Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

鯉の季節はやって来るのか?頑張れディーゼルのマツダ!!

プロ野球もやっとこキャンプインとなりまして、私には楽しみな季節がやって参ります。 我がDeNAベイスターズはキューバの至宝、グリエルが残留となりまして、あとは4番の筒香がシーズン通して活躍すればすべりこみ3位内に入ってクライマックス・シリーズ進出の可能性が十分あると思われます(希望的観測)

今期は混戦の期待が高まるセ・リーグでありますが、やっぱりジャイアンツとカープが頭一つ抜け出てますね、悔しいけど。ジャイアンツはどうでもいいとして、カープはここ数年力をつけていて昨年も2位となり今季はメジャー男、黒田の復帰もあって大変盛り上がっております。というか今季優勝しないと、昔のホエールズ(ベイスターズ)のように38年間優勝出来ないのではないかとこっちが心配 してしまいますよね・・・

はたして鯉の季節はやって来るのでしょうか?? ちなみにこちらはピンキーとキラーズ、恋の季節であります!! どうでもいいですね、すみません・・・

野球が盛り上がってる広島ですが、カープと言えばやっぱり東洋工業のマツダであります。こちらもカープ同様大変頑張っておりまして、トヨタを中心としたハイブリットのエコカーとは一線を画し、ヨーロッパ的なクリーン・ディーゼル・エンジンで市場にチャレンジしてます。

スカイアクティブ・ディーゼルは静かで燃費も良くパワーも十分で、石原都知事が植え付けたディーゼルの嫌なイメージを完全にぬぐい去りましたよね、素晴らしいぞマツダよ!!

アクの強いデザインさえ受け入れられれば、使用環境によってはちっとも燃費の良くないハイブリット車なんかよりも良い選択肢になるのではないでしょうか!?

マツダは昔から変わったことが好きなので、最強の3輪トラックの後はロータリー・エンジンに首ったけ?という時代が長く続きましたよね。市場や環境の変化により、悲しいかな速いけど極悪燃費なロータリーエンジンはとりあえず一休みとなってしまいました。

でも、やっぱりマツダと言えばロータリーのイメージがずっと続いてました。最終的には3ローターなんて変態エンジンもありましたよね。 ついこの前の昭和59年に幼なじみのI君が初代RX7を購入し運転させてもらいましたが、一体どこまで回るの??という程高回転までエンジンが回り、クルクル目が回りそうになりました。「コリャ、2ストのバイクみたいだ!!」と驚きました。 当時の我が愛機TE71カローラ1600GTとは全く違う乗り物に思えましたね。

その後も友人のRX7カブリオレ(ロータリー・ターボのAT仕様)を運転したところ、低速トルクが全くなくて「なんだこりゃ、軽自動車よりも遅いぞ??」と思った次の瞬間ターボにブーストが掛かるとロケットのように加速して前のトラックにぶつかりそうになりました・・・これぞロータリー・ロケットだぜ!!

最近はクリーン・ディーゼルのイメージが定着してきたマツダですが、皆が忘れる前に初期ロータリーエンジン車をミニカーを使っておさらいしなくてはなりません。米澤玩具の当時物ダイヤペット・シリーズにご登場して頂きます。

ロータリーエンジンと言えば1967年発表のやっぱり世界初の量産ロータリーエンジン搭載車コスモ・スポーツであります。帰って来たウルトラマンのマット・ビハイクルと言った方が分かりやすいクルマでもあります。子供の頃は本当に未来から来た車に感じたものです。トヨタ2000GTよりも見る機会が多かったので、強烈なペッタンコスタイルに惚れ惚れしておりました。

ダイヤペットはついこの前の昭和43年5月にモデル化してくれました。ちょっとずんぐりむっくりしたミニカーでしたが、前期型L10Aのコスモを再現してくれています。このモデルはステッカーを貼って子供向けにウルトラマンのマットカーとしても売られたので莫大な数が作られまして、集め切れない程の細かなバリエーションが存在しています。

お次はファミリア・ロータリークーペであります。軽量小型クーペのファミリアに強烈パワーのロータリー搭載は国際レースでも成功を収めましたね。ダイヤペットではコスモに続いて5年前くらいとしか思えないついこの前の昭和43年の8月に発売してくれました。実車が7月の発売なので何とたったの1カ月遅れでモデル化されたという超ハイスピードな米澤玩具の(下請けさんの)仕事っぷりなのでした。 実はマツダがこのミニカーを販促品として配る為に、米澤玩具に実車設計図を実車発表前に渡しておき、ミニカーも同時進行のような形で製作されていたのです。何ともいい時代ですね・・・・

