Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

名ばかりのエリートは道をあける、さて私は誰でしょう?

皆様明けましておめでとうございます、本年もMooneyes並びにWildmanを宜しくお願い致します。

 

年末&お正月はですね、恒例のイトーヨカードー鮮魚売り場にて閉店間際アワビの値下がりを待ち、無事2つゲット!! ステーキにして美味しく頂きました、最高です!!

  

さらに私のひそかな楽しみである、関内某ホテルのデザート食べ放題付きのランチにて、食後のデザートを2周させて頂きました、御馳走様でした!

そしてお正月は恒例のミニカーワックス掛けを行いまして、誰にも邪魔されることなく一人至福の時を過ごしておりました。 なかなか減らないシュアラスターもだいぶ底をついてきました。

   

又、新年のMooneyes Area-1 Sidewalk SaleのPinstripeデモにお越しの皆様、寒い中有難うございました。 次回は3月の第一日曜日となりますので宜しくお願い致します。

で、1000冊の本の森と化した自宅にてほんの整理のつもりが手に取った本をついつい読んでしまい、何も整理しないまま数時間が過ぎると言う悪循環を30年位続けております・・・

そんな中こちらの本をじっくりと読んでしまいました。

ついこの前の昭和53年11月発行ですから、まだ新刊みたいな物ですが、(株)企画室ネコの心に残る名車の本シリーズ第5巻”The Lotus 1978”でございます。 当時としては¥1,800もした豪華本でありましたが、それはそれは貴重な資料だと中学生ながらに感じ、ポルシェから始まったこのシリーズをコツコツと揃えておりました。

今見れば手作り感満載の本で、編集の方々の情熱と気合が感じられます。

旧い車に対しての向き合い方が、それまであった日本の他の本とは違い「本当に好きな人が集まって作った本なんだ」と勝手に中学生評論家は論じておりました・・・

表紙は憧れのBOWさんのイラストで当時「それだけで買いだぜ!」と思ってました。

 

他の記事の挿絵のタッチがとっても気に入り、よくマネをして描いていましたが、それらを描いていたのはモデルカーズ誌の初代編集長平野克己様であった事を後から知って驚きました。

3年くらい前としか思えない’85年に創刊された初期のモデルカーズ誌も衝撃的な内容だったので「こんな本を作ってる方々にお会いしてみたいもんだ!」と当時偉そうに思っていたら、その数年後に平野様が取材のお仕事で御所山倉庫に来られましたが、小心者は緊張してしまいたいして話が出来ませんでした・・・

その時の私の愛車、カワサキ350SS マッハIIを見て誉めて?くれたことだけ覚えております。

 

で、The Lotus 1978なのですが、何が素晴らしかったと言えば、当時の少年Wildmanがあまり知識を持ち合わせていなかった、ロータス初の量産車である「初代ロータス・エリート」について詳しくスポットを当てていたのです。

この頃はスーパーカーブームの名残がまだあった時期で、ロータスと言えばサーキットの狼主役である風吹裕矢の愛機ロータス・ヨーロッパの事を指しておりましたので、それ以前のエラン、ましてやエリートなんぞ少年たちの耳には入って来ませんでした。

 

私は実車より先にミニカーから入っておりましたのでエランやコルチナの事は理解しておりましたが、初代エリートとなるとさすがに??という感じで、この本を読んでどんなクルマだったのか理解出来ました。

その頃新型でこのような二代目ロータス・エリートが出ていてましたがスポーツ・ハッチのそのデザインは少年Wildmanにとって理解しがたく「出来そこないのライトバンみたいだぜ!!」とスーパーカーになり切れてないデザインと勝手に酷評してました。今見るとカッコいいです・・・

初代エリートはその新型とは似ても似つかない形で、エレガントな丸みを帯びた古き良き時代のデザインでありました。

キットカーとしても販売されてましたね。

1957年~64年にかけて1000台弱が作られましたが、オールFRPのモノコックボディを武器に1,2リッターの小さいエンジンながら軽さを利用した抜群の運動性能を誇りましたが、チャップマン・ストラットと呼ばれた独特の足回りや華奢な作りで、その後はさらに完成度の高いエランに道を譲りました。

ネコのこの本では、新車当時エリートは芙蓉貿易の手により7台が正規輸入されていて、それら全部の戸籍調査を行ってその消息を追った記事も素晴らしかったです。

ある自動車メーカーに渡り、研究後解体処分されてしまった個体や本田宗一郎&博俊親子が所有した物、ZFミッションにレース用フィラーキャップ、特注カラーの仕様で入って来たものなど、詳しく調べていて情報網の少ない当時で頭が下がるばかりです。

 

塗装名人、故中沖満氏の「力道山のロールスロイス」の中にもこのエリートのお話があり、補修で入って来たエリートのルーフ全体にスクラッチがあり、リアガラス上部が少しだけ飛び出していた状態でどのような類の事故か良く分からかったそうですが、これは懐かしの船橋サーキットででんぐり返ってコース上を滑走した時についた傷だったそうです。他には破損個所が無いのでこの時FRPボディの強さと復元力の優秀さが分かったそうです。だから力道山のロールスロイスを読んで下さいませ。

第二回日本グランプリにもエリートは出走してましたが、プラクティスでクラッシュしてしまい、あの伝説の式場ポルシェ904と共に2日の徹夜作業で修復し本レースに出走しております。

それにしても2台の事故車を同時に修復した名古屋三和自動車様には頭が下がります・・・・

そして本題のエリートのミニカーですが、残念ながら「当時物」では全く作られませんでした。国産では有名なコグレのプラモデルがありましたが、海外製品を含めても当時エリートはナゼかミニカー化されませんでした、残念!!

