Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

12月は2大イベントと力道山先生とDeNA ベイスターズなのであります!!

25回目の開催となりましたYokohama Hot Rod Custom Showも皆様のご協力により「場外は大変に静かな状況」で無事幕を閉じました。

今年も盛りだくさんの内容となりまして、会場内は終始盛り上がり、世界各国からのお客様も楽しめたと思います。

来年の開催は2017年12月3日(日)に決定しておりますので、皆様早めの準備をお願い致します。

そして私はそのままアメリカへと渡りましてMQQNEYESUSA主催のX-mas Party 2016Show & Dragに参加して参りました。

例年12月は日本とアメリカで連発のMQQNEYESイベントとなっておりまして、いつも何が何だか分からないまま12月は過ぎて行くのでした・・・・

そして気付けば今年も12月15日を迎えてしまいました。さてこの日は何の日でありましょうか??

当ブログを古くからご覧の方であればもうお気付きであると思いますが、この日は力道山先生の命日であります。

Wildmanが生まれる前の昭和38年12月15日に先生は旅立ってしまいましたが、こちらの直筆サインは夢の中で頂いたような気が致します。

ここ数年で力道山先生ゆかりの地をあちらこちら廻りましたが、殆ど当時の物は残って無く、すべては歴史の中に消えようとしています。先生は相撲を廃業した後、本牧の米軍ベースの住居の建設にも土方として携わっていましたので、毎日通勤で本牧通りを通るたびに思い出しているのです。

ずっと行方を捜していた先生の愛車、キャデラックのエルドラド・ブロアムという超ド級のキャデも結局九州のとある博物館に現存しておりましたが、それはそれはひどい状態で、できれば展示は控えて欲しいと思っております・・・・羽根をバッサリ切り取られたキャデラックなんて信じられますか???

こちらのロードスターの方のメルセデス・ベンツ300SLは今どこにあるのでしょうか、海外でも良いですから無事であることを祈るばかりであります。

現在も残る赤坂のリキ・マンションには何度も足を運びましたが、先に建っていたリキ・アパートはもうありません・・・・

マンション時代の先駆けとなったリキ・アパートには先生も専用エレベーター付きの最上階に住んでおられ、浮世離れした生活を送られていました。

渋谷にあったリキ・スポーツパレスや、リキ・アパートは2016年現在、資料が少なくて中々全貌が掴みにくい物件となっております。全くついこの前としか思えない、たかが半世紀位前の出来事なのですが・・・

掴めないなら力づくで掴むしかないのがWildman流であります、特に力道山先生の為なら・・・

現在我が手元にありますこちらの物件なのですが、実はリキ・アパートの新築工事時の透視図であります!!!60年近く前に描かれたと思われるこの紙は劣化が激しいのですが、まさに赤坂のリキ・アパートを描いているのです。

実際に建ったものとは少し違うのですが、プール付きの物件なんて昭和30年代では最新鋭の設備なのでした。

右下には日本美装建築株式会社という名前が入り、設計担当者様のサインもあり、工事名はリキ・ハウス新築工事と記されていましてまだデザインも名称も初期の段階であることをうかがわせます。

絵の中にはアパートの建物以外に何やら巨大な邸宅が描かれております。

それを大きく描いてあるのがもう一つのこちらの透視図になります。昭和30年代になんじゃこりゃという感じのお家でありますが、こちらの物件には施主のお名前が入っております。

「百田光浩邸新築工事」力道山先生の本名であります!!!!もうどうしたらよいのか分からなくなって来ました。

水彩で描かれているとっても素敵なイラストですが、結局この建物は作られずに計画だけで終わってしまったようなのです、それにしても凄まじい邸宅なのです。

たぶん3年後位にはBIGで10億円が当たる予定なので、その際はこの建物を再現したいと思っている次第です。それまでこの透視図を大切保管しておくのであります。

昭和38年12月8日に赤坂の超高級クラブ、ニューラテン・クォーターで些細なケンカがもとでナイフで刺されてしまった力道山先生は、一度はリキ・アパートに戻りましたが、状態が悪化しS病院に行き手術となり、一旦は快方に向かいましたが、1週間後に容体が悪化し12月15日に天に召されてしまいました。生きてリキ・アパートには戻って来られなかったのです。

毎年12月が来ますと2大イベントの後に先生の命日が来るので、何が何だか分からない状況が続きっぱなしなのであります。

で、話が変わりまして今年の横浜DeNAベイスターズは最終的にクライマックスシリーズのファイナル・ステージまで進むという快挙を成し遂げ、DeNAベイスターズ設立5年目にして初のAクラスとなりました、万歳、万歳!!

