Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

勝ったけどつらい試合、DeNAベイスターズ絶好調だぜ!!

先日ですね、4月以来久しぶりに横浜スタジアムに足を運びプロ野球観戦を堪能してまいりました。

 

皆様御存じの通り、我が横浜DeNAベイスターズはここまで圧倒的な弱さを誇り最下位を独走し、夏休みを前にシーズン終了といった流れを保ち「たまに勝つから楽しいし、意義がある」といった私はじめ、多数のベイファンをとりこしているのであります。

勝率5割以上のチームなんか応援してもしょっちゅう勝ってるから感動しないしつまらないのです、勝率3割台のDeNAベイを応援していれば週に一回くらい勝利した時の感動は優勝並みになるのですな・・・

今回の相手は今季コテンパンにやられ、バッティング練習の相手にされているとしか思えないような広島カープとなり、3連戦の最終日に見に行きました。

初戦は4対4の引き分けでしたが、本来なら完全にDeNAベイの勝ちゲームですがあっさり追いつかれてしまいました・・・

そして2戦目は球界を代表するカープのエース、マエケンこと前田健太に対し打線はキリキリ舞いとなり、カープの各バッターにはいつも通り試合中にバッティング練習をさせてあげて12対0という何のスポーツかわからないようなスコアで大敗となりました。

中畑監督も「こんな試合をしてしまいファンに対し申し訳ない」とガックリしていましたが、全然申し訳なくなんかないのであります!!

こうやって十分に負けたあとでたまに勝つからベイファンは楽しいのです。監督、気になさらないで下さいませ・・・

ということで広島カープに対して今季1勝12敗1引き分けという圧倒的大差の中「たまに勝つ」ことを信じ「いくらギャグでもそろそろ勝つだろう」という希望的観測も含めて、カープ3連戦最終日に横浜スタジアムへ乗り込みました。

もちろん私はVIPのオーナーなので(ウソ)こちらのシートになるのであります。

 

仕事が終わってから横浜スタジアムへ向かったのですでに試合は1回表裏の攻防が終わっておりましたが、この通りすでにカープが1点リードしているところがギャグなのです、さすがDeNAベイスターズ、期待通りだぜ!!

球場外には「ハマスタBayガーデン」なるものが併設され巨大モニターで試合を見ながらのビアガーデンとなっておりました。球場の外で球場でやってる試合を画面で見るというのも変なのですが、そんなこと酔っぱらいには関係ないのでしょう。ここでケーキバイキングでもやってれば大変嬉しいのですが・・・

 

そしてやって来ました「DeNAベイスターズオフィシャルショップ」であります。

   

前回のブログでお伝えした通りWildmanデザインのMooneyes x DeNA Baystarsのコラボレーショングッズも好評発売中となっておりました!!

大洋ホエールズファンとなって以来苦節37年、自分でデザインしたものがこうやって横浜スタジアムで販売されているとは感無量であります!!

ムーンアイズエリア-1店頭でも販売しておりますので、”YOKOHAMA Connection”を皆様宜しくお願い致します。

 

そして球場内に突撃致しました、もちろんコラボレーショングッズを身にまとってです。

VIP席に座り弁当を食べたりかき氷を食べたり忙しくしていると、携帯の着信が何回もあったことに気付きました。「誰だ、こんなクソ忙しい時に電話してくるヤツは、けしからん!!」

と着信履歴を見るとMooneyes Staffの通称オッチャンからでした。

何だろ??と思い返信してみると「石井さん手を振ってくださ~い」と意味不明の言葉が聞こえたので、小心者が手を振ってみると遥かかなた反対の3塁側応援席でこっちに手を振る集団が豆粒のように見えました。デジカメのズームで思いっきり拡大してみるとそこにはオッチャンやらPan君やらSteveやら広島出身カープファンのもみじ君ら総勢6名のMooneyesStaffの姿が見えました。

何の事はない、彼らも仕事が終わってから勢いでこの試合を見に来ていたのでした。

この後オッチャンはビールと酎ハイで逝ってしまい、横浜スタジアムのトイレで轟沈したのでした・・・・

 

試合の方はですね、1回の表にカープに1点を先制されたあとズルズルと何も起こらないと言うか、今シーズンこれまでDeNAベイに1点も取られていないという天敵野村投手に6回までなすすべなく抑え込まれておりました。

    

「やっぱりこのまま1対0で負けるというのも美しい敗戦かもしれない、大敗12対0に続いて1点の僅差で敗れるのもベイのロマンだぜ、ああコーラが美味い!!」と思い込んでいた矢先の敗戦濃厚な7回裏、ポンポンとヒットが続き、野村投手をマウンドから引きずり降ろし、その後、金城の逆転タイムリーヒットが出て3対1と試合をひっくり返してしまいました。

 

