Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

本は増えるし知識も増える、Moon Illustrated発売で御座います!!

皆様お待ちかねのMoon Illustrated Vol.8 秋・冬号が発売となりました!!

もうご覧になった方もいられると思いますが、今回は20th Anniversary Yokohama Hot Rod Custom ShowのGuest&車両の紹介がメインとなっておりまして、Moon Space Agency ”Pan”君が撮影した入魂の画像が素晴らしい物となっております(ちなみにPan君の体重は11月24日9:00pmの時点で軽く服を着て靴を履いた状態でジャスト100キロを記録しておりました)

他にもKid Rockerの復活物語やShige菅沼の「立川基地でのDrag Race」のお話は貴重な画像と共にこの時代を知ってる方にも知らない方にも楽しめる内容となっています。

  

そして特別インタヴューとして「Wildman石井の人生を変えた、この1冊!変態は一夜にして成らず・・・・・・」が大好評掲載中となっております。 全くついこの前である80年代の時点では、一瞬にして情報を得られるインターネットなんぞ有る訳もなく、本こそが変態の貴重な情報源でありました。 数々の本との出会いによって変態の感覚は研ぎ澄まされて行きましたが、逆にその積み重ねが悲劇をも呼び込んでしまいまして、今では家じゅう多量の本が積み重ねられております。何故か昭和の本がメインなのですが・・・

今回は9冊しか紹介し切れませんでしたが、今後は特別付録として私の本を1冊付ける予定です、あくまで予定ですが・・・

他にも色々と紹介したい本を用意していたので、本日のブログでちょろっと紹介して行きます。 これまで古い本ばかり紹介して来たので新し目の物を取り上げてみました。

 

まずは久々の力道山先生ネタでありますが、先週の事としか思えない2001年に突如発刊された「写真集・門外不出! 力道山」には驚かされました。 だって先生の没後40年の時点で突如としてこのような写真集が出版されるとは思ってもみなかったので感動の嵐でありました。 最初はきっと見たことのある写真ばかりだろうとタカをくくっておりましたが、見てビックリ、初見の物がいっぱいありましてとっても貴重な資料となりました。 こうして本はどんどんたまって行くのです・・・

先生がポーズを決めているこちらのC1コルベットですが、静岡のとある町にこの実車があるという噂を耳にしているのですが、都市伝説なのか真実なのか今後調査を進めて行く次第であります。

こちらの細身の少年は当時19歳のアントニオ猪木さんであります、挑戦的なアゴを見れば一目瞭然ですね。

変なカッコしてるのもTV映画「チャンピオン太」で死神酋長に扮する猪木さんですね。当時の氏の苦労ぶりが伺えます・・・・

赤坂は「リキ・アパート」のプールの息子たちを突き落とす先生はとっても楽しそうです。 それにしてもキケンな作りのプールですね。

お次は「ベースサイドタウン福生 カーウォッチング」という本ですが2005年に発売されました。 昭和30年代は自分で車を持つなんて、庶民には夢のようなお話でした。 当時はバードウォッチングならぬカーウォッチングなるクルマ趣味が御座いまして変態(マニア)たちは街角に偵察に行き、写真を撮りまくるという素敵な世界が繰り広げられていました。

  

著者のドクター高木様もそういった趣味をお持ちの一人だったそうで、福生や立川、横浜、横須賀といったアメリカ軍の基地があった場所に出向きアメリカ車を中心に多数の写真を撮っていたそうです。 モノクローム画像に展開される旧い街並みと、撮影当時新車だった’50~’70年代の車の貴重なカットはあまりにも素晴らし過ぎて声も出ませんです、ハイ・・・・

こんな車の画像があると「もしやいま目の前にあるこれなのではないか???」と楽しい想像をしてしまいますね。

 

こちらは横浜版の写真集にある画像ですが、まさに本牧ムーンアイズ・エリア-1の目の前の風景なのです(40年前)

こういった歴史を画像として記録してくれた偉大な趣味人様たちに感謝なのです。 まさにShige菅沼並みの物がありますね!!

[…]

さらばポールよ、12年と359日ありがとさん!!

