Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

バゲーラでバケラッタ?プラスチックなクルマたちはカッコいいぜ!!

もうすぐは~るですねぇ♪と歌いたくなるようなポカポカな陽気になってまいりました。春は嬉しいですね、雪は一生見たくないので・・・

というわけでキャンディーズを歌っている場合ではなく、前回のブログの続きとなるプラスチックなクルマたちのお話をさせて頂きます。

キャンディーズが流行ってる頃といえばわが国はスーパーカーブームに明け暮れ、地獄の軍団KISSが来日し、ナイキが日本発売される等、私の狂った人生が狂い始めた記念すべきスタート地点となります、ハイ・・・

ついこの前の1977年5月8日に、今はなき磯子の高台にあった横浜プリンスホテルで開かれたスーパーカーショーにヤマハモトバイクで出撃し、展示車両だったロータス・ヨーロッパに座らさせて頂いたのがプラスチックなクルマの初体験でありました。

ロータス・ヨーロッパは漫画サーキットの狼の主人公、風吹裕矢の愛車だったので、当時の子供たちには絶大な人気を誇っておりました。

練馬56そ・740の白いヨーロッパ・スペシャルはアイドルとなっておりましたが、4気筒1600ccで126馬力、最高速度200km/hのこのクルマが漫画の中では12気筒4000ccで375馬力、最高速度300km/hを誇るカウンタックに勝ってしまうのが不思議でなりませんでした・・・

だったら2気筒360ccで36馬力のスバル・ヤングSSが6気筒2000ccで150馬力のトヨタ2000GTに勝てるのではないかと本気で考えてました、風吹裕矢の次の愛車はヤングSSにした方がイイと思ってました・・・

で、ヨーロッパの当時物ミニカーですが、実車が「史上最速のブレッド・バン」と呼ばれた不思議な形の為なのか、今一つ作りにくかったようで傑作と言えるモデルが見当たりません。

  

しいて言えばちっこいサイズのこの英国マッチボックスが初期OHVエンジン搭載の細いタイヤを履いたヨーロッパの雰囲気をイイ感じで捉えていますね。

イタリアはMebetoysからもこのレーサー風ヨーロッパが出ていましたが、おそらくコスワースエンジン搭載のレースカーである47GTをモチーフにしたと思われます。

  

このミニカーは1975年に鶴見のチェッカー、絶版車コーナーにて祖母におねだりして買って頂きました、¥2,500もしました・・・帰り道でつくの商店街の長崎屋でラーメンを食したこともちゃんと覚えております。

「今でも大切に持ってるぜ婆ちゃん!!」と墓参りの度に伝えております。

そしてプラスチックなロータスと言えば、古いエランの方がマニア受けは良いようですね。

初めて実車を見た時はあまりにも小さくて、ニセ物なんじゃないと心配してしまいました。

浮谷東次郎が船橋のレースで勝ったりして、古くからのファンには人気がありましたがスーパーカーブームの頃にはもう古過ぎて、子供たちのアイドルにはなれませんでした。

しかしミニカーマニヤの私には十分にアイドルとなってましたね。

 

英国Corgi Toys製の傑作モデルの誉れ高きエランS2は、シャーシー脱着可能!!という驚異のアクションを持ち、子供たちに実車の構造を教えてくれたのでした。

 

トヨタ2000GTがこのフレーム構造をマネしたんじゃないかとひねくれた考えを持つ子供を育てることにもなってしまいました・・・

ブルーに白ルーフのは、ついこの前の1976年にやはり婆ちゃんにチェッカーで買って頂きました、¥3,000もしました・・・・いまでも大切にしております。

いろんなバリエーションが作られましたが、1960年代の英国の人気テレビ映画The Avengers(邦題:おしゃれ丸秘探偵)の劇中車両セットもありました。

当時輸入されなかったようで、なかなか手にはいりません。

主人公のベントレーとヒロインの白いエランS2がセットになっていて、武器?であるこうもり傘も付属しています。箱絵を見ているだけで夢が広がって行くのです。

日本代表のプラスチックといえば1956年発売のフジ・キャビンにとどめを刺すのです。

全くこれ以上何を望めばいいのかと思わせるほどの前衛的なデザインを持つこの超小型3輪車は、フレームを持たないモノコック構造全体をFRPで構築するという画期的な手法で作られました。

同じ構造のロータス・エリートよりも2年も早い開発という快挙なのであります。

たったの125ccで5,5馬力という性能のキャビンは、夏は暑くて冬は寒いという素晴らしい特性を持ち、操縦性も悪くて市場には受け入れられずにたった85台が作られただけで寂しく消えて行きました。

