Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

明日は快晴のSCN、これからのサインはTO WILDMANで決まりだぜ!!

さて皆様、明日はいよいよ東京はお台場にて「第27回ムーンアイズストリートカーナショナルズ」が開催されます。

ついこの前の1987年に大井競馬場にて産声を上げたこのイベントでしたが、私は1回目から全て参加し、気付けば軽く四半世紀を超えてしまい、未だに皆様に愛されているというのは嬉しい限りでございます。

今回もエントリー車両は約1000台!!という規模で皆様をお待ちしておりますので、快晴のお台場に6時だョ!全員集合であります。

そしてもうお手元にある方も沢山いらっしゃると思いますが、MOON IllustratedVol.11が発売となっております、気がつけばもう11号であります。

今回の春・夏号はページ数もたっぷりありまして、海外から国内の記事、New Itemの紹介等盛りだくさんの内容となっており、もちろん我がWildmanページも暴走状態で掲載されておりますので、皆様も一緒に暴走致しましょう!!

もちろんストリートカーナショナルズ会場でも販売しておりますので、お買い上げの方はぜひサインをさせて下さいませ!!

サインといえば、サインはV!!じゃなくって、先日カリフォルニアよりこのようにとんでもないものが私宛に送られて来ました・・・

「1クリックで間違えて海外通販で何か買っちゃったのかしら??」と恐る恐る封を開けてみるとそこには1枚のKISSの写真が入っていました。

我がKISSの写真にマジックペンで描かれたサインは何とジーン・シモンズの物であります!!

しかも”TO WILDMAN”となっているじゃありませんか!!!

「うおお~、ついにこの私にもジーンから直接手紙が来るようになったのか!?やっと長年の精力的な変態活動が認められたぜ!!」と勝手に解釈し、しばし放心状態になっておりました・・・・

しかしそんな事があるわけも無く、今回のサインはアメリカ在住のS様という知り合いの方が「ひょんなことから」ジーン・シモンズの自宅に行くことになり、そこで私が30数年に渡るKISS ARMYであることを思い出してくれて、わざわざジーンよりWILDMAN宛でサインを頂いてくれたのです。

S様本当にありがとうございます!!

それにしても「ひょんなことから」ジーン邸宅に行けるなんて一体何なのでしょう?? 私もひょんなことから行ってみたいものです・・・

これまでKISS関連のサインは力づく?で手に入れた物が何点かありましたが、それらには当然私宛の名前など入って無かったので、魂のこもったサインが手元に来たわけであります、最高です!!

先月は前回ブログでお伝えした通り、ジューシィ・フルーツ(ジューシィ・ハーフ)のイリア様に宛名入りサインを頂けたので、最近調子に乗っているWILDMANなのであります。

残念ながらついこの前の1961年に書かれた力道山先生の本物直筆サインには、他の方への宛名が入っておりますので、このようにカバーをして気を紛らわせております。

書き直して頂きたいですが、こればかりはどうにもなりませぬ・・・・

 

こちらはEd”Big Daddy” Rothより1991年に頂いたものであります。自分でWILDMANて名付けてくれたくせに、サインにはいつもHIROと書いてくれてましたね・・・ そういえば最初は間違えてHITOとも書いてました、確かに人ですが・・・

 

そして全然関係ありませんが、ついに禁断の果実に手を出してしまいました。 そう30年来の憧れだったテニスラケット”DONNAY BORG PRO”であります。

 

ついこの前の1981年に我があこがれのスーパースター、ビヨン・ボルグ様がウィンブルドン5連覇した時に使用してたのがこのモデルで、当時はお値段も強烈だったのと、何よりも恐れ多くてこんなもの使えないというのが、当時の正常な神経のテニス・フリークの考えでした。

 

だってこんなの使ってヘタクソだったら恥ずかしいじゃありませんか、小心者には絶対無理でしたね。

    

BORG PRO以前は同じベルギーはDONNAY社のこちら”ALL WOOD BJORN BORG”を使われていました。

   

契約の関係上アメリカでの試合はこちらアメリカはBANCROFT製の”BORG PERSONAL”を使用するという人気者ならではの二重契約??でした。

[…]

ゴミか芸術か!? 箱が命のミニカー・コレクション(日本車編)

