Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

42年お待たせしました、ブラックホールよりプレジデント来たる!!

巨人清武の乱があったり、日本シリーズが盛り上がったりと、プロ野球の話題で持ち切りな今日この頃でありますが、我がベイスターズ売却問題はいまだ楽天の包囲網によるDeNA買収反対運動が起こっておりまして、中々決着がつかない感じがしますね・・・早いとこ決めて頂かなくてはファンとしても落ちつきませぬ。

決着といえば私事ですが、42年間の問題であったある事にやっと決着がつきました!!また何を大袈裟にと思われるでしょうが、私にとっては人生における大問題だった「松坂屋プレジデント事件」が解決したのであります。

2008年11月1日のブログ「さらば横浜松坂屋、プレジデントの思い出と共に・・・」でお話し致しましたが、ついこの前である昭和44年に家族で今はなき横浜松坂屋へ日曜日のレジャーに行ったところ、幼年Wildmanは松坂屋おもちゃ売り場にてショーケースの中で燦然と輝く高級ミニカー、米澤玩具ダイヤペットの日産プレジデントを発見致しました。

  それは日本製ミニカーでは初となる「4ドアーオープン」という驚異のアクションを持ち、お値段も当時としては驚異の¥780というセレブなプライスタグを引っ提げておりました。

アイボリーのボディーカラーのそいつは4ドアーをガバっと開けてケースのど真ん中にディスプレイされていて、一瞬にして幼稚園児の心を奪ってしまったのです。 「こ、こ、これ猛烈に欲しいぞ、買ってくれ~」と叫びましたが、そんな高級品はとてもじゃないけど誕生日かクリスマス以外には買ってくれるはずもなく、泣けど騒げど親には全く相手にしてもらえませんでした、当たり前ですね・・・・ 結局いつも通り¥150のマッチボックスを1台買ってもらい、伊勢佐木町の不二家にてペコちゃんサンデーを食し、なだめられ悲しみの帰途についたのはついこの前の昭和の出来事でありました。 それ以来生産量の少なかったレアな「アイボリーのプレジデント」は私にとってコレクションの鬼門となり、途中茶色のを1台入手し、お茶を濁していたまま42年の歳月が過ぎてしまいました。42年なんて本当に一瞬なのですが・・・

 

横浜松坂屋もとっくに閉店してしまい、もう思い出の中でしか会えなかったアイボリーのプレジデントでしたが、2011年11月夢か幻か42年越しでついに私の手元にやって来る運びとなりました、おめでとう!!

私、日本で最も歴史のあるミニカーのクラブに属しておりますが、1960年代初頭よりミニカーのコレクションを一度もやめることなく継続している偉大な重鎮コレクターのI様というメンバーの方がおられます。 数万台にも及ぶそのコレクションは凄まじく、昭和、平成と途切れることなくミニカーを集めまくって来たその内容は圧巻なのです。 あまりの物量なので、当然買ってから一度も開封しなかった物や、数十年間箱に入れたままずっと眠っていたようなモデルも多々ありまして、御本人も自分が何をお持ちなのかよく分からないという「ブラックホール状態」のコレクションなのであります、凄過ぎます・・・

  

そんなブラックホールをたまに「虫干し」という事で箱を開封して中身を確認するとの事なのですが、今年の虫干し時にブラックホールの中から何とアイボリーのプレジデントが発掘されたのです!!! 40年以上前にデパートで2台購入されたという事なのですが、その内の1台が偶然にもレアなアイボリーだったのです。 おそらくこの40年で1~2度しか開封していないような状態で発掘されたので、新車のような激烈なコンディションを保っていたのです。まるでタイムカプセルです、す、素晴らしい!!!

で、以前から「松坂屋のアイボリーのプレジデント」と意味不明な言葉で一人大騒ぎしていた私の事を覚えていてくれまして、声を掛けて頂き、このたびそのミニカーを目出度く譲って頂ける事となりました、ああ、ありがたや。

余りの嬉しさにコレクションルームで一人号泣してしまいました。42年前は松坂屋で号泣していましたが・・・

念願かなってついにブラックホールよりやってきたアイボリーのプレジデント、欲しい欲しいと思っているといつか手元にやって来るものなのですね。ケースに飾るとあの時の興奮と悲しみが同時に蘇って来るのです。 たぶん42年後の2053年も一人号泣しております!!

[…]