Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

号外!! KISS ALIVE! 地獄の軍団、日本急襲横浜上陸だぜ!!

先週末はですね、急遽決まった代官山でのアートショーにゲストとしてお招き頂き、トークショーをやらせて頂きました。

当日集まってくれた皆様有難うございました!! 急な話だったので何も考えず小一時間べらべらとしゃべりまくって何も覚えておりませんが、又機会がありましたら、今度は5時間くらいやってみたいと思っておりますのでその時は宜しくお願い致します。

で、急な話といえばですね、私は今猛烈に感動しております・・・何がですって? そこのアナタもご存じのように、何がどうなったのかさっぱり分かりませんが何と我が愛しのKISSがですね、急遽来日することになったのです!!!!!5年振り10回目の来日であります!!!万歳三唱!!

2月26日のトークショーの最中にですね、いつの間にか留守電が入っていて誰でしょう?と思ったら高校時代の友人からでした。 アイツ急になんだろ??と思い聞いて見ると「さっき武道館にホール&オーツのコンサートに行ったら、KISSのライブの告知が出てた、それじゃ」 という短いながらもありがたきお言葉が録音されておりました・・・・・ まさか、まさかの事態に気が動転してると、翌日緊急スケジュールが発表となりました。

これまでKISSの日本公演といえば、数ヶ月前から来るぞ、来るぞと噂が流れて私達ファンとしても十分な準備期間?のもとに参戦する形をとっていたのですが、今回は2月末に来日が決定し4月にJapan Tourを行うという前代未聞の緊迫したスケジュールとなったのです、ああ大変だ。

ここ数ヶ月の間、KISS関連のBBS等で「日本公演があるかもしれないよ」なんて話題がちょろっと流れてはおりましたが、根拠のないウワサ程度のレベルと思っていたので本気にはしておりませんでしたが、本気になってしまいました、どうしよう!!

ついこの前の1977年初来日の時も桜舞う春の頃だったので、やっぱりKISSには桜の季節が似合うのですな。 前回5年前の来日時は、新装なった富士スピードウェイで行われたウドーミュージックフェスでのオオトリとしてライブを行い、KISSとしては日本では初の屋外コンサートだったのですが、私が行ったことにより見事に冷たい雨を降らせてしまい、同好の志には多大な迷惑をお掛け致しました。カッパを着て観るKISSも結構オツなものでしたね。

今回はですね、おなじみの日本武道館公演2連発に埼玉、神戸、名古屋さらに初の北海道遠征も含まれていて道産子KISS ARMYには最高のステージとなることでしょう・・・ジーンの火吹きで雪を溶かすぜ!!

で、それどころじゃないんです!!!な、な、なんと地元横浜にも上陸することになったのです!!本当なの??これは参ったぜ、どうしよう!!! 上陸直後のライブ一発目が横浜で組まれていて、しかも会場はパシフィコ横浜と聞き、思わずぶっ倒れそうになりました。

これによりYokohama Hot Rod Custom ShowのSpecial GuestとしてKISSが招かれる日も近くなったと思われます、今回のはそれのリハーサルも兼ねているのですな、きっと・・・・・

横浜でのライブ参戦はついこの前の1988年、寂しいノーメイク時代に今思えばビックリのビンテージ会場である「横浜文化体育館」開催の時と、先月の事くらいにしか思えない2001年の横浜アリーナでの超アリーナ席、前から5列目というWildman史上最強の席で堪能させて頂いたライブ以来となります。 今回も紙吹雪を沢山拾ってきたいと思います、そして部屋でばらまくのでした・・・

何はともあれ地獄の軍団日本急襲はめでたい限りなのです。ぜひ皆様もHot Rod Custom Showのリハーサルを兼ねてパシフィコ横浜にお集まり下さい!! 当日お会い致しましょう!!!

All Right Yokohama, You Wanted The Best, You Got The Best,The Hottest Band in The World, KISS!!!

[…]

最強のVIP CARはプリンス・ロイヤルだぜ!!

皆様、こんにちは。ただ今私はとっても緊張しております・・・ 不肖Wildman、本日26日(土)の午後6時から7時までの間にですね日本の首都、東京は代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催中の”LOWBROW-ART MEETS GIRLS”という女性アーティスト様のグループショーになぜかゲストとして招待されまして、トークショーをやることになっております。 何たって「愛しきヘンタイ」が勝手にしゃべるトークショーなのでどうなるのか自分でも分かりません。 ”HENTAI MEETS GIRLS”ではありませんのでご注意ください・・・ お時間のある方はぜひ遊びに来て下さいませ!!

