Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ハイエース王国タイでランボルギーニだぜ!

先月、久しぶりに結婚式に招待されまして、Bossと一緒にはるばる名古屋まで出撃致しました。(新幹線なので全然楽チンでありました)

何とビックリ、同じ変態仲間のThe Nash殿が突然結婚されることとなりまして、式に招待して頂いたのであります。結婚式なんて久しぶりでしたので、小心者は緊張してしまいました。

Nash氏と初めて会ったのは四半世紀前のアメリカはBonneville SpeedWeekでした。一人で観戦に来られていて「変わった日本人がいるな」と思っていました。日本に帰ってからはついこの前の1991年、本牧に初代 MOONEYES Area-1 & CafeがOpenした際、Nash氏が当時日本ではとても珍しかったNash Metropolitanに乗って意気揚々と遊びに来られたのでした。その時もこの人変わってると思いました。

Street Car Nationals等のイベントで会う時も、いつも短パンに巨大な帽子といういでたちで、やっぱりこの人変わってると思いました。

その後都内にDetroit Junkなる雑貨店をOpenさせ、さらにいろんな意味で激しい執筆活動を始められて、ついに今も続くコアマガジンBurn Out誌を発刊させてインターナショナルに活躍するKustom Kultureの伝道師としての立場を確立させました、やっぱりこの人変わっています・・・・

Wildman 25周年イベントの時もサポートして頂き、他のイベントも含めてこれまで色々とお世話になって来ました。

まさか四半世紀を経て、結婚式にお呼ばれするとは思っていなかったので本当にビックリしてしまいました。式当日はTeam Nashの面々や海外からの来賓もあり、とても盛り上がっていました。オシャレな結婚式場での開催もWildmanは初体験だったので面白かったです。なにはともあれThe Nash夫妻、御結婚おめでとうございます!!!

で、その結婚式翌日には日本との気温差が20度以上あるタイ王国に行って参りました。暑いんですよ、これが・・・

今回の出張はですね、タイはバンコクでのカスタムカー&バイクのイベント、”Bangkok Hot Rod Custom Show”にお招き頂き、現地でPinstripeデモを行うという物でありました。

マレーシア、インドネシアに続きタイでもこのようなカスタムイベントが開催されるに至って、東南アジアのカスタム業界は熱くなっています。気温も暑いんですけど・・・・

週末の2日間開催されたイベントはですね、多数の車両エントリーがありました。お客様は日中は暑いせいか少ないのですが、夕方から夜に掛けて気温が下がり始めると沢山来られるという流れでありました。暑い国は大変であります・・・

有り難いことに2日間共に沢山のお仕事を頂きまして、イベント会場をゆっくり見ることは出来ませんでしたので、あまり写真を撮ることが出来ませんでしたが、Wildman的にはこちらGo! with MickeyなH/Dが面白かったです。

こちらSpeed Master Wheel装着のクジラクラウン・ハードトップもおシャレさんでありました。

そんなこんなで、ヘルメットやらタンクやらシューズやら沢山のOrderを頂き、もうパンク状態となってしまいこれ以上時間内に出来ないので現地スタッフに頼んでこちらの看板を書いてもらいました。「もう終わりだよ」と書いてあるのでしょうか・・・

エントリー車両の画像やイベントの詳細は一緒に行ったSteveのTrip […]

バゲーラでバケラッタ?プラスチックなクルマたちはカッコいいぜ!!

もうすぐは~るですねぇ♪と歌いたくなるようなポカポカな陽気になってまいりました。春は嬉しいですね、雪は一生見たくないので・・・

というわけでキャンディーズを歌っている場合ではなく、前回のブログの続きとなるプラスチックなクルマたちのお話をさせて頂きます。

キャンディーズが流行ってる頃といえばわが国はスーパーカーブームに明け暮れ、地獄の軍団KISSが来日し、ナイキが日本発売される等、私の狂った人生が狂い始めた記念すべきスタート地点となります、ハイ・・・

ついこの前の1977年5月8日に、今はなき磯子の高台にあった横浜プリンスホテルで開かれたスーパーカーショーにヤマハモトバイクで出撃し、展示車両だったロータス・ヨーロッパに座らさせて頂いたのがプラスチックなクルマの初体験でありました。

