Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

芸術作品がバラバラに・・・ベルトーネよ何処へ行く

猛烈に暑い日が続きますのう、とろけちゃいそうですな・・・・・ この前、携帯電話が鳴ったから取ろうと思ってバッグに手を突っ込み電話を握った瞬間なにやらネチョッっという不思議な感触があり、ビックリして手のひらを見た所、1-Shot Paintのミディアム・ブラウンかと思われるような物が手にべっとり付いているではありませんか・・・・ 「ありゃりゃ、これはいったい何ですか??」と手のひらを顔に近づけると何やらスイーツな香りが漂ってます。 「こりゃチョコレートじゃないか!! 何でバッグの中でチョコが溶けてるの??」と一瞬パニック状態に陥りましたが、バッグの底には外国製チョコレートのパッケージと液状化したチョコがこんにちは・・・

はじめは何のことやらさっぱりわかりませんでしたが、6秒後に思い出しました。 いくら私が甘いもの好きといっても常にチョコを持ち歩いたりはしておりません。 これはですね先週のオーストラリア出張の時、帰りの便の機内食に入ってたチョコレートをその時は満腹で食べずに「もったいないから持って帰ろう」と思いバッグの中にポイッと入れてそのまますっかり忘れてました・・・

幸いにも携帯電話と手のひら以外には被害は無く、一緒に入ってたデジカメと30数年来の愛読書である「カーグラフィック」誌は奇跡的に無事でありました。 皆さん、夏場のチョコレートには注意し、機内食は持ち帰らないようにしましょう。

で、今月のカーグラ誌なのですが大変気になる記事が載っておりました。 「オークションに掛けられたベルトーネの至宝たち」という物で、イタリアのカロッツェリア・ベルトーネが製作した6台の歴史的ショーカーがオークションに掛けられ競売されてしまうということなのでした。

1950年代から70年代に掛け、フランコ・スカリオーネ、ジョルジェット・ジウジアーロ、マルチェロ・ガンディーニといった超優秀なチーフデザイナーを配し、BATシリーズ、アルファロメオ・ジュリエッタSS、カングーロ、イソ・グリフォ、ミウラやカウンタック等 の数々のランボルギーニらをデザインしたカロッエリア・ベルトーネが数年前に倒産し管財人が入ってゴタゴタが続いているという話は前から聞いてましたが、今回90台に及ぶベルトーネ所有のショーカーコレクションの内6台が競売されてしまうという事なのでした、寂しいのう・・・ 管財人は残りの84台も買い手を探しているとのことなので今後の動きが注目されています。ミニカー84台なら私が即金で買うのですが・・・・

今回競売されてしまったのは’63シボレー・コルベア・テステュード、’67ランボルギーニマルツァル、’70ランチア・ストラトス・ゼロ、’74ランボルギーニ・ブラーヴォ、’78ランチアシビーロ、’80ランボルギーニ・アトンの計6台でした。 こんな夢のようなクルマ達が売りに出されるとは本当に夢にも思っておりませんでした・・・

このうち3台は私の大好きなクルマたちだったのでミニカーにて御紹介致します。

  

まずは’63シボレー・コルベア・テステュードですが、あのリアエンジン空冷フラット6のコルベアをベースとし、何とも不思議なデザインのボディをまとわせました。 ジウジアーロのデザインでそのテーマはプレスラインがボディ上下半分を分割し、それが亀の甲羅をイメージさせることからラテン語でテステュード(亀の意)と名付けられました。 まるでエド・ロスのショーカーのようなガラスキャノピーがとっても素敵なのです。

    

ミニカーは当然60年代当時物でイタリアのポリトーイから出てまして、ヘンテコ亀さんデザインを見事に表現しております。 実車同様、四角いステアリングも再現されておりますが、今回撮影の為に購入後20年以上経ちますが、初めてキャノピーを開けてみました、怖かった・・・ 実車はたったの30万ユーロ(3,400万円)で落札されてしまいました、安過ぎです。

 

そしてガンディーニデザインによる問題作、’70ランチア・ストラトス・ゼロであります。 デビュー時「今世紀最大のウソ」と自動車雑誌に評されたゼロは全高840ミリ!!という驚異の車高を誇ります。楽勝でETCバーもタイムズのバーも潜り抜けられますな。 ガンディーニはこのクルマで「自動車スタイリングの限界」に挑んだそうですが、限界を飛び越えてると思います・・・さすがカウンタックを生んだ狂気のデザイナーであります。

   

