Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

思い出の大エース、遠藤様は大洋一筋さ!!

皆様遅ればせながら明けましておめでとうございます。

本年もMooneyes並びにMooneyes Studio並びに当ブログを宜しくお願い致します。

お正月休みはどのように過ごされたでしょうか?

私は相変わらず自室に引きこもり、ミニカーのワックス掛けにいそしんでおりました、恒例行事なので・・・

今回はスーパーカーの棚を中心に行いましたが、ほとんどがあのブームの頃に入手した物なので、かれこれ36年は手元にいる奴らばかりなのです、1977年なんてついこの前の事ですが。

それはそうと我が横浜DeNAベイスターズは年末にかけて怒涛の補強を行い、気がつけば中日ドラゴンズよりブランコら外国人選手3人を強奪し、ホークスからは多村が帰って来るわでストーブリーグを賑わせております。

オーナーが「補強の予算は全部使っちゃって下さいね!」とのことなので高田GMの腕の見せ所ですな(福留はいらんかった、良かった阪神で)

現在は元レッドソックスの108勝投手、バディーヤと交渉中とのことで、これが決まれば予算をきれいさっぱり使えそうです、ああ気持ちいい。

さらに奇跡が起これば、あの松坂大輔獲得も視野に入れているのでその時は特別予算枠が発生するそうです、いいぞ大盤振る舞いDeNA Baystars!!! プロ野球はこうでなくっちゃ。

これで驚異の5年連続最下位より脱出できると思われます。それどころかCS進出も確定的ですな!! (そう思っているだけならタダですので)

ほんとにここまで弱い期間が長く続いたのは、ついこの前の1975年にファンになって以来、たぶん初めてのことだと思われます。

そりゃね万年Bクラスのチームでしたし、優勝だって2回しかしたことないし、大洋時代だってたまに3位になったくらいですし、どうもこうもないような成績なのですが、いくらなんでも5年連続でビリッケツで借金が軽く30を超えるような状況は考えられませんでした。

何で顔見知りの6球団で争う競技でこうも差がつくのか、不思議で不思議でなりません。

なのでこうなったらお金で解決するしかないようなので、大補強大いに結構なのであります!!

勝てないのであれば、せめて個人タイトルくらいガンガン獲って欲しい物ですな。

その昔大洋時代はチームはBクラスでも首位打者や最多勝を獲得した選手がおりまして、ファンにとってせめてもの慰めになっておりました。

そんな時代で大洋ファン最大のヒーローは(私にとっても)何と言っても背番号24の大エース「遠藤一彦」様なのであります!!

問答無用で80年代のセ・リーグを代表するピッチャーで、江川と最多勝を争った真のエースでした。

1955年生まれの遠藤様は東海大から、スーパーカーブームに沸くついこの前の1977年にドラフト3位で大洋に入団しました。

翌年の春に大洋は川崎から横浜にフランチャイズが移転となるわけです。

79年にその才能が開花し12勝12敗8セーブという素晴らしい成績を上げ、少年Wildman的には「やったぜ新人王確定だ!!」と大騒ぎしておりましたが、結果は何と13勝5敗0セーブの中日の藤沢が新人王になってしまい、テレビの前で遠藤様よりWildmanの方が落胆致しました、トホホ・・・

だってその後の遠藤様は15年の現役生活を全うし、数々のタイトルを獲り通算134勝58セーブを上げセ・リーグを代表する投手となりましたが、

藤沢なんて実働6年で27勝35敗ですぜ。全く見る目がない奴らだのう・・・と34年経った現在でも毎日落胆しております。

長身から投げおろすストレートと魔球のような高速フォークボールでバッタバッタと三振の山を築く姿は、弱い大洋の中でキラリと光輝いていたのです。

東海大の後輩である原(現巨人監督)にはナゼかポンポン打たれましたが当時現役メジャーリーガーとして日本へやってきた巨人のロイ・ホワイトが「遠藤のフォークボールはメジャーで通用する」と言っていたのが忘れられません。

時代が違っていたら遠藤様はメジャーに行っていたでしょう・・・

第一回ストリートカーナショナルズが開催されたついこの前の1987年にアキレス腱断裂という事故に見舞われましたが、それを克服しその後クローザーに転向して見事カムバック賞を受賞しました、流石だぜ!!