フルアクションでドアーのガラスも半開き状態という凝ったモデルなのでした。

販促品として使われたのはこのフルメッキバージョンで、ボディ全体がシルバーメッキされていたのです。

さらに手持ちのこいつはドーム状のディスプレイケースに入っておりまして、これは当時マツダディーラー展示用として配られたレア物なのでした。良く生き残っていましたね・・・・

そして今度はルーチェ・ロータリークーペであります。マツダ初の前輪駆動車はロータリーエンジン搭載の大型クーペという変わったスタイルで1969年に発売されましたが、ベースのセダンはイタリアはベルトーネのデザインでしたよね。

クラウンのハードトップよりも高い値段だったので、商業的には全く振るわず短命に終わった悲しいクルマでした・・・・ダイヤペットは昭和46年6月発売となっていて、関係ありませんがウチの弟と同じ誕生月となっております、全くついこの前の事ですね。

ミニカーはバランスがいいんだか悪いんだかよく分からない実車のプロポーションを上手く再現しています。イメージカラーの白が決まっていますね!

最後はカペラ・ロータリークーペの登場です。名機12A型ロータリーを搭載するカペラは1970年の登場ですが、ゼロヨン15,7秒というのは当時としては激烈な速さでありまして、その後サバンナRX3に進化してツーリングカーレースでスカイラインGT-Rを撃破して行くのです。ロータリーの時代到来であります(オイルショックまで・・・)

ダイヤペットからは昭和46年11月のデビューとなりましたが、メッキパーツを上手く使いこの頃のダイヤペットとしては結構出来が良いミニカーとなっておりまして、近年の絶版ミニカー市場では意外と評価が高くなっております。

この後はサバンナRX3がデビューして最終的にRX8まで発展して行きますが、それは又次の機会にとっておきますので宜しくお願いします。

なにはともあれ今年は広島東洋カープとマツダ・スカイアクティブの年になるかもしれません(ベイスターズはきっと3位となることでしょう・・・)

[…]

ミナト横浜演歌の雄叫び、ハコスカGT-Rは北島三郎だぜ!!

先日の金環日食は自宅前で待機し、愛犬ルルと一緒にサングラスを掛けてその瞬間を待ちました。

 

曇り空だったので見えないのかと思っておりましたが、何とかこのようにうっすらとですが確認出来ました。 次に横浜で見れるのは300年後という事なのですが、そんなのあっという間なので次回は青空に期待致しましょう・・・

 

金環日食の数日前にはこの様な貴重なクルマがMooneyes Area-1の駐車場に停まっていて、旧車イベント以外では久しぶりに近くで拝見する事が出来ました。

日本人の心、存在自体が演歌そのもので問答無用、北島三郎のような立ち位置の名車中の名車「スカイライン2000GT-R」であります。 ベテラン・ドライバーご夫妻が乗って来られたこちらの個体はコンディションも素晴らしく、S20の官能的なエンジン音を本牧の街に響かせておりました。

ハコスカGT-Rは1970年代、小学生の頃より「特別なクルマ」というのを認識しておりまして、当時でも街中で本物のGT-Rに遭遇したらタップリと3日間は友人に自慢出来ました。 「あのオーバーフェンダーは偽物だ!」、「これはガラスが透明だから本物だ!」などとくだらない事で一喜一憂しておりました。

ついこの前の’75年に綾瀬の街でハコスカ4気筒ショートノーズのタクシーを見掛けた時は友人に一週間自慢していましたが誰も反応してくれませんでした・・・横浜ではそんなの走っていなかったのに。

 

Moon Equipmentで組んだChevyエンジンを積んで’68日本グランプリを制したニッサンR381の先代にあたる、プリンスR380のGR8型エンジンをベースに開発されたGT-Rの心臓S20型エンジンは、直列6気筒ツインカム24バルブという精緻なメカニズムを持ち、当時の量産車用エンジンとしては世界的にも例を見ない贅沢な作りでした。

  

