Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

採算は取れたのか? SCNもインドネシアも天気予報は大外れ!

ついに33回目の開催となりましたMQQNEYES Street Car Nationalsでしたが、週間天気予報は見事に外れてくれまして、当日はちょっと晴れ間が覗く曇り空の中、無事に開催出来ました。

1200台を超えるエントリーの方々、145件ものSwap Meetの方々、そして11,000人の来場者の方々、皆様有難うございました!!

思い起せば大井競馬場で開催された1回目のSCNにエントリーしてから33年の月日が経ってしまったとは驚きです。あの時はまだ昭和だったのですね・・・・

昭和に始まり平成を駆け抜け、そして東京オリンピックの開催となって、34回目は未だ開催未定のSCN、この先も続けられるよう頑張りますので、宜しくお願い致します。

そして2週間前はですね、インドネシアで開催されました”BBQ Ride”というイベントに出撃致しました。これまでも他のMQQNEYESスタッフは参加していたのですが、私は今回が初参加となりました。

インドネシアのBandungという街での開催となったのですが、空港に着けばやっぱり雨・・・最近は晴れ男のイメージ先行のWildmanで有りましたが、初めて行くところはナゼか必ず雨が降っているような気が致します。

今回の会場付近は標高が高いところにあるため、これまで経験した強烈な蒸し暑さのインドネシアとは違った感じの場所で、過ごしやすかったのでした。

今回、MQQNEYES御一行を案内してくれたのはこちらのスズキのバンなのですが、日本から中古で輸出された車両なので、サンルーフ等フル装備状態でした。ETCまで付いたまなのですが、使えるはずが無いのに使っていたので何かと思ったら、ただのカード差しとして使っておりました・・・・・

相変わらず東南アジアの街中はスクーター天国ですが、ガソリンスタンドではこのようにとっても素敵なミツビシがおりました。

クルマの渋滞が酷い所でして、こちらの徒歩で進む移動レストラン?のおじさんには何度も抜かれました。歩いた方が早いのです。

こういった移動式屋台も風情がありますね、ひ弱な私は絶対に食べられませんが。初インドネシアの時、帰国後病院送りになった事を思い出してしまいます・・・

今回のイベントは2日間開催されるのですが、会場はジャングルクルーズのような密林地帯にあり、スズキのバンのエンジンを唸らせて山の中を突き進んで行くのでした。

画像では分かりにくいのですが、山の中にはこのように家の軒先でやっている小さな小さなガソリンスタンド?が沢山ありました。やっと着いた会場はキャンプ場にもなっているのですが、芝生のはずが、雨のせいで泥の中に芝生が見え隠れするといった感じでして長靴がないと遭難してしまいそうな所でした。

天気予報は2日間共に100%雨・・・・・「やっぱり私が来てはいけなかったのでしょう」と心を痛めていたのですが、結局雨は夜を中心に降ったので、日中の開催時間はあまり降らない状況が続いて、100%の降水確率というのは大げさな予報のようでした。

それにしても泥んこの中でキャンプをされている方々は凄いですね、私には絶対無理です。

MQQNEYESブース前も泥んこ状態でして、すのこというかパレットを敷いて歩けるようにしてました。というか何度も転びそうになりましたが・・・・

ステージも設けられた会場にはバイクメインのエントリー車が並びました。泥んこの上にディスプレイされたバイクたちはちょっとかわいそうでしたが・・・

こんなオリジナルなGTサンパチ@湘南爆走族桜井やCB500Fourも並んでました。

クルマは少なめでしたがアメリカ車がメインとなっておりました。と思うとヘッドライトにワイパー装着のメルセデスはボンネットに穴をあけて我が道を行くという感じが素敵でしたね。

こちらの赤いChevy C-10がMQQNEYES […]

