Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

43周年のミニカーコレクション、第9位発表& AC COBRA 427

皆様、こんにちは。我がDeNAベイスターズはゴールデンウィークを死んだふり作戦で乗り切ろうとしたところ、死んだふりどころか、本当に瀕死の重傷を負ってしまいました・・・う~ん弱い・・・・

と思ったらまた持ち直したりして、今年のセ・リーグはどのチームも好不調の波が激し過ぎまして、暫くはあまり贔屓チーム順位を気にしない方が良いのではないかと思います、日替わりですから。

そんな中、先日ですね本牧MQQN Garageにとんでもないクルマが入庫致しました。パーツ取り付けとかじゃなくて、Pinstripeの施工で来られたのです。

最初は何かの冗談かと思いましたが、冗談ではなく本当に入庫して来たのはAC COBRA 427という超ド級のクルマでございました!!

あっ、レプリカじゃありませんよ! Shelby Americanで60年代に造られたCSX3000番台の一桁シャシーナンバーを持つ、Competision Chassiesのオリジナル・コブラなのであります!!

オーナー様は1970年代にこの427コブラを日本に持ち込まれまして、40年以上に渡って大切にされて来ております。当時日本で本物のコブラといえば、式場壮吉氏のクルマが有名でしたが、それ以外にもこの真紅のコブラがひっそりと存在していたのです。

今ではその2台のコブラは共に横浜に生息しているという状況でして、その2台共に手に触れることが出来たのは感無量なのであります。

今回は真紅のボディーに、アメリカ時代に描かれていたPinstripeの模様を同じように再現するというお仕事でありまして、興奮しながら作業させて頂きました、だって本物なんですもの・・・・

AC COBRAの一号車はアメリカはSanta Fe SpringsのMQQN Equipmentで組上げられたのは有名なお話ですが(いまだにCOBRAのクラブの方々がツアーでMQQNEYES USAに見学に来られます)今度は日本のMQQNEYESのGarageにCOBRAが来るというWildmanの妄想が現実となったのでありました、白昼夢は現実となるのです・・・・・

今では億単位のクルマですので、小心者としては長時間預かるのは大変恐ろしいので、作業後その日のうちにとっととお別れとなりました。名残惜しかったのですが、ビッグブロック427の素晴らしいサウンド(これが嘘みたいに静かで上品な音なのです)を残してコブラは走り去ったのでした・・・

という事で今回はコブラのミニカーの話と思われそうですが、コブラというのは1960年代当時、全くダイキャストミニカー化されなかったのです、一台も!! 特殊なクルマでしたが知名度が特に低かったわけでも無いのに、当時はどこの国のミニカーメーカーもコブラをモデル化しなかったのです、不思議ですが。7~80年代になって、コブラが現役でなくなってから、ホワイトメタルやHot Wheels等で作られそれ以降は湯水のごとくモデル化されました、当時物ではないので私には全く不要ですが・・・

なのでコブラの当時物ミニカーは無いのですが、プラモデルやスロットカーの世界では大人気で、当時多数モデル化されておりました。

Scalextricの1/32のスロットカーは大変雰囲気が良くってお気に入りのモデルなのです。形が最高です!!一生走らせませんが・・・

プラモデルはこのAMT製がスロット含め多数のバリエーションあって人気となっています、箱絵もカッコいい!!もちろんこれらは一生組み立てない私の空想模型となっております、組んだらきっとカッコいいな!!

