Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

44年のミニカーコレクション、第1位発表!!

全くどう評価していいのか分からない今期のベイスターズですが、10連敗した後ちょっと勝ったと思ったら又5連敗し、その後再び連勝が続き、ぶっちぎりの最下位にいたはずが、振り向けば横浜、何となく他のチームに追い付いて来ました、ゆっくりとですがね・・・・

このあと6月にはセ・リーグにとって恐ろしい交流戦も待ち受けておりますので、そこでまた順位はシャッフルされ、7月には一体どのような順位になってるのかさっぱりわかりませんね。過度の期待は禁物ですが・・・

横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESのコラボレーショングッズは今季

も製作しておりますので、もう少しお待ちくださいませ。

そしてついに「44年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」の栄えある第1位発表となってしまいました! う~ん、名残惜しいな・・・

一体全体、何台持ってるのかさっぱり分からないミニカーの中でベスト10を決めるというのは無謀な企画だったのですが、無理やり10台を決めさせて頂きました、かなり無理やりなのです。

第10位はこちらのイタリアはPolitoys(ポリトーイ)製のBREサムライ(日野サムライ)です。’67日本グランプリを車検失格で出走出来なかったこの美しすぎる(珍奇な)レーシングカーをよくもまあ遠いイタリアのメーカーが当時モデル化してくれたと思います、感謝であります!

第9位は今から約70年前!に造られた西ドイツはメルクリン(Marklin)製のBuick Sedanetteであります、まさに怪獣ですな。コレクションを始めた小学生の頃「こんなに旧いミニカーは一体どうやって手に入れるんだろ?」と毎日悩んでおりましたが、その後10,950日くらい掛かりまして入手出来ました。諦めが悪いのか、しつこいのかよく分かりません・・・

第8位は昭和40年5月発売の国産ミニカーの雄、アサヒ玩具はモデルペット製のトヨタスポーツ800です。ヨタハチの丸みを見事に捉えた秀逸なモデルで当時の国産ミニカーとしては抜群の仕上がりだと思います。一台目の入手は苦労したはずなのに、あまりにも好き過ぎて気付けば同じのが2018年の時点で5台並んでいました・・・・

第7位は英国Corgi Toys(コーギートーイ)製のLotus Elan(ロータス・エラン)であります。ボディとフレームが分離するという変態アクションを持つ自動車マニヤ養成ギプスのようなミニカーでありまして、見事変態に養成されてしまいました。ヨタハチ同様多数が我が家に生息しております。

第6位は国産ミニカー珠玉の逸品、アサヒ玩具はモデルペット製のトヨペット・クラウンです。「本格的国産ミニカー第一号」として昭和34年10月に発売された観音クラウンのミニカーですが、Made in Japanのパイオニアとして長く語り継がれて行く最高傑作であります。

第5位はフランスはQuiralu(キラル)製のメッサーシュミットKR200です。

名著、保育社のカラーブックス「世界のミニカー」を見て死にそうなくらい欲しくなったミニカーですが、ついこの前の1979年にお年玉を駆使して入手したので死なずにすみました。1960年頃には絶版となっていたので、その時点でも20年落ちのモデルでしたね。

第4位はベルギーはGasquy(ガスキー)製のTatra(タトラ・リムジーン)です。名前もスタイルも気持ちの悪い最高のクルマですが、実車よりも先にミニカーで存在を知った物になります。「まずはミニカーで覚えてから実車を知る」という変態的な法則を小学生の時に習得致しました。ガスキーのタトラは1950年前後に造られた大変にレアなミニカーで、入手まで長い長い年月が掛かりました。

第3位は英国はZebra Toys(ゼブラ・トーイ)製のHeinkel Bubble Carです。

1979年に元町サンセットさんで実物を見るまではその存在すら知らなかったモデルで、当時の資料には一切出て無く、日本では存在を知ってる人も欲しがる人もいなかったような幻のミニカーなのです。その後28年の歳月を掛けて手に入れましたが、一度は入手をあきらめたミニカーの代表格なのであります。