最初にセダンタイプの4ドアボディスカイラインにS20を乗せて、日本版「羊の皮を被った狼」スカイライン2000GT-Rが誕生し、その後ショートホイールベースの2ドアハードトップボディも出て、こちらが当時のツーリングカーレースで大活躍となり、マツダのロータリー勢が台頭して来るまで50勝という金字塔を打ち立てスカイライン神話が誕生しました。

しかし当時世界に出て行ったマツダ・ロータリー勢とは違い、GT-Rはあくまで国内限定のご活躍で、メジャーリーグを目指さない一流プロ野球選手?のように日本に留まっての激走振りはまさに演歌そのものなのでした、でもそんなところが好きなんです・・・

  

で、本題となる当時物GT-Rのミニカーですが、まず最初にGT-RのS20型エンジンのベースとなったGR8型エンジンを搭載した日産R380-IIが米澤玩具のダイヤペットからついこの前の昭和43年3月に発売されました。 形自体はそれなりの出来なのですが何とかして当時の技術で前後カウルをガバっと開けたかった様で、完全にバランスが崩れているところが芸術作品なのでした。 でも良くもこんなクルマをミニカー化してくれましたね。

 

そしてセダンGT-Rがまたもやダイヤペットからついまったくこの前である昭和45年9月に発売されました。 何ともダイヤペットらしい大雑把な作りでして、現在市販されてるハコスカGT-Rのミニカーたちとは比較の対象にもならない様な出来でありますが、こちらには比較にならない程の重い歴史が有るのです。 何と言っても実車が作られていた当時に同じ空気の中で造られたものなのですから・・・

  

でも「サーフィンライン」やグリル周り、なんとなくそれらしく見えるS20型エンジン等Wildman的には昔から大好きなミニカーの一台なのでした。 GT-Rには不要なレザートップや間違えてるフロントグリルの「2000GT」エンブレムもたまらなく魅力的なのです、ここに大きな芸術性を感じるのです。

 

そして翌昭和46年12月にはハードトップGT-Rのミニカーがまたもやダイヤペットから発売されました。 セダンをさらに大雑把に仕上げた感じなのですが、各部の彫りは悪くはなく全体のバランスが乱れてしまっていて、この様な芸術作品に仕上がっているのです、本当に素晴らしい!!

 

こちらのミニカーはさらに貴重なお品となっておりまして、ドアーにペタリと貼られたステッカーに価値が有るのです。 プリンス・モータリストクラブの1972年の総会時に会場にて来訪者のみに配布された記念ミニカーなのでした。 フロントバンパーには1972年のシールも貼られていますね。 私は当時小学校2年生だったので力道山先生の結婚式同様、この総会には出席出来ず、後年苦労してこのミニカーを入手致しました、疲れるな・・・

  

そしてこちらのハードトップGT-Rはレジン製で重量感が全くないのがたまにキズですが、ハコスカGT-Rのミニカーとしては異常なまでのディテールを誇っています。 ダイヤペットと比較すると幼稚園児のイラストと美大生の作品位の差がありますが、幼児は皆天才なのです・・・・

  

こちらは当然当時物ではなく90年代初頭に現在も盛業中の東京のアイアイアドカンパニーさんというミニカーショップが、AMSというブランドで少量生産したモデルで300台の限定生産でした。 このころ勢いで実車R32 GT-Rを買ってしまった変態が、勢い余って一時的にスカイラインのミニカー収集にはまってしまい、勢いで買ってしまった「現代物」ミニカーなのでした。と言ってももう20年くらい経ちましたが・・・

そしてこちらはオマケ画像になります。 ダイヤペットは出来云々は別として、その時代、その時代で本当にこまめに国産車をモデル化してくれていて、レースの世界ではGT-Rの息の根を止めたマツダのロータリー・エンジン車も多数作ってくれています。

私が好きなのはコスモ・スポーツとファミリア・ロータリー・クーペの2台でして、どちらも各部の立てつけの悪さ、異常な車高の高さが素晴らしい芸術作品となっています。

ボンネットを開けてそれらしく見えるロータリーエンジンを眺めてると、下品で甲高いロータリーサウンドが聞こえてくるのです、やっぱりいつでも白昼夢なのです・・・

日中、会社でGT-Rの実車を見て、夜は家でミニカーのGT-Rを見ておさらいする。 […]

42年お待たせしました、ブラックホールよりプレジデント来たる!!

