Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

巨星墜つ、さらばキャロル・シェルビー

先日のYahoo!ニュースでさえトップで伝えていたので、クルマ好きの皆様はすでにご存じだと思いますが、コブラ生みの親「キャロル・シェルビー」がテキサス州ダラスの病院で亡くなりました、享年89歳・・・・・

とても長生きされましたが元々心臓を患っておりまして、2回も!!心臓移植を行い、その都度手術は成功し89歳まで生き抜かれましたね、凄いです。

シェルビーについてはあまりにも偉大過ぎて、私の様な若輩者が語れるような立場ではありませんが、夢の60年代に夢の様なクルマたちをお造りに夢の様な活動をされて来ました。 何と言っても名前がカッコイイ!! 「キャロル・シェルビー」という響きは日本人にとってもカッコ良く感じる物だと思います。これがキャロル・チャップリンやフランクリン・シェルビーじゃここまでの名声は得られなかったと思います、本当に。

アメリカ人レーサーながらF-1を走り、スポーツカーレースではアストンマーチンを駆って59年のル・マン24時間で優勝、その後心臓疾患でレーサーを引退してからはとっても速いクルマ造りやレース活動でその名を世界中に知らしめました。

 

英国製の軽量スポーツカー、ACのシャシーに米国製フォードV8エンジンを押しこみ、世界中の誰もが(アメリカ車嫌いさんたちも)憧れた凶暴スポーツカー「ACコブラ」はあまりにも有名ですよね。

1962年当時シェルビー・アメリカンはSanta Fe SpringsのMoon Equipment内にありコブラの一号車は現Mooneyes USAのFactory内で作られたという事実は語り継がれる伝説の一つです。 私もアメリカ出張時にはその場所に立ち、最敬礼してしまうのです・・・

コブラ開発後はフェラーリ買収に失敗してル・マン制覇に向けやっきになっていた大フォードより「フォードGT40」のプロジェクトを一任されてその才能をいかんなく発揮し、’66年から’69年までル・マン4連覇を成し遂げその時点で歴史に残る伝説的な人物となりました。 フォードとの結びつきは強く、当時バカ売れ大人気となっていたマスタングのハイ・パフォーマンスバージョンとして自らの名を冠した「シェルビー・マスタングGT350 & GT500」を作り上げ、高性能なフォードのイメージリーダーになりました。

あのトヨタ2000GTもアメリカのSCCAレースで走らせ「シェルビー2000GT」も有名であります(これの実車をトヨタは酷いモディファイをしてしまいましたが・・・・)

フォードと別れた後はクライスラーと組んでダッジのモディファイを手掛け、’90年代にはバイパーも生まれましたね。 その後フォードと復縁し?シェルビー・バージョンのマスタングが復活したりして、年老いても精力的な活動をされておりました。

 

Wildmanにとってのシェルビーはやっぱりマスタングなのです、しかも’68年型・・・ その後’66年型を所有したり、ラッキーな出会いによりオリジナルの427コブラを御所山周辺で運転させて頂いた事よりも強烈な思い出は’68年型GT350になるのです。

 

当ブログの記念すべき第1回~3回に渡って長々とお話しましたが、22歳の何も分からない身の程知らずが、偶然の出会いにより身分不相応ともいえる’68年型のシェルビー・マスタングGT350を手に入れてしまったのはついこの前の’86年のことでした、今思えば当時たったの18年落ちだったのですね、本人も22年落ちだし・・・

それ以前に中学生の頃、近所のK様邸にこのグリーンの’68年型GT350が止まっていて通学時にウットリ見とれていたのが初の実車シェルビー体験でした。

  

さらにそれ以前小学生の頃、ミニカーをコレクションとして認識する前からずっと手元にあったのがこのオモチャ、バンダイの「電池で走るミニミニカー、シェルビームスタング」なのであります!! やっぱマスタングじゃなくってムスタングですよね、日本人は。

1/45程度のスケールでプラスチック・ボディーなのですが2本の単5電池によりモーター走行が出来るという物なのです。 やたらディテールが良くってシェルビーの特徴であるエアスクープ類やコブラのエンブレムまで再現され、片側だけの四角いドアミラーは実車を彷彿させ、自分の車に同じミラーが付いてた時はそれだけで感動致しました・・・・

もちろんワンオーナーでずっと持っているモデルなのですが、シェルビーに関しても実車より先にミニカーでその存在を知ったクルマの一台なのでした。 やっぱりクルマはミニカーで勉強するのです、これぞシェルビーなのです。

   

後年こちら箱入りのデッドストックも入手しましたが、この様に世界の切手がもれなく付いてるのです。40年近く前の電池は果たして使えるのでしょうか??

   

さらにこちら警視庁パトロールカー仕様GT500という恐ろしいバリエーションもあるのですが、7リッター428エンジン搭載のドアミラーなパトカーがホントに実在してたらさぞや素敵なパトロールが出来た事でしょう・・・・ちなみに切手は入っていません。

また話が訳分からなくなってきましたが、とにかく偉大なるカーガイ、キャロル・シェルビーは天に旅立ってしまいましたが、沢山の素晴らしいクルマや思い出を私たちに残してくれました、誠に有難うございます!!