不肖Wildman、ただ今悲しみに包まれております・・・・ 我が家のペット7頭の内、唯一のお犬様であるポールが10月23日(日)午前9時35分、天に召されてしまいました・・・・合掌。

思い起こせばついこの前である1998年、私にとって思い出深き横浜ベイスターズ38年振りに優勝した年、横浜駅西口のペットショップで売れ残っていた?「キャバリア・キングチャールズ・スパニエル」の仔犬が縁あって我が家の一員となりました、目と目が合ったという理由だけで・・・

名前は「ポール」と命名されましたが、これは私の好みで勝手にKISSの「ポール・スタンレー」から取った訳ではなく、カミサンが子供のころ家で飼っていた犬の名前がポールだったという単純極まりない理由で二代目ポール襲名となったのであります・・・

とにかくやたらに性格の大人しい優しいヤツでして、人にも犬にも愛想が良くて私同様とっても小心者のようでした。 散歩している時にコーギー犬に噛みつかれ恐怖におののいたり、我が家の増幅して行くネコ達(現在6匹)にからまれても大人しく暮らしておりました。(Wildman’s Blog 2008年11月7日~12月20日分参照) もちろん番犬にもなりませぬ・・・・・ 中型犬なのでピーク時には体重9キロくらいありましたが、半分くらいの体重のネコ達の方が攻撃的で、しょっちゅう餌を取られてしまうポールがとっても可哀そうでしたが・・・ それでもネコと一緒に寝たりしていてそれは不思議な関係を保っていました。

キャバリアというのは元々心臓疾患が出やすい犬種のようで(そんなこと飼うまで知りませんが)1才で33%がこの病気を持ち、4才以上では60%に達ししまうそうです、なんて恐ろしいのでしょう・・・ ポールは9~10才くらいで発症し腹水が溜まるようになり、最初は3ヶ月に一度病院に預けて水を抜いていましたが、そのうち2ヶ月、1ヶ月に一度とインターバルが短くなり、最後は1~2週間に一度といった感じで見ているのもつらかったです。

平気で1キロ位は歩いていた大好きな散歩も、この1年くらいそんな距離はとても歩けなくなってしまい、しょっちゅう休憩タイムを取るようになり、この夏以降は家の周り半径50メートルが行動範囲となってしまい、最後は散歩ではなく、ただ外に出るだけといった感じとなっていました・・・

 

10月になってからはこんな感じで1日中グッタリと寝ているだけでとっても痛々しく、もう頑張らなくてもいいよと思っていましたが、先週の金曜日に本当に具合が悪くなり、病院に入院させましたが、2日後の日曜日の朝に病院で息を引き取りました、トホホ・・・ 私が病院に到着する数十分前に亡くなってしまったので最期をみとる事は出来ませんでした、まだ体は温かかったですね。

今日10月29日がポールの13回目の誕生日だったので、この日まで持ってくれればなと思っていましたが、あと6日足りませんでした、ああ残念無念・・・・ という訳で我が家の動物メンバーが一頭減ってしまったのであります。

さらばポールよ、12年と359日ありがとう!!

でもポールがいなくなっても動物一家にはいまだ6匹のネコと変態一人が生息しておりますが・・・

[…]

Down Under!! 南半球へGo!して眠くてDownだぜ・・・

皆様お久しぶりでございます。不肖Wildmanこのたび人生初の南半球遠征でコアラとカンガルーの国オーストラリアに行って参りました。 だって華やかな夏休みですもの・・・・

じゃなくって赤道をまたいで仕事をしに行ったのです、仕事を!!ほんとだってば!!!実はですね、オーストラリアはブリスベンという街にて開催されているカーショー”GreazeFest”というイベントがありまして、これまでにイベント記念のTシャツのデザインなんかをさせて頂いておりましたが、イベント主宰のLoriさん(女性)より「ぜひ今年はGreazeFestに来ませんか?」とありがたきお誘いを受け、今回招待されたのでした。

そこで週末3日間開催のイベントに合わせてBossと2人でDown UnderへGo!となったのでした、ほんの4泊でしたが・・・・

ちなみにこちらが今年のTシャツやステッカーに使用されたデザインになります。

で、木曜日の朝に羽田より出発となったのですが、ブリスベンまでの直行便が無いので、まずシンガポールまで行きそこで飛行機を乗り換えてからブリスベンに向かわなくてはならないという恐怖のトランジットなのでした。

   羽田10:55am発の便でシンガポールには夕方17:10pmに到着。そこで4時間以上待って21:25発の便に乗ると翌日の朝6:30amにブリスベン到着となる怖ろしい移動時間なのでした。 朝7時に横浜を出発しているので、殆ど24時間の旅となってしまいました・・・・日本とブリスベンは時差は1時間しかないのに訳が分からなくなってしまいました。

    

訳の分からないうちに借りた今回のレンタカーはこちらの地元オーストラリア製の「ホールデンSV6」なるクルマでした。昔っからGM資本のホールデンですが、日本では見ることが出来ないのでこういったのを運転出来るのは嬉しいですな、カーグラ風にレポートしたいくらいです。

