Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

北欧は暑いぜ、ボルグ様の故郷にぬるいコーラで乾杯!!

皆様こんにちは、不肖Wildman先週末は森と湖の都、スウェーデンに行って参りました。もちろん我がスーパースター、ビヨン・ボルグ様に会う為にですよ・・・・

じゃなくって、MQQNEYES Sweden主催の”Rat Fink Reunion”に参加して来たのでした。 今回で10回目の開催となるこのイベントは、1回目からT シャツの版下デザインをやらさせてもらい、今年は10回目の記念イベントということで招待して頂いたのです、有難うございます!!

そのスウェーデンに敬意を表して、私はスウェーデンの国旗カラーであるNike internationalistを履いて行ったのですが最後まで誰も気づいてくれませんでした・・・・

まず成田空港からフィンランドはヘルシンキに飛びまして、そこで飛行機を乗り換えてスウェーデンのストックホルムに行くというルートでした。FINNAIRとJALのコードシェア便だったので、乗ったことないFINNAIRの飛行機を期待しておりましたが、あっさりJALの飛行機でした・・・

なので機内食はこの通りくまモンの「焼きおにぎり付きスープ弁当??」が出てきました。ゆるキャラはふなっしーの方がデザインも何もかも断然優れていると思うのですが・・・

そしてヘルシンキからは、はれてFINNAIRの飛行機に乗り替えてストックホルムに向かいました。タラップから飛行機に乗るのは気分が盛り上がりますよね、まるで力道山先生みたいだ・・・

それにしても北欧はCAのお姉さんもデカイのう・・・・

ストックホルムからはAvestaという街を目指し、レンタカーにて約2時間走ることとなります。今回の車はVolvoのステーションワゴンでしたがディーゼルエンジンは大変パワフルで明らかにガソリン車よりも速く、燃費も良ければ燃料も安いと来てますね。ヨーロッパはハイブリットとは違ったスタンスでの低燃費車両開発に取り組んでいますね。

でもディーゼル車両と言えばやはり国鉄のキハ81にとどめをさすのです。子供の頃これを初めて見た時、あまりの衝撃的なデザインに驚き「これはきっと何かの間違いなんだ、デザイナーは漫画家か?」と一人悩んでいた覚えがあるのです・・・

そんなことはどうでも良くて、遠路はるばる日本からAvestaという街にやって来ました。

スウェーデンの有名な民芸品にダーラヘストという木彫りの馬があるのですが、Avestaには最大の大きさのダーラヘストがありました。でもこれはデカ過ぎて木彫りじゃなくコンクリートで出来ていましたが・・・

ホテルはちょっとクラシック風味な所でしたが、何と部屋にエアコンが無いのであります・・・・・・ スウェーデンって何か涼しいというか寒いというか、そんなイメージしかありませんでしたが、真夏は日本と変わらないような猛烈な気温となり(湿度は低いですが)避暑のつもりで行ったらえらいことになるのです。

おまけに街で売ってるコーラやビールはぬるくて、氷も手に入れにくく一体どうしたら冷たい飲み物が飲めるのか最後まで悩んでおりました。

悩むと言えば、ちょうど白夜にあたりまして、夜は10時を過ぎてもまだまだ空は明るく、朝は4時前に日が出ている状態で、日照時間が長過ぎて何が何だかさっぱり分かりません・・・・さらにですね街じゅういたるところでTattooを入れている方々をお見受け致しました。Car Showがあるからそういった人々が集まっているわけではなく、その辺の住民の皆様が普通にTattooを入れている感じなのです・・・人口たったの2万人弱のこの街で、5,789人くらい入れているように感じました。Tattoo屋さんは大忙しだそうです、大変だ!?

日曜日の街中はと言いますと、こちらのように誰も歩いていない状態なのです。皆様いったいどこで何をやっているのでしょうか、部屋でミニカーでも磨いてるのでしょうか??