で、話がまた元に戻るのですが、大変素敵なお仕事を下さったコブラのオーナー様に感謝なのですが、実はオーナー様はその昔大変有名なミニカーコレクターでありまして、昭和30年代に日本でミニカーコレクションが始まった黎明期のトップクラスのコレクターだったのです。当時インターネットも無く、流通システムままならぬ中、個人による海外交流で日本に未輸入のミニカーをたくさん入手されていたのです、尊敬であります。

1960年代当時のミニカーコレクション雑誌でCollector誌というのがあるのですが(106号で廃刊、Wildman創刊号より 90冊以上集めて残りも捜索中)その中で沢山のミニカーの記事を書かれていたのです、まさにその道の先駆者なのでありました。私などはコレクションのスタートがついこの前の1975年なので、全く歯が立たないのであります、う~ん悔しい・・・・

で、今回の主題である「43周年のミニカーコレクション第9位」を発表させて頂きます。

それなりにコレクションを続けていますと色々と出会いがあるのですが、コブラオーナーのH氏はある時期に横浜元町サンセット店主宇野さんを介して、コレクションを手放されたのですが、その中に旧西ドイツはメルクリンというブランド(鉄道模型が有名ですね)の当時物ミニカー、Buick Sedanetteがありました。こちらが私の中でコレクションベスト10の第9位認定となります!!

このBuickのミニカーは戦後間もない1940年代後半に生産開始という大変に旧いモデルなのですが(70年落ち!)まさに当時物といった風情で、怪獣だった頃のアメリカ車を見事に再現しているのです、グリルを見てると食べられちゃいそうなのです。

子供の頃から憧れのミニカーでしたので、私が買わずに誰が買うという流れとなりグレー色のBuickは私の手元にやって参りました。H氏という先駆者のおかげで数十年前、日本に入って来たメルクリンのBuickを入手することが出来ました、感無量であります!!

そして昭和30年代ミニカーコレクション黎明期のコレクターで、これまた先駆者の御一人である故内山氏も色々な雑誌にミニカーやプラモデルの記事を執筆されていました。

「自動車JUNIOR」という自動車雑誌がありまして、ついこの前の昭和36年8月号に内山氏がメルクリンのミニカーについて書かれていました(マルクリンと記載されてますが)もちろんモノクロですが、ミニカーの画像が載っていて、その中の一番奥に今回のお話のBuickが写っているのです。

これこそが、今Wildmanのコレクションケースの中にある茶色のBuickその物なのであります!!20年近く前、内山氏がBuickを手放される際、横浜元町サンセットさんのショーケースに並んだのですが、タイミング良く私がゲットすることが出来たのです。グレーと茶色のBuickが並んでもう何も言うことはありません。

[…]

Wildman世界美食& Pinstripe紀行スペイン編

皆様、お久しぶりでございます。不肖Wildman、今年の初遠征としてBossと二人でヨーロッパの端っこスペインに行って参りました、3泊5日で・・・

何しろヨーロッパはどこへ行っても遠くて、今回も羽田から飛び立ちパリを経由して、スペインはバルセロナに到着するまで殆ど丸一日掛かるようなイメージでありました。

途中パリのシャルル・ドゴール空港ではとっくに引退したコンコルドさんに遭遇、やっぱりカッコいいですね、乗ってみたかったなあ・・・

2回目の機内食では何とモスバーガーが登場!! バラバラのパーツを組み立てて、このように自分でモスバーガーを作るのでした。

いくら食っても全然到着しないので、読書にはげむ事となって、大好きな西村京太郎先生のトラベルミステリーを一冊読破出来ました。

さらにCarマガジン誌も買って無心で読みふけっておりますとモータージャーナリスト、山口京一先生の自動車見聞録という、事実に基づいた昔の車業界のお話をしておられる記事がありまして、今回は1960年代中期にアメリカはロスアンジェルスのシェルビー・アメリカンを訪れた時のお話で有りまして、大変興味深く読まさせて頂きました。

ちょうどLAの空港敷地内にシェルビー・アメリカンが有った頃で、ACコブラや我が愛機マスタングGT350が組み付けられていた時代でありました、感慨深いのう・・・

山口先生はここでキャロル・シェルビーの自家用車であるACコブラ427とGT350を借り出して試乗されました。7リッター425hpの心臓を持つ野獣のようなコブラ427に対して、GT350はたいへん文明的であったとインプレッションされております。Wildmanはへんたい文明的であります・・・

