクノ製の300SLです。

何もかもがダイキャストで出来た重量感たっぷりのミニカーなのですが、のっているフィギュアを先生に替えたいところなのです・・・

まだ終わりませんが、お次はモスラなザ・ピーナツのお二人が所有する’60年型のプリンス・スカイライン・デラックスであります。

[…]