Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

バゲーラでバケラッタ?プラスチックなクルマたちはカッコいいぜ!!

もうすぐは~るですねぇ♪と歌いたくなるようなポカポカな陽気になってまいりました。春は嬉しいですね、雪は一生見たくないので・・・

というわけでキャンディーズを歌っている場合ではなく、前回のブログの続きとなるプラスチックなクルマたちのお話をさせて頂きます。

キャンディーズが流行ってる頃といえばわが国はスーパーカーブームに明け暮れ、地獄の軍団KISSが来日し、ナイキが日本発売される等、私の狂った人生が狂い始めた記念すべきスタート地点となります、ハイ・・・

ついこの前の1977年5月8日に、今はなき磯子の高台にあった横浜プリンスホテルで開かれたスーパーカーショーにヤマハモトバイクで出撃し、展示車両だったロータス・ヨーロッパに座らさせて頂いたのがプラスチックなクルマの初体験でありました。

ロータス・ヨーロッパは漫画サーキットの狼の主人公、風吹裕矢の愛車だったので、当時の子供たちには絶大な人気を誇っておりました。

練馬56そ・740の白いヨーロッパ・スペシャルはアイドルとなっておりましたが、4気筒1600ccで126馬力、最高速度200km/hのこのクルマが漫画の中では12気筒4000ccで375馬力、最高速度300km/hを誇るカウンタックに勝ってしまうのが不思議でなりませんでした・・・

だったら2気筒360ccで36馬力のスバル・ヤングSSが6気筒2000ccで150馬力のトヨタ2000GTに勝てるのではないかと本気で考えてました、風吹裕矢の次の愛車はヤングSSにした方がイイと思ってました・・・

で、ヨーロッパの当時物ミニカーですが、実車が「史上最速のブレッド・バン」と呼ばれた不思議な形の為なのか、今一つ作りにくかったようで傑作と言えるモデルが見当たりません。

  

しいて言えばちっこいサイズのこの英国マッチボックスが初期OHVエンジン搭載の細いタイヤを履いたヨーロッパの雰囲気をイイ感じで捉えていますね。

イタリアはMebetoysからもこのレーサー風ヨーロッパが出ていましたが、おそらくコスワースエンジン搭載のレースカーである47GTをモチーフにしたと思われます。

  

このミニカーは1975年に鶴見のチェッカー、絶版車コーナーにて祖母におねだりして買って頂きました、¥2,500もしました・・・帰り道でつくの商店街の長崎屋でラーメンを食したこともちゃんと覚えております。

「今でも大切に持ってるぜ婆ちゃん!!」と墓参りの度に伝えております。

そしてプラスチックなロータスと言えば、古いエランの方がマニア受けは良いようですね。

初めて実車を見た時はあまりにも小さくて、ニセ物なんじゃないと心配してしまいました。

浮谷東次郎が船橋のレースで勝ったりして、古くからのファンには人気がありましたがスーパーカーブームの頃にはもう古過ぎて、子供たちのアイドルにはなれませんでした。

しかしミニカーマニヤの私には十分にアイドルとなってましたね。

 

英国Corgi Toys製の傑作モデルの誉れ高きエランS2は、シャーシー脱着可能!!という驚異のアクションを持ち、子供たちに実車の構造を教えてくれたのでした。

 

トヨタ2000GTがこのフレーム構造をマネしたんじゃないかとひねくれた考えを持つ子供を育てることにもなってしまいました・・・

ブルーに白ルーフのは、ついこの前の1976年にやはり婆ちゃんにチェッカーで買って頂きました、¥3,000もしました・・・・いまでも大切にしております。

いろんなバリエーションが作られましたが、1960年代の英国の人気テレビ映画The Avengers(邦題:おしゃれ丸秘探偵)の劇中車両セットもありました。

当時輸入されなかったようで、なかなか手にはいりません。

主人公のベントレーとヒロインの白いエランS2がセットになっていて、武器?であるこうもり傘も付属しています。箱絵を見ているだけで夢が広がって行くのです。

日本代表のプラスチックといえば1956年発売のフジ・キャビンにとどめを刺すのです。

全くこれ以上何を望めばいいのかと思わせるほどの前衛的なデザインを持つこの超小型3輪車は、フレームを持たないモノコック構造全体をFRPで構築するという画期的な手法で作られました。

同じ構造のロータス・エリートよりも2年も早い開発という快挙なのであります。

たったの125ccで5,5馬力という性能のキャビンは、夏は暑くて冬は寒いという素晴らしい特性を持ち、操縦性も悪くて市場には受け入れられずにたった85台が作られただけで寂しく消えて行きました。

でもプラスチックで錆びないから外で放置しても残ってしまった車輛も少数存在し、マニヤ様の元で生き永らえているようです。

キャビンは当時物では一切モデル化されず(ミニカー、プラモ、ブリキ)ここ何年かでレジンのキットや完成品が出たにすぎません。

  

