Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

横浜優勝!! 真夏の夢は白昼夢か?コラボグッズ絶賛発売中!!

皆様コロナ渦の中、プロ野球ペナントレースは着々と進行しておりまして、我が横浜DeNAベイスターズは相変わらず強いのか弱いのかさっぱり分からない状況が続いております。

何しろ今年はクライマックスシリーズがございませんので、優勝以外何の価値もないという昭和のプロ野球に逆戻りしております。

結局独走のチームが出ない限り、秋にたまたま調子のよいチームが「うっちゃりで優勝」となる気配も有りますので「横浜うっちゃり優勝!!」を夢見ている今日この頃なのです。

という事でついに2020年度、横浜DeNAベイスターズX MQQNEYESのコラボレーション・グッズが発売となりました。これをデザインしている時点でコロナが発生し「今年のプロ野球は一体どうなってしまうのか、ホントに開幕するのか?」と不安な日々を送っていましたが、無事開幕してコラボ・グッズも発売となり一安心なのであります、ああ良かった!!

今回のデザインはですね、いつもと趣向を変えてキャンバスに筆描きで イラストを起しました、一時的に画家となりました。 YOKOHAMA Connection MQQNEYES X Baystarsのコラボは今回でついに9回目となり、最高傑作の登場なのです!!

ネオン輝く本牧MQQNEYES Area-1の前を’32 RoadsterがCruiseし、横浜の街を疾走する’74 VW Type II MQQNEYES号の先には勝利の花火が高々と上がる横浜スタジアムが見えます!!

え、地理的におかしいって? そんなことは気にしないでくださいませ、Area-1は一時的に関内駅付近に引っ越したのです。来年は御所山Connectionになるかもしれません。

インクジェットのプリントにより原画をそのまま表現しましたので、最高の仕上がりとなっております(自画自賛です) Tシャツ、ロングスリーブTシャツ、ブルゾン、ネックピロー、ティッシュボックスカバー、サンバイザーポケット等々多数のグッズがございます。

MQQNEYESでは本牧Area-1での店頭販売のみとなってしまう事をご了承下さいませ(MQQNEYES Online Shopでは販売致しません)

通販ご希望の方は Yokohama DeNA BAYSTARS Official Website よりお買い求め下さいませ。

暑い真夏の白昼夢、横浜優勝であります!!!

本牧 横浜 MOONEYES Area-1 からメイン ストリートを真っ直ぐ進んだところに構える、日々 HOT な野球の試合が繰り広げられている […]

走らせない模型が好き!スロットカーは見て楽しむのです。

ついに梅雨が明けましておめでとうございます!本格的な夏がやって参りました。と いう事はですね私の仕事場である本牧MQQN Garage内にも夏が訪れまして、この先2ヶ 月、毎年恒例ですが猛烈な暑さの中でベイスターズとともに戦って行きます。

あんまり暑いので、先週は新装なった私の旧作業場、御所山Warehouseに逃げ出して Pinstripeの作業を行って参りました。と言うかケータリングのキッチンカーの作業 だったのですが、単純に車高が高過ぎて本牧のMQQN Garageに収まらなかった為、御 所山で作業した次第であります。

ボディ横面に楽譜を描くデザインだったのですが、このボディパネルが「波板」だっ たため、描きにくいのなんのってPinstriper泣かせの作業となりまして、途中で「こ れは苦行じゃなくって修行なんだ!」と言い聞かせて何とか完成にこぎつけました、 ああ暑かった・・・・・

それにしてもケータリング車両も足元が重要ですよね。このようのMQQN Discを装着 すれば、一瞬で素敵なカスタムカーと化しますのでこういったクルマにもお勧めなの であります!