ロータス・ヨーロッパは漫画サーキットの狼の主人公、風吹裕矢の愛車だったので、当時の子供たちには絶大な人気を誇っておりました。

練馬56そ・740の白いヨーロッパ・スペシャルはアイドルとなっておりましたが、4気筒1600ccで126馬力、最高速度200km/hのこのクルマが漫画の中では12気筒4000ccで375馬力、最高速度300km/hを誇るカウンタックに勝ってしまうのが不思議でなりませんでした・・・

だったら2気筒360ccで36馬力のスバル・ヤングSSが6気筒2000ccで150馬力のトヨタ2000GTに勝てるのではないかと本気で考えてました、風吹裕矢の次の愛車はヤングSSにした方がイイと思ってました・・・

で、ヨーロッパの当時物ミニカーですが、実車が「史上最速のブレッド・バン」と呼ばれた不思議な形の為なのか、今一つ作りにくかったようで傑作と言えるモデルが見当たりません。

  

しいて言えばちっこいサイズのこの英国マッチボックスが初期OHVエンジン搭載の細いタイヤを履いたヨーロッパの雰囲気をイイ感じで捉えていますね。

イタリアはMebetoysからもこのレーサー風ヨーロッパが出ていましたが、おそらくコスワースエンジン搭載のレースカーである47GTをモチーフにしたと思われます。

  

このミニカーは1975年に鶴見のチェッカー、絶版車コーナーにて祖母におねだりして買って頂きました、¥2,500もしました・・・帰り道でつくの商店街の長崎屋でラーメンを食したこともちゃんと覚えております。

「今でも大切に持ってるぜ婆ちゃん!!」と墓参りの度に伝えております。

そしてプラスチックなロータスと言えば、古いエランの方がマニア受けは良いようですね。

初めて実車を見た時はあまりにも小さくて、ニセ物なんじゃないと心配してしまいました。

浮谷東次郎が船橋のレースで勝ったりして、古くからのファンには人気がありましたがスーパーカーブームの頃にはもう古過ぎて、子供たちのアイドルにはなれませんでした。

しかしミニカーマニヤの私には十分にアイドルとなってましたね。

 

英国Corgi Toys製の傑作モデルの誉れ高きエランS2は、シャーシー脱着可能!!という驚異のアクションを持ち、子供たちに実車の構造を教えてくれたのでした。

 

トヨタ2000GTがこのフレーム構造をマネしたんじゃないかとひねくれた考えを持つ子供を育てることにもなってしまいました・・・

ブルーに白ルーフのは、ついこの前の1976年にやはり婆ちゃんにチェッカーで買って頂きました、¥3,000もしました・・・・いまでも大切にしております。

いろんなバリエーションが作られましたが、1960年代の英国の人気テレビ映画The Avengers(邦題:おしゃれ丸秘探偵)の劇中車両セットもありました。

当時輸入されなかったようで、なかなか手にはいりません。

主人公のベントレーとヒロインの白いエランS2がセットになっていて、武器?であるこうもり傘も付属しています。箱絵を見ているだけで夢が広がって行くのです。

日本代表のプラスチックといえば1956年発売のフジ・キャビンにとどめを刺すのです。

全くこれ以上何を望めばいいのかと思わせるほどの前衛的なデザインを持つこの超小型3輪車は、フレームを持たないモノコック構造全体をFRPで構築するという画期的な手法で作られました。

同じ構造のロータス・エリートよりも2年も早い開発という快挙なのであります。

たったの125ccで5,5馬力という性能のキャビンは、夏は暑くて冬は寒いという素晴らしい特性を持ち、操縦性も悪くて市場には受け入れられずにたった85台が作られただけで寂しく消えて行きました。

でもプラスチックで錆びないから外で放置しても残ってしまった車輛も少数存在し、マニヤ様の元で生き永らえているようです。

キャビンは当時物では一切モデル化されず(ミニカー、プラモ、ブリキ)ここ何年かでレジンのキットや完成品が出たにすぎません。

  

こちらはレジンの完成品ですが、流石に現代の技術で作られた為「実車より精密」に作られております、味はありませんが・・・・・

お次はおフランスのプラスチックになりまして、日本ではあまりなじみの無いマトラになります。

フランスのルネ・ボネという小さな会社が作っていた世界初の市販ミッドシップカーであるルネ・ボネ・ジェットというクルマがありました。

1962年から2年間細々と作られていましたが経営難に陥り、航空宇宙産業やミサイルなどの軍需産業で有名なマトラ社がルネ・ボネを買収しました。

マトラは元々ジェットのFRPボディを作っていたのです。

[…]

鬼才ガンディーニの傑作は亀マークのナバホだぜ!!

