Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

ダーリンとは何ぞや?プラスチックなクルマたちはカッコいいぜ!!

皆様おはようございます。

先週の土曜日、日テレの「ぶらり途中下車の旅」ご覧になって頂けたでしょうか?

というか、あのような朝の時間帯の放送にも関わらず、多数の方々より「テレビ見たよ」と言われこちらが驚いてしまいました、本当に有難うございます。

TVスターとなったWildmanはこのままジャニーズに入り同い年のマッチと共演しデビュー曲は「ビンテージスニーカーぶる~す」で決まりなのです!!

そんなことはどうでもいいとして、やっぱりクルマはプラスチックなのであります。

また頭がおかしくなったとお思いでしょうが、先週富士のTried Customsさんに出張Paintでお伺いしたときに、このように素敵なC2のコルベット・スティングレイが鎮座されておりました。ワゴンRスティングレーじゃありませぬ・・・

プラスチックなFRP製のブラックボディが何とも艶めかしく、やっぱりクルマはプラスチックだぜ!!と一人つぶやいておりました。

このC2は何とオリジナルの427ビッグブロックエンジン搭載車でありまして425hpを誇る凶暴な個体の生き残りでありました、凄いですね・・・

プラスチックのクルマって走ってるだけでバラバラになってしまいそうです。

ということでFRPボディを持つクルマたちをいつものようにミニカーで勝手に語らさせて頂きます。

 

初代のC1コルベットは1953年にFRPボディを身にまといエレガントな2シーターのアメリカ製スポーツカーとしてデビューしました。

といってもエンジンは直6で、ミッションは2速ATと雰囲気重視のカッコだけスポーツカーといった感じでした。その後度重なるドーピングにより強力なスポーツカーに変貌を遂げて行きますが、初代C1の女々しさが何とも素敵なのであります。

 

こちらはC1コルベットが製造されていた頃、販促品とされていたプラスチック製プロモーショナルモデルで実車同様60年前に作られております。

 

プロポーションは正確でして、何といってもプラ製なので実車同様の質感が楽しめるのです、ああ楽しい。

そしてC1コルベットと同時期にアメリカではへんてこスポーツカーがFRPで作られていました。

 

以前ブログでご紹介したこちらのへんてこ乗用車「カイザー・ヘンリーJ」のカイザー社がヘンリーJのコンポーネンツを使用してFRPボディを着せて突発的に2シータースポーツカーを作っちゃいました。

C1コルベットよりちょっとだけ遅れてデビューしたこちらのへんてこは「カイザー・ダーリンDKF161」と命名されたアメリカ流スポーツカーでした。

エンジンは直6で161cu.inの90hpという可愛らしい物が載せられておりましたが、コルベット同様ドーピングが施され、数百台しか作られなかった短い生涯の間に最終的にはキャデラック用のV8 365cu.inで335hpというエンジンが無理やり載せられておりました、かわいそうなダーリン・・・

このクルマはドアーがスライド式で、後ろから前へズルッと開く変態振りなのです。

当時遥かかなた東洋の島国でどうやってこのクルマの資料を手に入れたのか分かりませんが日本製のティンプレート(ブリキ)製モデルが存在してました。

  

殆ど輸出用だったと思われますがコスゲ(製造)とアサヒトーイ(販売)のダブルネームでこちらのモデルがあったのです。

郷愁漂うイラストの箱は秀逸ですが、ボディは寸詰まりとなっていてダーリンだか何だか良く分からないのですな。きっと職人さんは1~2枚の写真をたよりに想像しながら(適当に)作ったのでしょう。

 

でも60年前の実車と同時期に造られた当時物ということに意義があるのであります。室内のプリントなんか芸術以外何物でもないのです!!

