Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

力道山先生のキャデラックは今いずこ・・・

先月としか思えない2001年1月4日の当ブログにてお伝えした昭和の自動車塗装名人、故中沖満先生の名著「力道山のロールスロイス」が今年になって復刊されました。

私はついこの前の昭和57年、高校生の頃に初版を購入し(2冊)バイブルとして持ち続けておりましたが、長らく絶版となっていたので、こんな素晴らしい本をぜひ皆様に読んで頂きたいと思っておりましたが、やっと 復刊されました、めでたし、めでたし・・・ 戦後から「わたびき自動車」で塗装職人になり、海外より日本に入って来た有名車両からスバル360まで、数々のクルマを塗られた中沖さんの回想録のような本ですが、以前お話した通り力道山先生のクルマもペイントされております。

ジャガーXK120はアイボリーに塗り替えて、力道山先生が「ドアーとトランクにドクロのマークを描いてくれ」とリクエストされたそうですが、わたびきの社長さんが「世界チャンピオンになったんだし、ドクロじゃ芸がないから王冠にしたらどうだろう?」と提案されたら「それもそうだな、それじゃ王冠にしよう」と先生には珍しくアッサリと素直に決めたそうです、よってスカルは却下となりました・・・ その王冠マークを中沖さんが型紙を作って、吹き付け塗装にてバッチリ仕上げたそうです。それの画像を見た事が無いのでどなたか情報をお持ちであればお教え下さいませ。 私に頼んで頂ければ力道山先生に為に代金FreeにてFreehandにて仕上げましたが・・・・・ このジャガーを引き取りに来る時、先生は最新型の’55シボレー・ノマードに乗ってやって来ました。「力道山来たる」の知らせを受け、わたびき自動車ご近所の人達が大勢集まって来て即興サイン会になってしまったそうです。銀行のメモ用紙に万年筆のインクが切れるまで先生はサインを書き続けたそうですが、もしその時のサインをお持ちの方はご一報下さいませ。

プロ野球選手との交流も深かった先生は中日ドラゴンズの森徹を可愛がっておりました。この画像は赤坂リキ・マンションでのショットですが先生を挟んで右が森徹選手、左はご存じ400勝投手の金田天皇でございます。 中沖さんも本の中で書いておりますが、早大のスラッガーなのにプロでキングを獲れない森選手に「ホームラン王になったらキャデをやる」と豪語したら、本当にタイトルを獲得してしまいキャデラックをプレゼントしてしまったそうです・・・きっと先生はかなり悔しかったと思われます。

最近入手したついこの前の昭和34年12月発行の「スポーツマガジン 最新自動車読本」という本がありまして、表紙は伝説のサブマリン投手、南海ホークスの大エース杉浦選手ご夫妻がクラウン観音開きと共に写っています。この年の日本シリーズでMVPになった賞品車両でございます、素晴らしい!!

この本の愛車拝見コーナーというのに力道山先生と森選手が出ていまして「ごほうびのキャデラック」という事で、何と池上のリキ御殿にてキャデの贈呈を行っているショットなのであります。やっぱ悔しいだろうな先生は・・・ 近所の子供さんたちも写っておりますが、「これは私です!!」というは申し出て下さいませ・・・ 力道山先生は可愛い森選手が、我が大洋ホエールズに移籍する時も裏で工作をされたそうです。

こちらは凄く新しい本である、昭和56年発行のプロレスアルバムですが、こんな素敵なマイクロバスが出ております。リキ・スポーツパレスの社用車なのですが、横の看板は手描きでありまして全ての書体にウットリしてしまいます。プロレス、ボクシング、クラブリキ、リキトルコ、ボーリングなどと描かれております。 ”Riki”の書体なんて美しすぎて失神してしまいそうなのです、誰か私にも描かせて下さい!!これを描いたという職人様は申し出て下さいませ・・・

さらにこんな画像も出てましたが、池上のリキ御殿にて息子さんをバックにするこのクルマは中沖さんもその存在を驚いていたという日本にこれ一台しかなかったであろう力道山先生の「キャデラック・エルドラード・ブロアム」であります。