巨人清武の乱があったり、日本シリーズが盛り上がったりと、プロ野球の話題で持ち切りな今日この頃でありますが、我がベイスターズ売却問題はいまだ楽天の包囲網によるDeNA買収反対運動が起こっておりまして、中々決着がつかない感じがしますね・・・早いとこ決めて頂かなくてはファンとしても落ちつきませぬ。

決着といえば私事ですが、42年間の問題であったある事にやっと決着がつきました!!また何を大袈裟にと思われるでしょうが、私にとっては人生における大問題だった「松坂屋プレジデント事件」が解決したのであります。

2008年11月1日のブログ「さらば横浜松坂屋、プレジデントの思い出と共に・・・」でお話し致しましたが、ついこの前である昭和44年に家族で今はなき横浜松坂屋へ日曜日のレジャーに行ったところ、幼年Wildmanは松坂屋おもちゃ売り場にてショーケースの中で燦然と輝く高級ミニカー、米澤玩具ダイヤペットの日産プレジデントを発見致しました。

  それは日本製ミニカーでは初となる「4ドアーオープン」という驚異のアクションを持ち、お値段も当時としては驚異の¥780というセレブなプライスタグを引っ提げておりました。

アイボリーのボディーカラーのそいつは4ドアーをガバっと開けてケースのど真ん中にディスプレイされていて、一瞬にして幼稚園児の心を奪ってしまったのです。 「こ、こ、これ猛烈に欲しいぞ、買ってくれ~」と叫びましたが、そんな高級品はとてもじゃないけど誕生日かクリスマス以外には買ってくれるはずもなく、泣けど騒げど親には全く相手にしてもらえませんでした、当たり前ですね・・・・ 結局いつも通り¥150のマッチボックスを1台買ってもらい、伊勢佐木町の不二家にてペコちゃんサンデーを食し、なだめられ悲しみの帰途についたのはついこの前の昭和の出来事でありました。 それ以来生産量の少なかったレアな「アイボリーのプレジデント」は私にとってコレクションの鬼門となり、途中茶色のを1台入手し、お茶を濁していたまま42年の歳月が過ぎてしまいました。42年なんて本当に一瞬なのですが・・・

 

横浜松坂屋もとっくに閉店してしまい、もう思い出の中でしか会えなかったアイボリーのプレジデントでしたが、2011年11月夢か幻か42年越しでついに私の手元にやって来る運びとなりました、おめでとう!!

私、日本で最も歴史のあるミニカーのクラブに属しておりますが、1960年代初頭よりミニカーのコレクションを一度もやめることなく継続している偉大な重鎮コレクターのI様というメンバーの方がおられます。 数万台にも及ぶそのコレクションは凄まじく、昭和、平成と途切れることなくミニカーを集めまくって来たその内容は圧巻なのです。 あまりの物量なので、当然買ってから一度も開封しなかった物や、数十年間箱に入れたままずっと眠っていたようなモデルも多々ありまして、御本人も自分が何をお持ちなのかよく分からないという「ブラックホール状態」のコレクションなのであります、凄過ぎます・・・

  

そんなブラックホールをたまに「虫干し」という事で箱を開封して中身を確認するとの事なのですが、今年の虫干し時にブラックホールの中から何とアイボリーのプレジデントが発掘されたのです!!! 40年以上前にデパートで2台購入されたという事なのですが、その内の1台が偶然にもレアなアイボリーだったのです。 おそらくこの40年で1~2度しか開封していないような状態で発掘されたので、新車のような激烈なコンディションを保っていたのです。まるでタイムカプセルです、す、素晴らしい!!!

で、以前から「松坂屋のアイボリーのプレジデント」と意味不明な言葉で一人大騒ぎしていた私の事を覚えていてくれまして、声を掛けて頂き、このたびそのミニカーを目出度く譲って頂ける事となりました、ああ、ありがたや。

余りの嬉しさにコレクションルームで一人号泣してしまいました。42年前は松坂屋で号泣していましたが・・・

念願かなってついにブラックホールよりやってきたアイボリーのプレジデント、欲しい欲しいと思っているといつか手元にやって来るものなのですね。ケースに飾るとあの時の興奮と悲しみが同時に蘇って来るのです。 たぶん42年後の2053年も一人号泣しております!!

