Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Mooneyes Summerは快晴だぜ!!

皆様こんにちは。不肖Wildman ただ今アメリカに滞在中であります。

そう、昨年豪雨となってしまったMooneyes X-mas Partyのリベンジ

としてこの夏、7月18日に同じくIrwindale Speedwayで開催される

”Mooneyes Summer”に参戦する為に再度こちらへやってまいりました!!

いくらなんでも明日は絶対に晴れるはずなので、今度ばかりは

「雨の神様」の神通力も通用しないと思います・・・

で、MMMのヨーロッパ・ツアーのレポートは今回で完結となりますのでクリックしてみて下さいな!!

それでは皆様、また来週!!!

我、力道山先生の幻をドイツにて発見せり!!

ワールドカップも一段落した所で、突然我が家のエアコンがお亡くなりになられ、 猛烈な湿度の中で暮らす日々が続いております・・・・ 扇風機だけではどうにもならず、冷えたペットボトルをまくら代わりに 使う変態の今日この頃であります・・・6匹の猫と1匹の犬たちも変態だ!じゃなくて大変だ!! と思ってたら意外とあいつら暑さを気にしてません・・・

で、先週からのお話の続きなのでありますが、ヨーロッパ・ツアーの 詳しいレポートは「ムーンアイズ・メールマガジンMMM」にて発表となっておりますので そちらをご覧くださいね。 え、見れない?? そうなの??じゃ今回は特別に見せてあげますからこちらをクリックして下さい。 というよりも一刻も早くMMMに登録してくださいな!!

で、ドイツの博物館なのですが、これが結構楽しくて千差万別いろんなクルマが展示されておりました。 このランボルギーニ・ミウラP400Sはホワイトレターのグッドイヤーがとっても素敵でありました。

こんな可愛いゴッゴモビルやNSUスポーツ・プリンツなんかもあって変態向けの車種選択がたまりませんな!! あんまり嬉しいので我が家の当時物ミニカーの画像も並べておきますね。

おおっ!!これは西ドイツのDKW(デーカーヴェー)ゾンデルクラッセではありませぬか!! 2ストローク好きにはこたえられないクルマです。

エンブレムに注目であります。このクルマには「3=6」不思議なエンブレムが ついているのです、3イコール6です・・・ 変態のアナタならこのエンブレムの意味が分かりますよね。このクルマは 2ストローク3気筒エンジンを 搭載しているのです、カワサキマッハIIIじゃないよ!! DKWの2ストエンジンに対する自信の表れを 示すもので、3イコール6の意味は「2ストローク3気筒は4ストローク6気筒に匹敵する性能を持つ」

というナゾナゾのような意味を表しているのです。間違えた算数ではありません。 カッコイイなDKW、こりゃマッハIIIもビックリだぜ!!

何て興奮しながら、誰も聞いてないのに一人でブツブツと説明しながら 博物館内をトボトボと歩いていると、アメリカ車コーナーにたどり着きました。

シェビーやダッジやキャデ等、日本でもアメリカでも見なれた大きなクルマたちを眺めていると、 いきなりブルーのクルマが目の前に現れました。 「こ、こ、こ、これはスゲエ、こんなのまでここにあったとは!!」とひっくり返りそうになりましたが、 気を持ち直すと力道山先生の姿が浮かんできたのです・・・・

そのブルーの車は「1957-58キャデラック・エルドラド・ブロアム」なのであります。 「な〜んだ、ただの50年代のキャデラックじゃん」といわれるアナタはダメダメです。 このブロアムはとっても特別なキャデなのです。

夢の1950年代、かのGMは「モトラマ・シリーズ」というのを展開していてワンオフのドリームカーをシェビーや ポンティアックやキャデラックやらGMの各ディビジョンごとに製作させ、編隊を組み全米各地をデモしていたのです。

これらのドリームカーはどれも時代を先行するデザインで、それを一般 ユーザーに見せて反応をリサーチし、数年後の量産車にそのデザインや メカを取り入れるという目的を持っていました。そんな中であのテール・フィンのデザインなんかが生まれました。

キャデラックがモトラマ用で1955年に製作したエキスペリメンタルカーがこの 画像のエルドラド・ブロアムなのです。

それをほぼそのままの形で限定生産して販売したのが’57-’58エルドラドブロアムです。 今回ドイツの博物館で遭遇したブルーの個体がまさにそれでした。 他のキャデラックとは別工程で生産され製造、仕上げ、検査とほぼ全ての 工程が熟練工の手によるほぼ手作りの自動車だったのです。 他のグレードではオプションとなる装備全てが最初から標準で組み込まれていました。

車輛金額は13,074ドルで、これは当時の普通のキャデラック4ドア・セダン の4,413ドルに対し3倍の金額を付けていたのでした!!いかに凄いかが分かりますよね。 生産台数も2年でたったの704台と、アメリカ車にしては異様なまでに少ない特別なクルマなのです。 低くたたずむ観音開きの4ドアHTボディは、ルーフがステンレスのヘアライン仕様になってるお洒落さんなのでした。

[…]

我、ドイツにて遭遇せり、世界の名車ここにあり!!

皆様お元気でしょうか? 私はとっても眠いですけど元気です!!

