Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

鬼才ガンディーニの傑作は亀マークのナバホだぜ!!

まったく地球は一体どうなってしまったのでしょう??この前の成人の日、関東地方は強烈な雪が降りまして、横浜市では有史以来初めてとしか思えない積雪13センチを記録しまして、私のような小心者は一歩も外に出られなくなってしまいました。

 

我が家は山の上にございますので、数日間は遭難したも同然となり通勤は長靴をはいてバス停まで25分歩くという悲しい日々をおくる事になってしまいました・・・ナイキじゃないと足が痛いんです。

 

雪はあと30年くらい、横浜市内には降らなくて結構なのです。

そして早く春にならないかと思っておりましたところ、皆様に吉報であります!

第27回Mooneyes Street Car Nationalsの開催が5月19日(日)に決定致しました。当初のスケジュールより変更となり、5月の開催となってしまいましたが、場所はおなじみの東京はお台場になります。

当日、雪は絶対に降りませんし、ゴールデン・ウィーク渋滞もありませんので、カッコいいクルマ、変態なクルマ、奇抜なクルマ、たくさんお待ち申し上げておりますので宜しくお願い致します!!

  

で、カッコ良くて、奇抜なクルマと言えばどう考えてもスーパーカーか三輪トラックになりますよね。

子供の頃、カウンタックと三菱レオは同じような衝撃を受けました。

今でもどっちが欲しいかと言われれば本当に悩んでしまいますよね・・

カウンタックのデザインと言えばカロッツエリア・ベルトーネのチーフデザイナーだったマルチェロ・ガンディーニさんであります。

強そうな悪役みたいな名前ですが・・・

私、この方の作品が大好きなのであります、なのでフェラーリよりもランボルギーニなのです(それよりも三菱レオかもしれませんが・・・)

 

天才ジウジアーロが抜けたベルトーネのチーフ・デザイナーを務めた鬼才ガンディーニは60年代中期から70年代に掛けて数々のスーパーカーやコンセプトカーをデザインし、はるか離れた東洋の島国の少年たちを狂喜させました、いまだに狂喜している馬鹿もここにおりますが・・・

 

ランボルギーニ各車、フィアットX1/9、ランチア・ストラトス、マセラティカムシン等々、極端なウェッジ・シェイプのデザインは一目でガンディーニの作品と分かる物でした、ああカッコいいなあ・・・

と言うことで今回もガンディーニな作品を、実車よりもっとカッコいい「当時物ミニカー」たちで紹介させて頂きます。

まずは名車の誉れ高きランボルギーニ・ミウラです。ジウジアーロの流れを汲む60年代的な美しいラインは今でも色褪せることありませんね。

 

ミニカーの世界でも人気者で当時は世界各国、各社でモデル化されましたが、一番入手しづらいと思われるのがイタリアはEDIL TOYS製のこちらになります。

ミウラのモデルとしては平均的な仕上がりなのですが、このエディル製は何せ生産数が少なく、当時日本にもちょぴっとしか輸入されなかったのです。

あとシルバーのがあるのですが、生涯かけて探すしかありませぬ・・・

お次はフル4シーターのスーパーカー、ランボルギーニ・エスパーダです。

フロントに12気筒エンジンを積んだ4人乗りのおシャレさんですが、70年代から80年代にかけてグリーンのSSSAディーラー車をしょっちゅう横浜市内で目撃し、オーナー様に声を掛けたこともある大好きなランボです。

 

イタリアはPolitoysより素晴らしいプロポーションでミニカー化されており、フルアクションのこいつは12気筒エンジン、4つのシートも再現された傑作であります。全3色揃えるのに15年掛かりましたが・・・

同じく4つのシートを持ちながら何とミッドシップ・エンジンという手品のようなクルマはランボルギーニウラッコであります。

V8エンジンの2+2のスーパーカーは対ポルシェ911を想定していましたが、商売としては惨敗に終わりました。

ついこの前の1976年、小学6年生のときに、東京は目黒通りのミツワ自動車にポルシェの撮影に繰り出し、正面入り口から突入し怒られましたが、帰りにちょうど現FLAT4さんのあたりを歩いていると、メタグリーンのウラッコが走って来たのを目撃したのがウラッコ初体験であります。

こちらもイタリアのPolitoysとMebetoysよりミニカー化されてました。

よく見るとリトラクタブル・ヘッドライトの位置が違っていて、左のポリトーイはボンネットの真ん中あたりに位置していますが、右のメーベトーイはもう少し前になっています。

子供の頃はポリトーイのライトの位置が「真ん中へんで変なの、俺が目黒通りで見たやつはもっと前だったぜ!」と一人ブツブツ言ってましたが、その後、中学生になって調べた結果、ウラッコのプロトタイプは真ん中へんにライトがあり、ポリトーイのはプロトタイプをモデル化したことが判明しました納得。

やはりミニカーで実車を勉強出来ることが明白になったのであります。

そしてお次はランボルギーニ・ハラマです。V12フロントエンジンで2+2のシートを持つごく平凡的なレイアウトのGTカーでしたが、ショートホイールベースのハンドリングに優れたクルマでバランスが良く、サーキットではミウラをしのぐ走りをしたそうです。

地味なスタイルのハラマでしたが、大社長フェルッチョ・ランボルギーニのお気に入りだったそうです。

テストドライバーのボブ・ウォレス共々「あれこそ本当のランボルギーニ」と絶賛していたクルマなのです、鬼才ガンディーニにしちゃおとなしいデザインですが・・・

 

ハラマも当時Politoysからモデル化されてました。スクエアなスタイルを上手く表現しV12エンジンもちゃんと載っております。

[…]

変態が認める三輪トラックデザイナーは天才だぜ!!

