Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ミニカーコレクションは芸術の域へ!そしてMIM No,21発売であります!!

ミニカーコレクション第1位を発表してしまいまして、腑抜けになってしまった Wildmanは毎日ベイスターズの勝敗を見て、ますます腑抜けになってしまいそうなの であります。

ついに恐怖のセ・パ交流戦が始まってしまい、この先セ・リーグのチームはどん底に 突き落とされる未来しか見えて来ないのです・・・ 我がベイスターズもどん底からは脱して、ちょぴっとづつ成績は上向いて来たのです が、このタイミングで交流戦が始まると、また振出しに戻ってしまいそうで、小心者 としては梅雨とともに憂鬱な季節が始まってしまいました。早く終わってしまえ、交 流戦なんか!!

7月には横浜スタジアムにて今季初観戦となるのですが、言いたい事は山ほどござい ますので、Wildmanの「ベイスターズが夏を乗り切る作戦」をレポート用紙にまとめ て、紙飛行機で一塁側ベンチに飛ばす計画を企てております。

もし夏場にベイスターズの成績が上向いたら、それは私のアドバイスによる作戦が功 を奏したと思ってくださいませ。

そしてミニカーコレクションはついに第1位を発表してしまいましたので、思い残す ことは無かったはずなのでしたが、やっぱり思い残すことばかりでまた少し語らさせ て頂きます。

最近のミニカーというのはどれもこれも素晴らしい出来栄えで、まるで実車の縮小コ ピーと思えるようなものが沢山作られていて、大人がミニカーを集めるというコレク ションが普通の趣味?ととらえられるような時代となってしまいました。

メーカーも子供対象のオモチャとしてのミニカーではなく、大人を対象とした高価で 精密なモデルを作って売りさばいております。もうこれは「ミニカー」ではなく「模 型」なのであります。メーカーは限定品を乱発し、コレクターをあおって爆買いさ せ、コレクターはコレクターで自分たちで市販ミニカーを二次加工し(メーカーが加 工したものではなく素人が脚色したモデル)勝手に付加価値を付け、それを勘違いし たコレクターがネットで高額で取引をする変な時代となってしまいました。

40年以上前は小学校の高学年ですらミニカーを集めてると言ったらキチガイ扱いされ ましたが、今時いい年こいてミニカーを集めてるといったところで誰も驚かないし、 ミニカーコレクション自体が世に認知されたのは良いのですが、 モデルのディティールや雰囲気を追うのではなく、価値(価格)のみを追っているよ うな方々が増えてしまい、とっても残念に思っている私であります。 とそんなこと言ったところで私が元祖変態であることには変わりないのです が・・・・

なので変態的には限定トミカやトレジャーハントのホットホイールなんて全く興味御 座いませんので、勝手に我が道を行く独りよがりのコレクションを続けてまいりま す。ああ、ちょ~気持ちいい!!

ミニカーを芸術品としてとらえておりますので、ピカソのような無茶苦茶な芸風のモ デルに魅力を感じ、実車を超えるような形になってしまったモデルや実車とはかけ離 れてしまった仕上がりの作品たちに美を感じる今日この頃であります。

なにも資料を見ないで頭の中だけで考えて車の絵を描いてしまったような作風のミニ カーこそが最高のミニカー芸術なのであります。何を言ってるのかさっぱり分からな くなってきました!!

という事で「これぞ何も資料を見ないで作ってしまったミニカー芸術」を御紹介致し ます。

まずはこちらの北欧はデンマーク製のB.P.(Bros. Peterson)というブランドの 1940 Ford V8 Coupeであります。B.P.はブルーパニックではありません。 このミニカーが製作されたのは資料によりますと1948年頃になりますので何と70年く らい前の芸術品となります。

[…]

44年のミニカーコレクション、第1位発表!!