思い起こせばついこの前である36年前の1975年、ミニカーをオモチャではなく芸術作品とみなし、遊ぶ物からコレクションへとシフトし「自分が好きなクルマ」のみに絞って集め続けて参りました。なので私のコレクション内容は無茶苦茶で全くシリーズ化されてなく、日本車からアメリカ車、ヨーロッパ車、共産圏のクルマ、レーシングカー、スーパーカー、商用車、軽自動車と何の脈略もない物達が揃っております。

ある程度数が集まって来ると自分でジャンルを決めて、ミニカーブランド別に集めたり、車種を決めて集るのが普通なんですが、そんな事をしたら自分が興味のないどうでもいいミニカーまで揃えなくてないけなくなるので、お金が幾らあっても足りなくなるし、買ったらそのまま段ボール箱へポ〜ンなんていう状況はせつないので(こういう人沢山います)何はともあれ自分が「これはミニカーにおける芸術だ」と認めたモデルだけを集めているのであります。

 

ニューモデルが出たら片っ端から買うような方もおられますが、ああいうのは修行にしか思えません、私には到底無理でございます・・・ という事で36年という短い期間、ミニカーコレクションを続けておりますが、集め始めた最初の頃はミニカーが入っている「箱」というのはそれほど重視しておりませんでした。ただカッコイイイラストや写真が使ってある箱は何となく手元に取っておいたのですが、当時のオモチャ屋では入荷した時点で箱を処分してしまい、お客さんにはミニカーを包装紙でくるんで渡すというような店も多々有りました。

  しかしですね、ミニカー専門店に通うようになり、知識も高まってくると「箱」の重要性が理解出来るようになりました。専門店でビンテージの絶版ミニカーが並ぶコーナーを見ると、同じミニカーなのに箱があるものと箱が無い物ではお値段が違っているではありませんか。モデル本体のコンディションは同じなのに箱が付いているだけで何割か値段が高くなっているということは、ミニカーというのは出荷時の姿に限りなく近い方が価値が高くなるという事が判明致しました。”Mint in Box”(箱付き傷無し)というのが最強のコンディションになるという事なのです。最近では「箱付きと「箱無し」では倍くらい値段が違ってしまうという恐ろしい状況も生まれております。そこまでしなくてもいいと思うんですけど・・・・ それ以来、買ったミニカーの箱は全て保管しなくてはならないという義務が生まれてしまいましたが、そんな箱たちをじっくり見てみますと、5〜60年代の昔のミニカーの箱たちは殆どがイラストによるボックス・アートで、それぞれのブランドで全く違ったタッチで描かれていてとっても面白かったのです。

ブリスターパックの物や最近のアジア産精密ミニカーたちはプラスチックケースに入っていて、あんなのは開けてしまえばただのゴミで、箱がどうこうという物ではないのですが、イラストが描かれた昔の紙箱たちは完全に芸術作品と認めざるおえないのです、本当に・・・・ そんな芸術的な箱を見ていると「これを描いた人たちは一体どんな気持ちで描いていたんだろう」と妄想が膨らんでしまい、カルピス・ソーダでも酔っ払ってしまいます。 という事で私的に芸術作品と思われるミニカーの箱たちをちょろっと紹介させて頂きます。今回は国産車編という事で宜しくお願い致します。

まずは伝説のブランド大盛屋の第一号車であるスバル360になります。ミニカー自体も可愛いですが箱はもっと可愛い!!! スバルだかお椀だかわからないような絵と、くすんだ黄色とブルーのパッケージデザインは日本製なのに日本語が一切入らない物で独特のオリエンタルな雰囲気があります。

同じく大盛屋のマツダR360クーペですが、こちらは箱の上面と側面の2面を利用し、そこにドーンとクルマのイラストを持ってくるという大胆なレイアウトが素敵です。とても日本人のデザインとは思えません。

さらに大盛屋のプリンス・マイクロバスでは箱の上面が街中を疾走するバスで側面が田園地帯を行くバスになっていて、そのタッチは小学校高学年でクラスの中で一番絵の上手い子が描いたような説得力のある作品になっています。こんな素敵なバスでどこか遠足にでも連れて行って欲しいものです・・・