Wildman世界美食& Pinstripe紀行スペイン編

皆様、お久しぶりでございます。不肖Wildman、今年の初遠征としてBossと二人でヨーロッパの端っこスペインに行って参りました、3泊5日で・・・

何しろヨーロッパはどこへ行っても遠くて、今回も羽田から飛び立ちパリを経由して、スペインはバルセロナに到着するまで殆ど丸一日掛かるようなイメージでありました。

途中パリのシャルル・ドゴール空港ではとっくに引退したコンコルドさんに遭遇、やっぱりカッコいいですね、乗ってみたかったなあ・・・

2回目の機内食では何とモスバーガーが登場!! バラバラのパーツを組み立てて、このように自分でモスバーガーを作るのでした。

いくら食っても全然到着しないので、読書にはげむ事となって、大好きな西村京太郎先生のトラベルミステリーを一冊読破出来ました。

さらにCarマガジン誌も買って無心で読みふけっておりますとモータージャーナリスト、山口京一先生の自動車見聞録という、事実に基づいた昔の車業界のお話をしておられる記事がありまして、今回は1960年代中期にアメリカはロスアンジェルスのシェルビー・アメリカンを訪れた時のお話で有りまして、大変興味深く読まさせて頂きました。

ちょうどLAの空港敷地内にシェルビー・アメリカンが有った頃で、ACコブラや我が愛機マスタングGT350が組み付けられていた時代でありました、感慨深いのう・・・

山口先生はここでキャロル・シェルビーの自家用車であるACコブラ427とGT350を借り出して試乗されました。7リッター425hpの心臓を持つ野獣のようなコブラ427に対して、GT350はたいへん文明的であったとインプレッションされております。Wildmanはへんたい文明的であります・・・

そしてビックリしたのがその時に伝説の日本人2輪レーサー、故伊藤史朗を駆りだしてコブラ427に乗せていたのです!!!(Wildman’s Blog 2009年2月21日参照) ちょうど伊藤史朗が日本で事件を起こして、執行猶予中の1966年にアメリカに渡った頃でした(その後19年間行方不明)

山口先生は’58~’59のアサマ2輪レースで伊藤史朗をマネージメントされたそうで、そのつながりでこの時に呼び出したそうです。こんなことがあったなんて全然知りませんでしたので、こういった貴重なお話を伝えて頂けるのは変態じゃなくって大変有り難く思います・・・ 伊藤史朗はこの時「圧倒的なパワーを持つ427を自在に操り、駐車場で8の字を描いていたのに驚嘆した記憶がある」との事で、天才レーサーの天才振りが垣間見られます。わたくしなんぞハンドルもクラッチも重いコブラを真っ直ぐ走らせるだけでも恐ろしかったのに・・・

たらればですが、伊藤史朗はあのままレーサーを続けて2輪なんてやめて4輪に転向していれば日本のレースの歴史も変わっていたろうに・・・・残念。

すみません、話があまりにもそれてしまいました!!ということで、無事に情熱の国スペインはバルセロナに到着致しました。

迎えてくれたのはやっぱり雨・・・今年も世界各地で雨を降らせるような気がして来ました、頑張るぞ!!

ホテルは中心部から外れたエリアだったようなのですが、ちょろっと散歩してみると街並は至って普通・・・なんかイメージとしてはオレンジや黄色の淡いカラーリングな建物が並び、SEATやPEGASO等の旧いクルマが路上駐車し、そこらじゅうで闘牛をしていて、みんなでカルメン’77を口ずさんでいるような感じを想像していたのですが、実際は至って普通・・・路駐のクルマたちも新しい物ばかりで、変わった旧車との出会いを期待していたので残念でありました。

週末だったのでお店も閉まっていて、ちょっと寂しかったのですがこんなところで北海道を発見!! と言ってもアメリカにあるバフェとは違って、鉄板焼きのお店でありました。

街中のスーパーマーケットにはこのように日本の食材も結構並んでおりまして、こちらは初見のカブト・ヌードルであります。

スペインで日本食を食べても仕方ないので街中のレストランに入りましたが、このようにナゼか揚げ物ばかり出てきます。

これなんて見事にデパ地下の海老フライ以外何ものでもありません。

「うわーこのパン、辛子明太子が塗ってあって美味そうだぞ!!」とかじったら、トマトを表面に塗りたくってあるのでした・・・

こちらのプチハンバーガーは見た目も可愛く、お味もGQQDでありました。

もちろんこういった生ハムのたぐいは最高のお味であります!!最後はアイスクリームを2スクープ頂き、御馳走様となりました。

食べ物の話ばかりですみません、本当の目的はバルセロナで開催されている”Speed Fest”というCar & BikeのShowに招待して頂き、Artistとして参加することだったのです、食べ物は重要ですが・・・