[…]

ゴミか芸術か!? 箱が命のミニカー・コレクション(日本車編)

思い起こせばついこの前である36年前の1975年、ミニカーをオモチャではなく芸術作品とみなし、遊ぶ物からコレクションへとシフトし「自分が好きなクルマ」のみに絞って集め続けて参りました。なので私のコレクション内容は無茶苦茶で全くシリーズ化されてなく、日本車からアメリカ車、ヨーロッパ車、共産圏のクルマ、レーシングカー、スーパーカー、商用車、軽自動車と何の脈略もない物達が揃っております。

ある程度数が集まって来ると自分でジャンルを決めて、ミニカーブランド別に集めたり、車種を決めて集るのが普通なんですが、そんな事をしたら自分が興味のないどうでもいいミニカーまで揃えなくてないけなくなるので、お金が幾らあっても足りなくなるし、買ったらそのまま段ボール箱へポ〜ンなんていう状況はせつないので(こういう人沢山います)何はともあれ自分が「これはミニカーにおける芸術だ」と認めたモデルだけを集めているのであります。

 

ニューモデルが出たら片っ端から買うような方もおられますが、ああいうのは修行にしか思えません、私には到底無理でございます・・・ という事で36年という短い期間、ミニカーコレクションを続けておりますが、集め始めた最初の頃はミニカーが入っている「箱」というのはそれほど重視しておりませんでした。ただカッコイイイラストや写真が使ってある箱は何となく手元に取っておいたのですが、当時のオモチャ屋では入荷した時点で箱を処分してしまい、お客さんにはミニカーを包装紙でくるんで渡すというような店も多々有りました。

  しかしですね、ミニカー専門店に通うようになり、知識も高まってくると「箱」の重要性が理解出来るようになりました。専門店でビンテージの絶版ミニカーが並ぶコーナーを見ると、同じミニカーなのに箱があるものと箱が無い物ではお値段が違っているではありませんか。モデル本体のコンディションは同じなのに箱が付いているだけで何割か値段が高くなっているということは、ミニカーというのは出荷時の姿に限りなく近い方が価値が高くなるという事が判明致しました。”Mint in Box”(箱付き傷無し)というのが最強のコンディションになるという事なのです。最近では「箱付きと「箱無し」では倍くらい値段が違ってしまうという恐ろしい状況も生まれております。そこまでしなくてもいいと思うんですけど・・・・ それ以来、買ったミニカーの箱は全て保管しなくてはならないという義務が生まれてしまいましたが、そんな箱たちをじっくり見てみますと、5〜60年代の昔のミニカーの箱たちは殆どがイラストによるボックス・アートで、それぞれのブランドで全く違ったタッチで描かれていてとっても面白かったのです。

ブリスターパックの物や最近のアジア産精密ミニカーたちはプラスチックケースに入っていて、あんなのは開けてしまえばただのゴミで、箱がどうこうという物ではないのですが、イラストが描かれた昔の紙箱たちは完全に芸術作品と認めざるおえないのです、本当に・・・・ そんな芸術的な箱を見ていると「これを描いた人たちは一体どんな気持ちで描いていたんだろう」と妄想が膨らんでしまい、カルピス・ソーダでも酔っ払ってしまいます。 という事で私的に芸術作品と思われるミニカーの箱たちをちょろっと紹介させて頂きます。今回は国産車編という事で宜しくお願い致します。

まずは伝説のブランド大盛屋の第一号車であるスバル360になります。ミニカー自体も可愛いですが箱はもっと可愛い!!! スバルだかお椀だかわからないような絵と、くすんだ黄色とブルーのパッケージデザインは日本製なのに日本語が一切入らない物で独特のオリエンタルな雰囲気があります。

同じく大盛屋のマツダR360クーペですが、こちらは箱の上面と側面の2面を利用し、そこにドーンとクルマのイラストを持ってくるという大胆なレイアウトが素敵です。とても日本人のデザインとは思えません。

さらに大盛屋のプリンス・マイクロバスでは箱の上面が街中を疾走するバスで側面が田園地帯を行くバスになっていて、そのタッチは小学校高学年でクラスの中で一番絵の上手い子が描いたような説得力のある作品になっています。こんな素敵なバスでどこか遠足にでも連れて行って欲しいものです・・・