今度はアサヒ玩具のモデルペットになりますが、スバル360は大盛屋の物とはミニカーも箱も違うテイストで仕上がっています。現在のミニカーは精密過ぎてどこのブランドも同じに見えてしまいますが、昔はこのように各ブランドで解釈の仕方が全く違っていて、実車同様ミニカーでも個性があったのですな。スーサイド・ドアを開いて身を乗り出すお姉さんのイラストがたまりません。

モデルペットのトヨタ・スポーツ800は私の好きなミニカーベスト3に入る芸術作品ですが、箱の側面はヘルメットを被りやる気満々のナポレオン党とも思われるお兄さんがヨタハチに乗るイラストで、上面は実車でなくミニカーをモチーフにイラスト化しているという気のきいたデザインになっております。

つり目のスカイライン・スポーツですが、ミニカーも箱もちゃんとオープンとクーペを作り分けているモデルペットは偉いのでした。実車はミケロッティのとっても優雅なデザインでしたが、子供のころは日野コンテッサと並んで「怖いクルマ」リストに入っていた怖ろしいデザインのひとつでした、だってあの顔怖いんだもん・・・・

そして今度はミニカーではなくとっても古いプラモデルの箱でして「ミドリ」というブランドの一本バンパーのデメキン・スバル360になります。中身の出来がどうこう言えるようなレベルのプラモではないのですが、ご覧の通り箱絵は堂々とデッサンが狂ったヘタウマイラストで仕上げていて、全てを吹き飛ばしてしまいます。顔の判らないドライバーのイラストが恐怖感を醸し出していてホラー的な芸術作品となっております。

お次は昭和30年代に作られていた「木製キット」のダイハツ・ミゼットMPです。1978年に元町サンセットにて購入しましたが、プラモデル以前に木のキットがあったのはこのモデルで初めて知りました。これは中身よりも箱絵が重要でして、完璧なデッサンのミゼットは京浜工業地帯(推定)を疾走しております。仕上がった金物を納品に行く若夫婦はとっても幸せそうなのでした、三丁目の夕日の世界です。

ちなみに箱の裏には完成図の写真が載ってますが、ご覧の通り凄まじいキットなのでした。これはこれで芸術かもしれませんが・・・

最後はこちらも木製キットのダットサン・ライトバンであります。久々に取り出したら包んであったビニールがびりびりに破けてしまいましたが、秀逸なイラストは健在です。お父さんが新車のダットサンを買って、これからドライブに行く幸せ家族の一日をテーマにしています。女の子のドレスからしてかなり裕福なご家庭と思われ、お父様はもしかしたら日本プロレスで力道山の下で働いていたのかもしれません。羨ましいな・・・・ という感じで何点か国産モデルの芸術作品をご紹介いたしましたが、次回はさらに芸術的な外国製品の箱絵を紹介致しますのでお楽しみに!!

[…]

スイーツ大好きなジャッキー・チェン!! 2泊4日のハワイ紀行

Go to Hawaii, Hawaii, Straight to Hawaii♪という事で海外出張過去最短記録となる2泊4日のスケジュールにてハワイはオアフ島へと行って参りました。ハワイといっても遊びじゃないですよ、仕事ですよ、お仕事!!

全くついこの前である18年前の1993年に不肖Wildmanハワイにて結婚式を挙げましたが、ついこの前発行された”Mooneyes Nooz”1993年3月号にはその時の画像が載っています、笑っちゃいますね・・・

このNoozでは第1回Yokohama Hot Rod Custom Showがレポートされていて当時の懐かしいカスタムカー達が並んでおります、ついこの前のことですが。

Mooneyes Funny CarもNHRA Winternationalsを疾走していて、Mooneyes USAではRat Fink Partyが開催されていて在りし日のEd.Rothの姿が見えます。 さらに旧エリア−1店舗では2回目のJunk Fairが開催、そして懐かしの名古屋パフォーマンスカーショーではMooneyes Funny CarやMooneyesの新作である日産セレナが展示となっております。開催場所が見つからない第7回Street Car Nationalsは予定が未定となっていて「どなたか場所お持ちの方、ご一報ください」と神頼み的になっております。

そして新商品紹介ページではニューデザインのTシャツが9点も紹介され、さらに次のページでは・・・・・いかん、いかん、そんな事はどーでもよいのです、本題はハワイ出張なので、この続きを見たい方はご自分で18年前のNoozを探して下さいませ。どうしても見つからない方にはお見せ致します。