でもプラスチックで錆びないから外で放置しても残ってしまった車輛も少数存在し、マニヤ様の元で生き永らえているようです。

キャビンは当時物では一切モデル化されず(ミニカー、プラモ、ブリキ)ここ何年かでレジンのキットや完成品が出たにすぎません。

  

こちらはレジンの完成品ですが、流石に現代の技術で作られた為「実車より精密」に作られております、味はありませんが・・・・・

お次はおフランスのプラスチックになりまして、日本ではあまりなじみの無いマトラになります。

フランスのルネ・ボネという小さな会社が作っていた世界初の市販ミッドシップカーであるルネ・ボネ・ジェットというクルマがありました。

1962年から2年間細々と作られていましたが経営難に陥り、航空宇宙産業やミサイルなどの軍需産業で有名なマトラ社がルネ・ボネを買収しました。

マトラは元々ジェットのFRPボディを作っていたのです。

[…]

ついに優勝カップ授与、Wildmanのワールドリーグ戦

先週末は天候が心配される中、無事23回目のクラウンピクニックが開催され、マニヤの方々は楽しいひと時を過ごされましたね。

 

来場の皆様には記念Tシャツとトレーナーも好評の内、お求め頂きましたが、いつも最後に少しだけ残ってしまうのがXLサイズとなっております。しかし逆に少なく作ってしまうと早めに売り切れてしまい「XLないですか?」と聞かれるという事態が起こるので本当にマニヤ好みな微妙なサイズとなっております・・・

クラウンマニヤの皆様にはもっと太って頂き、来年はぜひXLサイズをお求め下さいませ。

クラウンピクニックでの楽しいひと時のあと、Wildmanはさらに一人楽しいひと時を過ごしております。

なぜかって? それはこちらの「カップ」がウチにやって来たからであります、ふふふ!!

Wildmanは長年における変態としての功績が認められ、全日本変態連盟ミニカー支部よりカップを授与されたのです。

じゃなっくって、とんでもないものが本当に私の部屋にやって来ました。

「1963 プロレス第五回ワールドリーグ 立川開催記念」というプレートが貼られたこちらのカップは正真正銘の本物、力道山先生ゆかりの御品なのであります!!本当だってば!!!

ついこの前の1963年にはあの赤坂リキ・アパートにあったであろうあり難き逸品なのです、ああ、あり難や・・・

プロレスワールドリーグ戦というのは、空手チョップとテレビ中継を駆使し国民的英雄になった力道山先生が編み出した興行でした。

1950年代後半には一時的にプロレスブームが下火になり、その時に起死回生の一発ということで、戦前の日本の浪曲の興行にヒントを得て世界中から各地の代表という形でレスラーを呼び寄せて、日本中を転戦し総当たりのリーグ戦を行いチャンピオンを決めるという大掛かりな興行でした。これが見事に当たってしまい、再びプロレス人気が息を吹き返したのです、先生お見事です!!

ついこの前の1959年に第一回大会が開催され、その後1972年まで14回に渡り開催されました。

当然力道山先生は一回目からお亡くなりになる1963年の五回目まで 五連覇されております、さすが先生であります!!

ちなみに最多優勝はジャイアント馬場の6回だそうです。

で、こちらのカップは先生最後の参戦である1963年の第五回大会の物なのです。

この年のワールドリーグ戦もあっちこっち地方巡業をこなされましたが、やっと東京に戻ってきて立川で6人タッグマッチを行いました。

キラー・コワルスキー、ヘイスタック・カルホーン、ジノ・マレラVS 力道山、豊登、グレート東郷という面子でしたが、何と力道山組は負けてしまった試合なのでした。

だからこちらのカップはサイズが小さいのだと勝手に解釈しております。

ちなみに世紀の悪役「グレート東郷」は力道山先生が大変憧れた「プロレス・ビジネスマン」なのでした、書きたい事は山ほどありますが。

そして2日後の5月17日には東京都体育館にてワールドリーグ戦の決勝が行われ、先生はキラー・コワルスキーを下し、見事大会五連覇を成し遂げたのであります。

直後に力道山と最後に闘った、あのザ・デストロイヤーが来日しましたね。

そしてこの年の12月15日に先生は天に召されてしまいました、合掌・・・

 

縁あって、というか私が力づくで引き寄せた力道山先生のカップは他の先生ゆかりのGoodsたちと一緒に末永く私の元で保管させて頂きます。

[…]

我、力道山先生の幻をドイツにて発見せり!!