しかしこのクルマ、排気量は3.6リッターもあってレンタカーとして考えると???という感じです。大袈裟なレンタカーですね。

      

早速ブリスベンの街に繰り出しましたが、なんか変なのです・・・ だって目の前に広がる景色はまさにアメリカとおんなじで、当然看板なんかの文字も全部英語だし、建物のデザインや街並みも全部アメリカしてるのに道路は左側通行でクルマは右ハンドルときてるから走る感覚は日本とおんなじ・・・・ 外国に来たらやっぱ右側通行で左ハンドルというふうに体が覚えているので、最初は景色とのギャップににとまどってしまい、本当は左側通行は得意なはずなのに慣れるまでとっても変な感じでした。

 

あと、日本でいうところのロータリー交差点が沢山あって(トラフィックサークル)そこは信号が無いのでロータリー侵入のクルマの優先権をつかむのにとまどいました。永遠にグルグルと廻っちゃいそうです、やっぱ小心者ですので・・・・

    

街中では旧いクルマは殆ど走って無く、この程度の物しか見られませんでした。サニトラはよく見かけましたが、何と言っても目に付いたのは200系ハイエースでして商用車として沢山使われていました。凄い生息率でオーストラリアではヒット商品なのではないでしょうか。

名前もHIACEとそのままでしたが、この和製英語のようないい加減で不思議なネーミングのまま販売しているのですね。だったらウルトラマンエースでもベンザエースでも何でもいいですね・・・

  

オーストラリアと言えばヘンテコピックアップの国ですが、ホールデン始めこのように劣悪なデザインが好まれているのは何とも切ないですな・・・どうしたらこのようなデザインセンスになるのでしょうか。

   

今回のお宿はこちらの画像の”Brisbane Street Studio”というこじゃれたネーミングとデザインのモーテルでした。部屋は綺麗だし、お湯もちゃんと出るし、トイレもちゃんと流れるし、生活用品も全部揃っていて、建物から見える青空もこんなに素敵だし、「こりゃ結構いいかも」と思ったのは昼間の内だけなのでした・・・・

だって建物の目の前は主要幹線道路で、朝夕ひっきりなしにクルマが走ってて、デッカイトラックもディーゼルエンジンの雄たけびと共に早朝から爆走し、救急車は通るし、犬はうるさいし、目の前は信号のある大きな交差点なので、信号が変わって発進時の音も強烈で、Bossともども全く眠ることが出来ずノイローゼ気味になってしまいました・・・・ ここはまさにStreet Studioといった感じでおかしな名前で判断しておくべきなのでした、一本取られましたな。

  全然眠れないので頭に来てTVを見てたらオーストラリアでは絶大な人気を誇るスポーツ、「クリケット」の試合をやってたので観戦してましたが、いくら見ても何が何だかさっぱりルールが分からず、しまいには「一体こんなことをやってて何が面白いのか!!」とキレ気味になり、ますます睡眠不足になってしまいました・・・・完全にDownですな。

あ、これはオーストラリアドルのお札になります。なぜかどの金額のお札も一部シースルーの透明な部分があり向こう側が透けて見えます。なぜだろうと考えると余計眠れなくなりました。

さて今回の参加イベントGreazeFestは週末3日間の開催で、金&土曜日は夕方6時からスタートで深夜1時までという寝不足野郎にはつらいスケジュールのライブ中心の物で、最終日の日曜日は朝から夕方まで終日カーショーを行うといった感じなのでした。

というわけで、最初の2日間は日中はヒマになってしまうのであっちこっちに行ってみました。 でもあくまで仕事なのでコアラやカンガルーと戯れる事は出来ませんでしたが・・・・

   

こちらはこの50系クラウンセダンを愛している板金&レストアショップSmooth CustomsのKellyさんであります。やたら話し好きの人で、何かひとつきっかけを作ってしまうと永遠にしゃべり続けるような方なのでした、親近感を感じますね。

   

クラウンについてるこのエンブレムはオーストラリア仕様の貴重なものだそうです。 Go! Crown Classics

   

Kellyさんがレストア中のこのヘンテコクルマは’62年式のホールデン ステーションワゴンになります。GM資本なので仕方ありませんが、どう見ても’57 Chevyにしか見えませんな。 このようにテールの処理はまんまChevyになります。かなり気合を入れて直していて、完成したらきっと素晴らしいクルマになることでしょう。日本では理解されませんが・・・

そしてお次に向かったのはオーストラリアのクルマ雑誌”Cruzin”のエディターであるGavinさんの所です、こちらのデッカイお方になります。態度はウチのカリスマ店長の方がデカイですが・・・

[…]

ぼくとわたしのストリートカーナショナルズ!!

