Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Go! 横浜DeNA Baystars,今年もコラボでクライマックスだ!!

皆様、お暑い日々が続いておりますが、やっとこ気温が30度を下回る日々も出て来まして、私の大好きな秋はもうそこまで来ております。

下回ると言えば我が横浜DeNA Baystarsもグングン下回っております。

撃沈した交流戦以降、一瞬持ち直したと思ったら9連敗をやらかしたりして、クライマックスシリーズ出場権を獲れる3位は遥かかなたに行ってしまい、下回り過ぎて定位置の最下位まで射程に入ってしまいました(それ以上にヤクルトがおかしいので何とかなってますが)

が、巨人と並んでセ・リーグトップの得点を誇る打線の破壊力は凄まじく、たまに大勝ちや大逆転勝利なんかあったりして、わずかな期待を持たせてくれるのは昨年までと違うところです。

が、セ・リーグ最下位の防御率を誇る絶望的な投手陣は、なす術なくてここへ来てケガ人も出て来てしまい、ローテーションの組みようがありませぬ・・・この先どうやって行けばいいのでしょうか・・・・

リーグトップの得点とリーグ最多失点の投手陣の組み合わせは、もはや伝説の域に達し、10対9で勝つか16対2で負けるかといった野球のスコアとは思えないような試合が続き、横浜DeNA Baystarsのだいご味となっております、ああ楽しいな・・・

そんな野球シーズンも最後の盛り上がりを見せる頃、今年もやって来ました、昨年に続いて横浜DeNA Baystars x MQQNEYESのコラボレーション企画、”Yokohama Connection 2013”であります!!

奇跡のクライマックスシリーズ出場を果たす為の最終兵器となるであろう? 応援グッズの数々です。

こちらがその新デザインです!! じゃなくって、こちらは横浜大洋ホエールズ時代の物でした、すみません・・

ホントはこっちでした!! 大洋ホエールズ、横浜大洋ホエールズ、横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズと4球団を38年に渡り応援し続けて来たWildman石井デザインのグッズたちです。

リリーフカーに乗ったDB. STARMANイラストやHot RodなFlamesのデザインでそれぞれTシャツ、キャップ、トートバッグ等を揃えております。

真のベイファンであるWildmanがデザインしたものなので、気合の入り方が違います。

これらを見にまとい横浜スタジアムへ最後の応援をしに行き、奇跡のクライマックスシリーズ出場を夢見ようじゃありませんか!!

*これらの横浜DeNAベイスターズ商品は本牧のMQQNEYES Area-1店舗のみの販売となりますので予めご了承下さいませ。

Go!横浜DeNA Baystars, Go! with MQQN

[…]

翼よ、あれが巴里の灯だ! 快晴王子、時差ボケの旅

皆様お久しぶりでございます・・・・ここの所、時差ボケか天然ボケなのかさっぱり分からなくなってきたWildmanですが、日本に戻って来てやっと正気になりました。まだ白昼夢は見ておりますが・・・

アメリカはサンタマリアに行ったと思ったら、マレーシアのクアラルンプールで大汗をかいて、今度はベルギーに行って雨を降らせ、最後はハンティントンビーチにて道に迷いました・・・・ この1ヶ月半、自分がどこにいるのかさっぱり分からない感じで、その間に我がベイスターズは交流戦最下位に終わり、せっかくAクラスを確保してたのに定位置に舞い戻ってしまいました。意味の無い交流戦は即刻中止にすべきですな!

ということで昨年に引き続き、ベルギーはChimayの街に行って参りました。

昨年はEuropean Hot Rod & Custom Showの開催でしたが(Wildman’s Blog 2012年6月30日参照)今年は同じ場所でEuropean Bug-In 5の開催となりました。同じ主催者により今後も交互に開催されて行くようですね。

今回の旅は不肖WildmanとSteveそしてMr,Kの3人でヨーロッパに乗り込みました。

    