まったく地球は一体どうなってしまったのでしょう??この前の成人の日、関東地方は強烈な雪が降りまして、横浜市では有史以来初めてとしか思えない積雪13センチを記録しまして、私のような小心者は一歩も外に出られなくなってしまいました。

 

我が家は山の上にございますので、数日間は遭難したも同然となり通勤は長靴をはいてバス停まで25分歩くという悲しい日々をおくる事になってしまいました・・・ナイキじゃないと足が痛いんです。

 

雪はあと30年くらい、横浜市内には降らなくて結構なのです。

そして早く春にならないかと思っておりましたところ、皆様に吉報であります!

第27回Mooneyes Street Car Nationalsの開催が5月19日(日)に決定致しました。当初のスケジュールより変更となり、5月の開催となってしまいましたが、場所はおなじみの東京はお台場になります。

当日、雪は絶対に降りませんし、ゴールデン・ウィーク渋滞もありませんので、カッコいいクルマ、変態なクルマ、奇抜なクルマ、たくさんお待ち申し上げておりますので宜しくお願い致します!!

  

で、カッコ良くて、奇抜なクルマと言えばどう考えてもスーパーカーか三輪トラックになりますよね。

子供の頃、カウンタックと三菱レオは同じような衝撃を受けました。

今でもどっちが欲しいかと言われれば本当に悩んでしまいますよね・・

カウンタックのデザインと言えばカロッツエリア・ベルトーネのチーフデザイナーだったマルチェロ・ガンディーニさんであります。

強そうな悪役みたいな名前ですが・・・

私、この方の作品が大好きなのであります、なのでフェラーリよりもランボルギーニなのです(それよりも三菱レオかもしれませんが・・・)

 

天才ジウジアーロが抜けたベルトーネのチーフ・デザイナーを務めた鬼才ガンディーニは60年代中期から70年代に掛けて数々のスーパーカーやコンセプトカーをデザインし、はるか離れた東洋の島国の少年たちを狂喜させました、いまだに狂喜している馬鹿もここにおりますが・・・

 

ランボルギーニ各車、フィアットX1/9、ランチア・ストラトス、マセラティカムシン等々、極端なウェッジ・シェイプのデザインは一目でガンディーニの作品と分かる物でした、ああカッコいいなあ・・・

と言うことで今回もガンディーニな作品を、実車よりもっとカッコいい「当時物ミニカー」たちで紹介させて頂きます。

まずは名車の誉れ高きランボルギーニ・ミウラです。ジウジアーロの流れを汲む60年代的な美しいラインは今でも色褪せることありませんね。

 

ミニカーの世界でも人気者で当時は世界各国、各社でモデル化されましたが、一番入手しづらいと思われるのがイタリアはEDIL TOYS製のこちらになります。

ミウラのモデルとしては平均的な仕上がりなのですが、このエディル製は何せ生産数が少なく、当時日本にもちょぴっとしか輸入されなかったのです。

あとシルバーのがあるのですが、生涯かけて探すしかありませぬ・・・

お次はフル4シーターのスーパーカー、ランボルギーニ・エスパーダです。

フロントに12気筒エンジンを積んだ4人乗りのおシャレさんですが、70年代から80年代にかけてグリーンのSSSAディーラー車をしょっちゅう横浜市内で目撃し、オーナー様に声を掛けたこともある大好きなランボです。

 

イタリアはPolitoysより素晴らしいプロポーションでミニカー化されており、フルアクションのこいつは12気筒エンジン、4つのシートも再現された傑作であります。全3色揃えるのに15年掛かりましたが・・・

同じく4つのシートを持ちながら何とミッドシップ・エンジンという手品のようなクルマはランボルギーニウラッコであります。

V8エンジンの2+2のスーパーカーは対ポルシェ911を想定していましたが、商売としては惨敗に終わりました。

ついこの前の1976年、小学6年生のときに、東京は目黒通りのミツワ自動車にポルシェの撮影に繰り出し、正面入り口から突入し怒られましたが、帰りにちょうど現FLAT4さんのあたりを歩いていると、メタグリーンのウラッコが走って来たのを目撃したのがウラッコ初体験であります。

こちらもイタリアのPolitoysとMebetoysよりミニカー化されてました。

よく見るとリトラクタブル・ヘッドライトの位置が違っていて、左のポリトーイはボンネットの真ん中あたりに位置していますが、右のメーベトーイはもう少し前になっています。

