Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

人生は何事もカスタムなのであります!

皆様、新年明けましておめでとうございます(かなり遅いですが) 本年もWildman’s Blog並びにWildman並びにMOONEYES並びに Signs & Pinstriping Studioを宜しくお願い致します。

関東地方はとっても良い天気が続いたお正月Weekでしたが、私は健康的に自室にこもる生活を送っておりました。

そんな中、初詣には行かなくてはならないので、我が街の岡村天満宮へ御年12歳の愛犬ポールと出撃致しました。 ちなみにKISSのポール・スタンレーは1月20日で59歳になります。メイクをしてるから全然分かりませんが・・・・

ポール君はキャバリア・キングチャールズ・スパニエルというニッサン・グロリア・スーパーデラックス並みに長ったらしい名前を持つ犬種ですが、年末に動物病院にて持病の治療を施したため、すっかり元気になり、久々に公園で50mダッシュを敢行致しました。(それ以上走るとこっちが疲れるため)

すると「やっぱり正月はビンテージだぜ!!」と勇んで履いていった30年落ちのアディダスTRXコンペティション・スーパーというこちらも長ったらしい名前を持つスニーカーのソールがベロンとはがれてしまいました・・・・

傷心の内、自宅に戻り接着剤にて修理し、ことなきを得ましたがアディダスに不信感を覚えました。

ついこの前の1981年に京急上大岡駅にあったアムスポーツで¥9,800も支払って買ったばかりなのにもうぶっ壊れてしまうとは全く情けない話なのであります・・・・ナイロン製スニーカーといえどせめて50年くらいはノントラブルで過ごしたいですよね。

で、無事修理完了後は自室に引きこもり、ミニカーのワックス掛け(今回は22台)や蔵書の整理に勤しみました。

本なんぞ整理していますと、久々に見る物もありついパラパラとページをめくってしまうのですが、強烈な一冊が出てまいりました。 ついこの前の昭和43年10月のモーターファン誌付録だったその名も「カスタムカー入門」であります。

付録といえど100ページを超えるボリュームで、その内容はというともうハチャメチャでして、車をブッタ切って、切り刻んで、溶接してカッコ良くしちゃおうぜ!! といったノリで、沢山のモノクロ画像の作例が紹介されております。

執筆は「碇 義朗」様という方がされておりますが、この時代多数の改造車に関する原稿を書かれておりまして、この道の先駆者なのであります、ああ素晴らしい!!

ページをめくってまず目に飛び込んでくるのは、この横浜ナンバーのマツダR360クーペでして屋根ブッタ切りオープンにボディの板金加工で何が何だか分からないクルマに変身しております。

改造の過程も出ていてオリジナルの可愛いらしいボディーラインを問答無用で切り刻んだ素晴らしい作例です。 しかもですよボンネットを開けると裏側に「故障」と文字が描かれているそうで「路上駐車の際に便利なアイデアである」と言い切っております。 誰か私にも描かせて下さいませ・・・

そして日産フェアレディはこんなになっちゃいました・・・・ベースは元々オープンのフェアレディSPですが、機械工学科の大学生が皆で作り上げたFRPボディーだそうですが碇氏は「シロウトばかりが研究しながら作り上げたもので、はじめにしては良く出来ていると言えよう」と強気なコメントがなされております。

そしてお次はスバル360でして、フロアのみ残してブッタ切り、あとは手作りの鉄とアルミボディーを乗っけて車重350kgのグループ7レーサーが出来上がりという具合であります。「一般公道を走ることは許されない」と書いてありますがナゼか品川ナンバーが付いております・・・・

もう一台のスバルはもっと強烈な仕上げで、モノコックボディーをブッタ切って補強を入れ40cmもダッシュボードを後退させ2シーターのハードトップ付きオープンにするという離れ業を展開しています。 このクルマ欲しいです・・・

軽いカスタムとしては初代プリンス・スカイラインや初代カローラのこんな作例も出ています。

ステッカーの貼り方も紹介されていてGo! With MOONな展開となってます。

もっといっぱい楽しいのが出ているのですが、全部紹介したらいつまで経っても終わらないので、最後の作品は日野コンマースのドラッグレーサーであります。 横田基地内でのドラッグレースで走っていたようですが、ロールゲージが張り巡らされた室内には何とV8エンジンが搭載されているという本格的な変態仕様になっております。米軍関連の方が作られたのでありましょうか、ウィリーバーまで付いていてやる気満々のスタイルは40年以上前の日本だという事を忘れさせてくれますね。

という事で正月から目の覚めるような内容の本を久々に見ることが出来、「明けましておめでとう」と目が覚めた感じです。やっぱり、人生は何事もカスタムなのであります!!

[…]

ホンダスピリッツをミニカーに求めて

明日26日はですね、お台場にて13th Annual All Odds Nationalsが 開催となります。

もう13回目を迎えるイベントになりましたが、毎年Feature Carを 決めていて、今年は”HONDA Day”ということでホンダ車を募りました。 元々バイクメーカーとしてスタートしたホンダでしたが、T360トラックや S500等のスポーツカーで4輪に進出し、乗用車シビックで成功を収め F-1レースでの活動も含め「ホンダ・スピリッツ」は独自の路線を 持っていて楽しいメーカーでした。「乗れるもんなら乗ってみろと」いう 感じのガチガチ足回りを持つインテグラやシビックのType Rシリーズ なんかよく作りましたよね・・・ その後ミニバンブームに乗って、いつの間にかそちらが本業?になって しまい、何だかんだ言われておりましたが最近はハイブリッド・スポーツ カーのCRZを作るようになり、少しずつ元気が出てきましたね。

ちなみにこちらのパンフレットはついこの前の昭和37年のモーター ショーで配布されたもので、幻のホンダスポーツ360が掲載されて おります。リアオーバーハングが異様に短い軽企画の寸法のS360 は4気筒4連キャブでツインカムヘッドを持ち356ccの排気量から 33ps以上を絞り出しMax Speedは120km/h以上という当時としては 驚異的な性能を持つ持つ宝石のようなクルマでしたね。 残念ながら市販されずに終わってしまいましたが・・・

さて私のミニカーケースの中にはどんなホンダ車があったっけ?と 思って見てみると、これが意外と少なくてちょっとびっくりでした。 でも今回のAll Odds Nationalsを記念して?その中から懐かしいホンダ 車をピックアップしてみました。もちろん実車が製造されていた時代に 作られていた当時物ミニカーですので、同じ空気の中で存在していた のです。じゃなければ全く意味ありませんから・・・  60年代当時最初に出たホンダ車のミニカーはこちらの大盛屋ミクロペット チェリカフェニックスシリーズのS600です。

アンチモニー独特の柔らかみのある作風でグリルの感じなど良く再現されています。このミニカーは昭和39年の7月発売とのことなので 同年同月26日生まれの不肖Wildmanと同じ空気を吸ってまいりました。 良かったお互い当時物で・・・

お次はアサヒ玩具はモデルペット製のS800オープンとクーペです。 プロポーションはいまいちですが、よくも2種類のバリエーションを作って くれました。ボンネットの中にはそれらしい彫りのツインカム・エンジンが 搭載されていていい感じです。

この頃はヨーロッパ製ミニカーの全盛期だったので、日本製は格下にみられておりました。このDinky ToysのS800クーペはフランス製で、プロポーションは 抜群に良く、腰高なSシリーズクーペの感じを見事にとらえています。

モデルペットのクーペと比較すると技術の差が歴然ですが、ひとつ 大きな間違いがこのミニカーにはありまして、フロントグリル内の […]