Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

歴史も一緒にコレクト、本当は怖いんですが・・・・

暑い中、最下位争いが熾烈になって来たセ・リーグですが、我がDeNAベイスターズは勝手に落ちてきてくれた阪神と壮絶な裏ペナントレースを展開しております。

ファンを喜ばせる為にベイはたまにしか勝たないのに、ナゼか阪神もたまにしか勝てなくなって来たので、気が付けばトラの尻尾が見えてまいりました。 うまく行けば最下位脱出も見えて来ましたので、今後の展開が楽しみなのです。

今年のセ・リーグは5球団で争っていると認識しております。各チームからいろんな人材を集めて独り相撲を勝手にやってるジャイアンツはどうでもいいので、2位のチームが見事優勝という私だけのルールで楽しんでおります、中日ドラゴンズ優勝万歳!!

ジャイアンツから裏金選手とFA選手が一人もいなくなったら、私だけのセ・リーグに入れてあげます。まあそれは永遠に無理でしょうけど・・・例の監督事件も上手くもみ消しましたよね、さすが栄光のナベツネ巨人軍であります、巨人軍は紳士たれ!!

そんなことはどうでもいいとして、長くコレクションをしていると色々な「偶然」が起こります。

  

昔のブログでご紹介しましたが、こちらの英国はSpot-On製のジャガーXKSSを21世紀に手に入れて、よ~く見たらグリルにペイントの付着があり、40年前のミニカー雑誌に出ていたモデルそのものでひっくり返りそうになりました。

 

こちらのジャガーXK120も同じく40年前の雑誌に出ていたやつが手元にやって来ましてだんだん怖くなって来ました・・・

   

古い雑誌には、最初に買った方が御自分の名前を書いたり「蔵書」のスタンプが押してあったりして「ついこの前の50年前にこれを買われた人は今頃どうしているんでしょう?」

なんてふと考えると「うお~何かこえ~!!」と部屋の中で一人で騒いでると「お前の方がよっぽど怖い」とよくカミさんに言われます・・・

  

そう考えると私の手元にあるミニカーたちはどんなに新しくても30年以上前の物でして、中には6~70年前の物まで平気で並んでおります。 ということは「70年前、最初にこのミニカーを買われた人はどこのどちら様で、今はどこでどうしているのでしょう??」なんて考えるとまたもや「うお~何かこえ~!!」と部屋で叫んでしまい「ウルサイ!!」とカミさんに言われてしまいます・・・

コレクションのポリシーとして「なにはともあれ当時物しか集めない」なんてスタンスでやってますから、自分がファーストオーナー以外の物は当然数十年前の物しか揃いませんので部屋の中は誰の持ち物だったか分からないような物ばかりなのです、うお~ヤッパリこえ~!?

 

こちらのSports Cars Illustrated誌1960年7月号ですがMoonbeam号が表紙に写ってます。

この本はアメリカに行けばSwap Meetなんかで探せば出てくるのですが、こちらは当時から日本にあった本になります。だって領収証がはいってるんだもん・・・・・

ついこの前である大洋ホエールズ初優勝の昭和35年6月22日に北野様が東京の海外出版貿易を通じて¥2,120で購入されたようです。ちなみにアメリカでの定価は50セントです。

当時¥2,160って強烈な金額でして、ペラペラの車雑誌に払う額としてはハンパじゃありません。立派な図鑑が買えてしまいます。北野様は財閥だったのでしょうか・・・・

そしてこちらはついこの前の昭和37年にプリンス自動車が出たばかりの初代スカイラインをフランスのパリサロンに出品したと事を報じる「パリのスカイライン」というプリンス自動車が出した小冊子になります。今度「本牧のカリスマ」という本を出したくなります・・・

 

国産車が世界に出て行ったごく初期の歴史のひとコマですが、横浜港から船積みされたスカイラインが現地に到着し、展示され話題を振りまいたお話を簡潔にまとめた物ですが、面白いのは当時英国紙が「ジャップのスカイラインなんてヨーロッパ車のものまねだ」という記事を出し、それに反論する形でプリンスが長々とコメントを載せています。

十数年後英国車はただのゴミとなり、日本車が世界に羽ばたいて行ったのは何とも皮肉でありますが。

    

さらに紙面には当時力道山先生も惚れていた?女優の岸恵子さん始め日本の著名人が会場を訪れた事が紹介されているのですが、こちらの写真に注目です。

「古垣駐仏大使御夫妻、パリ到着時より色々御世話戴き、スカイラインの成功を心から喜んで下さいました」と紹介されています。当時の大使様なのですね。

で、こちらのモノクロ生写真なのですが、何とビックリこの小冊子に使われているものと同じ写真なのであります!!何で!?