ワールドカップも一段落した所で、突然我が家のエアコンがお亡くなりになられ、 猛烈な湿度の中で暮らす日々が続いております・・・・ 扇風機だけではどうにもならず、冷えたペットボトルをまくら代わりに 使う変態の今日この頃であります・・・6匹の猫と1匹の犬たちも変態だ!じゃなくて大変だ!! と思ってたら意外とあいつら暑さを気にしてません・・・

で、先週からのお話の続きなのでありますが、ヨーロッパ・ツアーの 詳しいレポートは「ムーンアイズ・メールマガジンMMM」にて発表となっておりますので そちらをご覧くださいね。 え、見れない?? そうなの??じゃ今回は特別に見せてあげますからこちらをクリックして下さい。 というよりも一刻も早くMMMに登録してくださいな!!

で、ドイツの博物館なのですが、これが結構楽しくて千差万別いろんなクルマが展示されておりました。 このランボルギーニ・ミウラP400Sはホワイトレターのグッドイヤーがとっても素敵でありました。

こんな可愛いゴッゴモビルやNSUスポーツ・プリンツなんかもあって変態向けの車種選択がたまりませんな!! あんまり嬉しいので我が家の当時物ミニカーの画像も並べておきますね。

おおっ!!これは西ドイツのDKW(デーカーヴェー)ゾンデルクラッセではありませぬか!! 2ストローク好きにはこたえられないクルマです。

エンブレムに注目であります。このクルマには「3=6」不思議なエンブレムが ついているのです、3イコール6です・・・ 変態のアナタならこのエンブレムの意味が分かりますよね。このクルマは 2ストローク3気筒エンジンを 搭載しているのです、カワサキマッハIIIじゃないよ!! DKWの2ストエンジンに対する自信の表れを 示すもので、3イコール6の意味は「2ストローク3気筒は4ストローク6気筒に匹敵する性能を持つ」

というナゾナゾのような意味を表しているのです。間違えた算数ではありません。 カッコイイなDKW、こりゃマッハIIIもビックリだぜ!!

何て興奮しながら、誰も聞いてないのに一人でブツブツと説明しながら 博物館内をトボトボと歩いていると、アメリカ車コーナーにたどり着きました。

シェビーやダッジやキャデ等、日本でもアメリカでも見なれた大きなクルマたちを眺めていると、 いきなりブルーのクルマが目の前に現れました。 「こ、こ、こ、これはスゲエ、こんなのまでここにあったとは!!」とひっくり返りそうになりましたが、 気を持ち直すと力道山先生の姿が浮かんできたのです・・・・

そのブルーの車は「1957-58キャデラック・エルドラド・ブロアム」なのであります。 「な〜んだ、ただの50年代のキャデラックじゃん」といわれるアナタはダメダメです。 このブロアムはとっても特別なキャデなのです。

夢の1950年代、かのGMは「モトラマ・シリーズ」というのを展開していてワンオフのドリームカーをシェビーや ポンティアックやキャデラックやらGMの各ディビジョンごとに製作させ、編隊を組み全米各地をデモしていたのです。

これらのドリームカーはどれも時代を先行するデザインで、それを一般 ユーザーに見せて反応をリサーチし、数年後の量産車にそのデザインや メカを取り入れるという目的を持っていました。そんな中であのテール・フィンのデザインなんかが生まれました。

キャデラックがモトラマ用で1955年に製作したエキスペリメンタルカーがこの 画像のエルドラド・ブロアムなのです。

それをほぼそのままの形で限定生産して販売したのが’57-’58エルドラドブロアムです。 今回ドイツの博物館で遭遇したブルーの個体がまさにそれでした。 他のキャデラックとは別工程で生産され製造、仕上げ、検査とほぼ全ての 工程が熟練工の手によるほぼ手作りの自動車だったのです。 他のグレードではオプションとなる装備全てが最初から標準で組み込まれていました。

車輛金額は13,074ドルで、これは当時の普通のキャデラック4ドア・セダン の4,413ドルに対し3倍の金額を付けていたのでした!!いかに凄いかが分かりますよね。 生産台数も2年でたったの704台と、アメリカ車にしては異様なまでに少ない特別なクルマなのです。 低くたたずむ観音開きの4ドアHTボディは、ルーフがステンレスのヘアライン仕様になってるお洒落さんなのでした。

[…]