という事でタイトルの本題に入りますが、スロットカーなのですね。スロットカーは 皆さんも一度や二度はやったことがあると思いますが、レールの上をスロット(溝) に沿ってモーター内蔵のモデルカーが疾走するもので、レール部の電路から車両に取 り付けられたブラシで電力を取得し、手元のコントローラーにより電圧をコントロー ルしてスピードを調整して走らせるといった遊びであります。

1960年代に世界中で大ブームを起こし、日本でもそこら中にサーキットが出来て、家 庭用のコースも販売されましたが一瞬でブームは去ってしまい、その後は一部マニア さんのホビーとして、又は子供の玩具として生き残って来ました。

少年Wildmanもおもちゃのような家庭用のホームコースで遊びましたが、

「何か同じところをグルグル回っているだけでつまらない、ミニカーのような重量感 もない、コースを飛び出したらキズが付いて壊れちゃうじゃん、危ないぞこれは!!」 と勝手な3ない運動が始まりました。

「プラモデルは作ったら意味がない、あのバラバラの儚い状態と箱絵を楽しむのがプ ラモデルの真骨頂なのです」と言う意味不明の言葉を発しているWildman としてはス ロットカーも同様「走らせたらコースを飛び出して壊れちゃうし危ない!スロット カーは走らせずにミニカー同様見て楽しみましょう」という持論を展開しております ので、ますます一般マニアさんからは理解されない(相手にされない)存在となって おります。

なのでWildmanが独断と偏見で集めたビンテージスロットカーを見て楽しんでくださ いませ。

まずは英国のScalextric(スケーレクストリック)の1/32モデルです。ついこの前の 1957年からこのシリーズが発売されブームの基礎を作ったブランドなのです。ブーム 時は日本にも入って来ていました。

ブリティッシュグリーンのJaguar XKD(ジャガーDタイプ)と真紅のPorsche 550 Spyder(ポルシェ550スパイダー)になります。50年代レーシングスポーツの魅力満載 でして、特にDタイプは垂直尾翼無しのモデルを見事に再現しています、カッコいい ぜ!!

[…]

ミニカーコレクション45年、ついに終わりは見えて来たのか?

いよいよプロ野球が始まって、カードが一回りしまして今年も何とか楽しむ事が出来そうですね。観客も少しずつ入れ始めるそうですが、チケットの入手はかなり困難になりそうなので、横浜スタジアムでの観戦はかなりハードルが高そうな感じです。

我がDeNAベイスターズは可もなく不可もないスタートを切っていますが、今年はスケジュールの関係で試合数も少なくセ・リーグはクライマックスシリーズがありませんので、1位フィニッシュで即優勝と昔のような感じのシーズンとなります。

なので秋まで上位に食らい付いて行けば、そこで何となく調子が良いチームがうっちゃりで優勝!なんてことにもなりそうなので、どのチームにもチャンスがありそうですね。

ベイスターズ的には筒香選手がメジャーに行ってしまいましたが、全体の戦力的にはここ数年で見ればかなり選手が揃っていますので、もしかしたら?という淡い期待を抱いております。と言うか今年ダメでしたら、ベイスターズ&ホエールズ・ルールにのっとって、本当に38年待たなくてはいけないことにもなりそうなので怖いのです(1960年優勝→1998年優勝)

あれから38年(前回優勝は1998年)ということは次は2036年まで待たなければならないというのは、かなり大変な事ですよね・・・・最高だぜ、横浜DeNAベイスターズ!!

と言いましても38年なんてついこの前の出来事なのですが、私がミニカーを「コレクション」として初めてからついに45年の歳月が経ってしまいました(ついこの前の1975年変態活動開始!)

