Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

スカイラインのサポーターはポルシェ904だぜ!!

先週のブログにてお伝えしましたが、我がベイスターズは私が観戦し勝利したあの試合以降は見事に3連敗となりまして、「たまに勝つから見ていて楽しい」というベイ勝利の方程式は今季も崩れることはなく、ますます応援に力が入るという物であります。皆様Mooneyes x 横浜DeNA Baystarsコラボレーションも宜しくお願い致します!!

で、話はガラッと変わりまして、この前崩れ落ちて来た本の山からこんな素敵な表紙の一冊が出て参りました。

「自動車JUNIOR」誌の1964年6月号であります。ちなみに定価¥140、送料¥18となっております。

64年なんて全くついこの前である東京オリンピック開催の年なのですが、そういえば6月では私は生まれていない事に気付きました。

でも当時の出来事を沢山覚えているのはナゼなのでしょう・・・

やはり前世があったとしか思えない「時の旅人Wildman」なのであります!!

そんなことはどうでもいいとして、この自動車JUNIOR誌は伝説の「第2回日本グランプリ特集号」となっています。

表紙はあまりにも有名なGT-IIクラスのスタートシーンでポルシェとスカイラインGTが写っています。

裏表紙は日産ブルーバードのCMですが、遠くに見える江ノ島の位置、角度から推測すると三浦半島の荒崎海岸あたりでロケしたものでしょうか?

今度私もこの場所へロケに行って参ります・・・

 

さて本の方はかなり気合が入っている内容で、モノクロですが豊富な写真とレースの各クラスの詳細なレポートが記してありまして、まるで当日現場に行ったような気分にさせてくれますね、だから私もよく覚えているのか!! ナ~ル程・・・・

なにはともあれこのレースはスカイライン神話を生んだGT-IIクラス(1000cc~2000cc)が後世に語り継がれる物になってますよね。

前回のグランプリでトヨタに惨敗したプリンス自動車が、1,5リッター4気筒のスカイラインのノーズを無理やり伸ばし、グロリア用2リッター6気筒を押し込んで和製マッスルカーをグランプリマシンとして作り、このスカイラインGTが主役になり絶対に勝つというプリンスにとってのシナリオが書かれていたはずでした。

性能を考えたら他の国産車ではスカイラインGTに太刀打ち出来るはずもなく、プリンスが圧勝してトヨタに雪辱を果たすはずでしたが、そこに突如として現れたのが当時最新鋭のミッドシップ・レーシングカーである「ポルシェ904カレラGTS」でした。

 

904はFRPの軽量ボディに180bhpの空冷2リッターDOHCフラット4をミッドシップに積んだレーシングカーで、6気筒とはいえ乗用車ベースのスカイラインやべレット、トラックのフレームのフェアレディたちでは太刀打ち出来るはずがありません。

中学生の運動会に突然ボルトが飛び込んで来たようなものです・・・

長きに渡りこのポルシェ904の突然のグランプリ参戦に関してはトヨタが金を出して輸入し、前回クラウンで優勝したドライバー、式場壮吉にドライブさせスカイラインGTの優勝を阻止する目的だったという小説のようなストーリーがありました。

しかし近年の式場氏のインタビューでは、そんな馬鹿バカしい話ではなく、来日した当時のポルシェのレーシング部門監督を通じ、自分でミツワ自動車から「たったの571万円」で買ったとお話しされております。

私的にはトヨタ説の方が物語が面白くって好きなのですが、本当の事は当事者様たちにしかわかりません。

力道山先生の死とともにどちらも半世紀近く前のお話なので真相は闇の中であります・・・

レース2週間前にパンナム機であわただしく輸入された904はぶっつけ本番のような形でレースに挑みましたが、神様はプリンスに味方したのか904は予選でクラッシュしてしまい見るも無残な姿に変わり果ててしまいました。

200キロ近いスピードで突っ込んだらしく、フロント部を中心に大破してしまい、これではレース出場は無理でしょうという状況になってしまいました。

プリンス首脳陣はさぞや喜んだことでしょう・・・

 

自動車JUNIOR誌の偉いところはこの雨に打たれる無残なポルシェ904の事故直後の姿を捉えている所でして、当時のオートスポーツ誌始め、他の雑誌では事故前や修復後の写真は載っていても、グシャグシャの姿は殆ど紹介されてなく当時の貴重な資料写真となっております、流石だぜ自動車JUNIORよ!!

