Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ダーリンとは何ぞや?プラスチックなクルマたちはカッコいいぜ!!

皆様おはようございます。

先週の土曜日、日テレの「ぶらり途中下車の旅」ご覧になって頂けたでしょうか?

というか、あのような朝の時間帯の放送にも関わらず、多数の方々より「テレビ見たよ」と言われこちらが驚いてしまいました、本当に有難うございます。

TVスターとなったWildmanはこのままジャニーズに入り同い年のマッチと共演しデビュー曲は「ビンテージスニーカーぶる~す」で決まりなのです!!

そんなことはどうでもいいとして、やっぱりクルマはプラスチックなのであります。

また頭がおかしくなったとお思いでしょうが、先週富士のTried Customsさんに出張Paintでお伺いしたときに、このように素敵なC2のコルベット・スティングレイが鎮座されておりました。ワゴンRスティングレーじゃありませぬ・・・

プラスチックなFRP製のブラックボディが何とも艶めかしく、やっぱりクルマはプラスチックだぜ!!と一人つぶやいておりました。

このC2は何とオリジナルの427ビッグブロックエンジン搭載車でありまして425hpを誇る凶暴な個体の生き残りでありました、凄いですね・・・

プラスチックのクルマって走ってるだけでバラバラになってしまいそうです。

ということでFRPボディを持つクルマたちをいつものようにミニカーで勝手に語らさせて頂きます。

 

初代のC1コルベットは1953年にFRPボディを身にまといエレガントな2シーターのアメリカ製スポーツカーとしてデビューしました。

といってもエンジンは直6で、ミッションは2速ATと雰囲気重視のカッコだけスポーツカーといった感じでした。その後度重なるドーピングにより強力なスポーツカーに変貌を遂げて行きますが、初代C1の女々しさが何とも素敵なのであります。

 

こちらはC1コルベットが製造されていた頃、販促品とされていたプラスチック製プロモーショナルモデルで実車同様60年前に作られております。

 

プロポーションは正確でして、何といってもプラ製なので実車同様の質感が楽しめるのです、ああ楽しい。

そしてC1コルベットと同時期にアメリカではへんてこスポーツカーがFRPで作られていました。

 

以前ブログでご紹介したこちらのへんてこ乗用車「カイザー・ヘンリーJ」のカイザー社がヘンリーJのコンポーネンツを使用してFRPボディを着せて突発的に2シータースポーツカーを作っちゃいました。

C1コルベットよりちょっとだけ遅れてデビューしたこちらのへんてこは「カイザー・ダーリンDKF161」と命名されたアメリカ流スポーツカーでした。

エンジンは直6で161cu.inの90hpという可愛らしい物が載せられておりましたが、コルベット同様ドーピングが施され、数百台しか作られなかった短い生涯の間に最終的にはキャデラック用のV8 365cu.inで335hpというエンジンが無理やり載せられておりました、かわいそうなダーリン・・・

このクルマはドアーがスライド式で、後ろから前へズルッと開く変態振りなのです。

当時遥かかなた東洋の島国でどうやってこのクルマの資料を手に入れたのか分かりませんが日本製のティンプレート(ブリキ)製モデルが存在してました。

  

殆ど輸出用だったと思われますがコスゲ(製造)とアサヒトーイ(販売)のダブルネームでこちらのモデルがあったのです。

郷愁漂うイラストの箱は秀逸ですが、ボディは寸詰まりとなっていてダーリンだか何だか良く分からないのですな。きっと職人さんは1~2枚の写真をたよりに想像しながら(適当に)作ったのでしょう。

 

でも60年前の実車と同時期に造られた当時物ということに意義があるのであります。室内のプリントなんか芸術以外何物でもないのです!!