50年代、GMのモトラマシリーズであるワンオフのドリームカーをほぼそのまま限定生産してしまった超ド級の高級車で、当時フォードやシボレーの普通乗用車3台分の価格という浮世離れしたクルマであります。

こちらは当時物レベルのプラモデル完成品ですが(おそらく50年前に誰かが組んだ初版)が、かっこいいエルドラード・ブロアムのスタイルを見事に再現しています、この頃のアメリカ製品は実車もおもちゃも最高ですね!! 中沖さんは本の中で力道山のエルドラード・ブロアムは「右翼の大物」である某氏に譲られ、その後の消息は不明であると書かれておりますが、右翼の大物ってやっぱりあの人ですよね・・・・ キャデの消息を知っている方はぜひ御一報下さいませ。 四半世紀前に清里のキャデラックハウス(現在廃墟)に行きましたが、あそこに無かったっけ??

[…]

キャデラック最高!!花形産業だったブリキ玩具とその時代

手元にこの様な本が御座います。懐かしの「毎日グラフ」誌でして、ついこの前の1956年1月22日号になります。このころ力道山先生も絶好調であります!!

表紙はブリキ自動車に囲まれて幸せ過ぎる昭和ヘアカットのお坊ちゃま君が、60年後のこれらのオモチャの資産価値を考えて悩んでいる図のように見えます・・・ 1950年代中期といえば日本製のブリキ玩具が世界中に進出し、戦後復興期の花形産業となり、ドルを稼ぎまくっておりました。 安い賃金で高品質な物を作って世界中にばらまいていた当時の日本はまるで現在の中国みたいですね。

 

こちらが当時のオモチャ工場の組み立てラインですが、まさに昭和の街工場の風情がぷんぷん漂っておりまして、この様な環境から世界を制覇したブリキ玩具が作られていたとは凄い時代ですね。

こちらは研究室だそうですが、ただの窓際に見えます・・・・・・

しかしこの場所から特許が3つ生まれたのだと豪語しております。

 

「オモチャ工場の工員は6割まで女工さん、年齢的には20代が圧倒的に多い」となっていてAKBに近いものが有りますね・・・ 「南米からの大量注文で毎晩8時まで残業している」とのことです、ああ忙しい・・・

そして記事の中でこの2台のブリキ製キャデラックが紹介されています。

右が現在、世界的にもその出来と資産価値が認められている日本の「マルサン」製の物でブリキコレクターの世界では誰もが知っている有名なモデルです。

左は「マルサン製が出てからこれをマネて半年後に売りだされたドイツ製のキャデラック」と紹介されています。GAMAというブランドになります。

どちらが先に開発、販売されたのかは微妙なのですが、確かにこれらはソックリさんで共に良い出来なのですが、細かい仕上げは明らかマルサン に軍配が上がり、21世紀現在の評価も世界的にマルサンの方が上になっているようです。 日本とドイツは共に敗戦国でしたが、オモチャの世界では凌ぎを削って世界進出を目論んでいたライバル同士でした。

その中でも技術の集大成としてマルサンのキャデラックは当時から認められていたモデルだったそうで、オモチャとは思えない\1,500というプライスは’56年当時ではとてつもなく高価な物で、現在でいえば子供にポンと新型パソコンを買い与えるような感覚だったのではないでしょうか・・・表紙のようなお坊ちゃま君にしか味わえない昭和のセレブ物語なのです。

ついこの前である1964年生まれのWildmanにとって子供の頃(今も子供みたいなものですが)ブリキ玩具はあまり好きなオモチャではありませんでした。 物ごころついた60年代後半では、ブリキ玩具は全盛期を過ぎ斜陽産業になりつつあり、部分的にプラスチックを使ったり、モデルである本物の自動車自体も’50年代の丸みのあるデザインから直線基調のシャープな物に変わりつつあり、あまりブリキ玩具に適さないデザインになっておりました。