出所はヤフオクなのですが、何がどうなったのか他の古いクルマの写真数枚と一緒に出品されていたのです。

当時のカメラマン様が処分したのか、印刷所から流出したのか何だかわかりませんが、偶然50年以上前の小冊子に使われていた写真がナゼか手元にやって来たのです・・・うお~何かこえ~・・・

このように独り相撲を展開していると、予想外のものが手元にやって来てしまい、嬉しいやら怖いやら収拾のつかない収集がエンドレスで続いて行くのです。

そのうち力道山先生からの手紙が来たりして・・・・うお~こえ~!!

[…]

ミニカーの方がカッコいい!!プリンス・スプリントは 今いずこ

先月のShige菅沼ブログ、Mooneyes Expressでも紹介されていましたが、Bossの御学友?でもあり、Wildmanにとってはミニカーコレクターの先輩でもある「板谷熊太郎」氏が一冊の本を出されました。 板谷氏はモデルカー誌にも毎月マニアックなコラムを連載されておりますが、このほど入魂の一冊を書き上げました。

こちらの二玄社より出版された「プリンスとイタリア」という本になります。 パープルレインでお馴染みのミクロマン、プリンスのイタリアツアーをまとめた物なのです。

ぢゃなくって、国産車の歴史を語る上で欠かせない、今はなきプリンス自動車に関するお話しなのでした、すみません・・・・・

謎多き昭和の自動車メーカー、プリンスですがこれまでも色々な本で色々な事が書かれて来ましたが、今回の板谷氏の本はプリンス自動車の歴史とその仕事を徹底的なリサーチと証拠物件を元に構成されていて、プリンスに関する書籍では決定版の一冊になると思います。 かといって堅苦しい内容ではなく、人間味あふれるストーリーも多々ありまして読み物としても非常に面白くなっております。

ここで私がその内容を紹介してしまうと、ミニカーと絡めて3倍位のボリュームとなってしまいクレームが発生する恐れがありますので、ぜひお買い求めになってその素晴しい内容をお確かめ頂きたいと思います、お勧めであります!!

 

でもその中で一つだけお話ししたいのがこちらのクルマになります。 Wildmanお得意の「実車より先にミニカーで憶える」というパターンで知ったクルマ「プリンス・スプリント」です。 10年前位としか思えない昭和50年にミニカーコレクションを始め、月刊ミニチュアカー誌でその存在を知り「かつてこんなクルマがあったんだ」と感激した少年Wildmanは一発でこのクルマが好きになってしまいました。

   

実車のプリンス・スプリントが発表された翌年、ついこの前である昭和39年8月に発売された大盛屋ミクロペット製のミニカーがこちらです。 Wildman生誕一ヶ月後に発売されたという私の兄弟の様なミニカーなのであります!!

   

ナゼかスプリント実車よりもカッコよくなってしまったというミニカーなのですが、作ったメーカーが大盛屋という、何かプリンス自動車に通じる物がある会社というところが良いのです。 その後両社ともはかなく消えてしまいました・・・

 

実車のヒストリーは板谷様の本に詳しく書かれておりますが、スプリントの事で一番驚いた事は1991年のノスタルジック・ヒーロー誌に二枚のモノクロの写真が掲載されてました。 古びた倉庫の中に佇む埃だらけのクルマたちの中の一台が何と憧れのスプリントではありませんか!! ショーモデルとして一台だけ作られたスプリントは、時が経てばお役御免となり廃棄されてしまうのが当然の成り行きですが、ノスヒロ誌によればついこの前の1982年頃までスプリントはこの倉庫に眠っていたのでした。

発表されてから20年近くが経ち、プリンス自動車も日産と合併していたのによくもまあ残っていた物です・・・・ その後スプリントは残念ながら廃棄処分になってしまったとの事でしたが、それはあくまで定説で「もしや・・・」と言う事も起こり得るかもしれません。 旧いミニカーも見つかるのですから実車でも奇跡は起こるのです・・・Wildmanのリサーチは続くのでした。

だって海外じゃこのフェラーリのように土の中から40年振りに掘り起こされるクルマも実際にあるのですから・・・・ そこらへんで愛犬ルルといっしょに土を掘ってるWildmanを見掛けたら優しく見守ってあげて下さいませ。

[…]

最強のVIP CARはプリンス・ロイヤルだぜ!!

皆様、こんにちは。ただ今私はとっても緊張しております・・・ 不肖Wildman、本日26日(土)の午後6時から7時までの間にですね日本の首都、東京は代官山のUPSTAIRS GALLERYにて開催中の”LOWBROW-ART MEETS GIRLS”という女性アーティスト様のグループショーになぜかゲストとして招待されまして、トークショーをやることになっております。 何たって「愛しきヘンタイ」が勝手にしゃべるトークショーなのでどうなるのか自分でも分かりません。 ”HENTAI MEETS GIRLS”ではありませんのでご注意ください・・・ お時間のある方はぜひ遊びに来て下さいませ!!