子供の頃はポリトーイのライトの位置が「真ん中へんで変なの、俺が目黒通りで見たやつはもっと前だったぜ!」と一人ブツブツ言ってましたが、その後、中学生になって調べた結果、ウラッコのプロトタイプは真ん中へんにライトがあり、ポリトーイのはプロトタイプをモデル化したことが判明しました納得。

やはりミニカーで実車を勉強出来ることが明白になったのであります。

そしてお次はランボルギーニ・ハラマです。V12フロントエンジンで2+2のシートを持つごく平凡的なレイアウトのGTカーでしたが、ショートホイールベースのハンドリングに優れたクルマでバランスが良く、サーキットではミウラをしのぐ走りをしたそうです。

地味なスタイルのハラマでしたが、大社長フェルッチョ・ランボルギーニのお気に入りだったそうです。

テストドライバーのボブ・ウォレス共々「あれこそ本当のランボルギーニ」と絶賛していたクルマなのです、鬼才ガンディーニにしちゃおとなしいデザインですが・・・

 

ハラマも当時Politoysからモデル化されてました。スクエアなスタイルを上手く表現しV12エンジンもちゃんと載っております。

[…]

思い出の大エース、遠藤様は大洋一筋さ!!

皆様遅ればせながら明けましておめでとうございます。

本年もMooneyes並びにMooneyes Studio並びに当ブログを宜しくお願い致します。

お正月休みはどのように過ごされたでしょうか?

私は相変わらず自室に引きこもり、ミニカーのワックス掛けにいそしんでおりました、恒例行事なので・・・

今回はスーパーカーの棚を中心に行いましたが、ほとんどがあのブームの頃に入手した物なので、かれこれ36年は手元にいる奴らばかりなのです、1977年なんてついこの前の事ですが。

それはそうと我が横浜DeNAベイスターズは年末にかけて怒涛の補強を行い、気がつけば中日ドラゴンズよりブランコら外国人選手3人を強奪し、ホークスからは多村が帰って来るわでストーブリーグを賑わせております。

オーナーが「補強の予算は全部使っちゃって下さいね!」とのことなので高田GMの腕の見せ所ですな(福留はいらんかった、良かった阪神で)

現在は元レッドソックスの108勝投手、バディーヤと交渉中とのことで、これが決まれば予算をきれいさっぱり使えそうです、ああ気持ちいい。

さらに奇跡が起これば、あの松坂大輔獲得も視野に入れているのでその時は特別予算枠が発生するそうです、いいぞ大盤振る舞いDeNA Baystars!!! プロ野球はこうでなくっちゃ。

これで驚異の5年連続最下位より脱出できると思われます。それどころかCS進出も確定的ですな!! (そう思っているだけならタダですので)

ほんとにここまで弱い期間が長く続いたのは、ついこの前の1975年にファンになって以来、たぶん初めてのことだと思われます。

そりゃね万年Bクラスのチームでしたし、優勝だって2回しかしたことないし、大洋時代だってたまに3位になったくらいですし、どうもこうもないような成績なのですが、いくらなんでも5年連続でビリッケツで借金が軽く30を超えるような状況は考えられませんでした。

何で顔見知りの6球団で争う競技でこうも差がつくのか、不思議で不思議でなりません。

なのでこうなったらお金で解決するしかないようなので、大補強大いに結構なのであります!!

勝てないのであれば、せめて個人タイトルくらいガンガン獲って欲しい物ですな。

その昔大洋時代はチームはBクラスでも首位打者や最多勝を獲得した選手がおりまして、ファンにとってせめてもの慰めになっておりました。

そんな時代で大洋ファン最大のヒーローは(私にとっても)何と言っても背番号24の大エース「遠藤一彦」様なのであります!!

問答無用で80年代のセ・リーグを代表するピッチャーで、江川と最多勝を争った真のエースでした。

1955年生まれの遠藤様は東海大から、スーパーカーブームに沸くついこの前の1977年にドラフト3位で大洋に入団しました。

翌年の春に大洋は川崎から横浜にフランチャイズが移転となるわけです。

79年にその才能が開花し12勝12敗8セーブという素晴らしい成績を上げ、少年Wildman的には「やったぜ新人王確定だ!!」と大騒ぎしておりましたが、結果は何と13勝5敗0セーブの中日の藤沢が新人王になってしまい、テレビの前で遠藤様よりWildmanの方が落胆致しました、トホホ・・・