まあ量産車と言っても特殊なスポーツカーで今ほどロータス・ブランドも有名ではなかったので?あえて作る程の車種ではなかったのでしょう。

 

[…]

最速のチンドン屋、ナナサンカレラは最高だぜ!!

Hot Rod Custom Show 2012やMooneyes USAのX-mas Partyも無事終了致しまして、やっと落ち着いてミニカーのワックス掛けが出来る季節になりました、至福の時であります・・・

ローテーションが決まっておりますので「今日は右側ケースの一番端っこ最上段を攻めましょう!」とワックス片手に手を伸ばすとそこはポルシェの花園となっておりました。

ポルシェはですね、356Aと930ボディまでの911は大好きなクルマなのです、でも自分じゃ持とうと思いませんけどね・・・だってワーゲンと同じリア・エンジンのクルマなんて恐ろしくて乗れませんな。

きっとフロントガラスが割れたり、ワイヤーがブッチぎれたりと私と相性が悪いに決まってるのですから、ああ怖い、怖い・・・・

だからポルシェは見てるだけでいいのです、それもミニカーで。それが王道の楽しみ方に決まってますね、これぞAir Cooled in Actionだぜ!!

で、ポルシェの花園に手を伸ばすと、そこには懐かしい茶色のポルシェがこっちを向いていました。

 

ついこの前の1975年に横浜高島屋玩具売り場にて祖母をだまして、じゃなくって祖母にお願いして買ってもらったフランス製高級輸入ミニカーの「ソリッド」というブランドのポルシェカレラRSであります。

通称「ナナサンカレラ」ですね。

今見るととっても素朴な作りなのですが、当時は「こんな精巧なミニカー見たことない、こんなの初めて!!」と興奮し、枕元において寝てました。

 

実はちっとも精巧ではなく、アクションもドアの開閉だけなのですが、素晴らしいのはそのプロポーションでありまして、フェンダーのフレア具合、車高とポルシェアロイとのバランス、ダックテールの絶妙な角度と完璧にナナサンカレラRSしているのです。

思えばこのポルシェを手に入れてしまったことが切っ掛けで、その後泥沼化してしまったミニカーコレクションのスタート地点に立ったのでした。

良い子の皆さんは気を付けるよーに・・・

 

1973年型ポルシェカレラRSはグループ4のホモロゲーションモデルとして2,7リッターにスープアップされたフラットシックスを積んで軽量ボディと組み合わせたレーシング・モデルのロードバージョンと言う形で販売されました。当初500台限定でしたが、世界中で人気者となり追加注文で結局1500台を超える数が作られたようです。

日本には当時ミツワ自動車により14台が輸入されたそうです、790万円という天文学的なプライスにて・・・今はもっと天文学的になっておりますが。

で、ナナサンカレラといえばやっぱりナチス軍ポルシェ隊総統の早瀬左近ですよね。劇画「サーキットの狼」において主人公の風吹裕也のライバルだった早瀬左近の愛車で決まりなのです。

ポルシェだけの暴走族という設定もぶっ飛んでましたがナチス軍という名前は子供心にも行き過ぎでは?と思ってた小心者の少年Wildmanでした・・・

純白のボディに赤いCarreraのストライプはまさにチンドン屋(失礼)の風情でこのCarreraのレタリングがカッコ良くて授業中何回描いたか分かりませぬ・・・

横浜市内で実車を初めて見たときも白ボディーに赤ストライプのミツワ物で、他にもブルーや、グリーンのストライプがありましたが、やっぱり世界最速のチンドン屋の誉れ高きカレラRSは白ボディに赤ストライプで決まりなのです!

ストライプレスのモデルもありましたがあれは超マニヤ向けですよね。

プロトタイプのストライプはこんなデザインのもありましたが、何かバランスが変ですけど、もし自分がナナサンを持ったら黄色いボディに黒でこれに描き直したいです、というかオーナーの方、描かせて下さいませ。

ということでやっぱりナナサンカレラは「当時物ミニカー」で楽しむのが一番なのです。

 

当時ソリッドの次に手に入れたのが、このイタリアはBurago(ブラーゴ)製のモデルでした。

1/24スケールでデッカイのですがデッカイ割にたいして精密でもなく、エンジンもこの程度の表現でした。

先に発売されてた911Sのボディを利用したので、フェンダーもフレアしてなく、小さいソリッドの方が全然カッコ良かったのですダックテールのCarrera RSの彫り込みだけが素敵に見えて手に入れたのです。

 

お次はミニカーと言うとデカすぎる1/18スケールの西ドイツはSchuco(シュコー)製のモデルです。1976年にこのモデルを初めて見たときは実車にしか見えませんでした。まさにナナサンカレラその物のプロポーションで、ドアを開ければそこは早瀬左近の世界なのです・・・

   

ゼンマイ動力!で走りハンドルもステアしますが、そんな遊び方したら一発で廃車になってしまいます、ああ恐ろしい・・・

  

箱も秀逸なデザインでありまして、オーナー気分が味わえます。

 

で、真打ち登場となりましてシュコーの上をゆく1/16スケールの黄色い巨大なナナサンは70年代にスペインで作られたSanchis(サンチェス)製で置く場所に困っているモデルです。

昔写真で見たときは大きさがよく分からず、シュコーに似ていたのでただのコピーモデルかと思ってましたが、手元に来てビックリ、拡大コピーになっていました。

[…]