25日に開催された第24回Mooneyes Street Car Nationalsでしたが猛烈な好天に恵まれてとっても素晴らしいイベントになりました。

沢山のお客様にお台場まで足を運んで頂きまして、嬉しい限りであります。本当に有難うございました!!

当日は不肖Wildman、いろいろとPinstripeのお仕事を頂き、会場内あっちこっちに飛び回っていたので、ブースにいる時間が少なくなってしまい、お会い出来なかった方々が多数おられました。大変申し訳御座いませんでした・・・・

SCN初の試みとなりました”Burnout Demo”は大変盛り上がったようで(遠目にケムリだけは見ておりましたが・・・)Drag Racerの迫力あるBurnoutがお台場で展開されました。凄いイベントですね・・・・

Mooneyesの’69 Camaroは今回ちょっと化粧直しをしてBurnoutに挑みました。ボディー・サイド面にGold LeafのLetteringやPinstripeを描いて、とっても70’sなDrag Racerになりましたよ!!(見れなかった方は本牧Area-1に展示してありますので、ぜひ足を運んで下さいませ)

何はともあれあのような素晴らしいショーが開催出来たのも、エントラント及びギャラリーの皆様のおかげであります、本当に有難うございました!!

ということで、ついこの前の昭和37年にも素晴らしいショーが開催されていました。といっても月刊平凡誌の付録冊子の中でですが・・・・

その名も「ぼくとわたしの自動車ショー」であります、何とも素晴らしいタイトル!!!表紙は真紅のポルシェ356スピードスターに寝そべる浅岡ルリ子嬢で御座います、山田邦子ではありません。そしてページをめくると当時のスターたちの愛車が紹介されております。

まずはこまどり姉妹のお二人様。当然ともいえるシングルナンバーの’60年型縦目セドリック・デラックスは車も姉妹も双生児・・・・・でも免許はお一人しか持っていないそうです。

で、こちらが当時物ミニカーであるアサヒ玩具はモデルペット製の縦目セドリックです。どう見てもやっぱ実車よりカッコイイや!!

そして小坂一也様は’58年型のC1コルベットに乗られております。「もう何台とっかえたか分からない、車だけが僕の道楽さ」とまるでMoon Cafeの店長のような事をさらりと言っております・・・・

しかも助手席には十朱幸代嬢を乗せて「今日は仲良しの十朱幸代ちゃんをさそって、ドライブとしゃれるんだ」ときたもんだ。

う~ん、しゃれてやがる・・・・

で、こちらが当時物ミニカーであるハブレー製のC-1コルベットです。ああ、憧れのMade in USAであるとてもレアなモデルです。

今度は現在進行形のカーマニアである、Gメン75な夏木陽介氏であります。懐かしいぜ小田切警視よ!!

この時点で20台目の車歴というヘビーさですが、’54年型のジャガーXK120フィクスド・ヘッド・クーペはあまりにも美し過ぎます!!

この写真を見て撮影場所を特定出来た物凄い方がおられます。(もちろん電車にも詳しいカーガイであります)

皆様ここどこだか分りますか??分かった方はWildmanまでご一報を!

で、こちらが当時物ミニカーである、英国はディンキー・トーイズ製のXK120です。玩具の貿易が自由化されたついこの前の昭和35年頃に滑り込みセーフで日本にも輸入された名品であります。

私は全くついこの前である昭和62年にトレードで入手致しました。

さらに続きますが、今度は燃える男の赤いトラクターじゃなくって小林旭様の’59年型シボレー・インパラであります。さすがだぜマイト・ガイ!!!

車高が低く見えますが、ハイドロは入っておりません、念のため・・・

で、こちらが当時物ミニカーの英国はコーギー・トーイズ製のインパラであります。まだお客として通っていた昭和61年にムーンアイズ元町店でBossより頂いたものなのです。ありがたや、ありがたや・・・・

今度は力道山先生が所有された2台目のメルセデス・ベンツ300SLであります。ガルウィングに代わって北米仕様ロードスターを購入されました。

新築の赤坂リキ・アパートのエントランス付近ですが、ここから力道山家専用エレベーターが最上階につながっております・・・・

いまだにこの実車の色がさっぱりわからないので、どなたか情報を!!!

で、こちらが当時物ミニカーのデンマークはテクノ製の300SLです。

何もかもがダイキャストで出来た重量感たっぷりのミニカーなのですが、のっているフィギュアを先生に替えたいところなのです・・・

まだ終わりませんが、お次はモスラなザ・ピーナツのお二人が所有する’60年型のプリンス・スカイライン・デラックスであります。

[…]