何度も話しておりますが少年Wildmanがこの悪魔の書籍、保育社のカラーブックス「世界のミニカー」中島登著を手にしたあの日から人生が完全に狂ってしまい、「うおおおお~、これは芸術だ!この本に載ってるミニカー全部欲しいぞ!」と叫んで以来、修正不可能のおかしな人生となってしまいました。

「当時物ミニカー」に芸術性を感じてしまい「ミニカーの生産時期は実車が製造されていた時期とシンクロしていなければならない」と言う理論を勝手に確立させ、1964年式のクルマのミニカーは同じく1964年に造られていなければ認められないと言い切って45年が経ちました。これを「ミニカー芸術」と申します。アホな小学生もいた物です・・・・

よって2020年に造られた精巧な1964年式Mustangのモデルなんてミニカーではなくただの「模型」でありまして残念ながら「ミニカー芸術」には含まれないのであります、申し訳ありません。

こんな事言ってるとまともな方には相手にされないのは承知しておりますが、もう考えを改めることは出来そうにありません、かたじけない。

それでですね名著「世界のミニカー」をバイブルにずっとコレクションを続けて来たのですが、当然全部集めるなんて不可能に近く、この本に載っていないミニカー芸術も多々ありまして、この20年は自分の欲しい物に絞って集めて来ました(たいして欲しくない物も手に入れてしまいましたが・・・・・反省)

流石にアホみたいに45年もやっていますと、欲しかったものはだいぶ手元にやって来まして、自己満足もピークに達しつつありましたが、あと何台かが手元に無くて探し続けております。

「これ持ってないと死んじゃうぞ、欲し過ぎる!」といくらほざいても見つからない物は何十年も見つからないのですが、タイミングが合うと立て続けに出て来たりして不思議な縁があるのです、ミニカー芸術は。

「あと死ぬまでに欲しいミニカー芸術は20台くらいかな、いや10台かもしれんぞ?」なんてここ数年自分に言い聞かせて来ましたが、冷静に考えると本当にそんな数になって来たような気が致します(だと良いのですが・・・・)

で、この2年位の間にずっと探していた芸術品がどういう訳か立て続けに手元にやって来ました。これら5台は「どうしても欲しいラスト20台、いや10台」の中に入っておりまして、本当に奇跡が起こったと思っております。ベイスターズが今年ホントに優勝するかも知れません・・・・

名著「世界のミニカー」50ページにイタリアはMERCURY社(マーキュリー)のモデルが紹介されています。モノクロ画像の怪しげなモデルばかりですが、MERCURYという会社はついこの前の1932年に創立された実車の部品製造会社でしたが、第二次世界大戦後に副業でミニカーの製造を始めました。1940年代中期のことでした。

この中で品番1番のAero(エアロ)というモデルに大変な芸術性を感じ少年Wildmanはその虜になってしまいました。エアロは当時の流線形のクルマをモチーフとしたミニカー芸術で実車の特定は出来ませんが、美しい流れるようなボディラインにエアロダイナミクスを感じ、自分も空気と一緒に流れて行ってしまいそうなのです(世界のミニカーでは残念ながらNo,1 AeroとNo,2 Farina の画像が入れ替わってしまっています、校正ミスです)

このモデルはついこの前である1945年から5年間くらいの間に渡って造られていましたが、当然当時日本に入って来るはずもなく、変態小学生が1975年に手に入れられるはずもございませんでした。

そして同じくMERCURY社のNo,5 Lincoln Continental Cabriolet(リンカーン・コンティネンタル・カブリオレ)であります。迫力のアメリカ車オープンモデルでございますが、この当時のミニカーとしてはシートやステアリングが付いていることが珍しく(ナゼか右ハンドル)しかも窓枠まで別パーツで表現されているところが芸術点高めなのであります。アメリカ車らしく他のマーキュリー社のモデルと比較しても一回り大きい造りとなっています。今まで窓枠が折れていたり、事故車のような傷だらけのローラとは何度か遭遇して来ましたが、45年待った甲斐があって美しい個体がやって来ました。

そしてお次はベルギーのGASQUY社(ガスキー)という珍ブランドの珍ミニカーになります。もともとガスキー社の前身は電話機のスペアパーツ製造会社だったのですが、こちらも大戦後の1947年に玩具の製造を始めて1950年代初頭まで数年間だけミニカーも製造していました。