で、緊張といえば今から15年以上前(といってもついこの前ですが)のある日、出張Paintでとある施設に行っておりました。 そこで日本最大級の巨大アトラクションを持つ○゛○○゛○ー○○○゛のパレード車両にPinstripeを描く作業をしておりました。 不思議な形をした車でしたがさらっと作業を済ませ、施設内をトボトボ歩いていると塗装ブースの中に黒い巨大な物体を発見しました。 「こ、こ、これは何と御料車ではないですか!!!!!!!」と声にならない声を上げたと思うとその場で緊張して直立不動となり「天皇陛下万歳!!」と一発かましそうになったのでした。危ない、危ない・・・

そう、そこに鎮座なさられていたのは天皇陛下のために、今はなきプリンス自動車が精魂込めて作り上げた御料車「プリンス・ロイヤル」だったのです(写真撮影当然NG)

日産とプリンス自動車が合併直前の、全くついこの前である昭和42年2月25日に第一号車が宮内庁に納入されてしまったので正式名称は頭に日産の文字が追加されてしまい「ニッサン・プリンス・ロイヤル」となってしまいましたが、私的には「プリンス・ロイヤル」と呼びたいですね。 今となってはプリンス自動車の車名は「スカイライン」と軽トラの「クリッパー」しか残ってなく、寂しい限りであります・・・

当時プリンス自動車が御料車の製作を受注出来たのは皇太子殿下が普段プリンスの車を愛用されていて人脈もあり、都内に会社があった事によりメンテナンス面でも好都合だったことが上げられるようです。

皇太子殿下は免許取得後、このような’54年型セダンや’57年型のスカイライン等を愛用されておりました。

ファンキーなイエローボディーのミニカーは当時物モデルペットの傑作である同型のスカイラインであります。殿下のも黄色だったらなあ… Go! With MOON

プリンス・ロイヤル登場以前の御料車といえば現在ドイツの博物館で余生を送っている’35「グロッサー・メルセデス」や’50「キャデラック」 ’63「ロールス・ロイス ファンタムV」等が有名ですが、やはり日本で皇室の為に作られたオンリー・ワンな存在のプリンス・ロイヤルが最高峰なのであります、天皇陛下万歳!!

短期間で作られたロイヤルはエンジンもプリンスが開発した6,4リッター260psのV8で(ATはGM製でしたが)ブレーキと燃料系統は何が起こっても作動するように2台分搭載されていて、8人乗りの巨大なリムジンは何と車重3トンを軽く超える超ド級の自動車と化したのです。低速走行をスムースにこなし、アクセルを踏み込めば一気に160km/hに達する性能も持ち合わせていました。 タイヤもブリジストンがロイヤルの為にだけ特製の15インチタイヤを開発したのでした。

ボディ・デザインはGMのポンティアックから拝借したデザインのA30グロリア(タテグロ)と共通なイメージで顔面はそっくりサンなのでした。 Wildmanがロイヤル実車に遭遇した時、塗装の補修でブースに入っておりましたが、どう見てもボディー塗装は2液性ウレタンの焼付け塗装ではなく昔ながらのラッカー手塗りに見えましたが、やっぱりそのような仕上げで新車時はソリッド・ラッカーの12回塗り吹き付け塗装だったそうです。これなら当時の日本中どこでも補修が可能だったという理由により、最新ブースによる焼き付け塗装は避けたそうです。

絶対に実車が手に入らない御料車のロイヤルですがミニカーならこれが可能になります!!! 1970年代に不出来なミニカーを平気な顔をして次々と製造していたヨネザワ玩具のダイヤペットが、ついこの前の1975年8月に突如として発表したのが何とプリンス・ロイヤルだったのです。

前代未聞、皇室の専用車両をさらっとモデル化してしまうとは良い時代でしたね。フロントグリルの造型が素晴らしいこのモデルは、菊の御紋も再現され、重厚感溢れる仕上がりとなり、7ミニカーとなりました。天皇陛下万歳!!

でもさすが当時のダイヤペット、ミニカーのシャシーに刻まれた商品名がROYALじゃなくってLOYALになっちゃってるのです、全く素晴らしい商品管理だぜ、やってくれるぜダイヤペットよ!!

同じくダイヤペットが全くついこの前である昭和42年10月に発売したタテグロのミニカーとこのように並べると、変態としてはもう完全に酔っ払った状況となり昇天してしまいますね・・・・

そしてこちらは当時の日産のカタログです。なぜかロイヤルが掲載されていますが一億円積んだって売ってくれなかったでしょう・・・

6台が納入されたプリンス自動車の誇りともいえるロイヤルはその後長きにに渡って御料車として活躍しました。外務省で外国貴賓用として使われた車両のうちの1台をハイルーフ・ワゴンの特別車に改造し、大喪の礼の際、昭和天皇の御柩を八王子の御陵までお送り致しました、悲しいぜ・・・

その後21世紀になり日産自動車の「もう古くて危ないからマジで使わないで下さい」という申し出により、プリンス・ロイヤルはお役目を終えてひっそりと引退致しました。払下げが行われれば私が一番入札したのに・・・ […]