こちらはレジンの完成品ですが、流石に現代の技術で作られた為「実車より精密」に作られております、味はありませんが・・・・・

お次はおフランスのプラスチックになりまして、日本ではあまりなじみの無いマトラになります。

フランスのルネ・ボネという小さな会社が作っていた世界初の市販ミッドシップカーであるルネ・ボネ・ジェットというクルマがありました。

1962年から2年間細々と作られていましたが経営難に陥り、航空宇宙産業やミサイルなどの軍需産業で有名なマトラ社がルネ・ボネを買収しました。

マトラは元々ジェットのFRPボディを作っていたのです。

[…]

ゴミか芸術か!? 箱が命のミニカー・コレクション(外国車編Part II)

先週末にですね、新装なったVWとMotorcycleのSpecial Shopである”One Low”さんのOpen Houseにお招き頂き、美味しいBBQを頂いてまいりました、御馳走様でした。

思えば3月の地震の時には、こちらの建物の3階部分の看板文字描きをしているまっ最中でありましたが、強風なのかめまいなのかさっぱり分からないまま3階足場の上でひとりフラフラしていましたが、今こうやって見てみるとやっぱり高いですね・・・

お、こんな所に可愛い仔猫が!! 捕まえて家に持って帰ろうと思いましたが、そんなことをしたら我が家では7匹目のネコとなってしまい、エサ代で破産しそうなのであきらめました・・・

One Lowさんの手前エリアは横田基地がありますが、その周辺はなんとも趣きの有るこういったお店が立ち並んでいて「基地の街」というのを感じさせます。 横浜には無くなってしまった風景が沢山あって楽しそうなので、今度じっくりと再訪してみたいです。 で、先週からの引き続きでミニカーの「箱」のお話の時間がやって参りました。 本当にですねミニカー本体も箱も60年代までの製品は各国の作り(デザイン)の違いがよく出ておりまして、マニアなら一発でどこの国のどこのブランドのミニカーとわかるのでした。私も98%以上の確率で言い当てることが出来ると思います。 何て言ってるとまた勝手な話が終わらなくなってしまうので、ミニカー(の箱)を紹介して行きます。 芸術の国イタリアでは、芸術的なミニカーが60年代までは多数生産されておりました。 中でも「マーキュリー」というブランドは箱絵が秀逸なものばかりで、時には中身よりも箱絵にウットリしてしまいます・・・・

マセラティ3500GTですが実車の特徴であるロングノーズを協調し、箱絵もミニカーも確実に実車以上の仕上がりとなっております。バックの芝生もたまりません。 コレの実車は60年代、突発的に日本に上陸致しましたが、当時では宇宙船を買うくらいの感覚だったのではないでしょうか・・・

同じくマーキュリーのランチア・フルビア・ラリーカーですが、これはもう完全にアートですね。雪のモンテカルロ・ラリーを疾走するフルビアのイラストはヘッドライトの明かり、舞い散る雪、共々臨場感あふれるのでした。 ドライバーとコ・ドライバーの会話も聞こえてきそうで、これは額に入れて飾りたいくらいなのです。

イタリアのTOGIというマイナーなブランドは90年代に入って再販されてしまい私をとってもがっかりさせましたが、60年代オリジナルの箱絵はこんなに素敵だったのです。 鬼才フランコ・スカリオーネのデザインによるアルファロメオ・ジュリエッタSS(スプリント・スペチアーレ)はWildman的には好きなデザインベスト5に入るクルマなのです。その昔、俳優の夏木陽介氏も乗られていましたね。 箱絵はそのまま絵本にもなりそうなくらいの仕上がりですが、その時のタイトルは「ジュリエッタ君の冒険」で決まりです。 お次は地球の裏側で作ってたアルゼンチン製ミニカー達(の箱)です。いいですよね、南米産・・・日本やヨーロッパのデザインで製造はアジア諸国なんていう下請け生産の大人向けの個性無きミニカーたちとは違って、自国の子供たちの為に自国で作ったミニカーというのは最高なのであります、スピリットが違います。 アルゼンチンの「ブービー」というブランドは1950年代後期よりミニカーの生産をしていて自国ではかなりのシェアを持っていました。

フォード・ファルコンですが、当時あまりミニカー化されなかった車種なので貴重な存在となっております。箱絵もご覧の通り実車カタログ並みのクオリティーのイラストが描かれ、中身よりも感動してしまいます。

シェビーII ノバはレース仕様となっておりまして1970年代劇画タッチでサーキットを疾走する4ドアのノバが描かれています。 ミニカー本体のボンネットを開くとそこにはナゼかストレート6が鎮座されていてとってもエコなレーサーになっております。

メルセデスのトラックはブービーの傑作ミニカーとなっていて、物凄く出来がいいのです。これを初めて手にした時は「南米産ミニカーおそるべし」と思いました。 箱も立派なデザインで、工事現場に向かうおっちゃんの威勢良い声が聞こえてきそうな迫力があります。