そしてお次は又コルベットに戻りまして、MAKO SHARK(メイコシャーク)であります。

GMのコンセプトカーでありまして、そのデザインは次期コルベットに受け継がれて行くクルマたちでありました。

1962年の初代マコシャークはGMスタイリングのボス「ビル・ミッチェル」がフロリダ沖でメイコシャーク(アオザメ)を釣り上げた事に由来しているそうです。

サメっぽいデザインですし、クリアーのバブルルーフは潜水艦として本当に海の中に潜って行けそうなのです。

メイコシャークは次期コルベット1963年のC2にそのデザインコンセプトが生かされましたね、カッコいいなあ・・・

香港の雄、プレイアートがコルベットじゃなくナゼかこのメイコシャークをモデル化してくれていて大変感謝したのでありました。

小スケールながら非常に出来が良く、バブルルーフも見事に再現されています。

しかし70年代の時点で流通していたのはこちら後期モデルの不細工なレモンの輪切りみたいなホイールを履いていた物ばかりでした。

この初期の2ピースホイール仕様はなかなか見つかりませんでした。しかも初期型はボンネット開閉アクションもありちゃんとV8エンジンがモールドされていたのです。

後期型はホイールも不細工でボンネットも開かず、とても同じミニカーには見えなかったのでした、実車もミニカーもキモはやっぱりホイールなのであります。

[…]

キャデラック最高!!花形産業だったブリキ玩具とその時代

手元にこの様な本が御座います。懐かしの「毎日グラフ」誌でして、ついこの前の1956年1月22日号になります。このころ力道山先生も絶好調であります!!

表紙はブリキ自動車に囲まれて幸せ過ぎる昭和ヘアカットのお坊ちゃま君が、60年後のこれらのオモチャの資産価値を考えて悩んでいる図のように見えます・・・ 1950年代中期といえば日本製のブリキ玩具が世界中に進出し、戦後復興期の花形産業となり、ドルを稼ぎまくっておりました。 安い賃金で高品質な物を作って世界中にばらまいていた当時の日本はまるで現在の中国みたいですね。

 

こちらが当時のオモチャ工場の組み立てラインですが、まさに昭和の街工場の風情がぷんぷん漂っておりまして、この様な環境から世界を制覇したブリキ玩具が作られていたとは凄い時代ですね。

こちらは研究室だそうですが、ただの窓際に見えます・・・・・・

しかしこの場所から特許が3つ生まれたのだと豪語しております。

 

「オモチャ工場の工員は6割まで女工さん、年齢的には20代が圧倒的に多い」となっていてAKBに近いものが有りますね・・・ 「南米からの大量注文で毎晩8時まで残業している」とのことです、ああ忙しい・・・

そして記事の中でこの2台のブリキ製キャデラックが紹介されています。

右が現在、世界的にもその出来と資産価値が認められている日本の「マルサン」製の物でブリキコレクターの世界では誰もが知っている有名なモデルです。

左は「マルサン製が出てからこれをマネて半年後に売りだされたドイツ製のキャデラック」と紹介されています。GAMAというブランドになります。

どちらが先に開発、販売されたのかは微妙なのですが、確かにこれらはソックリさんで共に良い出来なのですが、細かい仕上げは明らかマルサン に軍配が上がり、21世紀現在の評価も世界的にマルサンの方が上になっているようです。 日本とドイツは共に敗戦国でしたが、オモチャの世界では凌ぎを削って世界進出を目論んでいたライバル同士でした。

その中でも技術の集大成としてマルサンのキャデラックは当時から認められていたモデルだったそうで、オモチャとは思えない\1,500というプライスは’56年当時ではとてつもなく高価な物で、現在でいえば子供にポンと新型パソコンを買い与えるような感覚だったのではないでしょうか・・・表紙のようなお坊ちゃま君にしか味わえない昭和のセレブ物語なのです。

