Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

変態が認める三輪トラックデザイナーは天才だぜ!!

皆様お久しぶりでございます。いよいよMoon Illustrated vol.10が発売となりました!!

今回はですね巻頭特集がHot Rod Custom Show 2012のSneak Previewということで、Showに来るクルマやゲストのことを詳しく紹介しております。こちらを読んでから当日会場に来て頂ければ、より一層楽しくなることうけ合いでございます。

Wildmanページはですね、やはりイベントのAir Cooled in Action(VW)に敬意を表し? VWの見たこともないようなミニカーをFruityと御紹介しておりますので、変態の皆様は必見です!! その名も「マニアがワーゲン」でございます。ということで今年のHot Rod Custom Showは大盛況だった昨年の20回記念よりもさらに盛り上がること必死なのであります。 だって現時点で昨年よりもクルマもバイクもベンダーも全てエントリー数が増えているのですから、ああこりゃ大変だ・・・・・

で、話は変わりまして、先日長年探していた本がやっとこ手に入りました。 発行が昭和58年4月20日なので、全くついこの前の新しい本で恐縮なのですが、こちらの一冊になります。

マツダR360クーペと三輪のK360が表紙になっている「わがインダストリアルデザイン 小杉二郎の人と作品」という高速有鉛とは一線を画す?真面目一直線な感じの本ですが、本当に真面目な内容となっております。

 

故小杉二郎様は昭和の時代に御活躍された工業デザイナーで、クルマからバイク、ミシンや電化製品までありとあらゆるジャンルの工業デザインを手掛け、日本における工業デザイナーのパイオニアといえる存在なのであります。

日本における変態のパイオニアの自分としてはとしては非常に尊敬しております。

何といっても素晴らしいのはマツダ(東洋工業)関連の車両デザインでして、Wildman的には突き刺さるものばかりなのです。

日本の戦後復興の過程で三輪トラックは絶対に欠かせない存在でしたが、バイクに荷台を付けただけのような簡素なデザインだった三輪トラックに小杉氏は全天候型のキャビンを付けて見事なデザインをまとめ上げたと思っております。

特にこちら1950年代中期のCHTA型はバーハンドル時代の集大成だと理解しています。ドアーも付いたキャビンは強烈なフロント周りのデザインで、どう考えてもカウンタックよりカッコイイのです、本当に。

そして丸ハンドルへとフルチェンジしたHBR型は「究極の工業デザイン」といえるキャビンを持ち、流線形なスタイルで国鉄の特急列車よりもスピードを感じさせるのです、もう完璧過ぎますよね!!

これらの小杉氏のスケッチを見ているだけで天才と思えます、本当に。

CHTA型やHBR型は古すぎて当時物ミニカーになることはなく、ブリキの玩具でモデル化されていました。

   

共にバンダイ製なのですが当時の持てる技術を駆使して作った傑作モデルでして、強烈な出来栄えを誇っているのです。

    

特に丸ハンドルのHBR型は素晴らしく、部屋の中でじっと見ている変態行為を繰り返していると、本当に実車に見えてきて昇天してしまいます・・・

スバル360と同時期に造られていたマツダR360クーペもデザイン重視のクルマで、どうやったらこんなに可愛らしい形を思いついたのか一度聞いてみたかったです。

子供のころでも見る機会は少なく、短期間親戚のオジサンが乗ってましたが、それ以外でクーペ見たときは興奮しておりました。

 

当時物ミニカーでは大盛屋ミクロペットとアサヒ玩具のモデルペットから製品化されていましたが、出来はこちらのミクロペットに軍配が上がります。

 

ついこの前の昭和36年7月に発売されていましたが、フリクションモーターが内蔵されていて、走らせて遊ぶ玩具だった為、殆どが当時の心無い子供たちによって破壊されてしまい、実車並みに現存台数の少ないレアなミニカーとなっております。

マツダ車はこの他にもロンパーやキャロルのデザインも手掛けられていますが、世に出なかったこれらクレイモデルたちも強烈なセンスでデザインされています、 素晴らしい!!