第2位は国産ミニカー二番目のブランドである大盛屋(タイセイヤ)Micro Pet(ミクロペット)の品番F-1 スバル360です。昭和36年4月に発売されたモデルですが元々生産量が少なく、殆どが子供のオモチャとして扱われて破壊されてしまったので、現存台数が異常に少ないミニカーなのです。 1998年、ベイスターズが38年ぶりの優勝を遂げた年に力ずくでやっと入手致しました。出目金スバルはWildman家最初のマイカーだったので思い入れも強いのでした。

そしてついに第一の発表となります。実は10位から9位を考える方が難しく、1位は最初からあっさりと決まってました。

小学生の頃「世界のミニカー」に次ぐバイブルだったのが、日本ミニチュアカークラブを主宰するカドー玩具が発行していたミニカーコレクション啓蒙誌「月刊ミニチュアカー」でした。30数ページの小冊子には毎月色々な記事やモデルが紹介され、変態小学生はどんどんミニカーの世界にのめり込んで行ったのです。

昭和50年の12月25日のクリスマスに発行された通巻89号から新しい連載がスタートしました。Wildmanも所属するJMAC(Japan Miniature Automobile Club)の大先輩N氏が執筆する「あちらのこちら」という難解なタイトルの記事でしたが、その内容は外国製の国産車(日本車)ミニカーを紹介する物なので「あちら」は外国で「こちら」は日本というまさに高速有鉛的なギャグ感満載のタイトルだったのでした、素晴らしい!!

[…]

バゲーラでバケラッタ?プラスチックなクルマたちはカッコいいぜ!!

もうすぐは~るですねぇ♪と歌いたくなるようなポカポカな陽気になってまいりました。春は嬉しいですね、雪は一生見たくないので・・・

というわけでキャンディーズを歌っている場合ではなく、前回のブログの続きとなるプラスチックなクルマたちのお話をさせて頂きます。

キャンディーズが流行ってる頃といえばわが国はスーパーカーブームに明け暮れ、地獄の軍団KISSが来日し、ナイキが日本発売される等、私の狂った人生が狂い始めた記念すべきスタート地点となります、ハイ・・・

ついこの前の1977年5月8日に、今はなき磯子の高台にあった横浜プリンスホテルで開かれたスーパーカーショーにヤマハモトバイクで出撃し、展示車両だったロータス・ヨーロッパに座らさせて頂いたのがプラスチックなクルマの初体験でありました。

ロータス・ヨーロッパは漫画サーキットの狼の主人公、風吹裕矢の愛車だったので、当時の子供たちには絶大な人気を誇っておりました。

練馬56そ・740の白いヨーロッパ・スペシャルはアイドルとなっておりましたが、4気筒1600ccで126馬力、最高速度200km/hのこのクルマが漫画の中では12気筒4000ccで375馬力、最高速度300km/hを誇るカウンタックに勝ってしまうのが不思議でなりませんでした・・・

だったら2気筒360ccで36馬力のスバル・ヤングSSが6気筒2000ccで150馬力のトヨタ2000GTに勝てるのではないかと本気で考えてました、風吹裕矢の次の愛車はヤングSSにした方がイイと思ってました・・・

で、ヨーロッパの当時物ミニカーですが、実車が「史上最速のブレッド・バン」と呼ばれた不思議な形の為なのか、今一つ作りにくかったようで傑作と言えるモデルが見当たりません。

  

しいて言えばちっこいサイズのこの英国マッチボックスが初期OHVエンジン搭載の細いタイヤを履いたヨーロッパの雰囲気をイイ感じで捉えていますね。

イタリアはMebetoysからもこのレーサー風ヨーロッパが出ていましたが、おそらくコスワースエンジン搭載のレースカーである47GTをモチーフにしたと思われます。

  

このミニカーは1975年に鶴見のチェッカー、絶版車コーナーにて祖母におねだりして買って頂きました、¥2,500もしました・・・帰り道でつくの商店街の長崎屋でラーメンを食したこともちゃんと覚えております。