あと凄いのは、イベントに関係なく旧いアメリカ車が普通に街を走っているのです。5~60年代のクルマを楽しんで乗っている感じで特にオープンカーが多くて、みな屋根を開けて大人数で乗っている姿を多数目撃しました。北欧だと雪が多くて屋根が潰れてしまいそうで、オープンカーなんてNGだと思っていましたが、冬は車をしまいこんで夏に旧車ライフを楽しんでいるようです、それにしてもオープンばっかりだ・・・・

そして森の中にあるMQQNEYES Swedenに到着しました。Factory内は結構広くてStreet RodやChopperを製作しておりました。

こちら左のメガネの方がMQQNEYES SwedenのHankさんで真ん中が御存じただの変態で、右はHankさんがスポンサーとなっているDirt TrackのRacerであるDennis君です。若いのに有名なRacerでして、以前チームのTシャツのデザインをさせて頂きました。

今回はスウェーデンの名物料理的なものにはあり付けず、ハンバーガーやタコス、パスタといった、いたって普通の物ばかりを食しました。

こちらがSports Barで食べたPele Burgerなるものです。World Cupにあやかってサッカー的な?ネーミングにしたと思うのですが、なぜいまさらPeleなのか分かりませぬ…

Peleと言えばBurgerじゃなくってこちらPONYのスニーカーですよね。ついこの前の昭和53年の広告であります、どうでもいいですね・・・

[…]

明日は快晴のSCN、これからのサインはTO WILDMANで決まりだぜ!!

さて皆様、明日はいよいよ東京はお台場にて「第27回ムーンアイズストリートカーナショナルズ」が開催されます。

ついこの前の1987年に大井競馬場にて産声を上げたこのイベントでしたが、私は1回目から全て参加し、気付けば軽く四半世紀を超えてしまい、未だに皆様に愛されているというのは嬉しい限りでございます。

今回もエントリー車両は約1000台!!という規模で皆様をお待ちしておりますので、快晴のお台場に6時だョ!全員集合であります。

そしてもうお手元にある方も沢山いらっしゃると思いますが、MOON IllustratedVol.11が発売となっております、気がつけばもう11号であります。

今回の春・夏号はページ数もたっぷりありまして、海外から国内の記事、New Itemの紹介等盛りだくさんの内容となっており、もちろん我がWildmanページも暴走状態で掲載されておりますので、皆様も一緒に暴走致しましょう!!

もちろんストリートカーナショナルズ会場でも販売しておりますので、お買い上げの方はぜひサインをさせて下さいませ!!

サインといえば、サインはV!!じゃなくって、先日カリフォルニアよりこのようにとんでもないものが私宛に送られて来ました・・・

「1クリックで間違えて海外通販で何か買っちゃったのかしら??」と恐る恐る封を開けてみるとそこには1枚のKISSの写真が入っていました。

我がKISSの写真にマジックペンで描かれたサインは何とジーン・シモンズの物であります!!

しかも”TO WILDMAN”となっているじゃありませんか!!!

「うおお~、ついにこの私にもジーンから直接手紙が来るようになったのか!?やっと長年の精力的な変態活動が認められたぜ!!」と勝手に解釈し、しばし放心状態になっておりました・・・・

しかしそんな事があるわけも無く、今回のサインはアメリカ在住のS様という知り合いの方が「ひょんなことから」ジーン・シモンズの自宅に行くことになり、そこで私が30数年に渡るKISS ARMYであることを思い出してくれて、わざわざジーンよりWILDMAN宛でサインを頂いてくれたのです。

S様本当にありがとうございます!!

それにしても「ひょんなことから」ジーン邸宅に行けるなんて一体何なのでしょう?? 私もひょんなことから行ってみたいものです・・・

これまでKISS関連のサインは力づく?で手に入れた物が何点かありましたが、それらには当然私宛の名前など入って無かったので、魂のこもったサインが手元に来たわけであります、最高です!!