[…]

キャデラック最高!!花形産業だったブリキ玩具とその時代

手元にこの様な本が御座います。懐かしの「毎日グラフ」誌でして、ついこの前の1956年1月22日号になります。このころ力道山先生も絶好調であります!!

表紙はブリキ自動車に囲まれて幸せ過ぎる昭和ヘアカットのお坊ちゃま君が、60年後のこれらのオモチャの資産価値を考えて悩んでいる図のように見えます・・・ 1950年代中期といえば日本製のブリキ玩具が世界中に進出し、戦後復興期の花形産業となり、ドルを稼ぎまくっておりました。 安い賃金で高品質な物を作って世界中にばらまいていた当時の日本はまるで現在の中国みたいですね。

 

こちらが当時のオモチャ工場の組み立てラインですが、まさに昭和の街工場の風情がぷんぷん漂っておりまして、この様な環境から世界を制覇したブリキ玩具が作られていたとは凄い時代ですね。

こちらは研究室だそうですが、ただの窓際に見えます・・・・・・

しかしこの場所から特許が3つ生まれたのだと豪語しております。

 

「オモチャ工場の工員は6割まで女工さん、年齢的には20代が圧倒的に多い」となっていてAKBに近いものが有りますね・・・ 「南米からの大量注文で毎晩8時まで残業している」とのことです、ああ忙しい・・・

そして記事の中でこの2台のブリキ製キャデラックが紹介されています。

右が現在、世界的にもその出来と資産価値が認められている日本の「マルサン」製の物でブリキコレクターの世界では誰もが知っている有名なモデルです。

左は「マルサン製が出てからこれをマネて半年後に売りだされたドイツ製のキャデラック」と紹介されています。GAMAというブランドになります。

どちらが先に開発、販売されたのかは微妙なのですが、確かにこれらはソックリさんで共に良い出来なのですが、細かい仕上げは明らかマルサン に軍配が上がり、21世紀現在の評価も世界的にマルサンの方が上になっているようです。 日本とドイツは共に敗戦国でしたが、オモチャの世界では凌ぎを削って世界進出を目論んでいたライバル同士でした。

その中でも技術の集大成としてマルサンのキャデラックは当時から認められていたモデルだったそうで、オモチャとは思えない\1,500というプライスは’56年当時ではとてつもなく高価な物で、現在でいえば子供にポンと新型パソコンを買い与えるような感覚だったのではないでしょうか・・・表紙のようなお坊ちゃま君にしか味わえない昭和のセレブ物語なのです。

ついこの前である1964年生まれのWildmanにとって子供の頃(今も子供みたいなものですが)ブリキ玩具はあまり好きなオモチャではありませんでした。 物ごころついた60年代後半では、ブリキ玩具は全盛期を過ぎ斜陽産業になりつつあり、部分的にプラスチックを使ったり、モデルである本物の自動車自体も’50年代の丸みのあるデザインから直線基調のシャープな物に変わりつつあり、あまりブリキ玩具に適さないデザインになっておりました。

その頃はブリキの自動車はマルサンのキャデラックと違い金額も安くなっていて、ミニカーにその座を奪われた形となり、デパートのショーケースには輝くダイキャスト・ミニカーが沢山並び、ブリキは隅に追いやられる形になりました。

そんな時代だったので、ミニカーには大層憧れた私ですが、ブリキさんは「仕方なく」買ってもらう(輸入ミニカーより安いので)オモチャという感覚が強く「この世ではミニカーが最強!!」というイメージが刷り込まれてしまいました。

当時ブリキのロボットなんかも大変古臭く見えてしまい、ソフビのウルトラマンや変身サイボーグ1号、ミクロマンの方が素敵な存在になっておりました。

 

ブリキの自動車で何が嫌だったかというと「上げ底」の室内が許せなく、「本物の自動車はもっとシートが深いぞ!!」と訳の分からない事を叫ぶ幼稚園児がそこに一人いたのです・・・