全くどう評価していいのか分からない今期のベイスターズですが、10連敗した後ちょっと勝ったと思ったら又5連敗し、その後再び連勝が続き、ぶっちぎりの最下位にいたはずが、振り向けば横浜、何となく他のチームに追い付いて来ました、ゆっくりとですがね・・・・

このあと6月にはセ・リーグにとって恐ろしい交流戦も待ち受けておりますので、そこでまた順位はシャッフルされ、7月には一体どのような順位になってるのかさっぱりわかりませんね。過度の期待は禁物ですが・・・

横浜DeNAベイスターズXMQQNEYESのコラボレーショングッズは今季

も製作しておりますので、もう少しお待ちくださいませ。

そしてついに「44年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」の栄えある第1位発表となってしまいました! う~ん、名残惜しいな・・・

一体全体、何台持ってるのかさっぱり分からないミニカーの中でベスト10を決めるというのは無謀な企画だったのですが、無理やり10台を決めさせて頂きました、かなり無理やりなのです。

第10位はこちらのイタリアはPolitoys(ポリトーイ)製のBREサムライ(日野サムライ)です。’67日本グランプリを車検失格で出走出来なかったこの美しすぎる(珍奇な)レーシングカーをよくもまあ遠いイタリアのメーカーが当時モデル化してくれたと思います、感謝であります!

第9位は今から約70年前!に造られた西ドイツはメルクリン(Marklin)製のBuick Sedanetteであります、まさに怪獣ですな。コレクションを始めた小学生の頃「こんなに旧いミニカーは一体どうやって手に入れるんだろ?」と毎日悩んでおりましたが、その後10,950日くらい掛かりまして入手出来ました。諦めが悪いのか、しつこいのかよく分かりません・・・

第8位は昭和40年5月発売の国産ミニカーの雄、アサヒ玩具はモデルペット製のトヨタスポーツ800です。ヨタハチの丸みを見事に捉えた秀逸なモデルで当時の国産ミニカーとしては抜群の仕上がりだと思います。一台目の入手は苦労したはずなのに、あまりにも好き過ぎて気付けば同じのが2018年の時点で5台並んでいました・・・・

第7位は英国Corgi Toys(コーギートーイ)製のLotus Elan(ロータス・エラン)であります。ボディとフレームが分離するという変態アクションを持つ自動車マニヤ養成ギプスのようなミニカーでありまして、見事変態に養成されてしまいました。ヨタハチ同様多数が我が家に生息しております。

第6位は国産ミニカー珠玉の逸品、アサヒ玩具はモデルペット製のトヨペット・クラウンです。「本格的国産ミニカー第一号」として昭和34年10月に発売された観音クラウンのミニカーですが、Made in Japanのパイオニアとして長く語り継がれて行く最高傑作であります。

第5位はフランスはQuiralu(キラル)製のメッサーシュミットKR200です。

名著、保育社のカラーブックス「世界のミニカー」を見て死にそうなくらい欲しくなったミニカーですが、ついこの前の1979年にお年玉を駆使して入手したので死なずにすみました。1960年頃には絶版となっていたので、その時点でも20年落ちのモデルでしたね。

第4位はベルギーはGasquy(ガスキー)製のTatra(タトラ・リムジーン)です。名前もスタイルも気持ちの悪い最高のクルマですが、実車よりも先にミニカーで存在を知った物になります。「まずはミニカーで覚えてから実車を知る」という変態的な法則を小学生の時に習得致しました。ガスキーのタトラは1950年前後に造られた大変にレアなミニカーで、入手まで長い長い年月が掛かりました。

第3位は英国はZebra Toys(ゼブラ・トーイ)製のHeinkel Bubble Carです。

1979年に元町サンセットさんで実物を見るまではその存在すら知らなかったモデルで、当時の資料には一切出て無く、日本では存在を知ってる人も欲しがる人もいなかったような幻のミニカーなのです。その後28年の歳月を掛けて手に入れましたが、一度は入手をあきらめたミニカーの代表格なのであります。

