Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

母の日はHot Rodding!! そしてさらばカリスマ店長!!

皆様ご無沙汰しております、先週末はですね一瞬だけアメリカに飛びまして、MQQNEYES USA主催の”Mother’s Day Show & Drag”イベントに参加して参りました。

それにしてもエアバスはでっかいぜ・・・

半年前のMQQNEYES X-mas Partyは残念ながら私のせいで大雨を降らせてしまい、世界中の方々に迷惑をお掛け致しましたが、今回は快晴王子復活となりまして、見事カリフォルニアの空をブルーに染めてやりました。というかもし今回も降らせてしまったら完全に出入り禁止になるところでした・・・・

今回の私のパートナー(レンタカー)はこちらカローラ・セダンでしたがこれが結構良く走りまして燃費も良く、何よりもデザインが日本仕様のアクシオとは全く違ってカッコ良いのです。こっちを日本でも売ればいいのにな・・・

大渋滞のフリーウェイ105でやっとこMQQNEYESに到着しますとそこは夢の世界でした・・・・・

何をいまさらと思われるかもしれませんが、Garageの中には伝説のマシン、MQQNBEAM様が鎮座されているのです!!私的にはDean MQQNが作った中で一番大好きなクルマでして、NHRAミュージアムでの展示で見て涙しましたが、このクルマの故郷であるSanta Fe Springsでもう一度遭遇できるとは感無量であります!!!やっぱりこのクルマはここでのシチュエーションがぴったりなのですよ。

おまけにOriginal MQQNEYES Dragsterや’34 Fordまで一時帰郷しておりまして、数十年前のMQQN Equipmentにタイムスリップ出来ます。これらのレジェンドたちは永遠にここにいるわけではございませんので、皆様早めにMQQNまで足を運んで下さいませ、本当にカッコいいですから!!

なんてウットリしてると、古くからのPinstripeのお客様がMQQNに来ていて「新しいHot Rodが出来たから横に乗ってくれ!」と連れ出されましたが一般道もFreewayもアクセル全開で危ないったらありゃしない、振動で車はバラバラになりそうだし、ぶつかったらこっちもバラバラになってしまうので到着早々時差ボケのままヘロヘロになってしまいました・・・そしてその後はバラバラになりそうに無いカローラ君でイベント会場のおなじみアーウィンデール・スピードウェイに向かいました。

会場内をウロウロしていると、昨年もいた1965 Original Shelby GT350が来ていました。Wildmanの66年GT350は2378台が生産されましたが、65年はたったの562台!!しか作られなかったので超貴重なのです。 相変わらず65年はカッコいいなと思っていると、2年前のHot Rod Custom ShowにThe Rocketを持ち込んでくれたDaleさんが「友人のクルマなんでこれに乗ってPizzaを買いに行こう!」ということになり現在25万ドルの価値のあるクルマでPizzaを買いに行くという大変贅沢な体験をさせてもらいました。

ロールゲージが室内にも張り巡らされていて横に乗るのも大変でしたが、走り出すとFord Try Y Headersが醸し出すV8の咆哮が街に鳴り響き、ウットリしたままピザ屋さんに到着しました。同じFordでもさっきのHot Rodとは違ってバラバラにはなりそうもありません。

[…]

ウソ八百じゃないよ、800番目のGT350の数奇な運命

先日ですね、当ブログにて知り合った本物の小田急ロマンスカー運転士のH氏が本牧はMooneyes Area-1に遊びに来てくれました。

Wildmanが愛してやまないロマンスカーNSE3100の現役時代に本当に運転されていたという痺れるような経歴の持ち主なのであります!!

 

きっと当時はこういう風な感じで運転されていたのですね。

ロマンスカー・パイロットと言えばNHRAやBonnevilleレーサーに匹敵する優秀な人材と認識しておりますので、あんまり嬉しくて思わずサインをいただいてしまいました。

これで力道山先生、ボルグ様、大洋ホエールズの選手たちと並ぶサインコレクションに一点追加となりました、有難うございます。

で、今週こちらの本が発売となりました、モノ・マガジンのNo.678になります。もう30年も続いているという凄い歴史を持つ本ですが、私も自分の趣味の守備範囲の特集号は揃えさせて頂いております。

今回の号ではトイズ・マッコイさんの特集がされておりまして、その中でマッコイ岡本社長のシェルビー・コブラ427が出ているのですが、私にとっては岡本社長と言うよりも岡本画伯というイメージの方が強いのです。

ついこの前の1977年ポパイ18号の表紙は岡本画伯の筆によるスキーを背負ったブルーのビートルのイラストなのですが、当時13歳の少年Wildmanに強烈な印象を与えてくれまして、「なんでボディがヌメっとみえるんだろう?何でバンパーがメッキに見えるんでしょう??」とこの作品に感動しまくっておりました。思わず自分でもスキーを背負ったスバル360のイラストを描いてみましたがヌメっとはなりませんでした・・

まさかそれから四半世紀以上経って一緒にお仕事をさせて頂いたり、お話が出来るとは思いませんでした。

で、記事の中では岡本画伯とシゲ菅沼のシェルビー・コブラに関する対談に変態一人が割り込む形で?構成されております。

 

岡本画伯の迫力あるシェルビー・コブラ427 S/Cといっしょに写っているブルーの’66シェルビー・ムスタングGT350は何と変態の愛車でございました。

御丁寧に細かな解説も入れて頂きまして恐縮であります。

私のクルマは1966年に2380台作られたGT350の内、ちょうど800台目のキリ番でありまして、当時ロスアンゼルス空港の敷地内にあったシェルビー・アメリカンから直接最初のオーナーにデリバリーされています。

 

シェルビーのシリアルSFM6S800というクルマになります。

シリアルプレートのSFMはShelby Ford Mustang、6は1966年式、Sはストリートバージョン(Rだったら天文学的数字の価値のあるレーシングバージョン)800はこの年800台目のGT350ですぜという意味なのです、ウソ八百みたいですが・・・

800台目からリアの足回りが小変更され、いろんな文献にやたら800という数字が出て来まして何かドキドキしてしまいます。

その後複数オーナーを経て80年代にはレース仕様にモディファイされ、SCAAビンテージレーサーとして西海岸のサーキットを走っていた模様です。

 

90年代に入ってJames Romanoさんという方が元の状態にレストアし、ナゼかフェラーリディーラーに売却され、その後92年にバレットジャクソンオークションに出品され、94年頃日本に上陸し、ついこの前の95年にナゼか変態の元へやって来ました、ご愁傷さまです・・・

こういった事が調べられるのもアメリカという国の奥の深さですが、今後個人情報が出にくいご時世となり調べにくくなってしまうのでしょうか??

 

まあこのクルマはずっと私の元で1/1ミニカーコレクションとして過ごすので個人情報もへったくれもないのですが・・・

46年前に造られた一台のGT350は数奇な運命をたどって日本の変態の元で生息しております。アメリカのマニヤの皆さ~んSFM6S800は岡村町にありますぜ!!

[…]