そしてお次は又コルベットに戻りまして、MAKO SHARK(メイコシャーク)であります。

GMのコンセプトカーでありまして、そのデザインは次期コルベットに受け継がれて行くクルマたちでありました。

1962年の初代マコシャークはGMスタイリングのボス「ビル・ミッチェル」がフロリダ沖でメイコシャーク(アオザメ)を釣り上げた事に由来しているそうです。

サメっぽいデザインですし、クリアーのバブルルーフは潜水艦として本当に海の中に潜って行けそうなのです。

メイコシャークは次期コルベット1963年のC2にそのデザインコンセプトが生かされましたね、カッコいいなあ・・・

香港の雄、プレイアートがコルベットじゃなくナゼかこのメイコシャークをモデル化してくれていて大変感謝したのでありました。

小スケールながら非常に出来が良く、バブルルーフも見事に再現されています。

しかし70年代の時点で流通していたのはこちら後期モデルの不細工なレモンの輪切りみたいなホイールを履いていた物ばかりでした。

この初期の2ピースホイール仕様はなかなか見つかりませんでした。しかも初期型はボンネット開閉アクションもありちゃんとV8エンジンがモールドされていたのです。

後期型はホイールも不細工でボンネットも開かず、とても同じミニカーには見えなかったのでした、実車もミニカーもキモはやっぱりホイールなのであります。

[…]

号外!!Wildman一番勝負!!

皆様おはようございます。 私は只今静岡県は富士市のTried Customsさんに出張Paintに来ております。 なので皆様お店まで遊びに来て下さいませ!!

このあと9時30分より日本テレビにて「ぶらり途中下車の旅」が放送されますが、ぶらりと舞の海さんが本牧はMooneyes Area-1にお越しになり、Wildmanと一番勝負になるはずであります。

 

きっと力道山先生もお喜びのことでしょう・・・

という事で早くテレビのスイッチを入れて下さいな!!!

怒涛の一カ月、Hot Rod Custom showお疲れさまでした!

皆様お久しぶりでございます。暫くの間、行方不明となってしまい大変申し訳ありませんでした、私はちゃんと生きております・・・

Hot Rod Custom Show前の1カ月、猛烈に仕事が忙しくなってしまい、何が何だかわからない毎日を過ごし、気がつけばShow搬入日の午前1時・・・・奇跡的に全ての作業が終わり目出度くパシフィコに出撃出来ました、お疲れ様です。

           

イベント前はこのようなVWたちを夢中で仕上げました(楽しかったです)

   ウワサのToyota 86も仕上がって、「これカッコいいじゃん!!」と一人御所山で自画自賛しておりました。

    

秋の紅葉の中、出張に行っての作業もありましたね。

そんなこんなでHot Rod Custom Showは無事開催され、たくさんのエントラントや入場者の皆様がお越しになり盛大なイベントとなりました、有難うございます!!

 

今年はHot WheelsのコンベンションモデルとしてWildmanデザインのVW Busが会場限定発売となり、マニヤの皆様のお手元へ行き渡りました。

こちらの購入を目当てに並んでいた変態の皆様、まことに有難うございました!!

そういえばこのVW Busには人生始まって以来の数のサインを入れさせて頂きましたが、AKBの気持ちが少しわかりました・・・

次は変態同士の握手会としましょう、Wildman 48発進だぜ!!

で、Hot Rod Custom Showが終わったと思いましたら、今度はCaliforniaに飛びまして、MOONEYES USAのイベント、MOONEYES X-mas Party Show & Dragに参加して来ました。

「あれ、さっきまでパシフィコにいたのに、ここは一体どこ?」と思ってしまいました。

だってPinstriperのGHOST君も単独エントリーしてましたから、ますます日本だかアメリカだかわからなくなってしまいました。

こちらのイベントも大変盛り上がりましたが、詳しいReportは今回一緒に行ったMooneyes Staff中、最大の身長を誇る”A”中野君のReportで詳しく紹介しておりますのでぜひクリックして下さいませ。全く力道山先生より背が高いなんてどうかしてるぜ・・・

あ、もちろんアメリカでカニは食して来ましたのでご安心ください、ああ美味しかった!!

行きつけのHOKKAIDOではなくNew Port Beachの歴史あるお店、The Crab Cookerにて大暴れして来ました。

 

今回は近況報告のブログとなってしまいましたが、次回からは変態復活となりますので宜しくお願い致します。

[…]

変態が認める三輪トラックデザイナーは天才だぜ!!