生産期間が短かったのと、あまり輸出もされていなかったようなので、コレクター泣かせのブランドとなっております。ガスキーは以前紹介したTATRA(タトラ)のように他のブランドが手掛けなかった車種を造っていた所が素晴らしいのであります。

こちらはChevrolet Styleline(シボレー・スタイルライン)になります。まさに40年代のアメリカ車デザインでありまして、当時この年代のシボレーは他のミニカーブランドではナゼか造られていないので、そういった意味でもガスキーは貴重な存在となっています。もっこりとしたフェンダーを見ているとやっぱり実車よりカッコ良く見えて来ますよね。

そして同じくGASQUYのアメリカ車Studebaker Commander(スチュードベーカー・コマンダー)になります。2013年2月2日のブログでもスチュードベーカーの事はレイモンド・ローウィと共に紹介していますが、

このガスキーも当時”Coming or Going”と「来るのか行くのかどっちなの?」言われた180度パノラマビューのガラス面を持つ、どっちが前か後ろか分からないスチュードの形を見事に再現している芸術品なのです、ああ美しいな・・・・

ガスキーのシボレーもスチュードベーカーも戦後短期間だけベルギーでひっそりと作られていました、君たちはかないなぁ・・・

最後はもしかしたらこれが「世界のミニカー」で一番欲しかったモデルなのかもしれません、きっとそうなのです!! つまりコレが手に入ったらもうコレクションをやめてしまっても良いのかもしれないと思っていたのはコレなのです(のはずなのです)

69ページにカラーでSIKU社(ジク)のモデルが紹介されています。ドイツのジクは現在もダイキャスト・ミニカーを製造する大手玩具メーカーですが旧西ドイツ時代には1950~60年代初頭にかけてプラスチック製の小スケールモデルを製造していました。当時これらは殆ど日本には入って来なかったので、とても入手が難しかったのです。

その中でも少年Wildmanの目に留まったのはページ左上にあるブルーのトラックでした。「こ、こりゃ何だ?? バナナが見えるんですけど」と不思議なモデルに目が釘付けです。ジクの品番V102はBorgwart Verkaufswagenといいまして、何と八百屋さんの販売トラックだったのです!

[…]

44周年のミニカーコレクション、第3位発表!!

やっとこさ春らしくなって来まして、MQQNEYESからもTシャツ等の春・夏物のNew Itemデザインが目白押しとなっております。

MQQNBUGとRace Camaroのイラストが楽しい”MQQNEYES DRAG RACING”TシャツやEagleのPinstripeとH/D Orange Krateのイラストを組み合わせた”MCCS Eagle”Tシャツ等、Wildman描き下ろしの新作が続々と入荷しておりますので、夏に向けてNew Item要Checkなのであります、宜しくお願い致します!!

そしてプロ野球も開幕致しまして、対戦カードも一周したのですが、我が 横浜DeNAベイスターズは可もなく不可もなくといったスタートでありまして、何より昨年に続いてケガ人が多くなっているのが心配なのです。

ベストメンバーが組めて初めてAクラス争いに参加出来るといった感じのチームなので(最下位チームにデッドボールを食らって4番が不在となってしまいました!!)このままケガ人ばかりですと、昨年の二の舞になりそうで、とってもとっても不安なのです・・・

負けると「全くバカらしいぜ、こんな弱いチームの試合なんか二度と見ねえぞ、ふざけるな!!」と怒りまくっているのですが、翌日になると「今日も野球が楽しみだね、早く試合が始まらないかな!?」とウキウキしている二重人格?の自分が恐ろしい今日この頃であります。