で、常夏の島ハワイなんですが今回は羽田空港からのフライトだったので横浜から近くてとっても便利でした。

やって来ました久々のハワイ、ビン・ラディン問題でテロの警戒が凄いのかなと思ってたらちっとも凄くなく「アロ〜ハ」と一言あっさり入国出来てしまいました、ハワイは平和なのです・・・・・

今回の宿泊先はワイキキにある”The Breakers”というとってもビンテージなホテルに滞在しました。といっても2日間ですけど・・・

こちらは建物を古っぽく作っているのではなく本当に古いようで、和洋折衷の作りは「外国人から見たオリエンタル」といった感じで独特の雰囲気を醸し出しておりました。

電話やらキッチンの機材やらみんな本当に古くて映画のセットのようでした、楽しいぜ!!

楽しいのはいいんですけど2日目の朝、シャワーを浴びようと思ったらナゼか水しか出てきません。「2分も待ってればお湯が出るでしょ」と半分濡れた体で待ってたらいつまでたっても水しか出てこず「もうどーでもいいや!!」と朝から冷水シャワーを浴びて気が変になりそうでした、もともと気は変ですが。その数分後お湯はちゃんと出ました・・・・古いのは楽しいけどとっても大変なのです。

このネコ達はホテルの飼い猫で、ロビーの所に首輪でつながれ接客をしておりました。ネコマニアとしてはブチの方をジーン、白い方をポールと命名し2日間接してました。

少しだけワイキキ周辺を散策しましたが、シェラトンホテル内のReyn Spooner店舗が新装Openたので訪ねたところ、お店の女性スタッフの方に「ジャッキー・チェンに似てる」と言われてしまいました・・・実は海外に行った時や、日本でもナゼか女性にはよく言われるのです。ウチのネコ達を買ったブリーダーさんにはっずっとジャッキーって呼ばれてました。

力道山先生に似てるって言われた方が嬉しいのですが・・・

で、今回の目的であるお仕事は、”Ron’s […]

’74 Type-IIと共に快晴のもと、25回目のSCNだぜ!!

さて、いよいよ明日24日(日)は東京お台場にて25回目のストリートカーナショナルズが開催されますよ!!何と25回目ですよ、25回目・・・・

ついこの前である、たったの四半世紀前に、永遠に終わりそうもない程の莫大なローンを組んで買った愛車’68 Shelby Cobra GT350でエントリーしてから気付けば25回目のSCN・・・

世捨て人は完全に世を捨ててマニアから変態と化し、現在も活動中であります。 不肖Wildman、実は一回の欠席もなくSCNには来続けているのでした。 でもエントリーは最初の3年だけで、それ以降はずっとお仕事として来ているので、暑かったり、寒かったり台風だったりと、楽しむよりも?大変だった思い出の方が印象深いのでした。

今回のSCNはMooneyesのNew Project CarであるBMW 740i”Mond Augen”のイベント初お披露目があります。 迫力の20インチMoon Discsに注目なのです。

そして東日本大震災のチャリティー活動として”Mooneyes & Friends Charity Auction”の開催、Wildmanデザインの”Mottainai”ステッカー販売や長期間に渡り大切に保管されてきた過去25年間のイベントの記念Tシャツの販売を行いましてこれらの売り上げを全額震災の義援金として寄付致します。

記念TシャツはSCNからHCS、All Odds Nationals、Type-II Party、Crown Picnic、El Camino Nationals等々・・・これらは2度と手に入らない激レア・アイテムのオンパレードなのでマニア及び変態の方々は必見であります!!(私も欲しいくらいです・・・)

私はといいますと、チャリティーオークションの方に作品を一点出品させて頂きます。こちらのTシャツになりますが、Air Brushによる手描きでRat Finkと’74 Mooneyes Type IIを組み合わせたイラストのデザインにて制作してみました。

’74のType IIはWildmanと同じく1987年一回目からSCNにずっとずっと参加し続けている運命共同体な何とも稀少なヤツなのであります。

まさに世界に一枚のTシャツになりますのでふるって御応札お願い致します!!