  

で、こちらはその頃に頂いた遠藤様の直筆サインボールなのであります!!ボルグ様のサインボールと並び我が家の家宝になっていることは言うまでもありません。

そういえば80年代の選手名鑑か何かの資料で、遠藤様のご自宅住所が何と我が街、横浜市磯子区岡村町となっているではありませんか!!!

しかし番地までは掲載されていなかったので当時激励に行こうと必死に探し回りましたがついぞ発見することは出来ませんでした、無念・・・

 

そういえばもう一人のエース斎藤明雄投手は当時横浜市南区別所に住んでおられ、高校の時の友人が御近所で斎藤投手宅で高校生相手によく麻雀をやってましたね・・・・昭和っていいですね!!

2年連続最多勝、最多奪三振、沢村賞まで獲得しあとは優勝だけでしたが、残念ながらそれだけは経験出来ず、1992年に涙の引退となりました。(ちなみにベイスターズ38年ぶりの優勝は1998年であります)

横浜スタジアムで最後の登板となりましたが、この日は遠藤様にとっても大洋ホエールズにとっても最後の試合となり、翌年から「横浜ベイスターズ」にチームが変わってしまいました。

よって遠藤様は大洋ホエールズ最後の大エースなのであります。

横浜大洋ホエールズが生まれた時に入団し、ホエールズからベイスターズになる時に引退するという数奇な運命をたどられましたね。

今年はどう考えてもCS進出が確実な横浜DeNAベイスターズですが、(勝手に言ってるだけですので)遠藤様のような真の大エースが現れる事を期待しております、Go! DeNA Baystars

[…]

最速のチンドン屋、ナナサンカレラは最高だぜ!!

Hot Rod Custom Show 2012やMooneyes USAのX-mas Partyも無事終了致しまして、やっと落ち着いてミニカーのワックス掛けが出来る季節になりました、至福の時であります・・・

ローテーションが決まっておりますので「今日は右側ケースの一番端っこ最上段を攻めましょう!」とワックス片手に手を伸ばすとそこはポルシェの花園となっておりました。

ポルシェはですね、356Aと930ボディまでの911は大好きなクルマなのです、でも自分じゃ持とうと思いませんけどね・・・だってワーゲンと同じリア・エンジンのクルマなんて恐ろしくて乗れませんな。

きっとフロントガラスが割れたり、ワイヤーがブッチぎれたりと私と相性が悪いに決まってるのですから、ああ怖い、怖い・・・・

だからポルシェは見てるだけでいいのです、それもミニカーで。それが王道の楽しみ方に決まってますね、これぞAir Cooled in Actionだぜ!!

で、ポルシェの花園に手を伸ばすと、そこには懐かしい茶色のポルシェがこっちを向いていました。

 

ついこの前の1975年に横浜高島屋玩具売り場にて祖母をだまして、じゃなくって祖母にお願いして買ってもらったフランス製高級輸入ミニカーの「ソリッド」というブランドのポルシェカレラRSであります。

通称「ナナサンカレラ」ですね。

今見るととっても素朴な作りなのですが、当時は「こんな精巧なミニカー見たことない、こんなの初めて!!」と興奮し、枕元において寝てました。

 

実はちっとも精巧ではなく、アクションもドアの開閉だけなのですが、素晴らしいのはそのプロポーションでありまして、フェンダーのフレア具合、車高とポルシェアロイとのバランス、ダックテールの絶妙な角度と完璧にナナサンカレラRSしているのです。

思えばこのポルシェを手に入れてしまったことが切っ掛けで、その後泥沼化してしまったミニカーコレクションのスタート地点に立ったのでした。

良い子の皆さんは気を付けるよーに・・・

 