そしてビックリしたのがその時に伝説の日本人2輪レーサー、故伊藤史朗を駆りだしてコブラ427に乗せていたのです!!!(Wildman’s Blog 2009年2月21日参照) ちょうど伊藤史朗が日本で事件を起こして、執行猶予中の1966年にアメリカに渡った頃でした(その後19年間行方不明)

山口先生は’58~’59のアサマ2輪レースで伊藤史朗をマネージメントされたそうで、そのつながりでこの時に呼び出したそうです。こんなことがあったなんて全然知りませんでしたので、こういった貴重なお話を伝えて頂けるのは変態じゃなくって大変有り難く思います・・・ 伊藤史朗はこの時「圧倒的なパワーを持つ427を自在に操り、駐車場で8の字を描いていたのに驚嘆した記憶がある」との事で、天才レーサーの天才振りが垣間見られます。わたくしなんぞハンドルもクラッチも重いコブラを真っ直ぐ走らせるだけでも恐ろしかったのに・・・

たらればですが、伊藤史朗はあのままレーサーを続けて2輪なんてやめて4輪に転向していれば日本のレースの歴史も変わっていたろうに・・・・残念。

すみません、話があまりにもそれてしまいました!!ということで、無事に情熱の国スペインはバルセロナに到着致しました。

迎えてくれたのはやっぱり雨・・・今年も世界各地で雨を降らせるような気がして来ました、頑張るぞ!!

ホテルは中心部から外れたエリアだったようなのですが、ちょろっと散歩してみると街並は至って普通・・・なんかイメージとしてはオレンジや黄色の淡いカラーリングな建物が並び、SEATやPEGASO等の旧いクルマが路上駐車し、そこらじゅうで闘牛をしていて、みんなでカルメン’77を口ずさんでいるような感じを想像していたのですが、実際は至って普通・・・路駐のクルマたちも新しい物ばかりで、変わった旧車との出会いを期待していたので残念でありました。

週末だったのでお店も閉まっていて、ちょっと寂しかったのですがこんなところで北海道を発見!! と言ってもアメリカにあるバフェとは違って、鉄板焼きのお店でありました。

街中のスーパーマーケットにはこのように日本の食材も結構並んでおりまして、こちらは初見のカブト・ヌードルであります。

スペインで日本食を食べても仕方ないので街中のレストランに入りましたが、このようにナゼか揚げ物ばかり出てきます。

これなんて見事にデパ地下の海老フライ以外何ものでもありません。

「うわーこのパン、辛子明太子が塗ってあって美味そうだぞ!!」とかじったら、トマトを表面に塗りたくってあるのでした・・・

こちらのプチハンバーガーは見た目も可愛く、お味もGQQDでありました。

もちろんこういった生ハムのたぐいは最高のお味であります!!最後はアイスクリームを2スクープ頂き、御馳走様となりました。

食べ物の話ばかりですみません、本当の目的はバルセロナで開催されている”Speed Fest”というCar & BikeのShowに招待して頂き、Artistとして参加することだったのです、食べ物は重要ですが・・・

今回で(たぶん)5回目の開催となるこのショーはカスタムカーとカスタムバイク、そしてアートを絡めたKustom Kultureなイベントになっておりまして、インドア会場での2日間開催となっていました。

最初は雨が降っていたので搬入時に地面が濡れていましたが、突然おがくずを撒きだして、それに水分を含ませて処理しておりました、ナ~ルほど。

クルマはアメリカ車とVWが中心となっていて、日本車は全く無いので、ヨーロッパにおける外し技カスタムは見れませんでした。

あ、でもこの搬入車両のNissan […]

母の日はHot Rodding!! そしてさらばカリスマ店長!!