「今でも大切に持ってるぜ婆ちゃん!!」と墓参りの度に伝えております。

そしてプラスチックなロータスと言えば、古いエランの方がマニア受けは良いようですね。

初めて実車を見た時はあまりにも小さくて、ニセ物なんじゃないと心配してしまいました。

浮谷東次郎が船橋のレースで勝ったりして、古くからのファンには人気がありましたがスーパーカーブームの頃にはもう古過ぎて、子供たちのアイドルにはなれませんでした。

しかしミニカーマニヤの私には十分にアイドルとなってましたね。

 

英国Corgi Toys製の傑作モデルの誉れ高きエランS2は、シャーシー脱着可能!!という驚異のアクションを持ち、子供たちに実車の構造を教えてくれたのでした。

 

トヨタ2000GTがこのフレーム構造をマネしたんじゃないかとひねくれた考えを持つ子供を育てることにもなってしまいました・・・

ブルーに白ルーフのは、ついこの前の1976年にやはり婆ちゃんにチェッカーで買って頂きました、¥3,000もしました・・・・いまでも大切にしております。

いろんなバリエーションが作られましたが、1960年代の英国の人気テレビ映画The Avengers(邦題:おしゃれ丸秘探偵)の劇中車両セットもありました。

当時輸入されなかったようで、なかなか手にはいりません。

主人公のベントレーとヒロインの白いエランS2がセットになっていて、武器?であるこうもり傘も付属しています。箱絵を見ているだけで夢が広がって行くのです。

日本代表のプラスチックといえば1956年発売のフジ・キャビンにとどめを刺すのです。

全くこれ以上何を望めばいいのかと思わせるほどの前衛的なデザインを持つこの超小型3輪車は、フレームを持たないモノコック構造全体をFRPで構築するという画期的な手法で作られました。

同じ構造のロータス・エリートよりも2年も早い開発という快挙なのであります。

たったの125ccで5,5馬力という性能のキャビンは、夏は暑くて冬は寒いという素晴らしい特性を持ち、操縦性も悪くて市場には受け入れられずにたった85台が作られただけで寂しく消えて行きました。

でもプラスチックで錆びないから外で放置しても残ってしまった車輛も少数存在し、マニヤ様の元で生き永らえているようです。

キャビンは当時物では一切モデル化されず(ミニカー、プラモ、ブリキ)ここ何年かでレジンのキットや完成品が出たにすぎません。

  

こちらはレジンの完成品ですが、流石に現代の技術で作られた為「実車より精密」に作られております、味はありませんが・・・・・

お次はおフランスのプラスチックになりまして、日本ではあまりなじみの無いマトラになります。

フランスのルネ・ボネという小さな会社が作っていた世界初の市販ミッドシップカーであるルネ・ボネ・ジェットというクルマがありました。

1962年から2年間細々と作られていましたが経営難に陥り、航空宇宙産業やミサイルなどの軍需産業で有名なマトラ社がルネ・ボネを買収しました。

マトラは元々ジェットのFRPボディを作っていたのです。

[…]

巨星墜つ、さらばキャロル・シェルビー

先日のYahoo!ニュースでさえトップで伝えていたので、クルマ好きの皆様はすでにご存じだと思いますが、コブラ生みの親「キャロル・シェルビー」がテキサス州ダラスの病院で亡くなりました、享年89歳・・・・・

とても長生きされましたが元々心臓を患っておりまして、2回も!!心臓移植を行い、その都度手術は成功し89歳まで生き抜かれましたね、凄いです。

シェルビーについてはあまりにも偉大過ぎて、私の様な若輩者が語れるような立場ではありませんが、夢の60年代に夢の様なクルマたちをお造りに夢の様な活動をされて来ました。 何と言っても名前がカッコイイ!! 「キャロル・シェルビー」という響きは日本人にとってもカッコ良く感じる物だと思います。これがキャロル・チャップリンやフランクリン・シェルビーじゃここまでの名声は得られなかったと思います、本当に。

アメリカ人レーサーながらF-1を走り、スポーツカーレースではアストンマーチンを駆って59年のル・マン24時間で優勝、その後心臓疾患でレーサーを引退してからはとっても速いクルマ造りやレース活動でその名を世界中に知らしめました。