ミニカーはやっぱり当時物でイタリアのメーべトーイ製ですが、ペッタンコなゼロのスタイルを見事に表現しています。 自車同様ドアじゃなくって、フロントガラス??が開きますが乗降はさぞや大変だった事でしょう・・・デザインの限界と言うよりも乗りにくさの限界に挑戦してるようです。 落札価格はたったの68万ユーロ(7,680万円)という金額で想定価格の100万ユーロに達せず超お買い得だったと思います、マジで。

 

そして私にとって夢のクルマだった’67ランボルギーニ・マルツァルまでが競売されるとは・・・変な時代になった物です。 マルツァルもガンディーニの作品ですが、発表当時はSFの世界から飛び出して来たようなデザインでかなりの衝撃だったようです。 ミウラのV型12気筒エンジンを半分にブッタ切って型バンク6気筒のみ使用し、リアに積んで完全4シーターのスーパーカーを作っちゃいましたが、このクルマのハイライトは何と言ってもボディの殆どがガラスで構成されてるようなデザインにつきると思います。ガルウィングのドアも殆どガラス面で、ルーフもガラスとくりゃ日当たりバッチリで「走る日焼けサロン」と化す事でしょう・・・・ 乗ってる人の足も丸見えでビンテージ・ナイキでも履いてたらさぞや目立つ事でしょうな、楽しいな!! インテリアやらテール周りやらあっちこっちに六角形のハニカム模様を配して遊んでいますが、ガンディーニさんはよっぽど蜜蜂が好きだったのでしょうか???

発表当時モナコGPにマルツァルは姿を見せて、レーニエ大公がグレース王妃を乗せてサーキットを1周しましたが、王妃はでっかい帽子を被っていてやっぱりマルツァルの車内はまぶしくて暑そうなのです。

ミニカーは人気者だったマルツァルは当時色んなブランドから出ていて、今回はガルウィングドアがガバッと開くヤツを選んでみました。

  

イタリアのエディル・トーイのは当時物マルツァルのミニカーでは最も入手が難しいですが、ドア部はガラスを省略しフレームだけなのが残念です、形はいいのですが。

同じくイタリアのポリトーイのヤツもドアガラスを省略してしまいちょっと残念なのです。

 

スペイン製のインターカーというブランドはタイヤが経年変化で溶けてしまうといった事で有名なミニカーですが、マルツァルは形自体は良く、殆どの部分をプラスチックで表現したので、ガラス面が多い実車の雰囲気が出ています。 購入後30年以上経っておりますが、タイヤはこの後もチョコレートのように溶け続けることでしょう・・・・

   

同じくスペイン製のナコラルのは1/24スケールのデッカいミニカーですが、デカいだけで何の取り柄もありません・・・・ しかしデッカいガラスのドアをプラスチックで表現してくれたのでマルツァルらしさは結構出ております。 室内も六角形のハニカム模様を再現していてなかなか楽しいのであります。

[…]

「なんだ、これは!」殿堂入りのスーパーカーはカウンタック様だぜ!!

当ブログ読者ならすでに御覧いただいていると思いますが、ムーン・イラストレイテッドvol.6がとっくに発売となっております。 今回のWildmanページはですね、またもやFruityとのコンビによる物ですが、ついこの前の1990年代に一世を風靡致しました雑誌”Cal”へのトリビュートという形でデザインしました。意味の分かる方は「ナール程!」と思いますが、分からない方にはさっぱり分からない構成となっています、そこがいいのですな!! 一字一句、慎重にお読み下さいませ。 何はともあれ本屋さんにGo!であります。ムーンアイズ通販にてお求め頂ければ勝手Wildmanページにサインをしてお届けすることも可能であります!!

で、この前ですね出張Paintの際に首都高速をHiaceにて激走中、「ランボルギーニカウンタック」に遭遇しました。官能的なフェラーリ・ミュージックと違い今にもぶっ壊れそうな爆音がたまらなく素敵で、そこにあるだけで人々を幸せにしてくれる車だと改めて痛感致しました。

ついこの前の1970年代の日本で突然巻き起こったスーパーカー・ブーム時にはその頂点に立ち、少年のアイドルとしてAKB48なんか目じゃないような存在となり、未だにスーパーカーと言えばカウンタックの事を指していると思っております。 昔から自称カーマニアと言われる方々はカウンタックや70’sスーパーカーをバカにしたり興味無い様な素振りを見せてくれますが、カウンタックの素晴らしさが理解できないようでは人間として致命的な欠陥を抱えていると思います。