皆様ご無沙汰しております、先週末はですね一瞬だけアメリカに飛びまして、MQQNEYES USA主催の”Mother’s Day Show & Drag”イベントに参加して参りました。

それにしてもエアバスはでっかいぜ・・・

半年前のMQQNEYES X-mas Partyは残念ながら私のせいで大雨を降らせてしまい、世界中の方々に迷惑をお掛け致しましたが、今回は快晴王子復活となりまして、見事カリフォルニアの空をブルーに染めてやりました。というかもし今回も降らせてしまったら完全に出入り禁止になるところでした・・・・

今回の私のパートナー(レンタカー)はこちらカローラ・セダンでしたがこれが結構良く走りまして燃費も良く、何よりもデザインが日本仕様のアクシオとは全く違ってカッコ良いのです。こっちを日本でも売ればいいのにな・・・

大渋滞のフリーウェイ105でやっとこMQQNEYESに到着しますとそこは夢の世界でした・・・・・

何をいまさらと思われるかもしれませんが、Garageの中には伝説のマシン、MQQNBEAM様が鎮座されているのです!!私的にはDean MQQNが作った中で一番大好きなクルマでして、NHRAミュージアムでの展示で見て涙しましたが、このクルマの故郷であるSanta Fe Springsでもう一度遭遇できるとは感無量であります!!!やっぱりこのクルマはここでのシチュエーションがぴったりなのですよ。

おまけにOriginal MQQNEYES Dragsterや’34 Fordまで一時帰郷しておりまして、数十年前のMQQN Equipmentにタイムスリップ出来ます。これらのレジェンドたちは永遠にここにいるわけではございませんので、皆様早めにMQQNまで足を運んで下さいませ、本当にカッコいいですから!!

なんてウットリしてると、古くからのPinstripeのお客様がMQQNに来ていて「新しいHot Rodが出来たから横に乗ってくれ!」と連れ出されましたが一般道もFreewayもアクセル全開で危ないったらありゃしない、振動で車はバラバラになりそうだし、ぶつかったらこっちもバラバラになってしまうので到着早々時差ボケのままヘロヘロになってしまいました・・・そしてその後はバラバラになりそうに無いカローラ君でイベント会場のおなじみアーウィンデール・スピードウェイに向かいました。

会場内をウロウロしていると、昨年もいた1965 Original Shelby GT350が来ていました。Wildmanの66年GT350は2378台が生産されましたが、65年はたったの562台!!しか作られなかったので超貴重なのです。 相変わらず65年はカッコいいなと思っていると、2年前のHot Rod Custom ShowにThe Rocketを持ち込んでくれたDaleさんが「友人のクルマなんでこれに乗ってPizzaを買いに行こう!」ということになり現在25万ドルの価値のあるクルマでPizzaを買いに行くという大変贅沢な体験をさせてもらいました。

ロールゲージが室内にも張り巡らされていて横に乗るのも大変でしたが、走り出すとFord Try Y Headersが醸し出すV8の咆哮が街に鳴り響き、ウットリしたままピザ屋さんに到着しました。同じFordでもさっきのHot Rodとは違ってバラバラにはなりそうもありません。

[…]

巨星墜つ、さらばキャロル・シェルビー

先日のYahoo!ニュースでさえトップで伝えていたので、クルマ好きの皆様はすでにご存じだと思いますが、コブラ生みの親「キャロル・シェルビー」がテキサス州ダラスの病院で亡くなりました、享年89歳・・・・・

とても長生きされましたが元々心臓を患っておりまして、2回も!!心臓移植を行い、その都度手術は成功し89歳まで生き抜かれましたね、凄いです。

シェルビーについてはあまりにも偉大過ぎて、私の様な若輩者が語れるような立場ではありませんが、夢の60年代に夢の様なクルマたちをお造りに夢の様な活動をされて来ました。 何と言っても名前がカッコイイ!! 「キャロル・シェルビー」という響きは日本人にとってもカッコ良く感じる物だと思います。これがキャロル・チャップリンやフランクリン・シェルビーじゃここまでの名声は得られなかったと思います、本当に。

アメリカ人レーサーながらF-1を走り、スポーツカーレースではアストンマーチンを駆って59年のル・マン24時間で優勝、その後心臓疾患でレーサーを引退してからはとっても速いクルマ造りやレース活動でその名を世界中に知らしめました。

 