第2位は国産ミニカー二番目のブランドである大盛屋(タイセイヤ)Micro Pet(ミクロペット)の品番F-1 スバル360です。昭和36年4月に発売されたモデルですが元々生産量が少なく、殆どが子供のオモチャとして扱われて破壊されてしまったので、現存台数が異常に少ないミニカーなのです。 1998年、ベイスターズが38年ぶりの優勝を遂げた年に力ずくでやっと入手致しました。出目金スバルはWildman家最初のマイカーだったので思い入れも強いのでした。

そしてついに第一の発表となります。実は10位から9位を考える方が難しく、1位は最初からあっさりと決まってました。

小学生の頃「世界のミニカー」に次ぐバイブルだったのが、日本ミニチュアカークラブを主宰するカドー玩具が発行していたミニカーコレクション啓蒙誌「月刊ミニチュアカー」でした。30数ページの小冊子には毎月色々な記事やモデルが紹介され、変態小学生はどんどんミニカーの世界にのめり込んで行ったのです。

昭和50年の12月25日のクリスマスに発行された通巻89号から新しい連載がスタートしました。Wildmanも所属するJMAC(Japan Miniature Automobile Club)の大先輩N氏が執筆する「あちらのこちら」という難解なタイトルの記事でしたが、その内容は外国製の国産車(日本車)ミニカーを紹介する物なので「あちら」は外国で「こちら」は日本というまさに高速有鉛的なギャグ感満載のタイトルだったのでした、素晴らしい!!

[…]

44周年のミニカーコレクション、第2位発表!!

皆様、10連休となった(方々もいる)Golden Weekは如何お過ごしだったでしょうか?

この間に我がDeNAベイスターズは10連敗という凄まじい成績を残して

あっという間に最下位転落の憂き目に遭いました・・・・

連敗脱出後、ちょこっと勝って又連敗という流れは、懐かしい暗黒時代を彷彿させる ものでして、DeNAになってからの新規ベイファンの方々はさぞや困惑されていること でしょう・・・・

このくらいの連敗でですね、5月でシーズン終了なんて状況は、大洋~横浜大洋ホ エールズ時代はしょっちゅう起こっていた事ですし、ベイスターズになってからも98 年の優勝後、21世紀になってからは長い暗黒時代がありましたので、Wildman的には こんなの全然平気なのであります!

なんて、強がりを言っているように思われますが、ここ数年ベイスターズはラミレス 監督の元、Aクラスに2度も入ってしまい、しかも2度目はクライマックスシリーズを 勝ち抜いて何と日本シリーズ進出という快挙というか暴挙をなし遂げてしまいまし た。

ファンもチームもその気になってしまい「今度は優勝だ!」と騒ぎ始めましたが、昨 年はあっさりと4位に沈んでしまい「あれれ、こんなはずじゃなかったのに」と意気 消沈・・・・横浜スタジアムもスタンドを増設し、今年こそ!と挑んだ今季はいきな りの大失速で、ぶっちぎり最下位を迷走しております。

この感じは久々なのですが、少し前までは毎年こんなだったので古くからのファンは それほどの衝撃は無いと思いますが、新規ファンはたまったもんではないでしょ う・・・かわいそうに。

2年前のクライマックスシリーズ制覇~日本シリーズ出場時の流れではラミレス監督 の采配はズバズバと神がかり的に当たりまくり「短期決戦の鬼」

といった感じで「名将」とさえ言われました。まるで高校野球の甲子園大会を制する ような感じで、短期決戦上等の素晴らしい采配でした。

これがいけなかったのかも?と昨年薄々と感じていたのですが、ナゼかこの時の采配 をシーズンを通してやるようになってしまい、中継ぎの投手は勝っていても負けてい ても毎日のように投げまくり疲労困憊でぶっ壊れる、一発頼みの打線はソロホームラ ンばかりで全くつながらず、打っても打っても全然得点出来ないという流れでホーム ラン王もいる強力打線を持ちながら最低のチーム得点という摩訶不思議なチームと化 してしまいました。