1973年型ポルシェカレラRSはグループ4のホモロゲーションモデルとして2,7リッターにスープアップされたフラットシックスを積んで軽量ボディと組み合わせたレーシング・モデルのロードバージョンと言う形で販売されました。当初500台限定でしたが、世界中で人気者となり追加注文で結局1500台を超える数が作られたようです。

日本には当時ミツワ自動車により14台が輸入されたそうです、790万円という天文学的なプライスにて・・・今はもっと天文学的になっておりますが。

で、ナナサンカレラといえばやっぱりナチス軍ポルシェ隊総統の早瀬左近ですよね。劇画「サーキットの狼」において主人公の風吹裕也のライバルだった早瀬左近の愛車で決まりなのです。

ポルシェだけの暴走族という設定もぶっ飛んでましたがナチス軍という名前は子供心にも行き過ぎでは?と思ってた小心者の少年Wildmanでした・・・

純白のボディに赤いCarreraのストライプはまさにチンドン屋(失礼)の風情でこのCarreraのレタリングがカッコ良くて授業中何回描いたか分かりませぬ・・・

横浜市内で実車を初めて見たときも白ボディーに赤ストライプのミツワ物で、他にもブルーや、グリーンのストライプがありましたが、やっぱり世界最速のチンドン屋の誉れ高きカレラRSは白ボディに赤ストライプで決まりなのです!

ストライプレスのモデルもありましたがあれは超マニヤ向けですよね。

プロトタイプのストライプはこんなデザインのもありましたが、何かバランスが変ですけど、もし自分がナナサンを持ったら黄色いボディに黒でこれに描き直したいです、というかオーナーの方、描かせて下さいませ。

ということでやっぱりナナサンカレラは「当時物ミニカー」で楽しむのが一番なのです。

 

当時ソリッドの次に手に入れたのが、このイタリアはBurago(ブラーゴ)製のモデルでした。

1/24スケールでデッカイのですがデッカイ割にたいして精密でもなく、エンジンもこの程度の表現でした。

先に発売されてた911Sのボディを利用したので、フェンダーもフレアしてなく、小さいソリッドの方が全然カッコ良かったのですダックテールのCarrera RSの彫り込みだけが素敵に見えて手に入れたのです。

 

お次はミニカーと言うとデカすぎる1/18スケールの西ドイツはSchuco(シュコー)製のモデルです。1976年にこのモデルを初めて見たときは実車にしか見えませんでした。まさにナナサンカレラその物のプロポーションで、ドアを開ければそこは早瀬左近の世界なのです・・・

   

ゼンマイ動力!で走りハンドルもステアしますが、そんな遊び方したら一発で廃車になってしまいます、ああ恐ろしい・・・

  

箱も秀逸なデザインでありまして、オーナー気分が味わえます。

 

で、真打ち登場となりましてシュコーの上をゆく1/16スケールの黄色い巨大なナナサンは70年代にスペインで作られたSanchis(サンチェス)製で置く場所に困っているモデルです。

昔写真で見たときは大きさがよく分からず、シュコーに似ていたのでただのコピーモデルかと思ってましたが、手元に来てビックリ、拡大コピーになっていました。

[…]

「オートバイのレーサーになりたい」人生はいつもタイムスリップだぜ!!

今年の初めにですね、実家に帰った時「回覧板にこんなのが載ってたからコピーしといたよ」と何やらプリントされた紙を渡されました。

それを見た瞬間「うおお~!こ、これは!!」と叫びながら頭の中は全くついこの前である昭和47年にタイムスリップしてしまいました、人生いつもスリップしてますが・・・

こちらが問題の回覧板コピーになります。

「ついこの前の昭和35年4月2日~昭和41年4月1日の間に生まれた岡村小学校出身の皆さん! 40年前のタイムカプセルを発掘しました!」と書かれているではありませんか!