今回で(たぶん)5回目の開催となるこのショーはカスタムカーとカスタムバイク、そしてアートを絡めたKustom Kultureなイベントになっておりまして、インドア会場での2日間開催となっていました。

最初は雨が降っていたので搬入時に地面が濡れていましたが、突然おがくずを撒きだして、それに水分を含ませて処理しておりました、ナ~ルほど。

クルマはアメリカ車とVWが中心となっていて、日本車は全く無いので、ヨーロッパにおける外し技カスタムは見れませんでした。

あ、でもこの搬入車両のNissan […]

買えないクルマはミニカーで、バットモービル出撃だぜ!!

少し前、千葉界隈に出没し世間を騒がせた「千葉ットマン」なる方がおられましたが、ジョージ・バリスもビックリと言った珍奇なトライクに乗っておられましたね。 次はぜひクルマでその変態度を再現して頂き、安いオープンカーベースで竹ヤリ&出っ歯でない「千葉ットモービル」を作り上げて欲しい物です。

で、バットマンと言えばバットモービル、それもTV版初代のヤツに限りますね。新しいデッカイ奴はもはや車の風情ではなく、凡人の私には全くカッコ良さが理解出来ませぬ・・・・

バットモービルはこちらの画像、リンカーン・マークIIベースの1955年のコンセプトカーであった”Lincoln Futura”(リンカーン・フューチュラ)をベースに大御所バリスが変態カスタムを施した車でした。ベースカーの時点でバブルトップを備えていたので、結構フューチュラのイメージを残したままの感じですよね。

お役御免になった流行遅れのテールフィンを持つフューチュラが10年後にバリスの元へ行ってお色直しされ、1966年のTV Movieバットマンの劇中車両として再デビューを果たし、世界中の人気者となりました。リンカーン・フューチュラは1台しかないので、バットモービルに変身してしまったあとは残念ながら美しいあの姿はこの世に存在していないのです・・・

つまりオリジナルのフューチュラベースのバットモービルは1台しかなく、バリスの手で複数台作られた物はレプリカとなる訳であります。撮影以外にドラッグレース場等でプロモーションにも使われてました。

と言ってもどれもこれも本物そっくりで、この画像は10数年前のMooneyes Rat Fink Reunionに来ていた車両ですが、とっても本物に見えておりました。 本物は2年ほど前のバレット・ジャクソン・オークションにバリスが出品し4億円オーバーで落札されてましたが・・・ ということでどうしても本物が買えない時はミニカーに限るのです。(ビッグが当たったら本物を買いますが)

バットモービルのミニカーと言えば1966年、TVと同じ時期に同じ空気の元で作られた(これが重要)当時物Corgi Toysで決まりなのです。世界中で売れまくったミニカーでありまして、66年から79年までの間に何と4,907,000台以上!!!という驚異的な出荷量を誇ったオモチャ界のベストセラーとなったのです。

当然当時日本にも輸入されまして、定価¥1,200という高級玩具で日本製ミニカーの倍のプライスとなっていました。

こちらはついこの前の昭和41年12月1日発行の月刊コレクター誌82号(ジャパン・ミニチュア・コレクタークラブ発行のミニカー専門誌)ですが深紅の表紙を新製品バットモービルが飾っております。

フロントからはノコギリがニョキっと飛び出し、メッキの3連パイプからはミサイル弾が発射、リアのエグゾーストパイプからは炎を噴射(と言ってもプラスチックの炎ですが)という驚異のアクションを持ち、バットマンとロビンのフィギュアも乗車していて、室内にはバットマン電話もセットされるというもう子供にはたまらないミニカーとなっていたのでした。

当然、子供のオモチャとして殆どが消費されてしまった為、このように説明書やミサイル弾、ステッカー、梱包材等全てがコンプリートで揃っている個体は極めてレアな存在となっています。