フリクションモーターやゼンマイをセットするスペースを作る為にブリキ自動車は構造上このような上げ底デザインになっていました。

 

しかし当時の輸入ミニカーはこうやって実車さながらのシートがすでに再現されていたのです。 これと比べちゃうとブリキはただのオモチャでしかなく、ミニカーの敵にはなりえなかったのですな(持論)

そしてミニカー一直線の人生が始まったのですが、大人になってから、「ブリキでもイイ奴はイイな」と思うようになり、ほんのチョぴっとだけ集めたりしました。ミニカーになっていない好きな車をチョぴっと並べてみるという感じですね。だってブリキは値段が高くておいそれとは手が出ないのですよ・・・

「マルサンのキャデラック」がブリキ自動車の頂点という見方がありまして、それはそれでそうだと思います、確かに・・・・・が、あまり欲しくありません。

でもね、キャデなら同時代にもう一台国産の素晴らしいモデルが有りました。 私はこちらの方を国産自動車モデルNo,1に推しますね。

     

ALPS(アルプス)というブランドが造ったコンバーチブルのキャデラックでして重厚なセダンのマルサンとは違い、軽快感のある屋根なしキャデを見事に再現しています。

 

薄いボディはマルサンより実車に近いイメージで、何と言ってもグリルの表現が素晴らしく、プレスそのままで穴が抜けていないマルサンとは大違いの造りなのです。 実車さながらのバンパーの厚みや、そのまま座りたくなってしまう程綺麗なプリントのシートやダッシュボードの出来はブリキ玩具の真骨頂だと思っております。

 

エンブレムまでこまかく別パーツでプレスされていて「きっと当時のAKBな女工さんたちが夜8時まで残業して作ったのだな、偉いな」と妄想が広がってきます。

 

ステアリング連動で前輪はステアし、しっかりサスペンションも付いていて、フワフワな乗り心地の50’sキャデラックを何から何まで表現しているのです、素晴らしいぜ!!

日本産業の世界進出の基礎を作ったブリキのオモチャたちは70年代に入ると寂しく消えて行きましたが、さらに時は経過して現在では完全にそれらはお宝と化し、その価値は見直されるどころか天文学的な数値にまで達してしまい、サザビーズやクリスティーズといったセレブなオークションを賑わしております。

あの時代に夜8時まで残業して、せっせとブリキのキャデラックを日給¥200で作っていた女工さんたちはこの様子をどのように感じているのでしょうか??

でも今同じモデルを作ったらブリキ玩具は膨大なコストが掛かってしまい、それこそ新型パソコン以上の価格になってしまうと思われます。

あの時代の日本だからこそ出来た花形産業だったのですね、女工さんありがとう!!

[…]

巨星墜つ、さらばキャロル・シェルビー

先日のYahoo!ニュースでさえトップで伝えていたので、クルマ好きの皆様はすでにご存じだと思いますが、コブラ生みの親「キャロル・シェルビー」がテキサス州ダラスの病院で亡くなりました、享年89歳・・・・・

とても長生きされましたが元々心臓を患っておりまして、2回も!!心臓移植を行い、その都度手術は成功し89歳まで生き抜かれましたね、凄いです。

シェルビーについてはあまりにも偉大過ぎて、私の様な若輩者が語れるような立場ではありませんが、夢の60年代に夢の様なクルマたちをお造りに夢の様な活動をされて来ました。 何と言っても名前がカッコイイ!! 「キャロル・シェルビー」という響きは日本人にとってもカッコ良く感じる物だと思います。これがキャロル・チャップリンやフランクリン・シェルビーじゃここまでの名声は得られなかったと思います、本当に。

アメリカ人レーサーながらF-1を走り、スポーツカーレースではアストンマーチンを駆って59年のル・マン24時間で優勝、その後心臓疾患でレーサーを引退してからはとっても速いクルマ造りやレース活動でその名を世界中に知らしめました。

 