おフランスの芸術はティンプレート(ブリキ)製のべラム・イセッタになります。 モデル自体もおにぎりのようでそのまま食べてしまいたいくらい可愛いのですが、箱絵に至っては問答無用の芸術で、あまりの迫力に言葉を失ってしまいました。 天才赤塚不二夫先生のキャラクター「べし」も逃げ出しそうなくらいのイラストです・・・これでいいのだ!! JEPというおフランスのブランドはプラスチック製ボディーにダイキャスト製のシャシーを組み合わせるという不思議なミニカーを作ってました。 不思議なのはミニカー本体だけでなく箱も不思議な作りで、組み上げると何とジオラマ風景になるというイカしたヤツなのでした。

シトロエンDSは岸壁で自分のコレクター人生を振り返っているナイスミドルが表現されているようです。

変なクルマ、パナールは箱を組み上げるとドーンとお城がおっ建っていて、もっと変になるのでした。意味分かりません・・・・ そしてやっとミニカーの故郷、英国製品(の箱)のご紹介です。 Hot Wheels登場以前に隆盛を極めた英国レズニー社のマッチボックスは 幼少時代もっとも親しんだミニカーなのでした。トミカなんてまだなかったし・・・ 当時絶対に買ってもらえなかった豪華ギフトセットがこちらになります。 RACE’N […]

ウソじゃないよ、イソだよ!謎のグリフォはスーパーカー!?Part.I

先日、あるミニカーを探す為に我が変態部屋内の「ジャンク・ヤード」 (ただの段ボール箱)を物色していたところ、探しものとは全然関係ない 懐かしいブルーのジャンク・ミニカーが出て来て郷愁に浸ってしまいました・・・

このジャンク・ヤードというのは数十年に渡るミニカー心中生活の中で、 何らかの理由で傷ついてしまった物や、子供のころ弟に破壊されて しまった物、友人から「もういらないから持ってって」といわれ「ハイハイ、 かたじけない」と廃品業者のように回収してきた物たちがひっそりと眠る 「ジャンク・ミニカー安住の地」となっております。

でもこのジャンクたちも時には役に立つことがありまして、実車と同じく 「部品取り車」として大変重宝することもあるのです。タイヤなんかよく 利用致しますね。

で、ブルーのミニカーであります・・・・皆様は子供のころ買って頂いた オモチャをどのくらいお持ちでしょうか? エッ、全然持ってないって?? それじゃ人間失格ですね。3~40代の人であればせめて5歳くらいの ころのオモチャくらい持っていないと話になりませぬ・・・・・

ついこの前の昭和30年代後半から40年代前半に生まれた方であれば ミニカーといえば英国の”Matchbox”(マッチボックス)なのであります。 1/43スケールのミニカーなんて高価過ぎて、誕生日やクリスマスの イベント時くらいしか買ってもらえないのが当時の一般常識でありまして 60年代当時は150円で販売されていたマッチボックスは庶民の味方 だったのです。 何はともあれ、当時の子供たちはミニカーといえばマッチボックスでした。

バラエティに富んだ車種選択と、かなり精巧なディティールはトミカや ホット・ホイール(ウィールじゃありません、念のため)誕生以前の 小スケールミニカーの代名詞だったのです。

Wildmanもついこの前の幼稚園時代はマッチボックスに大変お世話に なりました。今でも大変お世話になっておりますが・・・ で、やっとブルーのミニカーの登場であります。マジックでゼッケン2番 が描かれてしまった傷だらけのこいつはタイヤも一本紛失していて Wildman的には完全なジャンク・ミニカーなのです。 最近はこんなのでも程度がいいという変態も結構いるのですが・・・ このミニカーが我が家にやって来たのはついこの前の昭和44年、 岡村幼稚園、ひなぎく組の時でありました。 ある日、弘明寺商店街の中華料理屋に家族で食事に行き、今はなき 「さのや玩具店」にて買ってもらった当時最新鋭のミニカーでして、 現在手元に残っている「Wildmanワンオーナーカー」の中でも最古の ミニカーの一台なのです。

でもね、幼年Wildmanは当時このミニカーの車種が全くわからず、 困り果てておりました。マッチボックスでもムスタングやワーゲンなんか はその辺でも実車を見るから全然問題ないのですが、この青いクーペ はその辺を走っていなく、何が何だかさっぱりわからないクルマでした。 シャーシに刻まれた英語なんて読めるわけないし・・・

親父に聞いても「きっとファミリア・クーペだよ」と無茶苦茶な答えしか かえってこず、謎のクルマは謎のまま時が過ぎて行きました。 しか~し、ついにその謎が解ける日がやって来たのです。 岡村幼稚園、月組になった頃、今度は同じ弘明寺商店街にあった いまはなき「高橋玩具店」にてミニカーのカタログを何冊か頂きました。 その中に「1969年マッチボックス日本語版」カタログがありまして、 パラリとページをめくるとそこにはあの青いクーペが出ていたのです!! しかしまだカタカナがよく読めませんでした・・・・親父にそれを読んで もらうと「イソグリフォ」って書いてあるよと言われました。 「いそぐりふぉ~」って何???へんなの、円谷プロダクションのクルマ ですか???と又もやクビをひねるしかありませんでした・・・

[…]