皆様お久しぶりでございます。いよいよMoon Illustrated vol.10が発売となりました!!

今回はですね巻頭特集がHot Rod Custom Show 2012のSneak Previewということで、Showに来るクルマやゲストのことを詳しく紹介しております。こちらを読んでから当日会場に来て頂ければ、より一層楽しくなることうけ合いでございます。

Wildmanページはですね、やはりイベントのAir Cooled in Action(VW)に敬意を表し? VWの見たこともないようなミニカーをFruityと御紹介しておりますので、変態の皆様は必見です!! その名も「マニアがワーゲン」でございます。ということで今年のHot Rod Custom Showは大盛況だった昨年の20回記念よりもさらに盛り上がること必死なのであります。 だって現時点で昨年よりもクルマもバイクもベンダーも全てエントリー数が増えているのですから、ああこりゃ大変だ・・・・・

で、話は変わりまして、先日長年探していた本がやっとこ手に入りました。 発行が昭和58年4月20日なので、全くついこの前の新しい本で恐縮なのですが、こちらの一冊になります。

マツダR360クーペと三輪のK360が表紙になっている「わがインダストリアルデザイン 小杉二郎の人と作品」という高速有鉛とは一線を画す?真面目一直線な感じの本ですが、本当に真面目な内容となっております。

 

故小杉二郎様は昭和の時代に御活躍された工業デザイナーで、クルマからバイク、ミシンや電化製品までありとあらゆるジャンルの工業デザインを手掛け、日本における工業デザイナーのパイオニアといえる存在なのであります。

日本における変態のパイオニアの自分としてはとしては非常に尊敬しております。

何といっても素晴らしいのはマツダ(東洋工業)関連の車両デザインでして、Wildman的には突き刺さるものばかりなのです。

日本の戦後復興の過程で三輪トラックは絶対に欠かせない存在でしたが、バイクに荷台を付けただけのような簡素なデザインだった三輪トラックに小杉氏は全天候型のキャビンを付けて見事なデザインをまとめ上げたと思っております。

特にこちら1950年代中期のCHTA型はバーハンドル時代の集大成だと理解しています。ドアーも付いたキャビンは強烈なフロント周りのデザインで、どう考えてもカウンタックよりカッコイイのです、本当に。

そして丸ハンドルへとフルチェンジしたHBR型は「究極の工業デザイン」といえるキャビンを持ち、流線形なスタイルで国鉄の特急列車よりもスピードを感じさせるのです、もう完璧過ぎますよね!!

これらの小杉氏のスケッチを見ているだけで天才と思えます、本当に。

CHTA型やHBR型は古すぎて当時物ミニカーになることはなく、ブリキの玩具でモデル化されていました。

   

共にバンダイ製なのですが当時の持てる技術を駆使して作った傑作モデルでして、強烈な出来栄えを誇っているのです。

    

特に丸ハンドルのHBR型は素晴らしく、部屋の中でじっと見ている変態行為を繰り返していると、本当に実車に見えてきて昇天してしまいます・・・

スバル360と同時期に造られていたマツダR360クーペもデザイン重視のクルマで、どうやったらこんなに可愛らしい形を思いついたのか一度聞いてみたかったです。

子供のころでも見る機会は少なく、短期間親戚のオジサンが乗ってましたが、それ以外でクーペ見たときは興奮しておりました。

 

当時物ミニカーでは大盛屋ミクロペットとアサヒ玩具のモデルペットから製品化されていましたが、出来はこちらのミクロペットに軍配が上がります。

 

ついこの前の昭和36年7月に発売されていましたが、フリクションモーターが内蔵されていて、走らせて遊ぶ玩具だった為、殆どが当時の心無い子供たちによって破壊されてしまい、実車並みに現存台数の少ないレアなミニカーとなっております。

マツダ車はこの他にもロンパーやキャロルのデザインも手掛けられていますが、世に出なかったこれらクレイモデルたちも強烈なセンスでデザインされています、 素晴らしい!!