さらに8回裏にはまたもや金城のタイムリーが出てしまい5対1となって「あとは金城のヒーローインタビューを聞くだけだな、これもロマンだぜ、スタジアムでベイのヒーローインタビューを聞くなんて何年ぶりかしら??」と思い始めたとたんに何が起こるか分からないのがDeNAの良いところでありまして、4点も差があるのに9回表は不安定度No,1の守護神??ストッパー山口投手を送り出しここから山口劇場の開演となったのです・・・・

抑え投手なのに何人もランナーを出してヒヤヒヤしながらセーブをするのが得意で、私的には演劇のようなスリルが味わえるので好みなのですが、まともなファンの目で見たらたまったもんじゃないでしょうね。

 

そうこうしているうちにヒットが2本続き、1アウト1,2塁となってしまい「さあ、ここからホームラン打たれて1点差で勝つのがスリル満点の山口劇場だぜ!!」と息巻いていたら、事故は起こりました。

代打の会沢選手の頭をめがけて山口の放った148キロのストレートが直撃したのです!!

結構近くの席だったのでパキャンと鈍い音が聞こえ、会沢選手はその場に倒れてもがき苦しみました。

球場内が騒然となり両軍の選手もホームベース付近に集まり、試合は一時中断となりました。

すぐに担架が運ばれて来たのですが、ヘタに動かさない方が良いと判断されたのか、会沢選手は寝かされたままの状態で全然動かなくなりました。

どんどん時間が経過しカープファンは会沢コールとともに騒ぎ出し、ベイファンも心配そうに見守る中「ご覧のような状況なのでしばらくお待ちください」というアナウンスがありました。

「ご覧のような状況」って言われても確かにご覧のような状況ですけど、これヤバくない??

といった雰囲気が球場内に立ち込めました。

  

[…]

最下位脱出なるか!?中畑ベイスターズの門出は辛い弁当だぜ!!

さてプロ野球公式戦がいよいよ開幕致しました。 我が横浜ベスターズは紆余曲折ありまして、ついに親会社が変わり「横浜DeNAベイスターズ」へと変貌を遂げ今シーズンに挑むのであります。

変貌を遂げたと言いましても選手に大した変化はなくて、4番バッターが巨人と入れ替わったのが主な補強で、最大の注目は中畑新監督に集まっているという不思議な現象でオフシーズンの話題を集めました。 話題といえば永久に不潔じゃなくって不滅らしい巨人軍がまたもやFAで選手をかき集めたり「おじさんのチームに行きたい」ドラフトや、多額の裏金問題が発覚したりと、色々楽しい話題を提供してくれていています。 私はついこの前の昭和50年以来ずっとアンチ・巨人を名乗っておりましたが、これだけやっても一向に優勝出来ない巨人という存在がナベツネ様の動向含め、全てがギャグに見えて来てしまい、アンチというよりも巨人の存在自体が「これは大人がみんなで真剣にやってるギャグなんだ!」と新しいプロ野球の楽しみ方を覚えてしまいました、巨人軍は紳士たれ!!

何はともあれベイスターズの記事がスポーツ新聞を賑わしたのは、優勝した1998年以来という感じで、色々と意見はございますが新生球団のスタートとしてはこれで宜しいのではないでしょうか!?

オープン戦も何と3位になってしまい、全てが最下位づくしの球団としては少しずつですが成長の跡が伺え、賛否両論のある中畑監督ですが私的には良くやっていると感じますね・・・・ 喜怒哀楽が激しく、おちゃらけキャラという面も有りますが、厳しい采配が有ったり勝っても負けてもまともなコメントを残したり、ファンへの配慮もあって、なかなか見所が多くなってます。 やっぱ若い工藤さんを監督として迎えるより、多少なりとも指導者の経験のあった不滅のギャグチーム出身の中畑監督の方が良かったのかもしれませぬ・・・

開幕の阪神3連戦は一勝一敗一引き分けで乗り越えましたが、どちらかというと横浜が優勢だったのに、勝手にミスをして5分の勝敗になってしまったのは相変わらずベイらしいといえばベイらしいのですが・・・

そして地元横浜に戻って来て昨年のチャンピオンチームである中日ドラゴンズとの3連戦となりました。 それにしてもスポーツニュースやネットの試合速報なんかでベスターズのチーム表記を「D」と表す事が多く混乱してしまいます、DeNAのDというのは分かりますが、印象としては中日ドラゴンズが「D」なので、ぱっと見たときどっちがどっちだか分かりにくいのです。 親会社のDeNAさんには申し訳ありませんが、これまで通り「横浜」の表記が望まれますね。

横浜スタジアムの開幕ゲームは暴風雨により流れてしまいましたが、2日目は無事開催され、始球式は大魔神佐々木とベイスターズ史上最強最良の助っ人だった「ロバート・ローズ様」をアメリカよりお招きし対決させ、優勝時の監督だった元中日コーチ権藤さんと裏切り者の谷繁も迎え入れ豪華なセレモニーとなりました。 ローズ様はボルグ様に次いで尊敬するスポーツ選手でして、横浜時代は原付のホンダDioに乗り横浜スタジアムやYCACに通っていたという変態です。 現役時代はアメリカではDodge Viperに乗っておられましたが・・・