その頃はブリキの自動車はマルサンのキャデラックと違い金額も安くなっていて、ミニカーにその座を奪われた形となり、デパートのショーケースには輝くダイキャスト・ミニカーが沢山並び、ブリキは隅に追いやられる形になりました。

そんな時代だったので、ミニカーには大層憧れた私ですが、ブリキさんは「仕方なく」買ってもらう(輸入ミニカーより安いので)オモチャという感覚が強く「この世ではミニカーが最強!!」というイメージが刷り込まれてしまいました。

当時ブリキのロボットなんかも大変古臭く見えてしまい、ソフビのウルトラマンや変身サイボーグ1号、ミクロマンの方が素敵な存在になっておりました。

 

ブリキの自動車で何が嫌だったかというと「上げ底」の室内が許せなく、「本物の自動車はもっとシートが深いぞ!!」と訳の分からない事を叫ぶ幼稚園児がそこに一人いたのです・・・

フリクションモーターやゼンマイをセットするスペースを作る為にブリキ自動車は構造上このような上げ底デザインになっていました。

 

しかし当時の輸入ミニカーはこうやって実車さながらのシートがすでに再現されていたのです。 これと比べちゃうとブリキはただのオモチャでしかなく、ミニカーの敵にはなりえなかったのですな(持論)

そしてミニカー一直線の人生が始まったのですが、大人になってから、「ブリキでもイイ奴はイイな」と思うようになり、ほんのチョぴっとだけ集めたりしました。ミニカーになっていない好きな車をチョぴっと並べてみるという感じですね。だってブリキは値段が高くておいそれとは手が出ないのですよ・・・

「マルサンのキャデラック」がブリキ自動車の頂点という見方がありまして、それはそれでそうだと思います、確かに・・・・・が、あまり欲しくありません。

でもね、キャデなら同時代にもう一台国産の素晴らしいモデルが有りました。 私はこちらの方を国産自動車モデルNo,1に推しますね。

     

ALPS(アルプス)というブランドが造ったコンバーチブルのキャデラックでして重厚なセダンのマルサンとは違い、軽快感のある屋根なしキャデを見事に再現しています。

 

薄いボディはマルサンより実車に近いイメージで、何と言ってもグリルの表現が素晴らしく、プレスそのままで穴が抜けていないマルサンとは大違いの造りなのです。 実車さながらのバンパーの厚みや、そのまま座りたくなってしまう程綺麗なプリントのシートやダッシュボードの出来はブリキ玩具の真骨頂だと思っております。

 

エンブレムまでこまかく別パーツでプレスされていて「きっと当時のAKBな女工さんたちが夜8時まで残業して作ったのだな、偉いな」と妄想が広がってきます。

 

ステアリング連動で前輪はステアし、しっかりサスペンションも付いていて、フワフワな乗り心地の50’sキャデラックを何から何まで表現しているのです、素晴らしいぜ!!

日本産業の世界進出の基礎を作ったブリキのオモチャたちは70年代に入ると寂しく消えて行きましたが、さらに時は経過して現在では完全にそれらはお宝と化し、その価値は見直されるどころか天文学的な数値にまで達してしまい、サザビーズやクリスティーズといったセレブなオークションを賑わしております。

あの時代に夜8時まで残業して、せっせとブリキのキャデラックを日給¥200で作っていた女工さんたちはこの様子をどのように感じているのでしょうか??

でも今同じモデルを作ったらブリキ玩具は膨大なコストが掛かってしまい、それこそ新型パソコン以上の価格になってしまうと思われます。

あの時代の日本だからこそ出来た花形産業だったのですね、女工さんありがとう!!

[…]

我、力道山先生の幻をドイツにて発見せり!!