で、緊張といえば今から15年以上前(といってもついこの前ですが)のある日、出張Paintでとある施設に行っておりました。 そこで日本最大級の巨大アトラクションを持つ○゛○○゛○ー○○○゛のパレード車両にPinstripeを描く作業をしておりました。 不思議な形をした車でしたがさらっと作業を済ませ、施設内をトボトボ歩いていると塗装ブースの中に黒い巨大な物体を発見しました。 「こ、こ、これは何と御料車ではないですか!!!!!!!」と声にならない声を上げたと思うとその場で緊張して直立不動となり「天皇陛下万歳!!」と一発かましそうになったのでした。危ない、危ない・・・

そう、そこに鎮座なさられていたのは天皇陛下のために、今はなきプリンス自動車が精魂込めて作り上げた御料車「プリンス・ロイヤル」だったのです(写真撮影当然NG)

日産とプリンス自動車が合併直前の、全くついこの前である昭和42年2月25日に第一号車が宮内庁に納入されてしまったので正式名称は頭に日産の文字が追加されてしまい「ニッサン・プリンス・ロイヤル」となってしまいましたが、私的には「プリンス・ロイヤル」と呼びたいですね。 今となってはプリンス自動車の車名は「スカイライン」と軽トラの「クリッパー」しか残ってなく、寂しい限りであります・・・

当時プリンス自動車が御料車の製作を受注出来たのは皇太子殿下が普段プリンスの車を愛用されていて人脈もあり、都内に会社があった事によりメンテナンス面でも好都合だったことが上げられるようです。

皇太子殿下は免許取得後、このような’54年型セダンや’57年型のスカイライン等を愛用されておりました。

ファンキーなイエローボディーのミニカーは当時物モデルペットの傑作である同型のスカイラインであります。殿下のも黄色だったらなあ… Go! With MOON

プリンス・ロイヤル登場以前の御料車といえば現在ドイツの博物館で余生を送っている’35「グロッサー・メルセデス」や’50「キャデラック」 ’63「ロールス・ロイス ファンタムV」等が有名ですが、やはり日本で皇室の為に作られたオンリー・ワンな存在のプリンス・ロイヤルが最高峰なのであります、天皇陛下万歳!!

短期間で作られたロイヤルはエンジンもプリンスが開発した6,4リッター260psのV8で(ATはGM製でしたが)ブレーキと燃料系統は何が起こっても作動するように2台分搭載されていて、8人乗りの巨大なリムジンは何と車重3トンを軽く超える超ド級の自動車と化したのです。低速走行をスムースにこなし、アクセルを踏み込めば一気に160km/hに達する性能も持ち合わせていました。 タイヤもブリジストンがロイヤルの為にだけ特製の15インチタイヤを開発したのでした。

ボディ・デザインはGMのポンティアックから拝借したデザインのA30グロリア(タテグロ)と共通なイメージで顔面はそっくりサンなのでした。 Wildmanがロイヤル実車に遭遇した時、塗装の補修でブースに入っておりましたが、どう見てもボディー塗装は2液性ウレタンの焼付け塗装ではなく昔ながらのラッカー手塗りに見えましたが、やっぱりそのような仕上げで新車時はソリッド・ラッカーの12回塗り吹き付け塗装だったそうです。これなら当時の日本中どこでも補修が可能だったという理由により、最新ブースによる焼き付け塗装は避けたそうです。

絶対に実車が手に入らない御料車のロイヤルですがミニカーならこれが可能になります!!! 1970年代に不出来なミニカーを平気な顔をして次々と製造していたヨネザワ玩具のダイヤペットが、ついこの前の1975年8月に突如として発表したのが何とプリンス・ロイヤルだったのです。

前代未聞、皇室の専用車両をさらっとモデル化してしまうとは良い時代でしたね。フロントグリルの造型が素晴らしいこのモデルは、菊の御紋も再現され、重厚感溢れる仕上がりとなり、7ミニカーとなりました。天皇陛下万歳!!

でもさすが当時のダイヤペット、ミニカーのシャシーに刻まれた商品名がROYALじゃなくってLOYALになっちゃってるのです、全く素晴らしい商品管理だぜ、やってくれるぜダイヤペットよ!!