だってその後の遠藤様は15年の現役生活を全うし、数々のタイトルを獲り通算134勝58セーブを上げセ・リーグを代表する投手となりましたが、

藤沢なんて実働6年で27勝35敗ですぜ。全く見る目がない奴らだのう・・・と34年経った現在でも毎日落胆しております。

長身から投げおろすストレートと魔球のような高速フォークボールでバッタバッタと三振の山を築く姿は、弱い大洋の中でキラリと光輝いていたのです。

東海大の後輩である原(現巨人監督)にはナゼかポンポン打たれましたが当時現役メジャーリーガーとして日本へやってきた巨人のロイ・ホワイトが「遠藤のフォークボールはメジャーで通用する」と言っていたのが忘れられません。

時代が違っていたら遠藤様はメジャーに行っていたでしょう・・・

第一回ストリートカーナショナルズが開催されたついこの前の1987年にアキレス腱断裂という事故に見舞われましたが、それを克服しその後クローザーに転向して見事カムバック賞を受賞しました、流石だぜ!!

  

で、こちらはその頃に頂いた遠藤様の直筆サインボールなのであります!!ボルグ様のサインボールと並び我が家の家宝になっていることは言うまでもありません。

そういえば80年代の選手名鑑か何かの資料で、遠藤様のご自宅住所が何と我が街、横浜市磯子区岡村町となっているではありませんか!!!

しかし番地までは掲載されていなかったので当時激励に行こうと必死に探し回りましたがついぞ発見することは出来ませんでした、無念・・・

 

そういえばもう一人のエース斎藤明雄投手は当時横浜市南区別所に住んでおられ、高校の時の友人が御近所で斎藤投手宅で高校生相手によく麻雀をやってましたね・・・・昭和っていいですね!!

2年連続最多勝、最多奪三振、沢村賞まで獲得しあとは優勝だけでしたが、残念ながらそれだけは経験出来ず、1992年に涙の引退となりました。(ちなみにベイスターズ38年ぶりの優勝は1998年であります)

横浜スタジアムで最後の登板となりましたが、この日は遠藤様にとっても大洋ホエールズにとっても最後の試合となり、翌年から「横浜ベイスターズ」にチームが変わってしまいました。

よって遠藤様は大洋ホエールズ最後の大エースなのであります。

横浜大洋ホエールズが生まれた時に入団し、ホエールズからベイスターズになる時に引退するという数奇な運命をたどられましたね。

今年はどう考えてもCS進出が確実な横浜DeNAベイスターズですが、(勝手に言ってるだけですので)遠藤様のような真の大エースが現れる事を期待しております、Go! DeNA Baystars

[…]

ハイジな国のスーパーカーは426ヘミでハイになってビックリだぜ!!

マクドナルドの株主である(つもりの)私のもとに新しい2冊の株主優待券がやって来ました。これにより12回はダブルクォーターパウンダーのLLセットが食せるという訳でありまして、大変有意義な食生活が待っている訳であります。

    

この前は鎌倉プリンスホテルの期間限定ランチバイキングに行って参りまして「フォアグラステーキ食べ放題!!」というキャッチに見事のせられてしまいました??? 気合いを入れて4つほどフォアグラを食しましたが、その後ローストビーフや天ぷら、パエリア、ポトフ、そしてあんみつ&モンブランと攻め込んだ所、急に気持ちが悪くなってしまい、吐き気をもよおしながら帰宅し4時間ほど寝込んでしまいました。 その後2日間は胃薬が手放せませんでした????皆さんもフォアグラの食べ放題には注意しましょう。

寝込んだ後は自室に引きこもり、口直しにミニカーを鑑賞していましたが、久々に手に取ったミニカーで面白いのがありました。

その昔、ハイジの国スイスで突然クルマを作り始めた奇特なお方がおりました。 といってもついこの前の1960年代の事なのですが、スイスなんて時計のイメージしかなく、自動車会社があったなんて不思議な感じがしますよね。 「ピーター?モンテヴェルディ」さんという方がおられまして、元々フェラーリやBMWのディーラーを経営していたのですが、フェラーリとの確執等いろいろありまして、一発奮起、独力で高級車市場に乗り不出して来たのです。 あの時代のヨーロッパは成り上がりさん中心に(イソ、ランボルギーニ等々)どうしても速くて高級なクルマを突然作りたくなる方々が沢山おられましたね、大変なのに???

