Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

シェルビーがやって来た

またもや長くなってしまった前回からの続きの身分不相応のお話しは、このまま続きますと小説になってしまうので、今回にてピリオドを打ちますのでもう少しだけ長い長いブログとは思えないお話しにお付き合い下さい。 MOONEYESにクルマをorderしてから数週間後に、Bossからお呼びが掛かり、見せられたクルマの写真は全く予想もしていなかった’68 Shelby Cobra GT350(Shelby Mustang)という究極のMuscle Carの1台でした!「こっ、これは一体どうゆう事ですか?」とBossに説明を求めた所、「Mach 1の428はまだ出てこないけれど、たまたまこのクルマの話が来たんだよ、こっちの方が良いんじゃない?」とかなり気軽に勧めてくれます。 「こっちの方が良いですけれど全くお値段の想像がつかないのですが?」とWildmanが聞くと「$12,000くらいで売りたいと先方が言っているんだ」と信じがたいお言葉が! 「$12,000ですか!たったの!」と金銭感覚がおかしくなっているWildmanでしたが、冷静に1ドル¥160で計算すると¥200万弱の金額となりました。 当時Shelby Mustangは正規輸入のディーラー車の生き残りが、ごく少数流通していましたがどれも¥500万円は確実で、夢のまた夢という感じでした。(ちなみに2007年現在のShelby Mustangのアメリカでの相場は、Muscle Carの異常なまでの価格高騰により$80,000~$100,000!となっていて本当に夢のまた夢です・・・・) Mach 1で考えていた$7,000~8,000という予算は軽くオーバーしてしまいましたが、Shelbyがたったの$12,000!という事実に頭はクラクラして来ました。「うーむ、$12,000か・・・何とかならないかな」と悩みます。Bossも「こんなチャンスは無いよ、買っちゃいなよ」と心強い後押し(?)をしてくれます。 船賃や登録諸費用を考えると予算オーバーは分っていましたが、そんな事はもうどうでもよくなり、目の前の写真のこのクルマがどうしても欲しくなりました。「お金なんて又借り直せばいいや、もし登録出来なかったらオブジェとして眺めているだけでもいいから、とりあえずこのクルマを買ってしまおう!今しかない!今しかないぞこれは!」というWildmanの的確な判断によりオーダー決定!となりました。 それからはスムースに事は進み(借金も進み)無事我クルマは横浜港に着き、書類もととのって港から引き上げる日がせまって来ました。クルマの通関手続きは当時MOONEYESで夕方から働いていたナゾの人物、長谷川さん(現:長谷川部長)が行ってくれていましたが、急に連絡があり「ちょっと忙しくてクルマを港に取りに行けなくなっちゃった、悪いけど自分で取って来て」と何とも素敵な指示をしてくれます。生まれて初めて仮ナンバーなる物を地元の区役所に取りに行きましたが、担当の人は「そんな訳の分らない個人輸入したクルマには仮ナンバーは出せない」とダメの一点張りで仮ナンバーを出してもらえません。トホホとなってMOONEYESに相談に行くと、たまにお店で会うメガネを掛けた鋭い 視線の人から、「ウチの方の区役所ならすぐに出してくれるよ」とアドバイスを頂きました。いつも元町に、狂ったように車高の低いパブリカや冗談としか思えないハイリフトのHiluxに乗ってくるこのナゾの鋭い視線の人物はDeuce Factory(当時:Public Spirits)の笠井さんでした。 無事仮ナンバーをもらい、港にクルマを取りに行くと倉庫の中に、美しすぎるファストバックのMustangがこちらを向いています。そこらじゅうにちりばめられたCobraのエンブレム、オリジナルのロールバー&ショルダーハーネスシートベルト、ファイバー製のボンネットやエアスクープ等々、本物Shelbyならではのディテールが満載です。 「お、俺のクルマだぜ・・・」と感激し、早速乗り込んでアクセルを何度かあおり、エンジンを掛けてみると意外にもあっさりと掛かりました。「このクルマは当たりに違いない!」と勝手に判断し、行くぜーとアクセルを踏みましたが、パワステの付いていないコイツは思うように動いてくれません。 ヨロヨロと港の中を走って表通りに出る1つ目の信号が赤になり、止まろうとしてブレーキを踏むとクルマはグワッーと左へ流れて行きます。ナ、ナンダこの車は!・・・!そうですブレーキは完全に片効きしていました。この後も、あれ、ウインカーが戻らないや!あれ、ブレーキランプが点かなくなっちゃった! とUSA車初心者のWildmanに次から次へと楽しい試練を与えてくれました。 その後長谷川さんに車を託し、当時ここでしか並行輸入の旧車は車検が通せないと言われていた東京のS自動車という整備工場にて、と~っても高い金額の車検を取ってもらい(と~っても高くて払えないので値切ってもらいました)やっとナンバーがついて手元に’68 Shelby Cobra GT350がやって来ました。 元町商店街にて納車となりましたが、本当にクルマを個人輸入してしまったという事実が信じられませんでした。人生最大の借金も信じられませんでした。当初の予算は完全にオーバーし青年借金王となりましたが、何としてもMustangで本牧通りを疾走し、横浜を駆け抜けるぜといった子供じみた夢がかない、幸せな毎日が続きました。 第1回Mooneyes Street Car Nationalsにエントリーしたり、TACSのイベントで富士スピードウェイを走ったり、初めてクルマ雑誌に写真が載ったり、 10年ぶりに来日したKISSのライブ会場横に乗り付け、若気のいたりでホイールスピンしまくってエンジンが掛からなくなったり、横浜市内の有鉛ハイオクを販売しているガソリンスタンドを探してリストを作ったり、走行中マフラーをゴロ~ンと落っことしたり、元町商店街のど真ん中でエンコし、当時MOONEYESで学生アルバイトだった現MOONEYES Area-1カリスマ店長の成田君に押してもらったりと、幸福と不幸が順番にやってくるカッコいいんだか間抜けなんだかわからないUSA車ライフを味合わせてもらったWildman思い出のShelby Cobra GT350でした。 このクルマとの出会いにより自分なりのアメリカンなライフスタイルにどっぷりとはまってしまい、しまいにはPinstriperになってしまうという、Wildmanの人生を変えるきっかけを作ったGT350でした。(その後何度も税金を滞納しつつ5年間の付き合いとなりました)現在は’66 Shelby Mustang GT350 とお付き合いしています。 皆様お疲れ様でした、この話は完了となり次回より普通のブログになる予定です。 “Shelby has come” The story of beyond Wildman’s income has yet to start […]