雨男の名を欲しいままにするWildmanによると明日は奇跡の快晴となりますので、暑いお台場でお会いしましょう!!!

[…]

KISSやステーキ、色々あった2週間でございます・・・

皆様お久しぶりで御座います。この2週間は地震始めいろいろな事がありましていろいろと大変でした。

まずは4月のKISSの緊急来日で大騒ぎしておりましたら、突如来日延期という信じがたいアナウンスがされて、数日間落ち込んでおりました・・・ チケットの先行予約も始まっていて一体何がどうなったのかわかりませんが、秋頃に東南アジアでのツアーと一緒にして来日があるらしいという事なのです。 まあそれも信用出来ませんが、日本のKISS ARMYとしては待つしかないので秋まで期待に胸を膨らませておきましょう。

で、その後は横田基地の先にあるVW Shopの”One Low”さんが店舗がリニューアルとのことで、5日間の出張Paintの予定を組んで看板描きに行って参りました。 建物外壁に直接大きな看板文字を描く作業だったのですが、建築塗装屋さんの足場を利用させて頂き、建物に上って茶畑の広がる美しい景色を堪能しながらせっせとペイントしておりました。やっぱ高いところは大好きなのです。

すると作業2日目、一番高い3階の足場で作業中、何やらユラユラと景色が揺れ始めました。「今日は風が強いのう、こんなに何もかも揺れてるのう・・」と思ってたら、強烈な揺れが足場を襲いました。 「ゲッ、何これ」とあたりを見回すと、信号機やら電線がダンスしているではありませんか!! 「風じゃなくて、もしかして地震??」とあたふたしてると、隣の工場の方々が外に出て来て「地震だ、地震だ」と騒いでいて、壁にへばりつくWildmanを発見し「危ないぞ、降りろ」と暖かいお言葉を贈ってくれました。そんなこと言われてもWildmanはスパイダーマンのように急には降りられませんでした。 あわてて3階の窓から建物内に着地しましたが、後から腰が抜けそうになりました・・・・ 思えば新潟県中越地震の時も新潟に出張Paint中で人生初の大地震に遭い、今回も出張中にこのような事が起こってしまい、スーパー雨男は地震男になってしまいそうで何だか怖いのです・・・・

で、今度はこの前の月曜日に本牧の「ステーキハウス ジャックス」に行って参りました。Shige菅沼のMooneyes Expressやカリスマ成田店長の本牧Styleブログでおなじみのお店ですが、今月の27日をもって長い歴史に終止符を打つ事になっているのです。

御年84歳!!のジャックさんが丁寧にチャコールグリルするそのステーキはまさに「ビフテキ」といった感じで、こじゃれた鉄板焼きのお店や、グラム数千円もするような超霜降り牛のステーキとは一線を画す豪快な分厚い昭和の「ビフテキ」なのです。 20年前、中華街にお店があった頃にBossに連れて行ってもらい「醤油バター」で食するステーキというのを初めて体験し「こういう食べ物があったのか」と感動して以来、横浜での特別なお店として利用させて頂きました(たまにですけど)

今回はもう最後なので記念として、いつもの230gサーロインではなく、豪快に300gのニューヨークカットを景気良くorderするという暴挙に出ました。我ながらビックリで御座います・・・

230gでも十分な量とお味なのですが、出て来たビッグな300gを見てビックリ、「これ本当に全部食べれるのですか!?」と思いましたが前菜の芝エビのカクテル、サラダ、ガーリックトースト、付け合わせのオニオンソテーとスタッフドポテトも全部平らげてしまいました。焼き加減はやっぱりレアがいいね、ああ美味しい、最高だぜジャックスよ!! あんまり美味しいので記念に持ち帰り用のドレッシングも購入させて頂きました。 いつもきれいな厨房で手間のかかる炭火を使い丁寧に焼き上げてくれたジャックスの豪快ステーキがもう食べられないなんて本当に悲しいことなのです・・・

裕次郎&慎太郎兄弟及びMooneyesが愛したジャックスのステーキが食べられるのは今日と明日限りです、皆様本牧に急いで下さいませ。

それと25th Annual Mooneyes Street Car Nationalsですが、開催は決定しておりますので詳しくはMooneyes HPをご覧くださいませ、宜しくお願い致します。

[…]