中畑監督からラミレス監督へと繋がれ少しずつ上昇していったDeNAベイスターズです が、ここらがここ数年で作って来たチームの限界なのかな?と思わせられる最近の戦 いぶりなのです。

主砲のTさんは来年以降のメジャー移籍を希望されているようですし、チームを引っ 張って来てくれた外国人選手もそろそろ衰えが隠せず、若い投手は一年限定の活躍で 終わるといった恒例の流れとなっていて、どう考えても今期は上昇の兆しは見えて来 ません。ケガ人も多いのですな・・・・

第一期DeNA時代は十分に堪能させて頂きましたので、今後は切り替えて短期決戦型で はなく「普通の采配」をして頂き、若い選手を上手く起用して新しいベイスターズを 数年掛けて作って欲しいですね。その間はずっと最下位でも昔のことを考えたら全然 OKなのであります、あの大洋ホエールズ時代を知っていれば何も怖くありません、ハ イ!! 今後もGo! 横浜 DeNAベイスターズであります!!

[…]

変態が認める三輪トラックデザイナーは天才だぜ!!

皆様お久しぶりでございます。いよいよMoon Illustrated vol.10が発売となりました!!

今回はですね巻頭特集がHot Rod Custom Show 2012のSneak Previewということで、Showに来るクルマやゲストのことを詳しく紹介しております。こちらを読んでから当日会場に来て頂ければ、より一層楽しくなることうけ合いでございます。

Wildmanページはですね、やはりイベントのAir Cooled in Action(VW)に敬意を表し? VWの見たこともないようなミニカーをFruityと御紹介しておりますので、変態の皆様は必見です!! その名も「マニアがワーゲン」でございます。ということで今年のHot Rod Custom Showは大盛況だった昨年の20回記念よりもさらに盛り上がること必死なのであります。 だって現時点で昨年よりもクルマもバイクもベンダーも全てエントリー数が増えているのですから、ああこりゃ大変だ・・・・・

で、話は変わりまして、先日長年探していた本がやっとこ手に入りました。 発行が昭和58年4月20日なので、全くついこの前の新しい本で恐縮なのですが、こちらの一冊になります。

マツダR360クーペと三輪のK360が表紙になっている「わがインダストリアルデザイン 小杉二郎の人と作品」という高速有鉛とは一線を画す?真面目一直線な感じの本ですが、本当に真面目な内容となっております。

 

故小杉二郎様は昭和の時代に御活躍された工業デザイナーで、クルマからバイク、ミシンや電化製品までありとあらゆるジャンルの工業デザインを手掛け、日本における工業デザイナーのパイオニアといえる存在なのであります。

日本における変態のパイオニアの自分としてはとしては非常に尊敬しております。

何といっても素晴らしいのはマツダ(東洋工業)関連の車両デザインでして、Wildman的には突き刺さるものばかりなのです。

日本の戦後復興の過程で三輪トラックは絶対に欠かせない存在でしたが、バイクに荷台を付けただけのような簡素なデザインだった三輪トラックに小杉氏は全天候型のキャビンを付けて見事なデザインをまとめ上げたと思っております。

特にこちら1950年代中期のCHTA型はバーハンドル時代の集大成だと理解しています。ドアーも付いたキャビンは強烈なフロント周りのデザインで、どう考えてもカウンタックよりカッコイイのです、本当に。

そして丸ハンドルへとフルチェンジしたHBR型は「究極の工業デザイン」といえるキャビンを持ち、流線形なスタイルで国鉄の特急列車よりもスピードを感じさせるのです、もう完璧過ぎますよね!!