先月は前回ブログでお伝えした通り、ジューシィ・フルーツ(ジューシィ・ハーフ)のイリア様に宛名入りサインを頂けたので、最近調子に乗っているWILDMANなのであります。

残念ながらついこの前の1961年に書かれた力道山先生の本物直筆サインには、他の方への宛名が入っておりますので、このようにカバーをして気を紛らわせております。

書き直して頂きたいですが、こればかりはどうにもなりませぬ・・・・

 

こちらはEd”Big Daddy” Rothより1991年に頂いたものであります。自分でWILDMANて名付けてくれたくせに、サインにはいつもHIROと書いてくれてましたね・・・ そういえば最初は間違えてHITOとも書いてました、確かに人ですが・・・

 

そして全然関係ありませんが、ついに禁断の果実に手を出してしまいました。 そう30年来の憧れだったテニスラケット”DONNAY BORG PRO”であります。

 

ついこの前の1981年に我があこがれのスーパースター、ビヨン・ボルグ様がウィンブルドン5連覇した時に使用してたのがこのモデルで、当時はお値段も強烈だったのと、何よりも恐れ多くてこんなもの使えないというのが、当時の正常な神経のテニス・フリークの考えでした。

 

だってこんなの使ってヘタクソだったら恥ずかしいじゃありませんか、小心者には絶対無理でしたね。

    

BORG PRO以前は同じベルギーはDONNAY社のこちら”ALL WOOD BJORN BORG”を使われていました。

   

契約の関係上アメリカでの試合はこちらアメリカはBANCROFT製の”BORG PERSONAL”を使用するという人気者ならではの二重契約??でした。

[…]

Go! Chimay ベルギーにも雨とWildmanがやって来たぜ!!

皆様お久しぶりでございます。先週末は3泊5日という素晴らしい日程でヨーロッパはベルギーまで行って参りました、いつもバカンスWildmanなのです!!(ウソですお仕事です・・・)

今回はですね”1st Annual European Hot Rod & Custom Show”がベルギーのChimayという街で開催されまして、そのイベントにPinstriperとして参加する事になったのです。 Mooneyes USAからもMooneyes Dragster とMoon Truckをイベント参加用に持ち込んで有るのでした。

 

イベント記念Tシャツのデザインは私がやらさせて頂きました、ありがとうございます!!

いつも通り成田空港からのフライトとなりましたが、今回は初の搭乗となるAIR FRANCE(エールフランス)機での旅立ちです。

この日の成田空港出発の最終便という事で、搭乗口付近のレストランや売店は全てClosedとなっておりまして、慌ててシャッターの閉まりかけたマクドナルドに飛び込みました。

 

エールフランス機ですから、機内食はフォアグラの入ったフレンチのフルコース!!と勝手に決め付けておりましたがエコノミークラスなのでただの機内食でした、残念・・・

 

そして10,043kmのフライトで無事にフランスはパリに到着致しました。直行便じゃないのでパリからレンタカーでベルギーに入るのです。 シャルル・ド・ゴール空港といえばかつてのフランスのド・ゴール大統領ですよね。大統領専用車の素晴らしいミニカーを持っておりますので今度ご紹介致します(話が長くなるので)

 

レンタカーはこちらオペルのステーションワゴンで、もちろんMoonステッカーをペタリと貼ってしまいます、これで地元民になれます、Go! with Moon. ディーゼル&6速マニュアル・トランスミッションとまさにヨーロッパの基本仕様であります。 いつ来てもヨーロッパはディーゼルエンジンとマニュアル・トランスミッション天国なのです。 やっぱり日本のハイブリッド・カーはガラパゴス状態なのですね・・・

    

早朝に到着したので朝やけを見ながら2時間半位のドライブで気がつけばそこはもうベルギー、ヨーロッパは国境はフリーパスなのでいつの間にか国と国をまたいでしまっている感じで、今ひとつ国境を越えた感がありませぬ・・・・

  

ベルギーと言われても中々ピンと来なくて、思い出すのは「ビヨン・ボルグ様」が使っていた”Donnay”のテニスラケット、1980年にDonnayのラケットを初めて握った時、このようにMade in Belgiumと書いてあり「一体どの辺にあるんだこの国は?」と思ったのはついこの前のことなのですね。

あとはこちらのベルギー製ミニカー”Gasquy”というブランドの「タトラ・プラン」です。 60年ほど前にベルギーで作られた大変珍しいモデルで、入手には大変苦労致しました。というように、ベルギーといえばテニスラケットとミニカーしか思い浮かばないのです・・・

そしてどこにあるんだか分からなかった国に、32年経って来てしまいました。

  

Chimay(シメイ)という街はビールが有名で、ついこの前の1862年からビールの生産が始まったそうです。シメイに来たからにはシメイビールなのでしょうが、私にはアルコールは全く関係のない事なので指名無しでお願いします・・・