もうレース参加は絶対無理だと思われていたポルシェ904でしたが、名古屋の名人のもとに運ばれ徹夜の2日間で無理やり修復し、レーススタート4分前にガムテープだらけでグリッドに並ぶという奇跡が生まれました。

名古屋の名人は並行して予選でクラッシュしたロータス・エリートも修復し、2日間の徹夜で2台を修理しレースに間に合わせるという離れ業を演じたそうです。流石だぜ昭和の名人よ!!

レースの方は皆様御存じの通りポルシェが飛び出しましたが、ほんの一瞬だけスカイラインGTがトップに立ち観客を狂喜させ「国産車がポルシェを抜いた」ということで、ここにスカイライン神話が誕生し、スカイライン・ブランドは現在も存続し、日本人に愛されてきました(最近は厳しいですが・・・)

 

結局ポルシェ904の圧勝に終わったレースでしたが、プリンスはグロリア始め他のクラスで勝ったので、このことを大々的に報じCMに生かし見事販売に繋げました。当時はレースの結果が販売を左右するというおおらかな時代でありました。

こちらのレース後のCMではグロリアを押し出し「プリンス圧勝!」を謳っておりますが、スカイラインGTの所だけ「国産車上位を独占しました」となってるのがとっても寂しいですね・・・

  

ちなみにこのミニカーは日本グランプリを記念して当時発売された大盛屋のミニカーになります。

 

ツーリングカーⅥクラス優勝のグロリアとⅤクラス優勝のスカイライン1500です。よくぞこんなモデルを作ってくれました、今は亡き大盛屋に感謝であります!!

傷つき優勝したポルシェ904はその後どうしていたのかと思っていたら、ついこの前の1978年に大枚¥1,800を投じてイワセ商店街は湖南書房にて購入した企画室ネコ発行の心に残る名車の本シリーズ”The Porsche 1978”に実車が紹介されていて少年Wildmanは仰天しました、¥1,800という本の値段にも・・・

当時秋田のコレクターのもとにあった904は美しくれストアされ、ナンバーも取得しロードバージョンとして素敵な余生を送っていました。

[…]

力道山を巡るWildmanの体験 Part II

昨年末の産経新聞に3回にわたって力道山夫人の「田中敬子」様による力道山先生の回想録が3回に渡って連載されておりました。

 

すでに御自身の著書等で紹介されている話が多いですが、没後50年近く経ってもこういった形で話題になるというのはさすが力道山先生であります。 Wildman的には早いとこ敬子夫人との対談を行い、当ブログにて連載を行わなければなりませぬ・・・今年の目標であります!!

で、先週からのお話の続きでありますが、ついこの前の昭和29年に柔道の鬼、木村政彦七段からプロレスは八百長扱いされ挑戦を受けた元関脇力道山先生はそれを受けて立ち、現代で言うところの異種格闘技戦となり「柔道が勝つか相撲が勝つか」とマスコミも煽り立て、世間は全盛期のK-1も及ばない様な盛り上がりをみせていました。しかしナゼそこに私がいないのだろう・・・

試合の調印式は15年くらい前としか感じられない昭和29年11月27日に鎌倉の松竹大船撮影所にて行われました。 何でそんな所でと言えば、ちょうどそのころ力道山先生は映画の撮影中だったのであります、人気者はとても忙しいのですな。

素敵なジャケットを羽織ってキャデラックのコンバーチブルに乗り颯爽とやって来た力道山先生、対して木村七段は地味な背広にネクタイで湘南電車に乗って到着となりました。 この時点ですでに二人はあまりにも対照的で、その後の流れを暗示していたかのようです・・・・

 

柔道が勝つか、プロレスが勝つか「巌流島の決闘」と呼ばれたこの試合はまさに生きるか死ぬかで、負けた方の人気は果てしなく下がる事は誰にでも予想出来ました。 実は事前に二人の打ち合わせが有り、最初は引き分けで次はこっちが勝ってその次はそっちが勝つ、その流れで興行を続けてビッグビジネスだぜ!!という話も有ったと言われていますが、お二人共鬼籍に入ってしまった現在では真相は闇の中なのであります・・・・・・・

こうして初の日本選手権試合は14年くらい前としか思えない昭和29年12月22日に東京は蔵前国技館にて1万5000人の大観衆を集め開催されました。 当然プラチナチケットとなりましたが、まだヤフオクもないので購入はさぞ大変だった事でしょう。しかしナゼそこに私がいないのだろう・・・・