ついこの前である1964年生まれのWildmanにとって子供の頃(今も子供みたいなものですが)ブリキ玩具はあまり好きなオモチャではありませんでした。 物ごころついた60年代後半では、ブリキ玩具は全盛期を過ぎ斜陽産業になりつつあり、部分的にプラスチックを使ったり、モデルである本物の自動車自体も’50年代の丸みのあるデザインから直線基調のシャープな物に変わりつつあり、あまりブリキ玩具に適さないデザインになっておりました。

その頃はブリキの自動車はマルサンのキャデラックと違い金額も安くなっていて、ミニカーにその座を奪われた形となり、デパートのショーケースには輝くダイキャスト・ミニカーが沢山並び、ブリキは隅に追いやられる形になりました。

そんな時代だったので、ミニカーには大層憧れた私ですが、ブリキさんは「仕方なく」買ってもらう(輸入ミニカーより安いので)オモチャという感覚が強く「この世ではミニカーが最強!!」というイメージが刷り込まれてしまいました。

当時ブリキのロボットなんかも大変古臭く見えてしまい、ソフビのウルトラマンや変身サイボーグ1号、ミクロマンの方が素敵な存在になっておりました。

 

ブリキの自動車で何が嫌だったかというと「上げ底」の室内が許せなく、「本物の自動車はもっとシートが深いぞ!!」と訳の分からない事を叫ぶ幼稚園児がそこに一人いたのです・・・

フリクションモーターやゼンマイをセットするスペースを作る為にブリキ自動車は構造上このような上げ底デザインになっていました。

 

しかし当時の輸入ミニカーはこうやって実車さながらのシートがすでに再現されていたのです。 これと比べちゃうとブリキはただのオモチャでしかなく、ミニカーの敵にはなりえなかったのですな(持論)

そしてミニカー一直線の人生が始まったのですが、大人になってから、「ブリキでもイイ奴はイイな」と思うようになり、ほんのチョぴっとだけ集めたりしました。ミニカーになっていない好きな車をチョぴっと並べてみるという感じですね。だってブリキは値段が高くておいそれとは手が出ないのですよ・・・

「マルサンのキャデラック」がブリキ自動車の頂点という見方がありまして、それはそれでそうだと思います、確かに・・・・・が、あまり欲しくありません。

でもね、キャデなら同時代にもう一台国産の素晴らしいモデルが有りました。 私はこちらの方を国産自動車モデルNo,1に推しますね。

     

ALPS(アルプス)というブランドが造ったコンバーチブルのキャデラックでして重厚なセダンのマルサンとは違い、軽快感のある屋根なしキャデを見事に再現しています。

 

薄いボディはマルサンより実車に近いイメージで、何と言ってもグリルの表現が素晴らしく、プレスそのままで穴が抜けていないマルサンとは大違いの造りなのです。 実車さながらのバンパーの厚みや、そのまま座りたくなってしまう程綺麗なプリントのシートやダッシュボードの出来はブリキ玩具の真骨頂だと思っております。

 

エンブレムまでこまかく別パーツでプレスされていて「きっと当時のAKBな女工さんたちが夜8時まで残業して作ったのだな、偉いな」と妄想が広がってきます。

 

ステアリング連動で前輪はステアし、しっかりサスペンションも付いていて、フワフワな乗り心地の50’sキャデラックを何から何まで表現しているのです、素晴らしいぜ!!

日本産業の世界進出の基礎を作ったブリキのオモチャたちは70年代に入ると寂しく消えて行きましたが、さらに時は経過して現在では完全にそれらはお宝と化し、その価値は見直されるどころか天文学的な数値にまで達してしまい、サザビーズやクリスティーズといったセレブなオークションを賑わしております。

あの時代に夜8時まで残業して、せっせとブリキのキャデラックを日給¥200で作っていた女工さんたちはこの様子をどのように感じているのでしょうか??

でも今同じモデルを作ったらブリキ玩具は膨大なコストが掛かってしまい、それこそ新型パソコン以上の価格になってしまうと思われます。

あの時代の日本だからこそ出来た花形産業だったのですね、女工さんありがとう!!

[…]