[…]

Go! Chimay ベルギーにも雨とWildmanがやって来たぜ!!

皆様お久しぶりでございます。先週末は3泊5日という素晴らしい日程でヨーロッパはベルギーまで行って参りました、いつもバカンスWildmanなのです!!(ウソですお仕事です・・・)

今回はですね”1st Annual European Hot Rod & Custom Show”がベルギーのChimayという街で開催されまして、そのイベントにPinstriperとして参加する事になったのです。 Mooneyes USAからもMooneyes Dragster とMoon Truckをイベント参加用に持ち込んで有るのでした。

 

イベント記念Tシャツのデザインは私がやらさせて頂きました、ありがとうございます!!

いつも通り成田空港からのフライトとなりましたが、今回は初の搭乗となるAIR FRANCE(エールフランス)機での旅立ちです。

この日の成田空港出発の最終便という事で、搭乗口付近のレストランや売店は全てClosedとなっておりまして、慌ててシャッターの閉まりかけたマクドナルドに飛び込みました。

 

エールフランス機ですから、機内食はフォアグラの入ったフレンチのフルコース!!と勝手に決め付けておりましたがエコノミークラスなのでただの機内食でした、残念・・・

 

そして10,043kmのフライトで無事にフランスはパリに到着致しました。直行便じゃないのでパリからレンタカーでベルギーに入るのです。 シャルル・ド・ゴール空港といえばかつてのフランスのド・ゴール大統領ですよね。大統領専用車の素晴らしいミニカーを持っておりますので今度ご紹介致します(話が長くなるので)

 

レンタカーはこちらオペルのステーションワゴンで、もちろんMoonステッカーをペタリと貼ってしまいます、これで地元民になれます、Go! with Moon. ディーゼル&6速マニュアル・トランスミッションとまさにヨーロッパの基本仕様であります。 いつ来てもヨーロッパはディーゼルエンジンとマニュアル・トランスミッション天国なのです。 やっぱり日本のハイブリッド・カーはガラパゴス状態なのですね・・・

    

早朝に到着したので朝やけを見ながら2時間半位のドライブで気がつけばそこはもうベルギー、ヨーロッパは国境はフリーパスなのでいつの間にか国と国をまたいでしまっている感じで、今ひとつ国境を越えた感がありませぬ・・・・

  

ベルギーと言われても中々ピンと来なくて、思い出すのは「ビヨン・ボルグ様」が使っていた”Donnay”のテニスラケット、1980年にDonnayのラケットを初めて握った時、このようにMade in Belgiumと書いてあり「一体どの辺にあるんだこの国は?」と思ったのはついこの前のことなのですね。

あとはこちらのベルギー製ミニカー”Gasquy”というブランドの「タトラ・プラン」です。 60年ほど前にベルギーで作られた大変珍しいモデルで、入手には大変苦労致しました。というように、ベルギーといえばテニスラケットとミニカーしか思い浮かばないのです・・・

そしてどこにあるんだか分からなかった国に、32年経って来てしまいました。

  

Chimay(シメイ)という街はビールが有名で、ついこの前の1862年からビールの生産が始まったそうです。シメイに来たからにはシメイビールなのでしょうが、私にはアルコールは全く関係のない事なので指名無しでお願いします・・・

  

この様に公道を封鎖しシメイ・サーキットとしてバイクや車のレースが行われると言う素敵な場所で、今回のイベントもドラッグ・レースを含めてこの会場での開催となりました。

         

まず今回のイベント主催者であるKobusさんにお会いし、彼の家に行ってアメリカより運んであったMooneyes DragsterとMoon Truckを引き取りに行きました。

この家というのが凄くて、最近手に入れたそうなのですが1882年に作られた!!!という強烈な歴史の家でして築130年になります、ついこの前といえばこの前なのですが・・・

 

建物内は強烈なオーラが漂っていて、良くいえば歴史を感じるものですが、悪く言えばただのホーンテッド・マンションにしか思えません、ちょっと怖いのです・・・

[…]