Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ああ、あこがれの女神さま、イリアの伝説は30年後も不滅だぜ!!

桜の花びら舞うこの季節、プロ野球観戦に行ったり古本屋をあさったりと色々と忙しいWildmanでありますが、先日一人でライブハウスに行って参りました。

そんなとこに小心者が一人で何しに行ったかって? それはですね昨年KISS日本公演が中止になったから憂さ晴らしに適当なライブを見に行ったというわけではなく、女神さまに会いに行ったのですよ、女神さまに・・・

私にとっての女神さまというのはやっぱりカミさんですよ、カミさん・・・・じゃなくって岡田奈々であります、うん、うん。そうじゃなくってイリアなのです、イリア様。伝説のバンド「ジューシィ・フルーツ」でリード・ボーカル&ギターをやってたイリア様なのであります。16歳の頃は本気で7歳年上のイリア様との結婚を考えておりました・・・・美しいなイリア様は・・・

2008年8月30日のブログ「やっぱりイリアは美形だぜ!ジューシィ・フルーツよ永遠に」で御紹介しました、ついこの前の1980年代初頭にテクノ・ポップで活躍した伝説の4人組バンド「ジューシィ・フルーツ」でしたが、1985念に解散してからはグループでの活動もなくソロになったり、スタジオ・ミュージシャンとして活躍されたりと、あまり表立った活動は伝えられておりませんでした。

21世紀になってから何枚かのアルバムがCD化されたり、懐かしいライブ映像がDVDとして発売されたりと、昔を懐かしむファンの皆様を多少なりとも喜ばせてくれておりました。最近ではYou Tubeにも昔の映像が多数アップされております。

2000年代後半になりオリジナルメンバーのイリアとドラムのトシさんの二人と新たにベースのジェフさん、ギターのアキシロさんの二人が加わり、4人組となってオリジナルメンバーは半分なので「ジューシィ・ハーフ」としてライブハウスで演奏しているという情報が伝わって来たのです。

「何としてもジューシィを観に行きたい、女神さまに会いたい!!」と叫ぶ変態でしたが、都内で行われている不定期なライブのスケジュールが全く私のスケジュールとかみ合わず「このままでは一生行けないかもしれない、どうしましょう」と小心者は途方に暮れておりました。

しかし2月に出張Paintで富士のTriedさんに行って寿がきやのラーメンを食した際、お客様が「今度ジューシィがテレビに出るみたいですよ」という情報を流してくれました。

調べてみると「あの人は今」的な番組にイリアが出演して演奏までするらしいという事が発覚し変態は狂喜致しました・・・・

数日後番組を録画し、家に帰って見てみると2児の母となった美大卒のイリアは現在幼稚園で生徒さんに図画工作を教えていて、たまにジューシィ・ハーフのライブ活動を行っているというふうに紹介され、番組内で「ジェニーはご機嫌ななめ」を演奏してくれました。すると今後のライブ活動情報が流され4月に都内でライブが行われるというじゃありませんか!! これまでは高円寺のライブハウスでやっていましたが、今回は二子玉川に遠征してのライブで、日付けを見ると私も何とか行けそうな感じなのです。

さっそくネットでチケットを予約し、その日を楽しみに待っておりました。さて二子玉川なのですが、これまで車では何度も行った事が有りますが、電車で行くのは初めてなのです。

電車には年に数回しか乗らないWildmanにとってどこでどう乗り換えれば二子玉川に行けるのかさっぱりわからず、遅刻したらどうしましょうと駅の切符売り場で路線図を眺め唸っておりましたが、何とか無事にたどり着きました。

開場45分前にライブハウスに着くとすでに沢山の方々がこの様に並んでおりました、皆さんも小心者なのでしょうか・・・

自由席なので一人で勝手に前の方に座り、コーラを飲みながら開演を待ちました。Sold outで満員でありました!!

そしていよいよライブスタートとなり、ああ憧れのMade in USAじゃなくって憧れのイリア様が登場されました。

その後は感動の嵐なってしまい、ギュイーンとギターをかき鳴らすイリア様の動きと歌に釘付けとなってしまいあっという間に2時間に及ぶライブは終了しました。

ギター演奏中指がつってしまったり、途中で演歌歌手のように客席から颯爽と登場し氷川きよし並のパフォーマンスを見せてくれたくれたりと、サービス満点のイリア様でしたが「次はセカンドシングルだった、なみだ涙のカフェテラスです、セカンドといっても30年も前ですけど・・」と言われていましたが「何言ってるんだ、30年なんてついこの前じゃないか、全くついこの前の1980年10月にこのレコードを上大岡駅で俺様は買ってるん

だぞ!!」と心の中で叫んでおりました・・・・

それにしても「美しいものは何年たっても美しいのう・・・」と一人感慨にふける変態がそこにおりました、ああ美しいな女神さまは・・・・

「おばあちゃんになってもロックで行くぜ!!」と勇ましいお言葉を発していたイリア様でしたが、本当にあと30年たっても私はライブに行きますので、その際も宜しくお願い致します、30年なんて本当にあっという間なのですから、Go! Juicy Fruits!!

イリア様は赤やピンクで綺麗にペイントされたギターを使われておりましたが、私がギターに一筆入れればさぞや美しくなる事でしょう・・・・何とかなりませんかね。ピンストライプを入れたり、ゴールドリーフを使ったりと夢は膨らんで行くのです。

ゴールドリーフといえば先日この様な巨大な車両がPaint作業で入庫して来ました。宮城の”Allsons”様のお車なのですがChevyのランプトラックでデューリーでクルーキャブというとっても非常識な?三本立ての仕様で、日本でこんな身勝手な車を走らせてしまうという勇気に感服してしまいました。

ドアー2枚を使いに大きくShop名を描いたのですが、ゴールドリーフにて豪華に仕上げました。こちらは「バリエゲーテッド・ゴールドリーフ」になりまして赤色の方を使用しております。この手のトラックのロゴにはぴったりですね。

バリエゲーテッド ゴールドリーフは赤系と青系の2種になりますのでデザインのイメージによって選んでください。

バリエゲーテッド ゴールド リーフ(赤色系) [PGRVLBK]販売価格: 6,090円 (税込) ご購入はこちら

[…]