同じくダイヤペットが全くついこの前である昭和42年10月に発売したタテグロのミニカーとこのように並べると、変態としてはもう完全に酔っ払った状況となり昇天してしまいますね・・・・

そしてこちらは当時の日産のカタログです。なぜかロイヤルが掲載されていますが一億円積んだって売ってくれなかったでしょう・・・

6台が納入されたプリンス自動車の誇りともいえるロイヤルはその後長きにに渡って御料車として活躍しました。外務省で外国貴賓用として使われた車両のうちの1台をハイルーフ・ワゴンの特別車に改造し、大喪の礼の際、昭和天皇の御柩を八王子の御陵までお送り致しました、悲しいぜ・・・

その後21世紀になり日産自動車の「もう古くて危ないからマジで使わないで下さい」という申し出により、プリンス・ロイヤルはお役目を終えてひっそりと引退致しました。払下げが行われれば私が一番入札したのに・・・ […]

90年代の思ひ出、ニンジャ・カローラは今いずこ!?

先週のブログにて紹介させて頂きました、本牧はムーンアイズ・エリア-1ガレージ内、猛暑の中のイベント”Preview of Tribute to Robert Williams”展はおかげ様でお盆Week中、3日間に渡り無事開催することが出来ました。猛烈に暑かったのですが多数のお客様に足を運んで頂き、感謝であります!!

14人のトリビュート参加Artistの作品を堪能して頂き、トークショーや楽しい抽選会もあって、やってるこっちもとっても楽しかったのでした。

こういったイベントを今後も企画して行きますので、暑さにめげずムーン・ガレージまで足を運んで下さいませ、そこには汗だくのWildmanがおりますので・・・

で、この前ですね、汗だくになって探し物をしてたのですが、探し物と全然関係ない何とも懐かしいデザイン版下が発掘されました。一つ目はこちらの版下で、WildmanがMooneyesに入って最初にデザイン画を起こした中の一つであるStudioのロゴでした。

まったくついこの前である1989年のクレジットが入っております。

このデザインは当時ダンガリーシャツやウィンドブレーカーなんかに使用しましたが、これらをまだ持っているという方がおりましたら真の変態として認定致します。私はまだ持っています・・・・

もう一つはいきなり90年代にフラッシュバックさせられるものでした。タイトルも”Triple Wagon”となっていて、90年代のステーションワゴンブームを感じさせてくれます。1996年のクレジットが入っておりますが、14年前なんて3ヶ月くらい前にしか感じられないくらい、ついこの前の出来事なのです。これは当時Tシャツのデザインに使用しましたが、まだ持っているという方がおりましたらヘビー級の変態として認定致します。私も持っておりませんので・・・・

このデザインの一番上には、当時のステーションワゴンブームを引っ張った超有名車両”ZINGERNIR”が描かれていますね。

’94年に製作したクルマですが、ベースは’90日産アベニールで、何の変哲もないデザインのワゴンでしたが、クレイスミスをモチーフとしたグラフィックを用いて、超ド派手なペイントを施し売り出し中のビレットホイールと組み合わせたコイツは物凄い人気者となりあっちこっちのショー会場を廻りました。マスキングだけで一日掛かった思い出があり、出来た時はやり過ぎか?とも思われましたが、90年代を代表するカスタムカーの一台になりました。旧エリア-1店舗に展示していたら、こっそりグリルだけ盗まれたり(ボンネットも開けずにどうやったんだろ??)フェイク車両が作られたりと、思い出がいっぱいありますが、10年前にエリア-1スタッフのキッド・ロッカー松井君が愛媛に行った時、偶然走っていたZINGERNIRに遭遇しオーナーに話しかけましたが、その方は残念ながらこのクルマのヒストリーが分かっていなかったそうです・・・

その下には’91スプリンター・ワゴンを当時アメリカではGMのGEOブランド発売されていたプリズム仕様にカスタムしたものです。

プリズムにはセダンしか無かったので空想で「もしワゴンが設定されていたなら」という洒落で作ったクルマなのです。これは’96年に製作しましたが、もっと前の’93年に製作したカローラ・ワゴンベースのコイツこそが90年代における日本のワゴン・ブームの火付け役となったクルマなのです。80年代のカスタムペイントから一気に抜け出て、90年代の流れになるようなコンセプトの元、社内でグラフィックをデザインし「ボイド・ニンジャ」を履いてホイールとクルマのイメージがバッチリ決まる物となり、USルックのバンパーテールゲートのスムージング、ビレットパーツとの組み合わせで、超人気者となりました。