前座を含む他の試合が全て終わった後、テレビとラジオで全国中継のメーンイベント61分3本勝負「力道山対木村政彦」は夜の9時19分にゴングが鳴りました。 返す返すもナゼそこに私がいなかったのだろう・・・

試合はクリーンなファイトで始まり、お互いの技を出し合い意外と静かな流れで進んでいました。 事前の話し合いが有ったとすれば、このままやったりやられたりで引き分けで終わっていたはずでした。 しかし力道山先生はその話が有ろうとなかろうと、この試合には負けるわけに行かないと考えていたと思われます。 対して木村七段はあくまでこの試合はビジネスと割り切り、引き分けを考えて試合に挑み結局「鬼の木村」にはなり切れなかったのでなないでしょうか・・・

15分が経過した頃、キックを放った木村七段のつま先が力道山先生の急所に当たり試合の流れは一変しました。 急所キックを「反則」とみなした先生は突然形相が変わり「試合」から「ケンカ」に変わってしまい、張り手と反則のはずの空手チョップの応酬で無茶苦茶なケンカ攻撃を仕掛け、逆に反則をアピールする木村七段を殴り倒してしまいました。血だらけでマットに横たわる木村七段は15分49秒でKO負けを喫してしまいました。

 

2本目はあまりのダメージで木村七段は戦意喪失となり、ドクターストップの様な形で試合終了、これにより力道山先生は初の全日本選手権チャンピオンとなったのでした。

 

You Tubeでこの試合の映像は見れますが、木村七段の力道山先生の急所へのキックは、試合の流れの中で「なんとなくつま先が触れただけ」のようにも見えるのです。 しかし、ビジネスマン力道山先生はこれは相手を問答無用でぶっ殺すチャンスととらえ、反則攻撃に対する報復として一気に試合を決めてしまおうと思ったのかも知れません・・・

事前の申し入れが有り「ビジネスとしての引き分け」を想定していた木村七段には信じがたい敗北の結末となりました。 これに対し引き分けの申し入れが有ったとしても「絶対に負ける訳には行かない」と考えていた力道山先生は逆にこの試合を「ビジネスとしての勝負」と考え今後の流れをつかむ為の重要な局面ととらえていたのでしょう。

その差が出てしまった試合となり、その後力道山先生はプロレスを発展させ、ビジネスマンとしても活躍し、隆盛を極め一つの時代を作ったスーパースターとなりました。

対して木村七段はその後も自分のプロレス団体で活動したり、海外に活躍の場を求めたりしましたが、結局力道山戦での敗北が決定的に悪いイメージを作ってしまい、プロレスの世界からはフェードアウトし柔道の指導者としての道を歩みました。 戦前戦後を通じて柔道のスターだった木村七段の名は一気に光を失い、表舞台から消えてしまいました。

もし、その後本当に真剣勝負で力道山先生と再試合をやっていたら、結果はどう転んだかは分かりません。 だって柔道の寝技を駆使されたりしたら、力道山先生もひとたまりもなかったかもしれません・・・・それほど強かった「鬼の木村」なのですから。

13年くらい前としか思えない昭和30年2月10日に二人はあの試合についてこの様な笑顔で和解してしまい、二人が対戦する事は二度となかったのです。 歴史は全て闇に中に消えてしまったのでした・・・

しかし力道山先生は数年後、絶頂の中で若くして命を落としてしまいましたが、木村七段は柔道の指導者として長くご活躍され、とっても長生きされました。

どちらが良かったとかどちらが勝ったとは言えませんが、個性あふれるライバル二人が日本の格闘技界で壮絶な戦いを繰り広げていた、古き良き時代の物語でございました。 どう考えても全くついこの前の出来事なのですが・・・

ライバルといえばその昔、日産セドリックとプリンスグロリアはライバル同士でした。 しかしその後プリンスが日産と合併してしまい、ライバルどころか兄弟車種となってしまい「セドグロ」と呼ばれて和解してしまい巌流島の決闘にはなりませんでした。

  

こちらは青島文化教材社の1/24プラモのセドグロなのですが、素人モデラーの方が組み上げ、Studioにお持ち込み頂きました。 そしてWildmanがFreehand Pinstripeを施し目出度く完成となったのであります。

  

ブルーのモデルのフレームスは、全て筆描きにより仕上げました。グラデーションは点描となっております、ああ大変だ・・・

しかしこちらの魔法の筆、Kazan […]