「ついにこの時がやって来たぜ、あの日以来ずっと忘れることなく、いつになったら掘り起こしてくれるのだろう」と思い続けていたタイムカプセルが、たった40年の時を超えて御開帳となるのです。

横浜市立岡村小学校創立50周年記念のイベントの一つとして、創立10周年の昭和47年に埋めたタイムカプセルをいよいよ開ける時がやって来たのです。

当時プールの手前に日時計を設置し、その中に埋めた事は5年くらい前の記憶のように覚えておりました。

1977年KISS初来日の年に卒業して以来、3回くらい小学校に行った事が有りましたが、日時計はひっそりと佇んだままかなりボロくなっていて「一体いつ開けるんだ、俺はタイムカプセルの事を覚えてるぜ」と一人抗議しておりました。

「ひょっとしてそんなこと当時の先生はじめ皆さん忘れちゃってるのかしら?? だとしたら重機を持ってきて勝手に開けてしまうのもいいかもしれんな」とこの40年ずっと考えておりました。

でも忘れていなかったようで、この度やっと掘り返され昭和47年以来40年ぶりに私の初期アート作品を拝めることになりました、当時私は小学校2年生でありました。

 

この木造校舎が写るモノクロ写真が日時計(タイムカプセル)を設置した日の式典であります。このころ私はタカラの「変身サイボーグ1号」に熱中しておりました、まだ持ってますけど・・・

   

昨年の夏に「日時計の下にタイムカプセルがあるという言い伝えのもと掘ってみましたが」と発掘工事を行い日時計周辺より沢山のガラス瓶が出て来ました。

 

しかし、40年の歳月は想像以上に厳しい環境だったようで、埋まっていた場所により経年変化の差が激しく、この様に瓶の中で風化してしまった物も多々あったようです。 ああ、悲しいぜ・・・・・

そして掘り返された品々は「タイムカプセル発掘披露会」としてこの3月に公開されました。久しぶりに我が母校へ向かう事となり緊張しましたが、6年間通い続けた「名物の100段階段」を登る気力も体力もなかったのでこちら学校裏の「桜道」からトボトボと上がって行きました。

  「ゆず」のジャケットや「桜道」っていう曲に出て来るところですな。

     

そして岡村小学校にたどり着きましたが、こちら昭和46年の入学式も全くついこの前の事なので、懐かしさをあまり感じない変態が校門をくぐりぬけ、校舎に侵入致しました。

     

ついでに最期の教室となった6年4組に行ってみましたが、少子化のせいか図工室になってました。ちなみにこのクラスではミスター女子プロレス「神取忍」が隣の席で有りました、ああ怖い。1976年、家庭科の時間に一緒にご飯を炊いたのう・・・・

そしていよいよ校舎2階の会場に到着となりましたた、何だか緊張して来たぜ。 中に入ると発掘された品々が展示されてましたが、思っていたよりも数が少なくて、やはり長い年月で風化してしまったものが沢山あったと思われます。

  

こちらはカプセルに入っていた当時の名札やチョーク、仮面ライダーカード、電車の切符などになります。残念ながら当時物ミニカーは入っていません、入れときゃよかった。

 

これはついこの前の昭和47年12月の給食メニューであります。 火曜日は今では絶対に出ない「鯨肉」となっております、食べたいな・・・

    

この様に各クラスごとに寄せ書きや自分への手紙があって展示されているのですが、程度の良いものが少ないのです、40年の歳月は結構厳しいものが有りましたね。 ミニカーを40年くらい保存するのは簡単なのに・・・・

   

なかなか自分の物が見つからず「ヤバい、もしかして俺のも風化してしまったのか??」といつもの小心者モードに突入しそうになり、最後の展示パネルに目をやるとそこには「なかなか取り出すことができなかった最期のカプセルから出てきました・・・!!」という素晴らしいキャプションのもとに、変色無しの極上の保存状態で我が2年3組の物が誇らしげに展示されておりました、ああよかった!! 「さすが俺だぜ、ミニカー同様箱付き傷無しが人生のモットーなのさ!!」と教室内で叫ぶと、受付にいた先生の冷たい視線が有りました。

   