これらの小杉氏のスケッチを見ているだけで天才と思えます、本当に。

CHTA型やHBR型は古すぎて当時物ミニカーになることはなく、ブリキの玩具でモデル化されていました。

   

共にバンダイ製なのですが当時の持てる技術を駆使して作った傑作モデルでして、強烈な出来栄えを誇っているのです。

    

特に丸ハンドルのHBR型は素晴らしく、部屋の中でじっと見ている変態行為を繰り返していると、本当に実車に見えてきて昇天してしまいます・・・

スバル360と同時期に造られていたマツダR360クーペもデザイン重視のクルマで、どうやったらこんなに可愛らしい形を思いついたのか一度聞いてみたかったです。

子供のころでも見る機会は少なく、短期間親戚のオジサンが乗ってましたが、それ以外でクーペ見たときは興奮しておりました。

 

当時物ミニカーでは大盛屋ミクロペットとアサヒ玩具のモデルペットから製品化されていましたが、出来はこちらのミクロペットに軍配が上がります。

 

ついこの前の昭和36年7月に発売されていましたが、フリクションモーターが内蔵されていて、走らせて遊ぶ玩具だった為、殆どが当時の心無い子供たちによって破壊されてしまい、実車並みに現存台数の少ないレアなミニカーとなっております。

マツダ車はこの他にもロンパーやキャロルのデザインも手掛けられていますが、世に出なかったこれらクレイモデルたちも強烈なセンスでデザインされています、 素晴らしい!!

[…]

スカイラインのサポーターはポルシェ904だぜ!!

先週のブログにてお伝えしましたが、我がベイスターズは私が観戦し勝利したあの試合以降は見事に3連敗となりまして、「たまに勝つから見ていて楽しい」というベイ勝利の方程式は今季も崩れることはなく、ますます応援に力が入るという物であります。皆様Mooneyes x 横浜DeNA Baystarsコラボレーションも宜しくお願い致します!!

で、話はガラッと変わりまして、この前崩れ落ちて来た本の山からこんな素敵な表紙の一冊が出て参りました。

「自動車JUNIOR」誌の1964年6月号であります。ちなみに定価¥140、送料¥18となっております。

64年なんて全くついこの前である東京オリンピック開催の年なのですが、そういえば6月では私は生まれていない事に気付きました。

でも当時の出来事を沢山覚えているのはナゼなのでしょう・・・

やはり前世があったとしか思えない「時の旅人Wildman」なのであります!!

そんなことはどうでもいいとして、この自動車JUNIOR誌は伝説の「第2回日本グランプリ特集号」となっています。

表紙はあまりにも有名なGT-IIクラスのスタートシーンでポルシェとスカイラインGTが写っています。

裏表紙は日産ブルーバードのCMですが、遠くに見える江ノ島の位置、角度から推測すると三浦半島の荒崎海岸あたりでロケしたものでしょうか?

今度私もこの場所へロケに行って参ります・・・

 

さて本の方はかなり気合が入っている内容で、モノクロですが豊富な写真とレースの各クラスの詳細なレポートが記してありまして、まるで当日現場に行ったような気分にさせてくれますね、だから私もよく覚えているのか!! ナ~ル程・・・・

なにはともあれこのレースはスカイライン神話を生んだGT-IIクラス(1000cc~2000cc)が後世に語り継がれる物になってますよね。

前回のグランプリでトヨタに惨敗したプリンス自動車が、1,5リッター4気筒のスカイラインのノーズを無理やり伸ばし、グロリア用2リッター6気筒を押し込んで和製マッスルカーをグランプリマシンとして作り、このスカイラインGTが主役になり絶対に勝つというプリンスにとってのシナリオが書かれていたはずでした。

性能を考えたら他の国産車ではスカイラインGTに太刀打ち出来るはずもなく、プリンスが圧勝してトヨタに雪辱を果たすはずでしたが、そこに突如として現れたのが当時最新鋭のミッドシップ・レーシングカーである「ポルシェ904カレラGTS」でした。

 

