Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

今年も暑いぜ、クアラルンプールでOh! My街道レーサー

プロ野球交流戦も後半となりましたが、我が横浜DeNAベイスターズは少し持ち直しまして、相変わらずリーグ戦では最下位ですが、交流戦の成績はまずまずでして、夏場はもしかして反撃出来るのではないかと期待が高まっております。

何といってもキューバの至宝、グリエル選手の加入が起爆剤になりそうなのです。まさか野球王国キューバから現役バリバリの選手がやって来る時代が来るとは思ってもみませんでした。ピークを過ぎたプレーヤーではなく、今が旬という状況でやって来たので、これはもう勝敗に関係なく、彼のプレイを見るだけでも価値があると思います・・・何なんだ、あのスイングのスピードとフォロースルーのカッコよさは!!

で、先週末はですね昨年に続いてマレーシアはクアラルンプールにて開催の"Art of Speed"というイベントに参加して参りました。昨年はベイスターズ連敗中の遠征だったので、あまり気分も冴えませんでしたが、今年は気分も晴れやかに向かいましたので、雨も降らせませんでした、これは奇跡なのです!!

昨年同様エアーアジア機のHot Seat(足元だけが広い席)に陣取り、東南アジアはマレー半島に向かいました。ホテルに着くとワールドカップの装飾が施されて盛り上がっていましたが、マレーシアって出ていなかったような気が致します・・・

ホテルの外には屋台があり、そこで朝食を食べましたが、お好み焼きのようなキャサディラのようなクレープのような不思議な物体でした。屋台の所では天然のRat Finkがチューチュー言って歩いておりました・・・

そして屋台の隣の工事現場ではこのようなビンテージトラックが普通に現役で働いておりました!!

特にこのメルセデスのトラックは大好きなクルマでありまして、こちら当時物40年前の珍奇なアルゼンチン製ミニカーをいつもウットリ眺めていました、実物に会えて幸せであります!!

Art of Speedはカスタムカー&カスタムバイク、そしてカスタムカルチャーのイベントなのですが、今年も招待して頂きまして現地で2日間、デモを行って来ました。

今回は日本から"Team Nash"の面々もやって来まして、Makoto、Mr,G、Jet Wrench、BOOの4名も参加となりました。Nash君は声がデカいので世界中どこにいてもすぐに分かるのです・・・・

他にも現地のArtistさんが参加されていますが、Rolling InkさんというPinstriperの方からこのようなプレゼントを頂きました。木箱の中にはさらに木箱という感じで、3台のスケール別ミニカーが 収納できそうです、有難うございました!!

会場は昨年同様CITTA MALLというモール街駐車場なのですが、昨年は駐車場に巨大テントを張り、その中でのデモでしたが今回はモール建物の中にギャラリーのような形でブースを設けてくれました。

が、そこにはライブ用ステージも設置され、クラブのような雰囲気を出す為? 真っ暗なのです、本当に真っ暗。「ああ、これはイベントが始まったらちゃんとライトをつけるのでしょう」と思っていたら、いつまでたっても真っ暗のまま・・・天井にある丸いライトだと思っていた物は火災用スプリンクラーで、他にはステージを照らす照明位しかありません。

これまでも色々な悪条件の中で仕事をして来ましが、今回は史上最悪??とも思えるコンディションの中で、私たち日本人チームは「心の目」で手元を見て作品を描き続けました、皆様お疲れさまでした・・・

そんな中でも沢山のお仕事を頂き感謝しております、有難うございました!!こんなハデなPorscheにも描かせて頂きました。

ステージでは主催者のAsepさんが皆を紹介してくれました。今回はFLAT 4さんのNAO君も来られて、一昨年WildmanがPinstripeを施したRace Car "Inch Pincher II"を日本から持ち込まれ展示されました、カッコいいぜ!!