でも、いきなり全部自分の所で作れる訳もないので、基本的にスペースフレームのシャシーのみ自社で作って、エンジンとギアボックスはあそこから、ブレーキはそちらから、パワステはこちらから、ボディーはこちらにデザインしてもらいましょうといった感じで、スイスのクルマといってもパーツは各国から調達しておりました。

速くて値段の高いクルマを手っ取り早く作るにはやはりアメリカンV8という訳でありまして、モンテヴェルディも心臓にクライスラー製のデッカイV8エンジンを選びました。

67年にやっとこ出来上がったクルマはこちらの「ハイスピード375S」というモデルでその心臓はバラクーダなんかに搭載されていたマッスルカーマニアにはおなじみの「440マグナム」で7,2リッターの排気量から375馬力を絞り出していた強烈エンジンでした。

その後もクライスラー製のビッグブロックにこだわり続け、巨大な4ドアセダンの「375/4」はマックス240km/hに達し、当時世界最速のVIPサルーンとなり、モンテヴェルディは世界に認められ始めました。 日本にも当時1台だけ新車でこの375/4が輸入され、東京の街を走っておりました。

こうなって来るとスーパーカー?ビジネスに参戦したくなるのは人情というもので、モンテヴェルディも禁断の果実、ミッドシップのスーパーカーを作っちやいました。

その名も「モンテヴェルディ?ハイ450SS」というハイスピードでハイになりそうなネーミングなのですが、ハイというのはHighではなくHaiというスペルでしてドイツ語で鮫の意味なんだそうです。スーパーカーの名前は色々と面白いですね。

ミッドに搭載されたエンジンはついに「やっちゃいました」という感じで、クライスラー製の最強エンジン「426ストリートヘミ」を放りこんでしまいました。アメリカ車マニア垂涎のエンジンですな。 7リッターの排気量から450馬力を発生し、ハイ450SSはカタログ上では290km/hという最高速度を豪語しておりました、これはあっぱれですな!!

実際当時の市販車最高速度テストではフェラーリ?デイトナ(280km/h)やランボルギーニミウラ(272km/h)次いで第3位の270,5km/hをたたき出したのは立派というほかありませんね。 でも、シフトのリンケージの取り回しがが上手く行かずに、シフトパターンは上下がひっくり返ってしまったという変態的な世にも恐ろしいスーパーカーとなってしまいました。 さすが手作り自動車メーカーですね???450馬力のシフトを間違えてしまったら、小心者としてはそんな事を考えただけで眠れなくなってしまいます。

結局オイルショックも重なり、ハイは数台の生産で消えて行ってしまい、モンテヴェルディも1982年には自動車の生産を止めてしまいましたとさ??? ハイジの国のスーパーカーは歴史の彼方に消えてしまいましたが、ミニカーとして残っているのが変態的には嬉しいのです、もちろん当時物として???

スペインにAuto Pilen(オートピレン)というミニカーブランドがあったのですが、こちらは創業時は他の一流ブランドの金型を利用してミニカーを作っていて海賊版扱いされていました。 でもオートピレンはただのマネッコではなく、見本としたオリジナルの物よりも開閉アクションを増やしたりして、独自のスタイルを確立していました。

   こちらのC2コルベットは左がオリジナルの英国製コーギートーイなのですが、右のオートピレンはコーギーでは無かったドアーの開閉アクションが追加されているのです。

その後オートピレンは独自の金型の開発にも着手し、70年代中期から後期に掛けてオリジナル金型の素晴らしいミニカーを作り始めました。 その中になんとモンテヴェルディ?ハイがラインナップされていたのです。

  

ついこの前の1978年に横浜市鶴見区のつくの商店街にあった「チェッカー」にて購入させて頂きましたが、いま手にとっても本当に素晴らしいミニカーだと思います。

 

この時代は外国製ミニカー暗黒時代で、どのブランドもプラ製のタイヤ&ホイールで実車のイメージ丸出だめ男なのですが、オートピレンはダイキャストホイールにゴム製タイヤという最強の組み合わせで、それだけでウットリしていたものです。

プロポーションも良くてハイ独特のボディーラインが見事に再現されております。金型職人の魂が感じられるのです。現代のCADなミニカーなんかとは比較になりませぬ???? 上品なゴールドの塗装もたまりませんね。

このミニカーを見ていると、アルプスの峠に行きハイジになってハイに乗って逆パターンミッションを駆使してハイな気分で290km/hを出してみたくなりますね、だから当時物ミニカーはやめられないのです!!

[…]