今度はアサヒ玩具のモデルペットになりますが、スバル360は大盛屋の物とはミニカーも箱も違うテイストで仕上がっています。現在のミニカーは精密過ぎてどこのブランドも同じに見えてしまいますが、昔はこのように各ブランドで解釈の仕方が全く違っていて、実車同様ミニカーでも個性があったのですな。スーサイド・ドアを開いて身を乗り出すお姉さんのイラストがたまりません。

モデルペットのトヨタ・スポーツ800は私の好きなミニカーベスト3に入る芸術作品ですが、箱の側面はヘルメットを被りやる気満々のナポレオン党とも思われるお兄さんがヨタハチに乗るイラストで、上面は実車でなくミニカーをモチーフにイラスト化しているという気のきいたデザインになっております。

つり目のスカイライン・スポーツですが、ミニカーも箱もちゃんとオープンとクーペを作り分けているモデルペットは偉いのでした。実車はミケロッティのとっても優雅なデザインでしたが、子供のころは日野コンテッサと並んで「怖いクルマ」リストに入っていた怖ろしいデザインのひとつでした、だってあの顔怖いんだもん・・・・

そして今度はミニカーではなくとっても古いプラモデルの箱でして「ミドリ」というブランドの一本バンパーのデメキン・スバル360になります。中身の出来がどうこう言えるようなレベルのプラモではないのですが、ご覧の通り箱絵は堂々とデッサンが狂ったヘタウマイラストで仕上げていて、全てを吹き飛ばしてしまいます。顔の判らないドライバーのイラストが恐怖感を醸し出していてホラー的な芸術作品となっております。

お次は昭和30年代に作られていた「木製キット」のダイハツ・ミゼットMPです。1978年に元町サンセットにて購入しましたが、プラモデル以前に木のキットがあったのはこのモデルで初めて知りました。これは中身よりも箱絵が重要でして、完璧なデッサンのミゼットは京浜工業地帯(推定)を疾走しております。仕上がった金物を納品に行く若夫婦はとっても幸せそうなのでした、三丁目の夕日の世界です。

ちなみに箱の裏には完成図の写真が載ってますが、ご覧の通り凄まじいキットなのでした。これはこれで芸術かもしれませんが・・・

最後はこちらも木製キットのダットサン・ライトバンであります。久々に取り出したら包んであったビニールがびりびりに破けてしまいましたが、秀逸なイラストは健在です。お父さんが新車のダットサンを買って、これからドライブに行く幸せ家族の一日をテーマにしています。女の子のドレスからしてかなり裕福なご家庭と思われ、お父様はもしかしたら日本プロレスで力道山の下で働いていたのかもしれません。羨ましいな・・・・ という感じで何点か国産モデルの芸術作品をご紹介いたしましたが、次回はさらに芸術的な外国製品の箱絵を紹介致しますのでお楽しみに!!

[…]

最強のVIP CARはプリンス・ロイヤルだぜ!!

皆様、こんにちは。ただ今私はとっても緊張しております・・・ 不肖Wildman、本日26日(土)の午後6時から7時までの間にですね日本の首都、東京は代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催中の”LOWBROW-ART MEETS GIRLS”という女性アーティスト様のグループショーになぜかゲストとして招待されまして、トークショーをやることになっております。 何たって「愛しきヘンタイ」が勝手にしゃべるトークショーなのでどうなるのか自分でも分かりません。 ”HENTAI MEETS GIRLS”ではありませんのでご注意ください・・・ お時間のある方はぜひ遊びに来て下さいませ!!

で、緊張といえば今から15年以上前(といってもついこの前ですが)のある日、出張Paintでとある施設に行っておりました。 そこで日本最大級の巨大アトラクションを持つ○゛○○゛○ー○○○゛のパレード車両にPinstripeを描く作業をしておりました。 不思議な形をした車でしたがさらっと作業を済ませ、施設内をトボトボ歩いていると塗装ブースの中に黒い巨大な物体を発見しました。 「こ、こ、これは何と御料車ではないですか!!!!!!!」と声にならない声を上げたと思うとその場で緊張して直立不動となり「天皇陛下万歳!!」と一発かましそうになったのでした。危ない、危ない・・・

そう、そこに鎮座なさられていたのは天皇陛下のために、今はなきプリンス自動車が精魂込めて作り上げた御料車「プリンス・ロイヤル」だったのです(写真撮影当然NG)