[…]

300万円が5億円に!!デイトナ・コブラの数奇な運命

先週のブログでお話しましたが、お正月はミニカーのワックス掛けと蔵書の整理をするという大変有意義で健康的な生活を送っておりました。(実家で数の子を7本食べて気持ちが悪くなってましたが・・・)

本の整理中(といっても並び替えているだけのような気も致しますが)又もや怪しげな一冊が出てきました。 ついこの前といえる昭和49年9月に発行された八重洲出版の「ドライバー」誌であります。

巻頭特集は何とゼロヨングランプリとなっていて、当時日本の立川基地のドラッグレースで走ってたVWエンジンのドラッグスターに70年代隆盛を誇っていた富士GCマシンのローラや日産A型エンジン搭載のマーチフォーミュラカー、ツーリングカーレースで無茶苦茶速かったサバンナRX3らが挑戦するという素敵な企画です。

もちろんドラッグスターが一番速いに決まってますが(11秒台)他の車も12〜3秒台で走っててとっても速いのです。 よくよく見るとローラ、マーチ、RX3のドライバーは津々見友彦、星野一義、寺田陽二郎といった当時の一流レーサー達なのでした、ビックリです。(このような仕事もされていたのですね)

次のページをめくると「異色ドキュメント あのデイトナコブラが生きていた」というワクワクするようなタイトルになってました。 こいつはいけるぞ!!いつの日か「異色ドキュメント あのワイルドマンが生きていた」に使わさせて頂こうと思います・・・

正式名称”Cobra Daytona Coupe”は日本ではデイトナ・コブラとして60年代の日本グランプリを中心としたレース・シーンでは親しまれた存在でした。

こちらの画像でGo! With MOONであります。

ヨーロッパ製ACのシャシーにフォードV8エンジンを載せて作られたコブラをベースに、たった6台(+プロトタイプ1台)が製造された純レーシングカーのデイトナ・コブラのボディ・デザインはあの日野サムライをデザインしたピート・ブロックの手になる物で、さすが天才(変態)であります。 60年代、打倒フェラーリに燃えていた時代のフォード&シェルビー・アメリカンが残した宝石の一つですね。 高度にチューニングされたスモールブロック・フォード289は390hpを絞り出し、クォーターマイルを12秒台で走り切り、198マイルのトップスピードを誇りました。 ルマンやデイトナ、セブリング等、長距離レース用としてデザインされたそのボディはフロントエンジンでロングノーズ・ショートデッキ、コーダトロンカといった60年代テイスト満載の素敵なデザインでしたが、時代はミッドシップに流れつつあり、第一線での現役時代は意外と短く、あまりにも速くあまりにも有名だったあの名車「フォードGT40」にバトンタッチされてしまいました。

さんざん走って中古レーシングカーとなった旧式のデイトナ・コブラたちは売りに出されそのうちの1台(シャシーナンバー:CSX2300)が日本にやって来ました。

日本レース界の黒幕とも言われ、後にCAN AMやF-1でShadow Teamを率いるドン・ニコルズの手により日本人レーサー故酒井正の元にデイトナ・コブラは売られました。ついこの前の1966年4月26日に上陸したそうです。

酒井氏は23歳の時にこの車を入手しましたがパーツ代、輸送費含め60年代当時のお金で一千万程かかったそうです・・・・当時では天文学的な数字です。

日本グランプリ等を走り、パワーに物を言わせ直線番長的な活躍をしましたが、酒井氏はデイトナ・コブラを力でねじ伏せる豪快なドライビングでファンの目を楽しませました。 その後、酒井氏によると知人の鉄砲商にこのクルマを「パーツごとたしか¥300万くらい」で譲り、明珍和夫さんというドライバーでレースを走りましたが、68年の日本グランプリFISCOのS字切り返しでひっくり返ってしまい、これを機にこのデイトナ・コブラはレースを引退したそうです。

さらに二人のオーナーの元を経てストリート・バージョンに改造されたこのクルマは302エンジンにオートマチック・トランスミッションという組み合わせで京都のスーパーカーディーラー「トミタオート」さんへ売られて行きました。 当時の雑誌広告を見て小学5年生のWildmanは「デイトナ・コブラがたったの¥780万円だって、や、安い、安すぎるぞ!!」と興奮致しましたがどうにもなりませんでした・・・あの時、自宅を売って親に買わせておけば今頃億万長者になってました、残念。(だってその後アメリカのオークションで450万ドルとかいう値が付いてるんだもん、私の目に狂いはなかった!?)

結局このCSX2300は日本を離れて御大キャロル・シェルビーの元へ引き取られ、ビカビカにレストアされ、ラスべガスのミュージアムで余生を送っております。

でもね、そんなビカビカな姿よりも「品3」のシングルナンバー(テンプラかな?)を付けたよれよれボディーで調子悪そうに日本の道路を走ってるデイトナ・コブラの方がWildmanにとっては魅力的な存在なのであります。 やっぱ買っておけば(買わせておけば)よかった!!!

[…]