皆様お久しぶりでございます。いよいよMoon Illustrated vol.10が発売となりました!!

今回はですね巻頭特集がHot Rod Custom Show 2012のSneak Previewということで、Showに来るクルマやゲストのことを詳しく紹介しております。こちらを読んでから当日会場に来て頂ければ、より一層楽しくなることうけ合いでございます。

Wildmanページはですね、やはりイベントのAir Cooled in Action(VW)に敬意を表し? VWの見たこともないようなミニカーをFruityと御紹介しておりますので、変態の皆様は必見です!! その名も「マニアがワーゲン」でございます。ということで今年のHot Rod Custom Showは大盛況だった昨年の20回記念よりもさらに盛り上がること必死なのであります。 だって現時点で昨年よりもクルマもバイクもベンダーも全てエントリー数が増えているのですから、ああこりゃ大変だ・・・・・

で、話は変わりまして、先日長年探していた本がやっとこ手に入りました。 発行が昭和58年4月20日なので、全くついこの前の新しい本で恐縮なのですが、こちらの一冊になります。

マツダR360クーペと三輪のK360が表紙になっている「わがインダストリアルデザイン 小杉二郎の人と作品」という高速有鉛とは一線を画す?真面目一直線な感じの本ですが、本当に真面目な内容となっております。

 

故小杉二郎様は昭和の時代に御活躍された工業デザイナーで、クルマからバイク、ミシンや電化製品までありとあらゆるジャンルの工業デザインを手掛け、日本における工業デザイナーのパイオニアといえる存在なのであります。

日本における変態のパイオニアの自分としてはとしては非常に尊敬しております。

何といっても素晴らしいのはマツダ(東洋工業)関連の車両デザインでして、Wildman的には突き刺さるものばかりなのです。

日本の戦後復興の過程で三輪トラックは絶対に欠かせない存在でしたが、バイクに荷台を付けただけのような簡素なデザインだった三輪トラックに小杉氏は全天候型のキャビンを付けて見事なデザインをまとめ上げたと思っております。

特にこちら1950年代中期のCHTA型はバーハンドル時代の集大成だと理解しています。ドアーも付いたキャビンは強烈なフロント周りのデザインで、どう考えてもカウンタックよりカッコイイのです、本当に。

そして丸ハンドルへとフルチェンジしたHBR型は「究極の工業デザイン」といえるキャビンを持ち、流線形なスタイルで国鉄の特急列車よりもスピードを感じさせるのです、もう完璧過ぎますよね!!

これらの小杉氏のスケッチを見ているだけで天才と思えます、本当に。

CHTA型やHBR型は古すぎて当時物ミニカーになることはなく、ブリキの玩具でモデル化されていました。

   

共にバンダイ製なのですが当時の持てる技術を駆使して作った傑作モデルでして、強烈な出来栄えを誇っているのです。

    

特に丸ハンドルのHBR型は素晴らしく、部屋の中でじっと見ている変態行為を繰り返していると、本当に実車に見えてきて昇天してしまいます・・・

スバル360と同時期に造られていたマツダR360クーペもデザイン重視のクルマで、どうやったらこんなに可愛らしい形を思いついたのか一度聞いてみたかったです。

子供のころでも見る機会は少なく、短期間親戚のオジサンが乗ってましたが、それ以外でクーペ見たときは興奮しておりました。

 

当時物ミニカーでは大盛屋ミクロペットとアサヒ玩具のモデルペットから製品化されていましたが、出来はこちらのミクロペットに軍配が上がります。

 

ついこの前の昭和36年7月に発売されていましたが、フリクションモーターが内蔵されていて、走らせて遊ぶ玩具だった為、殆どが当時の心無い子供たちによって破壊されてしまい、実車並みに現存台数の少ないレアなミニカーとなっております。

マツダ車はこの他にもロンパーやキャロルのデザインも手掛けられていますが、世に出なかったこれらクレイモデルたちも強烈なセンスでデザインされています、 素晴らしい!!