という訳で、連載中の「44周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」はついに第3位までやって来ました。国産車だったり、外車だったりと支離滅裂なコレクションのベスト10なのでありますが、一貫しておりますのは、我がコレクションは全て実車の生産と同時期に造られていた「当時物ミニカー」オンリーなのでいわゆる「絶版ミニカー」しか集めておりません。なので我が家には遺品のようなものが沢山並んでおりまして、実際に70年以上前に造られたミニカーを見てると「これを最初に買われたのはどこの国のどちら様なのでしょう?もうご存命ではないのでしょうか??」と部屋の中で一人つぶやいていると、だんだん恐ろしくなって来るのです。しかし次の日には部屋に戻って「やっぱり旧いミニカーは楽しいな!」と叫んでいる自分はやはり気が狂っているのでしょうか? 44年もよくこんなことを続けているなと思います、あとには引けませんが・・・

ついこの前の1976年に祖母と一緒に(祖母を連れまわし)ホームグラウンドである「鶴見のチェッカー」に行ったときにレジ奥の絶版ミニカーコーナーのショーケースに一台の可愛らしい青い物体を発見、店主のTさんに 「それを見せてくださいな」と気の狂った小学生がリクエストしました。

それがこちらの英国Corgi Toys製の”Heinkel Economy Car”でした。BMWイセッタのような前開きのドアを持つ可愛い三輪車なのですが「そうか、これが世界のミニカー、24ページに載ってたハインケルなんだ!」と一人納得する小学生はすぐに祖母に「これを買ってくれたまえ」とお願いして 初期の絶版ミニカーコレクションに加わったのでした、本当に嫌なガキですね・・・・

店主のTさんは「この青色のやつは結構珍しいんだ、ほかの色よりも少ないんだよ」とご説明され「実はタイヤに少しだけヒビがあるんだ、だから少し安くしてあるんだよ」と追加のご説明をしてくれました。よく見ると1mm程のヒビがありましたが、当時の私はそこまで気にしていないのでこれで十分、といった感じでした。今なら死ぬほど気になりますが・・・

何て43年前の会話を普通に覚えている私は、やはりどこかおかしいのかもしれません。

その後サンセットさんでオレンジ色のヤツも入手してからバブルカーに興味を持つようになり自動車雑誌を読みまくり、イセッタ似のハインケルを調べるようになりました。実車はドイツの航空機メーカーの設計だったり、イギリスでライセンス生産されていたりと、どうでもよい知識が頭に詰め込まれて行きました。

そして運命の1979年中学生の時、元町の裏通りにあったサンセットさんがコパルームというテナントの二階に引っ越しをされた頃、レジ奥の”Not For Sale”の棚に一台の真っ赤なハインケルを発見しました。

これこそがミニカーベスト10の第3位、英国はZEBRA TOYSのハインケルになります。

「な、何、このでっかいハインケル??こんなの初めて!」と叫ぶと店主の宇野さんが見せてくれました。「これはねイギリスのゼブラというメーカーのとても珍しいミニカーなんだ」とご説明「でも、非売品なんだ」と言われてしまいました。

Japan Miniature Automobile Club会長、中島登著「世界のミニカー」にも出ていないミニカーとは一体何なんだ?と疑問に思いましたが「会長がお持ちでないミニカーもこの世に存在するんだ」と数分後気付きました・・・

Corgi Toysのハインケルは全長5cm程度の可愛らしいモデルでしたが、ゼブラのはそれを4倍くらいに膨らませたような大きさで、可愛いと言うよ不気味に思えたのです。しかしそれは非売品、欲しくても売ってもらえるわけもなく、第一お値段も幾ら位するのか見当もつきませんでした、高いに決まっていますから。

ZEBRA TOYSのハインケルは1960年前後に造られた英国製ミニカーでしたが、日本には未輸入で現地での販売台数自体も少なかったので、当時の日本では手に入れようもないという状況でした。と言うより1970年代に日本でこのミニカーの存在を知っている方も殆どいらっしゃらなかったと思います。インターネットも資料本も無いのではどうにもなりませんからね、だから昭和のコレクションは楽しかったのですが・・・・