カーショーは昨年以上に日本車の占める割合が多くなっていまして、皆様本当に日本が好きな感じが致しました。

ナゼかオーバーフェンダーがお好きなようで、このようについこの前である昭和54年頃のホリデーオート誌はOh! My街道レーサーなクルマたちが幅を利かせておりました、頭もパンチパーマにすればいいのに・・・

ハコスカ顔のサニトラも大人気でしたが、来年はサニトラ顔のハコスカが来るのでしょうか・・・

こちらのGo! with […]

力道山先生五十回忌、Wildman奇跡の新聞デビュー!!

皆様お久しぶりでございます。

1日に開催された22nd Annual Yokohama Hot Rod Custom Showはお楽しみ頂けましたでしょうか!?

   

当日は晴天にも恵まれまして、過去最高のエントリー&入場者数となりました。ご協力、ご来場本当にありがとうございました!!

Pinstripe Gatheringにも40名のArtistが集まり、Custom Paint Contestは何と60名を超えるエントリーとなり、来場の皆様を楽しませる事が出来ました。

来年も楽しい企画を考えますので、ぜひ横浜に足をお運びくださいませ。 又、今回来られなかった皆様も安心です、イベントの模様を抑えたライブ感満載のDVDが発売予定となっておりますので、そちらでバッチリ楽しむことが出来るのであります!!

  

そしてHot Rod Custom Show終了後はすぐにアメリカに飛びまして、Mooneyes USA主催のX’mas Partyに参加してまいりました。

    

おなじみIrwindale SpeedwayにてShow & Dragを開催予定でしたが当日は何と雨が降ってしまい、Drag Raceは行う事が出来ませんでした、残念!!

今回は強烈な寒波が襲い、雨よりも寒さにやられた感じで、朝なんか車のガラスが凍ってしまうくらいの寒さで、日本より寒いCaliforniaを味わってしまいました・・・快晴王子はいずこへ・・・

               

それでも沢山のShow Entry車が集まってくれまして、イベントはちゃんと開催出来ました!!

 

Jim Dunn RacingのMooneyes Funny Carもやって来てくれて、久々にMoon YellowのFunny Carを見れて感動致しました。

                  

他にもNHRA Museumに行って大好きなMoonbeamに再会したり、10回目の開催となったChopper Festを見にVenturaまで行ったりと寒いCaliforniaを堪能して来ました、もちろんカニも食べてきましたので御安心を!!

  

で、明日12月15日は力道山先生の五十回忌となるのであります。 必殺空手チョップで外国人レスラーをなぎ倒し、敗戦で打ちひしがれた日本国民に勇気を与えた先生がこの世を去って50年も経ってしまいました、ナゼか私はまだ生まれておりませんでしたが・・・

そんなこんなで感慨にふけっておりますと、何とビックリ新聞社からWildman取材の依頼が舞い込んで来ました、初めての事なのです。

これはもしやPinstriperとしての半生の連載か??もしくはミニカーコレクター紹介の記事かしら?? いや日本製Nikeについての解説依頼でしょうか???

いやいやDeNAベイスターズ来季の見通しについて語るのか???? それとも先月のKISS 七年ぶりの来日公演についての感想か?????

と勝手に判断しておりますと、全て違うとのことで再びビックリ、力道山先生ファン代表としての取材だったのです!!!!!!!!!

[…]

毎日がデッドヒート、ジャカルタは熱過ぎるぜ!!

皆様ご無沙汰しております。不肖Wildman、先週末にですねBossと二人で東南アジアはインドネシアのジャカルタのさらに奥、Jogjakarta「ジョグジャカルタ」という街に行って参りました。ヤマハジョグではありませぬ・・・・

いつもの通り瞬間移動なのですが、成田からジャカルタまで飛んで、トランジットがありそこからジョグジャカルタに行ったのですが、合計で半日くらい掛かってしまいアメリカまで行くのと大して変わりませんでした・・・・