  

この様に公道を封鎖しシメイ・サーキットとしてバイクや車のレースが行われると言う素敵な場所で、今回のイベントもドラッグ・レースを含めてこの会場での開催となりました。

         

まず今回のイベント主催者であるKobusさんにお会いし、彼の家に行ってアメリカより運んであったMooneyes DragsterとMoon Truckを引き取りに行きました。

この家というのが凄くて、最近手に入れたそうなのですが1882年に作られた!!!という強烈な歴史の家でして築130年になります、ついこの前といえばこの前なのですが・・・

 

建物内は強烈なオーラが漂っていて、良くいえば歴史を感じるものですが、悪く言えばただのホーンテッド・マンションにしか思えません、ちょっと怖いのです・・・

[…]

スーパースターボルグ様はスーパースクーターがお好き!?

先週はですね、Pomonaにて開催された62nd Grand National Roadster Showに参戦して来ました。 相変わらずHi QualityなShow Carが並ぶ会場は熱気に包まれ、世界中から多数のカーガイが訪れておりました。

そしてまたやってしまいました、3日間のイベント開催の最終日である日曜日の午後、空から雨がパラパラと・・・・・またもや雨の神様の異名をほしいままにするWildmanによってCaliforniaの青空を一変させ、Pomonaの街はあっというまにビシャビシャとなってしまいました・・・・世界中の皆様、本当にすみませんです。

このイベントの模様は今回一緒に出張したMooneyes Area-1 Staffの”Kid Rocker”こと松井kunが今後MMMにて詳しくレポート致しますのでそちらに注目です!!

で、日本に帰国するとArea-1にはこのような真紅の素敵なPick upが入庫して並んでおりました。 これです、とても珍しいマニア注目の香港トミカ「ダットサン1300トラック」です。 オリジナル箱も付いて最高のコンディションなのであります!!

じゃなっくって、こっちです。北米からの帰国子女、真紅の”Datsun 521 Pick up”なのでした。LHDのこちらはオリジナルコンディションを保ち、機関も好調で私の香港トミカもビックリの個体なのでした。

For Sale車両なのでぜひArea-1まで足を運んで頂き、じっくりとご覧になって下さいませ、必見であります!!(申し訳御座いませんがトミカは付きません)

で、もう一つ、こちらの「ライトニング」誌2011年3月号が発売になっておりました。 特集は「愛しきヘンタイ」とのことで、大変な変態である私も先日取材を受けました。 「変態」というのはWildmanの登録商標だと思っていたのですが・・・・

各分野のでスペシャリストである変態さんが紹介されておりますが、なぜか私だけ分野が沢山あって?ミニカー、スニーカー、ボルグ様、KISS、力道山先生、スクーターといった、ささやかな趣味が掲載されていました。本当に趣味の少ない男ですな・・・

ボルグ様といえば引退してから今年で28年が経過致しましたが、私の中では未だに力道山先生と共に永遠のスーパースターなのです。

日本のサッカーが強くなろうが、イチローがメジャーで大活躍したところでボルグ様と力道山先生の前ではただの人なのであります。

この前You Tubeでボルグ様が起用された80年代初頭のホンダ・リードのテレビCMを拝見致しましたが、あまりのカッコよさに久々に興奮してしまい、家の中でFila Borg Modelを着てラケットを振り回し、デッドストックのテニスシューズであるイタリア製DiadoraのBorg Modelを履いてしまいました(部屋の中です)

こうなるとやっぱりスクーターGTの異名を取った初代ホンダ・リードが欲しくなりますね。 でもビートでパーツの無さに懲りてるから、あの年代のスクーターの維持は大変なのであります。 当時はこの50ccのリードに乗ってましたが、あの頃欲しかったのは後から発売になった驚異の125ccモデルである「リード125」でした。

2ストロークのアルミシリンダー125ccエンジンは10馬力を絞り出し、剛力スクーターとしてピンクナンバーの王者でありました。 クリーンなデザインの50に比べて、SFかチンドン屋としか思えないシルバーとレッドの無茶苦茶なカラーリングは迫力満点で、kawasaki KH250に乗っていても思わず道を譲ってしまいました・・・

[…]