[…]

アメリカで、でっかいワーゲンと仏蘭西の芸術品を見てきました!

毎年暑い季節になりますと、やって来ますMQQNEYES USAのOpen Houseが!!今年も行ってまいりました。

空港からレンタカーで105 Freewayを走っていると右前方にちょっと古い(ボロ)カローラが走っていてナゼかホイールだけキラキラと美しく光っていました。ちょっとハミタイに見えましたが、やたら前のタイヤだけハミタイというか「それ出過ぎだろ」と思ってたら突然ホイールごとはずれて、タイヤが我がレンタカーの前を斜めに横切っていったのです!!

「ゲッ、危ない」と急ブレーキを踏み減速、後ろの車たちもみな減速するとタイヤさんは中央分離帯に激突し、そのまま中高く跳ね上がり落ちたと思ったらCar Pool Laneを勢い良く直進して行きました・・・タイヤが外れたボロカローラは3輪走行となり路側帯に停車してました。馬鹿かお前は!!

もしぶつかったら、生まれて初めてのエアバッグを体験出来たかもしれないのですが、小心者はあとからビビッてしまいました・・・日本で30年運転してても、高速道路でタイヤが外れてこっちに飛んで来たなんてことは一度もなかったので、やっぱりアメリカのスケールの大きさに感動した次第であります。

でOpen Houseなのですが、その前にMQQNEYES Buildingの看板文字描きという中々Heavyなお仕事もあったのです。 BuildingはMQQN Yellow Paintの為、塗装後10年以上経つと色がかなり褪せてしまい、クリーム色の建物になってしまうので、今回鮮やかなYellowでAll Paintされておりました(もちろん職人さんのお仕事)なのでBuildingに描いてあった看板の文字は全て消えてしまったのでそれを描き直してまいりました。

前回はフラフラしながらはしごを使って描いたのですが、今回は素晴らしい電動昇降マシーンをレンタルしてもらい、安全な作業となりました。猛烈に暑かったので、危険を察知した小心者は日本から日焼け止めスプレーを持ち込み見事一本消費してしまいました。

思い起こせばついこの前の92年の第一回Hot Rod Custom Showが終わった後、Guestとして日本に来ていたEd. Rothと一緒にアメリカに来て、当時MQQNEYES USAで行われていた”Rat Fink Reunion”イベントの前にこの建物の看板を描いたのでした。その時は高いところに上って、一緒に描いてくれるのかと思っていたら Rothは下から「はい、そこから何インチ、文字の空きは何インチ、太さは何インチで」と指示するだけで、高いところでフラフラしながら、結局一人で全部描いたという楽しい思い出があるのでした・・・・

その後もう一度建物を塗り直し、文字が消えてしまいまた描いたのですが、その時は作業中に突然の豪雨に見舞われ、ペンキが涙のように流れてしまい涙したのを思い出します・・・直している時間の方が長かったのですね。

今回のRepaintで長いことこの綺麗な状態を保ってほしいですね。

で、看板描きも無事に終わり、Open House当日は見事な快晴となり、沢山のお客様が訪れました。Shopの外にも車が並び、皆さま楽しい一日を過ごしておりました。

Open House名物Freeで提供されるChico’s Burgerも行列となり、昼頃には無くなっていたようです。これが目当ての方も沢山いるようで・・・・

こんな可愛いスバル・サンバーが来たり、今年のHot Rod Custom Showにやって来るKiyo’s Garageさんの危険な香りのするエンジン二基掛けマシーンも来てくれて、本当にエンジンを掛けてくれました!! この世のものとは思えない激烈なサウンドを醸し出しておりました、ああ驚いた・・・

Pinstripeのお仕事も沢山頂きまして、一日中描きまくっておりました。現地のお客様、いつも有難うございます!!

次の日はですね、Long BeachのSwap Meetに出向いてみました。今回Car […]