機内食のカニ釜めし、大変美味しゅうございました。

ジョグジャカルタの空港に着くといきなりWorld FamousRamen Hakoneの看板が出ていました。世界中でラーメンブームのようですな。

空港の作りはこのようにとってもアジアンチックで素敵でしたね。

宿泊したホテルからの眺めはこんな感じで、東南アジアな雰囲気が漂っておりました。

街に繰り出しとそこは熱いサーキット!! 気温も暑いですが、皆様の走りがとにかく熱い!! 朝も夜も市街地グランプリの様相で特にた~くさん走ってる小型バイクの方々が常に全開走行を心掛け、次の信号まで「何人たりともオレの前を走らせねえぜ!」という感じでアクセルをひねっておりました。

絶対にぶつかるようなシチュエーションでもヒラリと身をかわし、見事な流れを阿吽の呼吸で作ってギリギリの走りを展開しています。日本と同じ左側通行でも私には絶対に無理!!です。この人たち任意保険とか入ってるのでしょうか??と小心者は心配になってしまいます・・・

そしてこちらは違法な路上駐車ではなく、毎日曜日はこのように路肩に車を停めて値段を付けてCar For Saleだそうです。不思議なシステムでしたね。

今回お招き頂いたのは今年で2回目の開催となるイベントでIndonesian Kustom Kulture Festival “KUSTOMFEST 2013″という長い長い名前のショーでした。少し愛して、なが~く愛して@大原麗子

ジョグジャカルタ、訳してジョグジャのエキスポセンターというインドア会場にクルマやバイクを展示し、屋外にはステージを設け多数のベンダーも出店し、かなり大きな規模のイベントとなっていて驚いてしまいました。

でももっと驚いたのは会場に着いて送迎の車を降りた瞬間から何やら制服を着たコワモテの警備員さんがピタリとついて来て、Mooneyesブースに2日間はり付いてくれていたのです、一体何でだろ!?何だか警護されるKISSのジーン・シモンズになった気分で、なんちゃってVIP気分を味わえました。でも警備員さん最後にはビール飲んでましたが・・・

このイベントはインドネシアの”Retro Classic Cycles”さんが主宰してる物で、こちらBossと肩を組んでにっこりピースマークの方が主催者のおなじみ「やくみつる」さんです。元ベイスターズファンですね。 じゃなくって”Lulut”さん(通称”LT”さん)でした、すみません・・・日本でHot Rod Custom Showにもエントリーされているので、日本では”Yaku”のニックネームで親しまれております・・・ 2日間のイベントは朝9時から夜10時までと無茶苦茶なタイムスケジュールになっていて、本当に2日も体がもつのかしら??と小心者はビビり始めました。

今回アメリカより”Roland Sands”もゲストとして招かれていて楽しそうに過ごされてましたね。

お姉さんがステージ前で水びだしの太鼓?を叩いて唐突にイベントは始まりましたが、唐突にPinstripeの仕事が入り、そのまま夜まで休むことなく作業は続きました・・・

お客さんは隣のブースのヘルメット屋さんでメットを買って、ウチに持って来てPinstripeを描いて帰るという、予想外のビジネス展開となり、相乗効果というか、流れ作業?というかとにかく2日間で十数個の(数は忘れました)ヘルメットを仕上げるという自分でも何が何だか分からないデモとなりました。皆様有難うございました!! (作業出来なかった方々、本当にごめんなさい)

又、Bossも私もお客様に沢山のサインを頼まれて、本当にジーン・シモンズの気分を味わえました。

ショーの方は右ハンドルのアメリカ車やVWがズラリと並び、きちんと現地でカスタムされているようで好感が持てましたね。

[…]

1964年、東京オリンピックと力道山とWildman

せっかくDeNA Baystars x Mooneyesのコラボグッズが出たと思ったらBaystarsは完全に失速し、ジャイアンツに手も足も出ず3連敗となり2013年度は終戦となりました・・・・