ワールドカップも一段落した所で、突然我が家のエアコンがお亡くなりになられ、 猛烈な湿度の中で暮らす日々が続いております・・・・ 扇風機だけではどうにもならず、冷えたペットボトルをまくら代わりに 使う変態の今日この頃であります・・・6匹の猫と1匹の犬たちも変態だ!じゃなくて大変だ!! と思ってたら意外とあいつら暑さを気にしてません・・・

で、先週からのお話の続きなのでありますが、ヨーロッパ・ツアーの 詳しいレポートは「ムーンアイズ・メールマガジンMMM」にて発表となっておりますので そちらをご覧くださいね。 え、見れない?? そうなの??じゃ今回は特別に見せてあげますからこちらをクリックして下さい。 というよりも一刻も早くMMMに登録してくださいな!!

で、ドイツの博物館なのですが、これが結構楽しくて千差万別いろんなクルマが展示されておりました。 このランボルギーニ・ミウラP400Sはホワイトレターのグッドイヤーがとっても素敵でありました。

こんな可愛いゴッゴモビルやNSUスポーツ・プリンツなんかもあって変態向けの車種選択がたまりませんな!! あんまり嬉しいので我が家の当時物ミニカーの画像も並べておきますね。

おおっ!!これは西ドイツのDKW(デーカーヴェー)ゾンデルクラッセではありませぬか!! 2ストローク好きにはこたえられないクルマです。

エンブレムに注目であります。このクルマには「3=6」不思議なエンブレムが ついているのです、3イコール6です・・・ 変態のアナタならこのエンブレムの意味が分かりますよね。このクルマは 2ストローク3気筒エンジンを 搭載しているのです、カワサキマッハIIIじゃないよ!! DKWの2ストエンジンに対する自信の表れを 示すもので、3イコール6の意味は「2ストローク3気筒は4ストローク6気筒に匹敵する性能を持つ」

というナゾナゾのような意味を表しているのです。間違えた算数ではありません。 カッコイイなDKW、こりゃマッハIIIもビックリだぜ!!

何て興奮しながら、誰も聞いてないのに一人でブツブツと説明しながら 博物館内をトボトボと歩いていると、アメリカ車コーナーにたどり着きました。

シェビーやダッジやキャデ等、日本でもアメリカでも見なれた大きなクルマたちを眺めていると、 いきなりブルーのクルマが目の前に現れました。 「こ、こ、こ、これはスゲエ、こんなのまでここにあったとは!!」とひっくり返りそうになりましたが、 気を持ち直すと力道山先生の姿が浮かんできたのです・・・・

そのブルーの車は「1957-58キャデラック・エルドラド・ブロアム」なのであります。 「な〜んだ、ただの50年代のキャデラックじゃん」といわれるアナタはダメダメです。 このブロアムはとっても特別なキャデなのです。

夢の1950年代、かのGMは「モトラマ・シリーズ」というのを展開していてワンオフのドリームカーをシェビーや ポンティアックやキャデラックやらGMの各ディビジョンごとに製作させ、編隊を組み全米各地をデモしていたのです。

これらのドリームカーはどれも時代を先行するデザインで、それを一般 ユーザーに見せて反応をリサーチし、数年後の量産車にそのデザインや メカを取り入れるという目的を持っていました。そんな中であのテール・フィンのデザインなんかが生まれました。

キャデラックがモトラマ用で1955年に製作したエキスペリメンタルカーがこの 画像のエルドラド・ブロアムなのです。

それをほぼそのままの形で限定生産して販売したのが’57-’58エルドラドブロアムです。 今回ドイツの博物館で遭遇したブルーの個体がまさにそれでした。 他のキャデラックとは別工程で生産され製造、仕上げ、検査とほぼ全ての 工程が熟練工の手によるほぼ手作りの自動車だったのです。 他のグレードではオプションとなる装備全てが最初から標準で組み込まれていました。

車輛金額は13,074ドルで、これは当時の普通のキャデラック4ドア・セダン の4,413ドルに対し3倍の金額を付けていたのでした!!いかに凄いかが分かりますよね。 生産台数も2年でたったの704台と、アメリカ車にしては異様なまでに少ない特別なクルマなのです。 低くたたずむ観音開きの4ドアHTボディは、ルーフがステンレスのヘアライン仕様になってるお洒落さんなのでした。

[…]