[…]

祝 2QQ回記念!! これからも宜しくお願い致します。

先日Mooneyesの大変古いお客様であるモデラーのN様が、この様に素晴らしいモデルをArea-1に持ち込んで頂きました。

見ての通りあの”Moonbeam”号をスクラッチで製作した驚愕の作品で、Ford Station WagonのPush Carと共にDean Moonが200マイルを目指して走った1960年のボンネビルを再現しているジオラマなのです。

モデルとしてベースの無いMoonbeamをイタリアの跳馬スポーツカー・モデルをベースにし驚異のテクニックでスクラッチして見事にMoonbeamを作り上げてしまいました。結局ベースモデルで残っている部分は殆ど無いそうで、一から作ったも同然の様な感じなのです。

 

ワンオフ製作の削り出しMoon Discも本物にしか見えず、なんとビスまでが再現されていて、その質感は凄すぎてスケールモデルという事を忘れてしまいそうなのです。

Salt Flatsのスタート地点を再現していますが、もちろんコクピットにはDeanが鎮座し、52年前のBonneville緊張の一瞬が伝わって来るのでした。

このジオラマはN様の御厚意により貸し出して頂き、暫くの間Mooneyes Area-1、一階のショーケースに展示されておりますので、お店にお越しの際はぜひご覧になって下さい、必見であります!!

で、必見といえばWildman’s Blogなのですが、今回をもちまして目出度く終了となります、有難うございました。 じゃなくって、ついに今回で200回目の更新となりました、本当に有難うございます!!!!!

2007年の2月からスタートした当変態ブログも、沢山の皆様のご支援の元、あっという間に5年の歳月が流れましたが、5年ではあまりにも短すぎるのであと50年は続ける様に致します。

そんなこんなで久々に過去のブログを読み直してみると、我ながらあまりにも素晴らし過ぎて、「ブログ100撰」出版のお声が掛からないのが不思議なくらいだと思います(自画自賛は人生のモットーです) 最初は小心者だけにおとなしくささやかに始まりましたが、そのうち暴走状態となり常識をわきまえた方々は徐々に離れて行き、最近では世捨て人と変態だけが閲覧するブログとなったようであります、計画通りなのですが・・・

クルマやピンストライプのお話中心にまとめて行こうと思ったはずなのですが、気づけば勝手な趣味の話ばかりになっていて、収拾がつかない状況になっておりました。

  

200回を記念して初期のブログを振り返ってみますと、スタートとなる2007年2月8日から3回に渡っての連載となった「身の程知らすの個人輸入」ではMooneyes入社前の看板屋時代、22歳で大借金王となり無謀にも’68 Shelby MustangGT350を元町時代のMooneyesを介して個人輸入してしまうというくだりを発表しその世捨て人ぶりを暴露致しました、あの時キミは若かった!?

 

2007年4月4日は「ナゾのデザイン、御所山8デカール」のお話で、Wildmanが17年に渡ってStudioとして使用して来た愛すべき御所山のヒストリーとメモリアルとして作ったDM146「御所山8デカール」を紹介しております。 ちなみにデカールは残り僅かですよ!!

2007年4月20日は「幻の社用車、マツダ3輪トラック”Moon Trike”」ではかつてMooneyes社用車として活躍した「マツダT600」のズッコケ話で、買い物に行った横浜駅の地下駐車場でエンジンが掛からなくなり、地下で押し掛けを敢行し奇異の目で見られながらも駐車場から脱出したり、真冬の首都高速を激走中、突然窓が閉まらなくなったまま東京まで走った事などほほえましい思い出が掲載されております。

 

2007年4月25日から3回に渡って連載した「KISSと共に30年」シリーズでは私の1977年からから始まるKISSへの忠誠心と泥沼化したKISSコレクションの始まりを伝えさせて頂きました。30年なんてあっという間なのです。

  

その後スーパーカーとKISSのお話をまとめ、2007年6月8日は「スーパーカーブーム終わりと変態の誕生」では当時撮ったクルマのモノクロ写真を掲載し皆様を和ませました・・・・

そして2007年6月29日からは3回に渡って連載された(この頃やたらに連載物が多くなる・・・)名ブログの誉れ高き「ああ、憧れのMade in USA」ではついこの前、高校生だった頃、突然スニーカーに目覚め憧れの「アメリカ製ナイキ」を友人のT君と共に手にするまでのお話でした。 メンマ工場でメンマつぶしの必死のアルバイトを行い、高額エリート報酬を得た二人が「ナイキ・バミューダ」というアメリカ製(&台湾製)並行輸入レア・スニーカーを手にするまでの感動ストーリーなのです。 まさかこのブログ発表後、本当にバミューダが復刻販売されるとは思いませんでした。 世の中に凄い影響力のWildman’s Blogなのであります(自画自賛!?)

  

2007年8月3日からは驚異の12回連載となった強烈ブログ「2ストローク3気筒、Wildmanオートバイ物語」を華々しく発表致しました。 世界一カッコいいオートバイ、カワサキマッハシリーズとの出会いから所有、そして消失までのストーリーを8月から10月まで季節が変わる中、長々と話し続けて収拾がつかなくなり、最後は「終わらなければ切腹する」と言い切り何とか終わらせました・・・ 超絶バイク、マッハとの出会いを作ってくれた中学時代の友人?「不良のA君とY君」は今頃どうしているのでしょう・・・・と思っていたら風の便りにI君が亡くなっていたことを知らされました・・・合掌。

そんなこんなで初期Wildman’s Blogを振り返ってみましたが、200回なんて全くの通過点でありまして、今後50年間続ける事を変態の同士である皆様お伝えしておきますので宜しくお願い致します。

[…]