「あー欲しい、本当に欲しいぞゼブラのハインケル、手に入れないと死んじゃう!!」と思ってもサンセットさんのは非売品、他の専門店にも並ぶはずが無く夢のミニカーと化したゼブラのハインケルでしたが「きっといつかサンセットさんのが売りに出されるかも?そうだその時に土下座して売って頂こう」と考えを膨らませていたのですが、あえなく撃沈・・・いつの間にか真っ赤なハインケルは高名なコレクター様の元へとと嫁いで行ってしまいました・・・大人の取引きは怖いので有ります。

その後もずっとミニカーコレクションを続けていたわけですが、どこへ行ってもどうやって探してもゼブラのハインケルは見つからず「これを手に入れたらコレクションをやめるぜ!」と豪語してもやっぱり見つからずTV出演したときに(何でも鑑定団)「10万以上出すから私に売ってくださいませ!」とお茶の間の皆様に問いかけても反応は全く無し・・・・

これはもう無理なのかもしれないと思いかけていた2007年のある日、すでにインターネットでのコレクションがあたり前になっていたのですが、英国のVectisというオークションサイトに何とゼブラのハインケルが出品されているではありませんか、しかも箱付きで!!!

「うおおおおお~ついに来た、これだゼブラのハインケルだ!!」と気が狂いそうになり、じゃなくって完全に気が狂ってしまい「勝負をかける、これを逃したらもう人生終わりだぞ」と勝手に言い聞かせ「絶対に落札出来る」(であろう)金額を入札しその時を待ちました。

すると私の入札金額ギリギリの金額で見事落札出来たので有りました、めでたし、めでたし、さあどうやって払おうか?と我に返ったときには達成感と絶望感が交錯しておりました、世捨て人炸裂であります!!

[…]

灼熱のタイにてアラレちゃんこんにちは!

今年の春はとっても寒くて、本牧通りの桜さんたちも寒さを感じているようでして、ゆっくりと咲いてゆっくりと散って行くようです。

そんなSakura Weekの間にMQQNEYES御一行はタイに行って参りました。まさか帰国後も桜が咲いているとは思っておりませんでした。

タイはバンコクのMQQNEYES SHOP BKKが3周年記念のイベントを開催致しまして、そちらに参加して来ました。というか昨年の9月にも2周年記念イベントで行っておりますので、何だかAnniversaryだらけでよく分からないのであります・・・・・

タイは只今真夏でして、気温は平気で35度!になってしまう暑さでありまして、春なのに寒い日本とのギャップが激しかったのです。おかげでもう日本では食べられないDaily Queenのソフトクリームが食べられて大変満足なのでした。懐かしいなあ、元町や上大岡にあったDaily Queenが・・・・

いつもと同じくビンテージモール内のMQQNEYES Shop BKK & MQQNCafe前の広大なスペースを利用してCar & Bike Showが開催されました。

相変わらずいろんな車やバイクがあるのですが、今年はやたら旧い型式のメルセデスが多かったのです、タイで流行っているみたい!?

残念ながらこのマフラーの意味が分かりませんが・・・

こちらは出来たばかりのMQQN CafeのShop TruckのISUZUですが、黄色と白のツートンカラーは少し寝ぼけた感じがしていたので、塗り分けの境目に一本黒いラインをササっと描いたところ、このようにビシッと決まりました、自画自賛!?

日本車は人気でありまして、70’s なセリカには本牧ステッカーが張られていました。ルーチェもやたらうるさいロータリーサウンドを響かせておりました。

ナゼか藤原とうふ店(自家用)仕様はダイハツ・シャレードでした。

VWはHot Wheelsの実物大のような感じで作られていました。これからは実車からミニカーを作るのではなく、ミニカーを実車にしてしまう時代が来るのかもしれません・・・

フラフラ歩いておりますと、目の前に突然不気味な物体が! 何とマツダ・ライトバスがバーに改装されて鎮座しておりました。

何でこのような珍奇なクルマが、この場所にこのような形で存在しているのかさっぱり分かりませんでしたが、異国の地で余生を送っているライトバスに郷愁を感じたのであります。

[…]