Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

スーパースターボルグ様はスーパースクーターがお好き!?

先週はですね、Pomonaにて開催された62nd Grand National Roadster Showに参戦して来ました。 相変わらずHi QualityなShow Carが並ぶ会場は熱気に包まれ、世界中から多数のカーガイが訪れておりました。

そしてまたやってしまいました、3日間のイベント開催の最終日である日曜日の午後、空から雨がパラパラと・・・・・またもや雨の神様の異名をほしいままにするWildmanによってCaliforniaの青空を一変させ、Pomonaの街はあっというまにビシャビシャとなってしまいました・・・・世界中の皆様、本当にすみませんです。

このイベントの模様は今回一緒に出張したMooneyes Area-1 Staffの”Kid Rocker”こと松井kunが今後MMMにて詳しくレポート致しますのでそちらに注目です!!

で、日本に帰国するとArea-1にはこのような真紅の素敵なPick upが入庫して並んでおりました。 これです、とても珍しいマニア注目の香港トミカ「ダットサン1300トラック」です。 オリジナル箱も付いて最高のコンディションなのであります!!

じゃなっくって、こっちです。北米からの帰国子女、真紅の”Datsun 521 Pick up”なのでした。LHDのこちらはオリジナルコンディションを保ち、機関も好調で私の香港トミカもビックリの個体なのでした。

For Sale車両なのでぜひArea-1まで足を運んで頂き、じっくりとご覧になって下さいませ、必見であります!!(申し訳御座いませんがトミカは付きません)

で、もう一つ、こちらの「ライトニング」誌2011年3月号が発売になっておりました。 特集は「愛しきヘンタイ」とのことで、大変な変態である私も先日取材を受けました。 「変態」というのはWildmanの登録商標だと思っていたのですが・・・・

各分野のでスペシャリストである変態さんが紹介されておりますが、なぜか私だけ分野が沢山あって?ミニカー、スニーカー、ボルグ様、KISS、力道山先生、スクーターといった、ささやかな趣味が掲載されていました。本当に趣味の少ない男ですな・・・

ボルグ様といえば引退してから今年で28年が経過致しましたが、私の中では未だに力道山先生と共に永遠のスーパースターなのです。

日本のサッカーが強くなろうが、イチローがメジャーで大活躍したところでボルグ様と力道山先生の前ではただの人なのであります。

この前You Tubeでボルグ様が起用された80年代初頭のホンダ・リードのテレビCMを拝見致しましたが、あまりのカッコよさに久々に興奮してしまい、家の中でFila Borg Modelを着てラケットを振り回し、デッドストックのテニスシューズであるイタリア製DiadoraのBorg Modelを履いてしまいました(部屋の中です)

こうなるとやっぱりスクーターGTの異名を取った初代ホンダ・リードが欲しくなりますね。 でもビートでパーツの無さに懲りてるから、あの年代のスクーターの維持は大変なのであります。 当時はこの50ccのリードに乗ってましたが、あの頃欲しかったのは後から発売になった驚異の125ccモデルである「リード125」でした。

2ストロークのアルミシリンダー125ccエンジンは10馬力を絞り出し、剛力スクーターとしてピンクナンバーの王者でありました。 クリーンなデザインの50に比べて、SFかチンドン屋としか思えないシルバーとレッドの無茶苦茶なカラーリングは迫力満点で、kawasaki KH250に乗っていても思わず道を譲ってしまいました・・・

[…]