日産とプリンス自動車が合併直前の、全くついこの前である昭和42年2月25日に第一号車が宮内庁に納入されてしまったので正式名称は頭に日産の文字が追加されてしまい「ニッサン・プリンス・ロイヤル」となってしまいましたが、私的には「プリンス・ロイヤル」と呼びたいですね。 今となってはプリンス自動車の車名は「スカイライン」と軽トラの「クリッパー」しか残ってなく、寂しい限りであります・・・

当時プリンス自動車が御料車の製作を受注出来たのは皇太子殿下が普段プリンスの車を愛用されていて人脈もあり、都内に会社があった事によりメンテナンス面でも好都合だったことが上げられるようです。

皇太子殿下は免許取得後、このような’54年型セダンや’57年型のスカイライン等を愛用されておりました。

ファンキーなイエローボディーのミニカーは当時物モデルペットの傑作である同型のスカイラインであります。殿下のも黄色だったらなあ… Go! With MOON

プリンス・ロイヤル登場以前の御料車といえば現在ドイツの博物館で余生を送っている’35「グロッサー・メルセデス」や’50「キャデラック」 ’63「ロールス・ロイス ファンタムV」等が有名ですが、やはり日本で皇室の為に作られたオンリー・ワンな存在のプリンス・ロイヤルが最高峰なのであります、天皇陛下万歳!!

短期間で作られたロイヤルはエンジンもプリンスが開発した6,4リッター260psのV8で(ATはGM製でしたが)ブレーキと燃料系統は何が起こっても作動するように2台分搭載されていて、8人乗りの巨大なリムジンは何と車重3トンを軽く超える超ド級の自動車と化したのです。低速走行をスムースにこなし、アクセルを踏み込めば一気に160km/hに達する性能も持ち合わせていました。 タイヤもブリジストンがロイヤルの為にだけ特製の15インチタイヤを開発したのでした。

ボディ・デザインはGMのポンティアックから拝借したデザインのA30グロリア(タテグロ)と共通なイメージで顔面はそっくりサンなのでした。 Wildmanがロイヤル実車に遭遇した時、塗装の補修でブースに入っておりましたが、どう見てもボディー塗装は2液性ウレタンの焼付け塗装ではなく昔ながらのラッカー手塗りに見えましたが、やっぱりそのような仕上げで新車時はソリッド・ラッカーの12回塗り吹き付け塗装だったそうです。これなら当時の日本中どこでも補修が可能だったという理由により、最新ブースによる焼き付け塗装は避けたそうです。

絶対に実車が手に入らない御料車のロイヤルですがミニカーならこれが可能になります!!! 1970年代に不出来なミニカーを平気な顔をして次々と製造していたヨネザワ玩具のダイヤペットが、ついこの前の1975年8月に突如として発表したのが何とプリンス・ロイヤルだったのです。

前代未聞、皇室の専用車両をさらっとモデル化してしまうとは良い時代でしたね。フロントグリルの造型が素晴らしいこのモデルは、菊の御紋も再現され、重厚感溢れる仕上がりとなり、7ミニカーとなりました。天皇陛下万歳!!

でもさすが当時のダイヤペット、ミニカーのシャシーに刻まれた商品名がROYALじゃなくってLOYALになっちゃってるのです、全く素晴らしい商品管理だぜ、やってくれるぜダイヤペットよ!!

同じくダイヤペットが全くついこの前である昭和42年10月に発売したタテグロのミニカーとこのように並べると、変態としてはもう完全に酔っ払った状況となり昇天してしまいますね・・・・

そしてこちらは当時の日産のカタログです。なぜかロイヤルが掲載されていますが一億円積んだって売ってくれなかったでしょう・・・

6台が納入されたプリンス自動車の誇りともいえるロイヤルはその後長きにに渡って御料車として活躍しました。外務省で外国貴賓用として使われた車両のうちの1台をハイルーフ・ワゴンの特別車に改造し、大喪の礼の際、昭和天皇の御柩を八王子の御陵までお送り致しました、悲しいぜ・・・

その後21世紀になり日産自動車の「もう古くて危ないからマジで使わないで下さい」という申し出により、プリンス・ロイヤルはお役目を終えてひっそりと引退致しました。払下げが行われれば私が一番入札したのに・・・ […]