箱絵も素敵過ぎて、完全にアートの域に達しております。これを見ているだけでワイルドマンはバットマンになってしまいそうなのです「バットマン石井」いい響きだな・・・

この画像のように初版のバージョンはリアにけん引フックが無いのですが次のバージョンではトレーラーを引く為のけん引フックが追加されるのです。

シャシーも凝っていてこのようにバットマンがエンボス加工で浮き出ていて夢が広がって来るのです、ああ素敵・・・

そしてコーギーのバットモービルは長い生産期間の間にバットボート等の色々なバリエーションを増やしていって、最終的にはバットモービル、バットボート、バットコプター(ヘリコプター)の3台を一緒にした究極のギフトセットをついこの前の1976年に発売したのです。

あまりにも豪華なセットでありまして、これを当時買ってもらった子供は天にも昇る気持ちだったことでしょう。私は既に天に上り過ぎていて気が変になっておりましたが・・・

76年に154,000セット、77年に134,000セットが販売され、日本では当時定価¥4,000となっていてクリスマス以外には買ってもらえないような、かなり高価なお品でありました。いっぺんに3台のオーナーとなれる贅沢セットなのでした。

横に広がるウィンドウ・ボックスは44センチもあり、飾っておくだけでも大迫力なのですな。もちろんミサイル弾は未使用であります、このまま永遠に・・・・

そしてオマケは78年発売のコーギー製”Batbike”(バットバイク)であります。相変わらず箱絵が素敵過ぎますね・・・電人ザボーガーもビックリのカスタム度でありますが、何だか実車で作れそうな気がして来ます。バットモービル同様ミサイル弾発射のアクションを持ち、フロントのカウルから飛び出すのです。ホークIIあたりをベースにロケットカウルとテールフィンを付ければあっという間に完成出来そうですね!!千葉ットマンさんは今度これを参考に作った方が絶対マニア受けすると思いますが・・・

このミニカーは78年から82年の間に549,000台が販売されましたが、画像のこいつはその生き残りで何と未開封!!となっていてバットマンフィギュアとバイクは当時コーギーの工場でくくりつけられた輪ゴムでとまったままなのであります、ずっと切れなきゃいいな・・・・

こんな素敵なミニカーさんたちを見ていると、いつか「ワイルドマンモービル」を作ってしまいたくなる今日この頃なのであります。その時は横浜スタジアムのリリーフカーとして出撃する予定です。8回裏、相手ベンチにミサイル発射だぜ!!

[…]

2015年、ももいろマジンガーZ出撃だぜ!!

2015年もあっという間に2週間が経ちまして、景気づけにデザート食べ放題とやらに行って来まして色々とたいらげました、暫くスイーツは遠慮しておきます・・・

あ、ちゃんと仕事もしております。正月明け一番で第29回Mooneyes Street Car Nationalsのポスター原画を仕上げました!

今年はですね、会場スペースも広く取れましたので、昨年はスペースの関係上出来なかったPinstripe Gatheringも開催となります、4月26日(日)はお台場へGo!です。 来年2016年はついに30回目という記念すべき年になりますね。第1回目開催だったついこの前の1987年の大井競馬場での出来事なんて3年位前にしか感じませんが・・・

ということで、この前生まれて初めて地下鉄大江戸線などという乗り物に乗って(券売機の前でどうやって買うのか3分間悩んでました)東京に行って参りました。 そうです今年一発目の”Juicy Fruits”のライブに参戦して来たのです。もちろん一人で!!

入場順が決まる整理券を配るということだったので、小心者らしく配布時間の30分前に到着したのですが、そこには私以上の変態さんが大勢いらっしゃり、こんなに早く来たのに28番の整理券となってしまいました・・・・皆さん寒くないんですか?? 修行が足りない身ということが分かり反省したので、次回までに変態としての自分を見つめ直しておきます。

ライブはたっぷり2時間以上も演って頂き、我が女神イリア様を羨望の眼差しで見つめておりました、変態は静かに見たいのです。次回は修行してもっと早く来てもっと前で見れるようにします、なんならその場でギターにPinstripeを入れても構いません!!