英国製の軽量スポーツカー、ACのシャシーに米国製フォードV8エンジンを押しこみ、世界中の誰もが(アメリカ車嫌いさんたちも)憧れた凶暴スポーツカー「ACコブラ」はあまりにも有名ですよね。

1962年当時シェルビー・アメリカンはSanta Fe SpringsのMoon Equipment内にありコブラの一号車は現Mooneyes USAのFactory内で作られたという事実は語り継がれる伝説の一つです。 私もアメリカ出張時にはその場所に立ち、最敬礼してしまうのです・・・

コブラ開発後はフェラーリ買収に失敗してル・マン制覇に向けやっきになっていた大フォードより「フォードGT40」のプロジェクトを一任されてその才能をいかんなく発揮し、’66年から’69年までル・マン4連覇を成し遂げその時点で歴史に残る伝説的な人物となりました。 フォードとの結びつきは強く、当時バカ売れ大人気となっていたマスタングのハイ・パフォーマンスバージョンとして自らの名を冠した「シェルビー・マスタングGT350 & GT500」を作り上げ、高性能なフォードのイメージリーダーになりました。

あのトヨタ2000GTもアメリカのSCCAレースで走らせ「シェルビー2000GT」も有名であります(これの実車をトヨタは酷いモディファイをしてしまいましたが・・・・)

フォードと別れた後はクライスラーと組んでダッジのモディファイを手掛け、’90年代にはバイパーも生まれましたね。 その後フォードと復縁し?シェルビー・バージョンのマスタングが復活したりして、年老いても精力的な活動をされておりました。

 

Wildmanにとってのシェルビーはやっぱりマスタングなのです、しかも’68年型・・・ その後’66年型を所有したり、ラッキーな出会いによりオリジナルの427コブラを御所山周辺で運転させて頂いた事よりも強烈な思い出は’68年型GT350になるのです。

 

当ブログの記念すべき第1回~3回に渡って長々とお話しましたが、22歳の何も分からない身の程知らずが、偶然の出会いにより身分不相応ともいえる’68年型のシェルビー・マスタングGT350を手に入れてしまったのはついこの前の’86年のことでした、今思えば当時たったの18年落ちだったのですね、本人も22年落ちだし・・・

それ以前に中学生の頃、近所のK様邸にこのグリーンの’68年型GT350が止まっていて通学時にウットリ見とれていたのが初の実車シェルビー体験でした。

  

さらにそれ以前小学生の頃、ミニカーをコレクションとして認識する前からずっと手元にあったのがこのオモチャ、バンダイの「電池で走るミニミニカー、シェルビームスタング」なのであります!! やっぱマスタングじゃなくってムスタングですよね、日本人は。

1/45程度のスケールでプラスチック・ボディーなのですが2本の単5電池によりモーター走行が出来るという物なのです。 やたらディテールが良くってシェルビーの特徴であるエアスクープ類やコブラのエンブレムまで再現され、片側だけの四角いドアミラーは実車を彷彿させ、自分の車に同じミラーが付いてた時はそれだけで感動致しました・・・・

もちろんワンオーナーでずっと持っているモデルなのですが、シェルビーに関しても実車より先にミニカーでその存在を知ったクルマの一台なのでした。 やっぱりクルマはミニカーで勉強するのです、これぞシェルビーなのです。

   

後年こちら箱入りのデッドストックも入手しましたが、この様に世界の切手がもれなく付いてるのです。40年近く前の電池は果たして使えるのでしょうか??

   

さらにこちら警視庁パトロールカー仕様GT500という恐ろしいバリエーションもあるのですが、7リッター428エンジン搭載のドアミラーなパトカーがホントに実在してたらさぞや素敵なパトロールが出来た事でしょう・・・・ちなみに切手は入っていません。

また話が訳分からなくなってきましたが、とにかく偉大なるカーガイ、キャロル・シェルビーは天に旅立ってしまいましたが、沢山の素晴らしいクルマや思い出を私たちに残してくれました、誠に有難うございます!!

[…]