904はFRPの軽量ボディに180bhpの空冷2リッターDOHCフラット4をミッドシップに積んだレーシングカーで、6気筒とはいえ乗用車ベースのスカイラインやべレット、トラックのフレームのフェアレディたちでは太刀打ち出来るはずがありません。

中学生の運動会に突然ボルトが飛び込んで来たようなものです・・・

長きに渡りこのポルシェ904の突然のグランプリ参戦に関してはトヨタが金を出して輸入し、前回クラウンで優勝したドライバー、式場壮吉にドライブさせスカイラインGTの優勝を阻止する目的だったという小説のようなストーリーがありました。

しかし近年の式場氏のインタビューでは、そんな馬鹿バカしい話ではなく、来日した当時のポルシェのレーシング部門監督を通じ、自分でミツワ自動車から「たったの571万円」で買ったとお話しされております。

私的にはトヨタ説の方が物語が面白くって好きなのですが、本当の事は当事者様たちにしかわかりません。

力道山先生の死とともにどちらも半世紀近く前のお話なので真相は闇の中であります・・・

レース2週間前にパンナム機であわただしく輸入された904はぶっつけ本番のような形でレースに挑みましたが、神様はプリンスに味方したのか904は予選でクラッシュしてしまい見るも無残な姿に変わり果ててしまいました。

200キロ近いスピードで突っ込んだらしく、フロント部を中心に大破してしまい、これではレース出場は無理でしょうという状況になってしまいました。

プリンス首脳陣はさぞや喜んだことでしょう・・・

 

自動車JUNIOR誌の偉いところはこの雨に打たれる無残なポルシェ904の事故直後の姿を捉えている所でして、当時のオートスポーツ誌始め、他の雑誌では事故前や修復後の写真は載っていても、グシャグシャの姿は殆ど紹介されてなく当時の貴重な資料写真となっております、流石だぜ自動車JUNIORよ!!

もうレース参加は絶対無理だと思われていたポルシェ904でしたが、名古屋の名人のもとに運ばれ徹夜の2日間で無理やり修復し、レーススタート4分前にガムテープだらけでグリッドに並ぶという奇跡が生まれました。

名古屋の名人は並行して予選でクラッシュしたロータス・エリートも修復し、2日間の徹夜で2台を修理しレースに間に合わせるという離れ業を演じたそうです。流石だぜ昭和の名人よ!!

レースの方は皆様御存じの通りポルシェが飛び出しましたが、ほんの一瞬だけスカイラインGTがトップに立ち観客を狂喜させ「国産車がポルシェを抜いた」ということで、ここにスカイライン神話が誕生し、スカイライン・ブランドは現在も存続し、日本人に愛されてきました(最近は厳しいですが・・・)

 

結局ポルシェ904の圧勝に終わったレースでしたが、プリンスはグロリア始め他のクラスで勝ったので、このことを大々的に報じCMに生かし見事販売に繋げました。当時はレースの結果が販売を左右するというおおらかな時代でありました。

こちらのレース後のCMではグロリアを押し出し「プリンス圧勝!」を謳っておりますが、スカイラインGTの所だけ「国産車上位を独占しました」となってるのがとっても寂しいですね・・・

  

ちなみにこのミニカーは日本グランプリを記念して当時発売された大盛屋のミニカーになります。

 

ツーリングカーⅥクラス優勝のグロリアとⅤクラス優勝のスカイライン1500です。よくぞこんなモデルを作ってくれました、今は亡き大盛屋に感謝であります!!

傷つき優勝したポルシェ904はその後どうしていたのかと思っていたら、ついこの前の1978年に大枚¥1,800を投じてイワセ商店街は湖南書房にて購入した企画室ネコ発行の心に残る名車の本シリーズ”The Porsche 1978”に実車が紹介されていて少年Wildmanは仰天しました、¥1,800という本の値段にも・・・

当時秋田のコレクターのもとにあった904は美しくれストアされ、ナンバーも取得しロードバージョンとして素敵な余生を送っていました。

[…]