華やかなセレモニーの行われたこの日の試合はなす術なく負けてしまいました・・・・・

そして2日目はWildmanが4年ぶりに横浜スタジアムへと乗り込みました。 ここ数年のあまりの弱さにギャグを通り超えて怒りに変わり「金払って気分悪くしにスタジアムへ行くなんてどうかしてるぜ!!」とふてくされてプロ野球観戦は封印しておりましたが、何とチケットを頂ける事となり「封印は解かれた、スタジアムへ行きましょう!」とすぐに気が変わる小心者なのでした・・・・

しかも席は「オーナーズシート」でありまして一塁側ベンチ上のとっても良い席なのでありました。 マクドナルド株式優待券といいオーナーズシートといいなんちゃってVIPは楽しいのです・・・

思えば大洋ホエールズ時代よりここスタジアムへは何度も通いましたが、見た試合の通算勝率は5割を切っている事が確実だと思われます。 高校生の頃はバイトの友人を利用し裏口から入ってよく試合を見たよのう・・・・(時効)

久々のスタジアムでしたがいつの間にか多数のモニターが設置されたり、入り口でポンチョを頂いたり、綺麗な売店が出来ていたりと、DeNAのやる気が見えていますね。

お弁当はこちら「熱いぜ!横浜DeNA弁当」を頂きましたが、肉にかかってるタレが辛くて、辛いものが苦手なWildmanには少々つらいものが有りました、舌が熱いぜ!

リリーフカーは未だにトヨタのMR-Sなんて生産中止のスポーツカー使ってますが、これじゃ全然面白くないので、ここはひとつDeNAのお金の力を見せて本物トヨタ2000GTの屋根をぶった切ってオープンとし、ボンドカー仕様のリリーフカーにしてくださいませ。 クラウン観音開きの構内タクシー仕様なんてのも案外素敵かもしれません・・・

チームキャラクターもホッシー君からこの様なモグラみたいなのに代わってしまいましたが、モバゲーなんだから携帯電話の着ぐるみでも作れば良いのです。

久々の生野球観戦となり、ボールの速さや快音にしびれましたが、野球より酔っぱらってるおじさん達のヤジの方が面白くて、よくもまあこれ程の罵声が次から次へと出てくるものだなあと感心させられました。 30代位とみられるしらふの?女性ファンがすぐ前の席にいたのですが「このバカヤロー、こっち向け、何やってんだ△X.・・○□!!」と強烈なヤジを発していて「やっぱりプロ野球というのは究極のギャグなんだ」と改めて感じさせられました・・・

結局試合はこの日もなす術なく中日にコテンパンにやられてしまいましたが、明らかに野球のレベルの違いが分かりましたね、まるで大人と子供の差のようです・・・・

中日は最強のピッチャー陣を作り完璧なディフェンスを誇っています。攻撃面は大巨人軍に比べれば大したこと無さそうなんですが、相手のミスは逃さずそこをついて少ないチャンスで確実に点を取ってしまうという堅実な野球をここ数年ずっと続けていて本当に強いのです。 せこくて暗くて本当につまらないのですが、強いのは事実であります・・・・・勝てばいいんだろ、勝てば!!(by落合) でも中日はやっぱ小松辰や郭ら剛球投手がいて、守備で笑いが取れたヘディングキャッチの宇野が暴れていた頃の方が明るく魅力的でしたね。

長きにわたって抑えの役割を果たしているこちら中日の岩瀬投手、丈夫で長持ちとはこの事ですね。 とっくにメジャーに行ってもおかしくない方でしたが、そんなもん全く興味がなかったのか、日本だけで一流の成績を残しこのまま引退となるのでしょうか。 何でもかんでもメジャー挑戦の中、こういう生き方も有るのですね、地味だけど・・・

中日とベイスターズとはレベルが違いすぎて残念ながら今年も歯が立たないでしょう。 一試合見ただけで分かりました。選手も野球も地味でまったく面白くも何ともありませんが、中日の優勝は間違いないと思われますね、本当に強すぎます、ファンの皆様おめでとうございます!!

今年もベイスターズはビリの方で争う事になりそうですが、若いピッチャーも出て来ているので5年後の優勝目指して大巨人軍と共に頑張りましょう、どっちがギャグになるのかは定かではありませんが・・・

とう事で野球観戦といえばビールが売れ売れですが、Wildmanのようにアルコールを受け付けない幸せな方はタンブラーにカルピスを入れて行きましょう。 こちらのムーン イクイップド ベンティタンブラーはホットでもアイスでも使用可能なのでホットカルピス満タンで横浜スタジアムに行きましょう、Go! […]