クライマックスシリーズへの道はまだ終わってないですがそんな事はもうどうでもよくなってしまい、来年への再建を期待することにしました。

獲れそうなピッチャーは全員獲ってもらい、ドラフトもトレードもFAも全てピッチャー狙いで行って下さい。

野手は今のメンバーで全く問題ありませんので、とにかくピッチャーの補強に全ての資金をブチ込んで頂ければ、必ずこのチームは大化けしますのでDeNA様、宜しくお願い致します。

ということでオリンピックも2020年東京開催が決定し、ついこの前の1964年以来2度目の日本における夏季オリンピックとなりましたね。

1964年といえば東京オリンピックが開催され、新幹線が開通し、かっぱえびせんとワンカップ大関が発売され、日本武道館が開館し、大洋ホエールズは1ゲーム差の2位となり、王選手が55本の本塁打日本記録を樹立し、クレージーキャッツの日本一のホラ吹き男が封切られ、7月にはWildmanが誕生致しました・・・・何てエポックメイキングな年なんでしょう!!!

そして1964年の東京オリンピック前年の9月に力道山先生は五輪基金として財団にポンと一千万円を寄付していたのです。

「今度の東京オリンピックはアジアで初めてのオリンピック。国民はオリンピックを開催できることを誇りに思い、それを成功させて“どうだ”とと世界に胸を張ってみせるんだよ。ワシも誠心誠意オリンピックには協力したい」と言われて風呂敷に包んだ現金一千万円を寄付致しました。

大卒初任給が¥14,600の頃の一千万円ですから凄い金額ですよね、さすが力道山先生!!

私も誠心誠意Baystarsには協力したいので、もし日本一になったらポンと金一封を選手たちに送る予定です・・・・

しかし力道山先生はその東京オリンピックを見ることなく、1963年の12月に亡くなられてしまいました・・・合掌。

で、力道山先生をリスペクトしてきた事に対して、先生からの御祝儀?としてこのたびネコ・パブリッシングのDaytona誌10月号に「力道山、執念で呼び寄せた珠玉のコレクション」として不肖Wildmanが紹介されております、あら嬉しい・・・

「超絶マニアの楽しい世界」の記事の中で出てますが、変質者の集まりは本当に楽しいですね。

私の力道山リスペクトのきっかけとなった「力道山のロールスロイス」は復刊されましたので、皆様もぜひお読み下さいませ。

で、1964年といえばWildmanの愛車でもあるフォード・マスタングが生まれた年でもありますね。

徹底的なマーケティング・リサーチとフルチョイスシステムにより爆発的な大ヒットとなった初代マスタングもこの年の誕生でした。

当初はトリノとかクーガーというネーミングが予定されてましたが、最終的にマスタング(野生馬)となり結果的に車のイメージにぴったりのネーミングとなりました、名前も重要なのです。

子供のころはムスタングと呼んでいたので、今でもそっちの方がなじみがあり言いやすいのですが・・・

60年代当時、本牧エリア-1前の通りを親父の初代ダイハツ・フェローで疾走中、ベースの中から出てきた薄いグリーンのハードトップの印象が忘れられず、ムスタングは大好きなクルマの仲間入りを果たしました。

マッチボックスやテクノのミニカーを買ってもらい遊び倒したのはついこの前の出来ごとであります。

  

で久々のミニカー紹介となります。ムスタングと言えばコレで決まりの1960年台当時物デンマークはテクノ(Tekno)製のモデルです。

   

初めて買ってもらったフルアクションを持つミニカーで、ドアは開くはボンネットは開くは、中にエンジンは入ってるは、シートはリクライニングするは、トランクには三角表示板とポリタンクが入ってるは、ライトはダイヤカットでキラキラ光るはと、至れり尽くせりの贅沢ミニカーで、幼年Wildmanにとって衝撃的なモデルでありました。

アイボリーのボディに赤の内装はとってもオシャレで、まるで実車を見ているようでいつもウットリしていました。(その後初代は1974年頃、弟により完全破壊)