 

英国製の軽量スポーツカー、ACのシャシーに米国製フォードV8エンジンを押しこみ、世界中の誰もが(アメリカ車嫌いさんたちも)憧れた凶暴スポーツカー「ACコブラ」はあまりにも有名ですよね。

1962年当時シェルビー・アメリカンはSanta Fe SpringsのMoon Equipment内にありコブラの一号車は現Mooneyes USAのFactory内で作られたという事実は語り継がれる伝説の一つです。 私もアメリカ出張時にはその場所に立ち、最敬礼してしまうのです・・・

コブラ開発後はフェラーリ買収に失敗してル・マン制覇に向けやっきになっていた大フォードより「フォードGT40」のプロジェクトを一任されてその才能をいかんなく発揮し、’66年から’69年までル・マン4連覇を成し遂げその時点で歴史に残る伝説的な人物となりました。 フォードとの結びつきは強く、当時バカ売れ大人気となっていたマスタングのハイ・パフォーマンスバージョンとして自らの名を冠した「シェルビー・マスタングGT350 & GT500」を作り上げ、高性能なフォードのイメージリーダーになりました。

あのトヨタ2000GTもアメリカのSCCAレースで走らせ「シェルビー2000GT」も有名であります(これの実車をトヨタは酷いモディファイをしてしまいましたが・・・・)

フォードと別れた後はクライスラーと組んでダッジのモディファイを手掛け、’90年代にはバイパーも生まれましたね。 その後フォードと復縁し?シェルビー・バージョンのマスタングが復活したりして、年老いても精力的な活動をされておりました。

 

Wildmanにとってのシェルビーはやっぱりマスタングなのです、しかも’68年型・・・ その後’66年型を所有したり、ラッキーな出会いによりオリジナルの427コブラを御所山周辺で運転させて頂いた事よりも強烈な思い出は’68年型GT350になるのです。

 

当ブログの記念すべき第1回~3回に渡って長々とお話しましたが、22歳の何も分からない身の程知らずが、偶然の出会いにより身分不相応ともいえる’68年型のシェルビー・マスタングGT350を手に入れてしまったのはついこの前の’86年のことでした、今思えば当時たったの18年落ちだったのですね、本人も22年落ちだし・・・

それ以前に中学生の頃、近所のK様邸にこのグリーンの’68年型GT350が止まっていて通学時にウットリ見とれていたのが初の実車シェルビー体験でした。

  

さらにそれ以前小学生の頃、ミニカーをコレクションとして認識する前からずっと手元にあったのがこのオモチャ、バンダイの「電池で走るミニミニカー、シェルビームスタング」なのであります!! やっぱマスタングじゃなくってムスタングですよね、日本人は。

1/45程度のスケールでプラスチック・ボディーなのですが2本の単5電池によりモーター走行が出来るという物なのです。 やたらディテールが良くってシェルビーの特徴であるエアスクープ類やコブラのエンブレムまで再現され、片側だけの四角いドアミラーは実車を彷彿させ、自分の車に同じミラーが付いてた時はそれだけで感動致しました・・・・

もちろんワンオーナーでずっと持っているモデルなのですが、シェルビーに関しても実車より先にミニカーでその存在を知ったクルマの一台なのでした。 やっぱりクルマはミニカーで勉強するのです、これぞシェルビーなのです。

   

後年こちら箱入りのデッドストックも入手しましたが、この様に世界の切手がもれなく付いてるのです。40年近く前の電池は果たして使えるのでしょうか??

   

さらにこちら警視庁パトロールカー仕様GT500という恐ろしいバリエーションもあるのですが、7リッター428エンジン搭載のドアミラーなパトカーがホントに実在してたらさぞや素敵なパトロールが出来た事でしょう・・・・ちなみに切手は入っていません。

また話が訳分からなくなってきましたが、とにかく偉大なるカーガイ、キャロル・シェルビーは天に旅立ってしまいましたが、沢山の素晴らしいクルマや思い出を私たちに残してくれました、誠に有難うございます!!

[…]