まずは大雨の成田空港よりエールフランス機に乗って6,039マイル、11時間39分の長旅となりました。

早朝のシャルルドゴール空港はやっぱり雨・・・快晴王子の称号があやしくなって来ました。

のどが渇いたので、自販機でジュースを買おうと思ったらこのお値段・・・

円安の現在、とんでもなく高いので買うのをやめました。

Smokerのお二人は長時間禁煙後の幸せな喫煙タイムとなりました。

タバコを吸う方々は本当に面倒くさいですね・・・

 

気を取り直してトイレに行ってみると、このような芸術的なトイレでした。

そんなことよりHERTZレンタカーのカウンターに行ったら、ナゼかスタッフが一人もおりませぬ・・・私たちより早い飛行機で到着していた方々が数組待っていて、みなさん怒り気味の風体であります。

そう、早番のスタッフが寝坊をし?営業時間になっても誰も現れないのでした。

日本では考えられないような事が起きるのが外国の楽しいとこですね。

看板を見ると「Wildmanようこそ」書いてあったので感動しそうになったのですがよく見たら「Willkommenようこそ」でした、つまんないの・・・・

結局一時間近く待たされ、お寝坊スタッフが現れて何の悪気も無いそぶりで手続きを済ませ、今回レンタルしたのはこちらOPEL INSIGNIAというディーゼル、6速マニュアルのステーションワゴンでした、燃費最高だぜ!!

      

パリの街に繰り出してみると、素敵な街並みが続いておりました。凱旋門やらエッフェル塔やらWildmanには縁の無かった物が見れて楽しゅうございます。

   

ま、東京タワーの方がカッコいいけどね・・・・

     

オシャレなCafeで朝食を食べたり、素敵なからし色のFIAT 500に遭遇したり、LVマークの某ボッタクリショップの前を通ったりとパリの街を少し堪能した後、パリ名物恐怖のロータリー交差点を抜けて、一路ベルギーはChimayの街に向かいました。

    

のどかな田舎道を突き進み、マクドナルドを発見!!ナゼか看板は緑色なんですけど意味が分かりませんので、知っている方教えて下さいませ。

 

さっぱり分からないフランス語のメニューを見ると、280なる商品が目につきこちらを注文、どんなものか分かりませんが伝えやすかったのでこれに決めただけです・・・

四角いバンズでパテは普通のマックの味でしたが、きっと280グラムあるのでしょうか? 御馳走様でした。それにしても値段が高い高い、バリューセットで¥1,000近くになるなんて日本では考えられませんな。

   

そしてイベント会場となるChimayのサーキットに到着すると、可愛らしいType IIがお出迎え、Mr,Kと記念写真をパチリ、この時は快晴なのですが・・・

      

会場にはすでに結構な数のVWたちが集まっておりました。

    

[…]

カラフルで右ハンドルな街、クアラルンプールでGo! with M@@N

皆様ご無沙汰しております。

雨の神様改め、快晴王子Wildmanの予言通り快晴となったStreet Car Nationals以降、Wildman的にはあっちこっちへ出張で飛び回っておりましてアメリカ遠征後、気がつけば梅雨入りし、気がつけばベイスターズは連敗し続け、気がつけば人生初の東南アジア遠征となっておりました。 何が何だかよく分かりません・・・

で、正気に戻りまして今回はですね、マレーシアはクアラルンプールにて開催される”Art of Speed”というカスタムカー&カスタムバイク及びアートのイベントに招待して頂きまして、そちらで2日間Pinstripeデモを行うと いう物でした。SteveのTrip Reportはこちらをご覧下さい。

 

Shige菅沼、快晴王子、Steveの3人での旅でしたが、Mooneyes Staffの村上君(御所山在住)に羽田空港まで送ってもらい、格安航空の誉れ高きAir Asia機で7時間のフライトとなりました。

 

Hot Seatなるちょぴっとだけ足元が広い席を確保出来たのでありますが、「何でHot Seatと言うのか意味がわからん」と思っていたところ、何だかとってもHot(暑い)なのです・・・