「ニンジャ・カローラ」という素敵なネーミングもこのクルマにぴったり合っていましたね。デモカーとしてお役御免となった後、売却し数年経って90年代の後期に新横浜の中古車屋さんの店頭で見たのが最後となりました。ニンジャは今いずこ・・・

そして一番下に描いてあるのが、カローラより一回り大きかったカルディナをベースに作った”Kaldina Speed Wagon”で’94年の製作車両であります。

50’sのKのカスタムを意識したメッキモール風のグラフィックをペイントし、超極細の扁平16インチタイヤとムーン・ディスクの組み合わせで、ワゴンをボンネビル・レーサー風に仕上げるという新たな試みでした。もちろんUS Look風のバンパーも製作し、当時のトレンドを追っていました。

当時エド・ロスがHot Rod Custom Showのゲストとして来日し、御所山Studioにてこのカルディナのボンネットに描いてあったピンストライプを見て「だいぶ上手くなったな」とお誉めの言葉をいただいたのがこのクルマ一番の思い出であります。上手くなったのは口だけじゃなかったのです・・・・

というわけで一枚の旧いデザイン版下が見つかった事によって、いろんな思い出話が出来た次第であります、別に何も無くても話は出来ますが・・・・

[…]

お盆休みは本牧エリア-1へGo! Go!! Go!!!

皆様こんにちは、この前の日曜日はお台場で開催されたMotorcycle Swap Meetにお越し下さり有難うございました。都心での開催なのに気軽にバイクでフラっと見に行けるイベントというのはあまり無いですよね、バイクで来場の皆様とっても楽しそうでありました。

で、やっぱりやっちゃいました。実は私、このイベントは自身のスケジュールの都合で参加したのは3年振りなのでありました。するとですね、午前中は暑い位の快晴だったのに午後になると何だか雲行きが怪しくなり、一瞬でしたが雨がパラっと降って来てしまいました・・・・まあ、ちょうど涼しい位に感じて頂ければと思いましたが「雨の神様」ここに健在といったところです・・・・本当に申し訳ありませんでした。

で、お盆ウィークに突入した訳でありますが、今年はムーンアイズ・エリア-1のお盆休み企画として”Preview of Tribute to Robert Williams & Suzanne Williams”展を本日14日(土)より16日(月)までの3日間、エリア-1裏のMoon Garage内にて開催致します。

昨年開催のWildman20周年記念イベント”AHOOW”にお越し下さった方はご存じだと思いますが、あのような感じでガレージをギャラリーに変身させて開催致します。あの暑い夏からもう一年経つのですね・・・・・

今回のイベントの内容は今年の年末開催19th Annual Yokohama Hot Rod Custom Showのゲストとして来日する超ベテランアーティストのロバート・ウィリアムズ夫妻をトリビュートする形で、Wildman始め日本の14人のアーティストが作品を製作し、それらの展示販売を行うのです。さらに記念Tシャツの販売やラッフル(抽選)によるロバート・ウィリアムズ夫妻の直筆サインが入ったMoon Discのプレゼント企画等があります!!

期間中はKustom Kultureの伝道師であり、Wildmanの海外における飲み友達でもある”NASH”君によるスペシャルトークショーも開催致します。14日は静かな男Mr,G君が来場し、5日はTomokuni君とTokyo Guns君のお二人、最終日16日はWildman & GoshuのコンビでNASH君とトークショーを行います。さらに参加アーティストさんたちも会場にいらっしゃいますので、お楽しみに!!

あのですね、私が突然早口で関係のないことをしゃべり始めたら遠慮なく注意して下さいませ、暴走すると危険ですので・・・

このような感じで流れる3日間のイベントとなりますが、さらに詳しく知りたい方はこちらをクリックして下さいませ。

で、ロバートさんにはですね、ついこの前の1993年12月18日に当時Mooneyes USAにて開催されていた”Rat Fink Reunion”で初めてお会いし、ちゃっかりサインを頂きました。エド・ロスに初めて会ってサインをもらった時、バッチリ私の名前を間違えてTo:HITO!と書いてくれましたが、ロバートさんはこのようにちゃんとTo:HIRO!と書いてくれました、とってもありがたかったです!!

それでは暑いお盆休みは暑いMoon Garageで熱いWildman達と一緒に過ごしましょう!!

[…]