6月8日の緊急ブログ以降、行方不明だった、不肖Wildman今週やっと無事日本に帰還致しました。

青い飛行機に乗ってたどり着いた大草原はかつての同盟国ドイツ共和国連邦でありました。でね、何でドイツに行ったのかというとですね、今回ヨーロッパ各国でKustom Kulture関連のイベントが3週連続で開催されまして、それに日本から5名参加したのですよ。

Nash君、M&KのMakoto君、Mr,G君、Ghost君、それに私といったメンバーでドイツ、スイス、イタリアの三都物語を3週間に渡って繰り広げたのです。色々なストーリーが生まれた旅でしたが、ちっともつらくはありませんでした。しいて言えば3週間もミニカーを磨けなかったのが一番つらかったですかね・・・・

で、その三都物語は次回のムーンアイズ・メールマガジンMMMにて大発表致しますので、まだ登録してない方はお急ぎくださいませ。

でもせっかくだから少しだけ今回の旅のお話を当ブログにて発表致します。だって話したいんだもん・・・

ドイツのイベントが終わった後にですね、現地在住の日本人リアルバイカーであるMinako-sanの案内で博物館に行ったのですよ。”Museum Sinsheim”という所でしたが、飛行機、自動車、バイク、軍用車、汽車ポッポといろんな乗り物が展示されていて、とっても楽しい所でした。コンコルドもあったゼイ!!

グルグルと館内を回っているとWildmanのお眼鏡にかなうクルマが何台かあったので御紹介致します。

まずはゲテモノ・マイクロカーで「ツンダップ・ヤヌス250」であります。見たかったんだ、コレ!!! ひどいでしょ!!初めて見れました!!

イセッタやメッサーシュミットは日本でもなじみがありますが、これは冗談にも程があると言ったデザインなのです。ドイツのバイクメーカーのツンダップが1950年代にちょろっと作った自動車なのですが2ストローク250ccエンジンをミッドに積み、それを挟む形で前後背中合わせで人が座るという狂気のレイアウトなのです。つまり後ろに座った人は後ろ向きに座るので気持ちが悪くなるはず

です・・・ドアも冷蔵庫タイプが前後についています。ちなみにハンドルは前にしか付いておりません。後ろから前から@畑中葉子であります!!

で、当時物ミニカーはブリキ・モデル以外ではこのちっこい西ドイツ製プラスチック・ミニカーしかモデル化されておりません。みんな敬遠したのかな・・・・sikuというブランドの製品で50年前のオモチャなのですが、全長3cmくらいしかありません。でも、とっても良く出来ていてシンメトリーなヤヌスを十分に表現しております。本当に前後同じデザインなのです。左の1色のやつが前向きで右のツートーンのが後ろ向きです、変なの。

で、お次は又もマイクロカーの「ハインケル」であります。典型的なバブルカーでイセッタの親戚みたいなデザインですが、メッサー同様、ドイツの航空機メーカーが製造していた3輪車です。イセッタよりも丸みがキュートでこっちの方がグッド・デザイン賞かもしれません。

これの当時物ミニカーに関しては壮絶なストーリーがあるのです。ついこの前の1979年、ホームグランドである横浜元町サンセットで、見たこともない真紅のおにぎりを発見しました。レジの奥にあった棚にポツンと置かれていたそいつは、当時持っていたどの資料にも載っていなく、少年Wildmanは頭を悩ませておりました。インターネットもないので調べようがありません。「こ、こ、こんなミニカー見たことない、一体何なんだ!!」と小さな頭脳を悩ませておりましたが、店主の宇野さんが「これはね、イギリスのゼブラというメーカーのハインケルなんだよ、とっても珍しいんだ」と教えてくれました。

「ゼ、ゼブラ、なんという社名なんだ、ボールペンとは違うのか」と余計悩みましたが、そのミニカーには”Not For Sale”と紙が貼ってあるのです・・・・何とこいつは非売品ということで宇野さんのコレクションなのでした。「そうか、非売品なのか、猛烈に欲しいけど猛烈に珍しいから猛烈に高いんだろうな、変態中学生に買えるわけないな・・・」とトホホな気分になっておりました。「でも非売品なんだから、ずっと非売品のままのはずだから、いつか大人になったら交渉して売ってもらおう」と意気込み、お店を訪れる

たびにウットリとハインケルを眺めておりました、ウットリ・・・・

が、ある時お店に行くと、あの真紅のおにぎりは無くなっていたのです!!もしや宇野さんが食べてしまったのではと心配しましたが、実は少年の知らないところで大人の交渉が行われ、ゼブラのハインケルはどちら様かがお持ち帰りになっておいたのです。哀れ少年Wildmanでありました。

それ以来、幻のミニカー「ゼブラのハインケル」は私の目の前には一向に現れず四方八方手を尽くしても見つかりませんでした。元々生産台数が少なく、日本未輸入では昭和の日本で見つかる訳がありませんね。そのまま20年以上が経過し21世紀になってTV「なんでも鑑定団」に不肖Wildmanが出演し「頼むからこれ売ってくれ~!!」と叫んでもハインケルは現れませんでした。

「もういい加減にしないと一生手に入らんな、もしハインケルが入手出来たら、ミニカーコレクションなんかやめちまうぜ!!」と豪語していた3年程前のある日、インターネット上にてゼブラを発見!!力ずくにて英国より日本に持ち込むことが出来たのです。約28年ぶりに見る真紅のおにぎりは、白黒のゼブラ模様のパッケージに入って来て、見た瞬間「もう死んでもいい」と思いました、結局死にませんでしたけど・・・・・

世紀を挟んでやって来たゼブラのハインケルは死ぬまで私の手元にあると思います、まだ死にませんけど・・・ちなみにあの豪語はどこへやら、私はミニカーコレクションを未だやめていない軟弱物になり下がっております、いいんです軟弱物で。

で、話がハインケルで勝手に盛り上がり過ぎましたが、ドイツの博物館にはもう一台、変態を絶句させるクルマが展示されておりました。

ああ、力道山先生・・・そのお話は次回ということで。

[…]