で、さらにもう一発、皆様も御存じのようにKISSが初春に来日決定となりました!!! 2013年秋に来ましたが、まさかこんなに早くいらっしゃるとは思いませんでした。

ちなみにこの画像の中の一人は私Wildmanであります、さてどれでしょうか??

今回は名古屋、大阪、広島、仙台そして千秋楽の東京と5か所を廻って頂けるのです、ありがたや、ありがたや。それにしても横浜には久しく来られませんなあ・・・・ 私は東京への参戦が決定し、音響が最悪で宿敵巨人軍のホームでもある東京ドームに出撃となるのです。DeNAベイスターズとコラボして横浜スタジアムでドカンと一発やって欲しかったのですが・・・

コラボと言えば今回のKISSはビックリのコラボとなってしまいました。昨年珍しく家でTVを見ていると、いきなりKISSの面々が出てきて、怪獣がその辺で少女たちを捕獲して来たような映像が流れたのです。「な、な、何コレは???」とビックリして思わず飲んでいたヤクルトジョアを吹き出すハメになりました。

「KISS来日は嬉しいけど、この子供たちは一体なに?なんなの??」とTVの前で叫んでいるとビックリ仰天、東京ドームのライブでこの子供たちとKISSがコラボして演奏するのだということ・・・・何が何だか分からなくなり「前座と言えばついこの前の1977年初来日時の武道館でのバウワウしか頭に浮かばんが、前座じゃなくってコラボレーションですって??」と変態は混乱の極致となりました。

それは「特別参戦! ももいろクローバーZ」なる企画で何とビックリ、ももクロとKISSのコラボなのでした!!! オジサンには全く理解出来ず「ももいろマジンガーZじゃねえのかよ??」と大声を出し愛犬ルルがビックリして逃げて行きました・・・

しかも今月末には「ももいろクローバーZ vs KISS」でCDシングル「夢の浮世に咲いてみな」がそれぞれももクロ盤、KISS盤が発売決定となりました、作曲はKISSのPaul Stanleyなのです、スゲえ企画ですね、参りました・・・

「Powered by HKSやTVKなら知ってるがHKTもAKBも全く意味分からん」と言っていた変態もこうなったら降参して、ももクロ vs KISSを楽しむしかなくなって来ましたぜ。 3月の東京ドームにももいろマジンガーZと化したWildmanが現れるかもしれませんな!? 小心者は開演5時間前には現地入りしますので、見掛けたら声を掛けて下さいませ。

[…]

ついに28回目の開催です、明日は皆で楽しくStreet Car Nationals!!

明日4月13日(日)は28th Annual Mooneyes Street Car Nationalsが東京はお台場にて開催されます。

ついに28回目を迎える事となりましたが、思い起こせばついこの前の1987年3月21日に最初のSCNが大井競馬場で開催され、青年借金王は’68 Shelby Mustang GT350にて意気揚々とエントリーしました。

しかし当日の朝、突如エンジンが掛からなくなってしまい2時間近く遅刻し半ベソ状態で会場入りしたことが思い出されます・・・まるで5年前の事のようですが。

それから28年間ずっとSCNに参加し続けて来ました。大井競馬場、汐留やら新鶴見、はたまた千葉県まで飛んだり、みなとみらいや東扇島、そしてお台場に落ち着いてあっという間に28年経ってしまいましたね。新鶴見では不注意により片目にシンナーが入ってしまい、その後一時間死んでおりました。

Ed”Big Daddy”Rothによる衝撃のLive Pinstriping、車が燃えちゃったり、本当に動くハイドロリクスを見てシトロエンDSが欲しくなったり、バーンナウト・デモをやっちゃったりと、これまでいろんな事が起こっていました。

そんなこんなでカリフォルニア・スタイルのカスタムカーイベントとしては日本最古の?物となったストリートカーナショナルズは今年も明日13日に開催されます。 雨は絶対に降りませんので皆様お台場までお越し下さい、一緒に楽しみましょう!!Go! with MQQN

[…]