そしてもう一台はこのカッコいいムスタングです。

「なに言ってるの、これはムスタングじゃないでしょ」と怒られそうですが正真正銘ムスタングなのでした。

1965年のニューヨークショーで公開されたイタリアはベルトーネデザインの100作目にあたるデザイン・スタディ・モデルで、ムスタングのシャシーにイタリアンデザインを身にまとったクルマなのでした。

天才ジウジアーロの匂いがプンプンするデザインですが、ワンオフのこのクルマ、今こそカスタムカーとしてだれかに作って欲しいですな。

     

こちらはイタリアのポリトーイ(Politoys)が60年代絶頂期に作ったミニカーでもちろんフルアクションを備えて、ボンネットを開けると289 V8エンジンやバッテリーが現れ、内装は起毛で再現されてカーペットのようになってるのです。もちろんシートはリクライニングします。

裏を見るとドライブシャフトやマフラーが別パーツで再現され、リアのリーフのサスペンションは実際にポヨン、ポヨンと可動するのでした!!

 

当時の技術でやるだけの事をやった感じで、60年代的傑作ミニカーの一つだと思っております、ああ楽しいな!

そんなこんなでついこの前の1964年にムスタングや新幹線やかっぱえびせんと共に生まれてきたWildmanですが、変態道はヤッパリやめられないとまらないという感じなのでした。

[…]

Go! 横浜DeNA Baystars,今年もコラボでクライマックスだ!!

皆様、お暑い日々が続いておりますが、やっとこ気温が30度を下回る日々も出て来まして、私の大好きな秋はもうそこまで来ております。

下回ると言えば我が横浜DeNA Baystarsもグングン下回っております。

撃沈した交流戦以降、一瞬持ち直したと思ったら9連敗をやらかしたりして、クライマックスシリーズ出場権を獲れる3位は遥かかなたに行ってしまい、下回り過ぎて定位置の最下位まで射程に入ってしまいました(それ以上にヤクルトがおかしいので何とかなってますが)

が、巨人と並んでセ・リーグトップの得点を誇る打線の破壊力は凄まじく、たまに大勝ちや大逆転勝利なんかあったりして、わずかな期待を持たせてくれるのは昨年までと違うところです。

が、セ・リーグ最下位の防御率を誇る絶望的な投手陣は、なす術なくてここへ来てケガ人も出て来てしまい、ローテーションの組みようがありませぬ・・・この先どうやって行けばいいのでしょうか・・・・

リーグトップの得点とリーグ最多失点の投手陣の組み合わせは、もはや伝説の域に達し、10対9で勝つか16対2で負けるかといった野球のスコアとは思えないような試合が続き、横浜DeNA Baystarsのだいご味となっております、ああ楽しいな・・・

そんな野球シーズンも最後の盛り上がりを見せる頃、今年もやって来ました、昨年に続いて横浜DeNA Baystars x MQQNEYESのコラボレーション企画、”Yokohama Connection 2013”であります!!

奇跡のクライマックスシリーズ出場を果たす為の最終兵器となるであろう? 応援グッズの数々です。

こちらがその新デザインです!! じゃなくって、こちらは横浜大洋ホエールズ時代の物でした、すみません・・

ホントはこっちでした!! 大洋ホエールズ、横浜大洋ホエールズ、横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズと4球団を38年に渡り応援し続けて来たWildman石井デザインのグッズたちです。

リリーフカーに乗ったDB. STARMANイラストやHot RodなFlamesのデザインでそれぞれTシャツ、キャップ、トートバッグ等を揃えております。

真のベイファンであるWildmanがデザインしたものなので、気合の入り方が違います。

これらを見にまとい横浜スタジアムへ最後の応援をしに行き、奇跡のクライマックスシリーズ出場を夢見ようじゃありませんか!!

*これらの横浜DeNAベイスターズ商品は本牧のMQQNEYES Area-1店舗のみの販売となりますので予めご了承下さいませ。

Go!横浜DeNA Baystars, Go! with MQQN

[…]