英国製の軽量スポーツカー、ACのシャシーに米国製フォードV8エンジンを押しこみ、世界中の誰もが(アメリカ車嫌いさんたちも)憧れた凶暴スポーツカー「ACコブラ」はあまりにも有名ですよね。

1962年当時シェルビー・アメリカンはSanta Fe SpringsのMoon Equipment内にありコブラの一号車は現Mooneyes USAのFactory内で作られたという事実は語り継がれる伝説の一つです。 私もアメリカ出張時にはその場所に立ち、最敬礼してしまうのです・・・

コブラ開発後はフェラーリ買収に失敗してル・マン制覇に向けやっきになっていた大フォードより「フォードGT40」のプロジェクトを一任されてその才能をいかんなく発揮し、’66年から’69年までル・マン4連覇を成し遂げその時点で歴史に残る伝説的な人物となりました。 フォードとの結びつきは強く、当時バカ売れ大人気となっていたマスタングのハイ・パフォーマンスバージョンとして自らの名を冠した「シェルビー・マスタングGT350 & GT500」を作り上げ、高性能なフォードのイメージリーダーになりました。

あのトヨタ2000GTもアメリカのSCCAレースで走らせ「シェルビー2000GT」も有名であります(これの実車をトヨタは酷いモディファイをしてしまいましたが・・・・)

フォードと別れた後はクライスラーと組んでダッジのモディファイを手掛け、’90年代にはバイパーも生まれましたね。 その後フォードと復縁し?シェルビー・バージョンのマスタングが復活したりして、年老いても精力的な活動をされておりました。

 

Wildmanにとってのシェルビーはやっぱりマスタングなのです、しかも’68年型・・・ その後’66年型を所有したり、ラッキーな出会いによりオリジナルの427コブラを御所山周辺で運転させて頂いた事よりも強烈な思い出は’68年型GT350になるのです。

 

当ブログの記念すべき第1回~3回に渡って長々とお話しましたが、22歳の何も分からない身の程知らずが、偶然の出会いにより身分不相応ともいえる’68年型のシェルビー・マスタングGT350を手に入れてしまったのはついこの前の’86年のことでした、今思えば当時たったの18年落ちだったのですね、本人も22年落ちだし・・・

それ以前に中学生の頃、近所のK様邸にこのグリーンの’68年型GT350が止まっていて通学時にウットリ見とれていたのが初の実車シェルビー体験でした。

  

さらにそれ以前小学生の頃、ミニカーをコレクションとして認識する前からずっと手元にあったのがこのオモチャ、バンダイの「電池で走るミニミニカー、シェルビームスタング」なのであります!! やっぱマスタングじゃなくってムスタングですよね、日本人は。

1/45程度のスケールでプラスチック・ボディーなのですが2本の単5電池によりモーター走行が出来るという物なのです。 やたらディテールが良くってシェルビーの特徴であるエアスクープ類やコブラのエンブレムまで再現され、片側だけの四角いドアミラーは実車を彷彿させ、自分の車に同じミラーが付いてた時はそれだけで感動致しました・・・・

もちろんワンオーナーでずっと持っているモデルなのですが、シェルビーに関しても実車より先にミニカーでその存在を知ったクルマの一台なのでした。 やっぱりクルマはミニカーで勉強するのです、これぞシェルビーなのです。

   

後年こちら箱入りのデッドストックも入手しましたが、この様に世界の切手がもれなく付いてるのです。40年近く前の電池は果たして使えるのでしょうか??

   

さらにこちら警視庁パトロールカー仕様GT500という恐ろしいバリエーションもあるのですが、7リッター428エンジン搭載のドアミラーなパトカーがホントに実在してたらさぞや素敵なパトロールが出来た事でしょう・・・・ちなみに切手は入っていません。

また話が訳分からなくなってきましたが、とにかく偉大なるカーガイ、キャロル・シェルビーは天に旅立ってしまいましたが、沢山の素晴らしいクルマや思い出を私たちに残してくれました、誠に有難うございます!!

[…]