カウンタックはですね、岡本太郎先生の「なんだ、これは!」という脅威の芸術性を表す言葉がまさにピッタリでありまして、本当にイタリア語でそういう意味の感嘆詞なのです(正式発音はクンタッシュやクンタッチだそうですが) やっぱり日本人にとってはカウンタックという名前の響きが良いのです、名前だけで強そうでカッコ良く感じるじゃありませんか。 これが同じイタリア語でも、ランボルギーニ・バジリコやランボルギーニ・カルパッチョじゃゼンゼン駄目だったでしょうね・・・

嘘八百の最高速度300キロ、高速になればなるほどフロントがリフトし、どこに走って行くんだか分からないスリリングな直進性を誇っておりますが、実は見掛けに似合わずコーナリングは結構良かったりするおませさんだったりします。

そんな事はどうでもいいのです、鬼才「マルチェロ・ガンディーニ」の手によるあの外装デザインと、天才エンジニア「パオロ・スタンツァーニ」による基本設計の組み合わせはまさに「Oh! Countach」なのであります。 空に向かって跳ね上がるドア、芸術としか思えない構造の鋼管スペースフレーム、スペックなんかどうでもいい巨大な12気筒エンジン・・・・全てはカウンタックだけの素晴らしき世界なのです。ああ本当に素晴らしい・・・

ミニカーの世界ではカウンタックが現役の70年代当時、英国マッチボックスのちっこいモデル以外、海外ミニカー業界ではなぜか無視されていた存在で、東洋の島国でのあのブームが無ければまとまなミニカーにもならなかったというのはちょっと意外な事実なのです、なんでだろ?? 70年代のスーパーカー・ブーム時、その人気に当て込んだ日本の「サクラ」というミニカー・ブランドがありまして多数のスーパーカーをモデル化し一時大儲けしてました。そんなサクラがシリーズ第3弾として発売したのがカウンタックLP400でした。 世界初の1/43スケールのカウンタックの登場は待ち遠しく、愛読書の月刊ミニチュアカー誌発売予告のCMが載っていて楽しみにしておりました。 そしてついこの前の昭和52年3月20日発売のカウンタックを求めに横浜市は磯子区の闇市上がりである「浜マーケット」内の玩具店に出撃致しました。 それがこちらミニカーになります。今見れば幼稚なモデルですが、カウンタック最大の売りであった(少年たちにとって)リトラクタブル・ヘッドライトとガルウィングドアー開閉アクションの採用はこのミニカーをベストセラーとしました。なんといっても当時物ということに価値があります。 そしてもう一台の色違いは、まるでちんどん屋さんのようなセンスの白と赤のツートーンになります。これ冗談ではなく本当に実車にあったカラーなのです!! どこのどちら様がこういったカラーにしたかは存じませんが、当時はあまりにも強烈で少年Wildmanは「なんだ、これは!」を連発しておりました。サクラさん、よくぞこの色をモデル化してくれました、御礼申し上げます。 カウンタックのシートに初めて座ったのは、1994年の夏、Blue Maxのダイゴさんがナゼかブラックのカウンタック・アニバーサリーに乗って御所山Studioに来られた時の事でした。 「ダ、ダ、ダイゴさん、これどーしたんですか???」と聞くと「借り物だよ、CM撮影の帰りだよ座ってもいいよ」と言われたのでありがたく着座させていただきました。全く後ろが見えなかったです・・・・

このオレンジのカウンタックは横浜のシーサイド・モーターが入れた新車輸入三号車で、21世紀現在も素晴らしいコンディションに保たれております。数年前の箱根のスーパーカー・イベントで撮った写真ですが、このときMini Truck界の重鎮たち?がこの会場にいた事が忘れられません・・・やっぱりみんなカウンタックが好きなのさ!! ちなみに日本上陸一号車は、60年代の日本グランプリをジャガーやローラで激走し、その後税務署を手玉に取り、ラスベガスに高飛びしホテル王となった「安田銀治」氏が購入されたそうです(黒色) そんなヒストリーもカウンタックらしくてとっても素敵なのです。

何はともあれカウンタックは史上最強のスーパーカーであり、ちんどん屋であり、芸術作品なのです。 ブガッティが400キロ出ようが、バイクの隼が300キロを超えようが、カウンタックの嘘八百300キロの方がゼンゼン説得力があるのですな。

「なんだ、これは!」最高だぜランボルギーニ・カウンタックよ!!!

[…]