そこにはクラスメートの素敵な一筆がイラストとともに書かれておりました。 「けいさつになりたい」「たくしーのうんてんしゅになりたい」と一般的なものから「ぺんきやになりたい」といった職人気質なもの、さらには未来を見据えていたとしか思えない「サッカーのプロになりたい」というのまでありました。 だって当時はプロ野球「王、長嶋」の全盛期でプロサッカーなんて考えられない時代でしたから・・・・ そしてWildman初期作品もちゃんと残っておりました。図画工作には絶対の自信が有り、サイクロン号の絵を描くのはクラスで一番上手いと自負していたのでそれは素晴らしい作品であるに違いありません。

これがその作品になります、どうです素晴らしいでしょう、バイクのイラストも完璧ですな!! えっ、2年生のくせに絵も文字もヘタだって、色も付いてないしホント下手クソですね・・・・

でもね何でこんなに下手なのかっていうのにはちゃんと理由が有るのです。 これは左手で描いたのですよ、左手で・・・・ なぜかと言うとですねついこの前の昭和47年の秋、私は昼休みに校庭の遊具である雲悌(うんてい)で遊んでいたのです、ぶら下がってあそぶやつですな。

チビだったのでああいうのは得意でして、いい気になって遊んでると休憩終了のチャイムが鳴り、一番高いところにぶら下がってるのにあわてて戻ろうとしたら手が滑ってしまい腕から地面にたたきつけられてしまったのでした。 ああ痛いと思い立ち上がると右腕に未体験ゾーンの激痛が走りました。 「イタイ、まじ痛い」と友達に救助を求めましたが、一瞬のうちに右ひじ周辺が腫れ上がりその場でダウンとなり立つ事が出来ませんでした。

[…]

二大イベントの後はホットカルピスとミニカーでほっと一息であります!

   

この三週間はですね、日本ではHot Rod Custom Showが、Mooneyes USAではX-mas Partyがたて続けに開催されまして、帰国後は大阪に出張Paintに行ったりと時差ぼけだか何だか分からないままあっという間に時間が経過してしまい、行方不明で申し訳ありませんでした。

  

アメリカでは現地到着後、たった一日でこちらのMoonlinerのモデルを下地塗装からStripeまで一気に仕上げるという変態技を見せ、翌日のX-Mas Partyのオークションでは最高額にて落札して頂きました、まことに有難うございます。

 

もちろん出張中はカニやスイーツの摂取も忘れず、健康的な日々を過ごさせて頂きました。

で、帰国後は大阪に行きタップリと仕事をしヤットコ横浜に舞い戻って来ました。 そして自室にこもりほっと一息、ホットカルピスをすすりながらのミニカー鑑賞は至福のひと時なのですな。

今回ウットリとしたのは国産コーナーでして、黎明期の日本製ミニカーを手に取り感慨に耽りました。 ミニカーと言いましてもついこの前の昭和34年10月に発売された国産本格的ミニカー第一号として認められているモデルペット製、トヨペット・クラウン以前に細々と造られていたミニカーというか「ミニカーのような物」たちです。

戦後、日本製の玩具はティントーイ(ブリキ)を中心に輸出の花形産業でしたがダイキャストミニカーに関しては技術力も無く後発的なジャンルでした。昭和35年に玩具輸入自由化となってからは外国製ミニカーが入って来たり、モデルペットや大盛屋等が技術を磨き必死にミニカーを作りましたが、それ以前は何処かの町工場であまり参考にする物も無い状況で、職人さんが必死に「ミニカーのような物」を作っておりました。

当時駄菓子屋でも売っていたと言われている倉持商店というブランドがありまして、東京タワーが建つ頃より豆粒の様なミニカーを作っておりました。それはそれは小さく今でいうHOスケールの様な感じで、この様に小スケールのトミカと比較してもふた回りは小さいのです。

   

出来がどうこう言う以前の芸術作品となっておりますが、おそらくたった一、ニ 枚の写真を頼りに職人さんが必死に作ったと思われます。一応実車をモデル化していてどれも何とか車種の判別はつくのです、素晴らしい! なぜか立派なプラスチックのケースに一台づつ入れられ、1ダース入りアソート箱で出荷されていました。

 

こちらは1959年のインパラで、特徴的なフロントグリルやテールフィンが確認出来ます。

 

これはジャガーXK150ドロップヘッドクーペとなっていますが、ケースに車名が書いてなければ何だかサッパリ分からないような芸術性を見せております。 最大の見所は米粒大の素敵な女性フィギュアが乗っている所なのです。

外車の乗用車やスポーツカー、建設車等合わせて120種類くらい作られていたそうですが、最近国産車のモデルがあったことが判明致しました。

見てびっくりのスバル360とバーハンドルのダイハツミゼットであります!まさかこんな物があったとは・・・・

 

スバルは初代デメキンをモチーフとしていてとっても可愛く、このように当時物グリコのオマケのスバルと並べると大きさがわかると思います。本来SUBARUと入るボンネット下のエンブレムは何故かJAPAN と入っている所が芸術なのです。

ミゼットは初代のバーハンドル仕様ですが、ドアーがついているので後期型をモチーフとしています。フロントフェンダーの丸みがとっても愛らしく、ツートンカラーが素敵過ぎるのです。

このように二台並べると、三丁目の夕日の世界へとトリップ出来るのです・・・・

そして倉持商店はもう一回り大きなモデルも作っていました。アメリカのLINEMARと言う玩具メーカーからの依頼で下請けのような形で主に輸出用として作られていました。なので日本国内にはあまり出回らず、モデルペットよりも先の発売にもかかわらず、純粋な国産ミニカーとして認められていないと言う悲しい存在なのでした。

コレクトーイというブランド名で、トミカよりも少し大きなサイズでフリクションを内蔵していて走らせることが出来、ヨーロッパ製スポーツカーやアメリカ車のラインナップしていました。

 

こちらはシリーズ中最高の出来を誇るフォードのデリバリーバンです。全体の型彫りも良くてフロントグリルの出来は秀逸なのです。

こちらはビュイックと悲劇の名車フォードエドゼルですが、双方ともに悲劇的な出来栄えなのでした・・・・この二台はついこの前の1979年に入手しました。

そしてC-1のコルベットなのですが、金型師の想像だけで作ってみた感じが致します。 箱絵は小学生並みのデッサン力ですが、ミニカーと合わせればこのように芸術作品と化すのでした。

  

同年代のアメリカ製ミニカー、Hubley 社の黄色いコルベットと並べてみましたが、この様に技術の差は歴然といった感じでして、当時の日本とアメリカの工業力の違いを見せつけられてしまいます。実車において立場が変わる時代が来るとは思いもしなかったことでしょう・・・

そして最後はオマケ画像になりまして、プラスチック製のダイハツミゼットになります。 丸ハンドルがモチーフとなっていますが、これは当時のダイハツの販促用モデルでありまして、何と鉛筆削りなのでした。

 

しかし流石にメーカーのオフィシャル物なのでその出来は凄まじく、五十年近く前のモデルですが、現代の目で見ても侮り難いプロポーションを誇っております、素晴らしい!!

そんなこんなで、国産黎明期の悲しくもパワーのあるモデルたちをご紹介しましたが、ヤッパリ一回じゃ全部出し来れませんので、またいつの日か仕切り直しと行きますので宜しくお願い致します。

[…]

ほろ苦いコーヒーはカウンタックと共に

この夏の企画だった缶コーヒーBOSSのオマケにですね、とても気になるミニカーがまぎれておりました。

今回のオマケシリーズは2缶用に6種の全長8cmモデル、1缶用は9種の全長4,5cmモデルが存在しています。 「ランボルギーニ スーパーカーセレクション」というシリーズで大きいのも小さいのも全部ランボルギーニ車で構成されていました。 60年代のモデルから最新のまで色んな車種を作り、この企画はオタクの方かマニアの方が参加されていたのではないかと推測されます。

   

小さいほうの出来はサイズのせいもありそれなりなのですが、ナゼか一番地味な存在のランボルギーニ・ウラッコの出来がとっても秀逸でした、これは良く出来ました!!

で、2缶用の大きい方のシリーズなのですが、こちらは中々コンビニ等の店舗に置いてなくて、入手するのが難しく人気もあって売り切れ続出状態となっておりました。 この2缶用6種の中にですね、素晴らしい車種選択のモデルがありました。

 

6種の中の3種はカウンタックをモデル化していて、羽根の生えたウルフ・カウンタックや、デブなディアブロ、アウディが造ってるムルシエラゴヤアベンタドールなんてどうでもいいのですが、何とビックリどうしてこれを選んだのか分からないカウンタックのプロトタイプ”LP500”をモデル化していたのです!!! 何でみんなが好きなミウラじゃなかったんだろ??

しかもやたら出来がいいのです。このプロトタイプLP500の「70年代製当時物ミニカー」はあまり出来のよろしくないマッチボックスの物くらいしかなかったので、これは私にとって嬉しいサプライズなのでした。

が、これが中々手に入らないのです。自宅や会社の近くのコンビニを探しても全然捕獲出来ず「こんなことをしてたら本当に売り切れちゃうよ」と心配になって来て、会社のみんなに「LP500プロト捕獲作戦」を発令し協力してもらったところ、Moon Space AgencyのSteve君が東京は中野のコンビニで捕獲してくれたのです。彼は本物のオタクなので中野の「まんだらけ」にもよく出没しますので見掛けたら声を掛けて下さいませ。 何はともあれオタクのSteve君ありがとう!!!

    

で、これが問題のランボルギーニ カウンタックLP500プロトタイプのミニカーであります。

どうです、素晴らしい出来でしょ!!!これぞオリジナルカウンタックのクリーンな姿のなのです。

 

このプロトの実車は一世を風靡したミウラの後継車種として開発され71年のジュネーブショーで発表され人々の度肝を抜きました。 ミッドシップエンジンの前にトランスミッションを配置したりして、乗る人のことを考えない機械としての理想主義を貫いたカウンタックでしたが、難しいメカニズムや性能の事はほっといて何と言っても見た瞬間に誰もが驚き、絶対に忘れられないのがこのスタイルなのではないでしょうか。

このプロトが発表されたついこの前の1971年当時は私は小学校に入学致しましたが、写真の美しいイタリア人モデルのお姉さんは現在60歳以上なのでしょうか・・・・・

当時未来的と言われましたが、カウンタックは結局20年近く製造されたので、やっぱり未来の国から来たクルマだったのでしょうね。

  

プロトタイプLP500は生産型のLP400と違い余計なダクトやスクープを一切持っておらず、LP500S以降の下品なオーバーフェンダーやウィングも付いてないので本当にクリーンな美しいスタイルなのです、ああ岡田奈々並みに美しい・・・・・ コクピットも宇宙船みたいでそのまま未来へ飛んで行きそうです。生産型LP400は全く普通のGTカーのコクピットでしたが・・・

確かにね、あんなに狭いとこにV12エンジンを積んじゃって、エアクリーナーの横に電動ファンで冷却するラジエーターでは、エンジンが冷える訳がないので生産型LP400では弁当箱みたいなスクープやダクトで武装し、何とか公道を走れるまでに仕上げましたがLP500プロトの気絶するほど悩ましいスタイルは完全にスポイルされてしまいましたね・・・

   

ボディも高速で浮き上がっちゃうからLP500S以降クワトロバルボーレ、アニバーサリー等の後期モデルでは色んな羽根を付けてごまかしましたが、族車以上に下品なだけでちっともカッコ良くありません、タイヤも太すぎます。あれをカッコいいと言い切るMoon SpaceAgency、Pan君のセンスが私には意味不明であります・・・・

結局プロトのカウンタックLP500は生産型LP400が完成する頃、クラッシュテストに供されてしまってこの世には1台も存在していないのであります。美人は薄命よのう・・・・

カウンタックなんて見てるだけで十分で実際に走らなくてもいいのですから、そういう変な人の為にLP500プロトもあの姿でぜひ生産して欲しかったです、エンジンレスでも全く問題ありませんな。 見る為だけのカウンタック、これぞ究極のマニア向け変態スーパーカー(実物大ミニカー)なのです。

[…]