飛んでしまえばOKなのですが、飛び立つ前はナゼかまともに空調が効いておらず、じっとりと汗ばんでしまうくらいなのでした。

「ナールほど、これぞHot Seatだぜ!」と思わず納得してしまいました。

Air Asiaは飲み物も機内食も全部有料でしたが、食べたくないものを食べるよりもこのほうがイイやと思いました。

あっという間にクアラルンプール国際空港に到着すると朝の6時前、(時差は一時間でした)まだ真っ暗な空港に降り立つとHot Seatから降りたはずなのにそこはとってもHot!! こんなに暗いのに気温は日本よりもHotでして、分かっちゃいたけどここまで蒸し暑いとは思いませんでした、まだこんな時間なのに、トホホ・・・

空港には今回Mooneyes一行を車で案内&送迎して頂いたこちらヒゲのZoulさんがお迎えに来てくれていました。

滞在中本当にお世話になったのですが、何が凄いって運転が凄い!!

高速道路に乗るや否や、前を行く全ての車を煽りまくって追い抜かし気付けばメーターの針は190km/h!! 思わず全員がシートベルトを締めて身構えるといった状況が4日間続きました・・・

とっても緊迫した日々はとっても印象に残りましたので、最後にZoulさんには”Speed Racer”の称号を贈らさせて頂きました。Fast, Faster, Fastest!!!

  

空港から190km/hで激走し、最初に向かった先はテレビ局でした。

 

マレーシア版のめざましTVのようなZIP!のようなズームイン!! SUPERのようなあさズバッ!!のような番組で今回のイベントを紹介し、私たちもちょぴっとだけ出演致しました。

ちなみにこちらはTV局内のパスになるシールであります。

空港からいきなりTV出演、まるでハリウッドスターのような気分ですが、実は暑いだけなのでした・・・それにしても暑い、熱い、あつい・・・

   

日本と同じく左側通行で右ハンドルなのでこのようにIMPALAもLUVもCELICAも右ハンドルなのであります。

   

バイクが欠かせない交通手段となっているようで、高速道路にはバイク専用レーンもあったりしてこのような変形カブがたくさん走っております、しかもみんな速い、速い!! 見ているこっちがビビってしまいます・・・

      

マレーシアの街は想像以上に大きくて綺麗でして、このような観光地にも案内して頂きましたが、清掃も行き届いていて中々の物です。

 

巨大なツインタワーはじめ、横浜よりもデッカイ建物が沢山ある感じでした。

    

[…]

明日は快晴のSCN、これからのサインはTO WILDMANで決まりだぜ!!

さて皆様、明日はいよいよ東京はお台場にて「第27回ムーンアイズストリートカーナショナルズ」が開催されます。

ついこの前の1987年に大井競馬場にて産声を上げたこのイベントでしたが、私は1回目から全て参加し、気付けば軽く四半世紀を超えてしまい、未だに皆様に愛されているというのは嬉しい限りでございます。

今回もエントリー車両は約1000台!!という規模で皆様をお待ちしておりますので、快晴のお台場に6時だョ!全員集合であります。

そしてもうお手元にある方も沢山いらっしゃると思いますが、MOON IllustratedVol.11が発売となっております、気がつけばもう11号であります。

今回の春・夏号はページ数もたっぷりありまして、海外から国内の記事、New Itemの紹介等盛りだくさんの内容となっており、もちろん我がWildmanページも暴走状態で掲載されておりますので、皆様も一緒に暴走致しましょう!!

もちろんストリートカーナショナルズ会場でも販売しておりますので、お買い上げの方はぜひサインをさせて下さいませ!!

サインといえば、サインはV!!じゃなくって、先日カリフォルニアよりこのようにとんでもないものが私宛に送られて来ました・・・

「1クリックで間違えて海外通販で何か買っちゃったのかしら??」と恐る恐る封を開けてみるとそこには1枚のKISSの写真が入っていました。

我がKISSの写真にマジックペンで描かれたサインは何とジーン・シモンズの物であります!!

しかも”TO WILDMAN”となっているじゃありませんか!!!

「うおお~、ついにこの私にもジーンから直接手紙が来るようになったのか!?やっと長年の精力的な変態活動が認められたぜ!!」と勝手に解釈し、しばし放心状態になっておりました・・・・

しかしそんな事があるわけも無く、今回のサインはアメリカ在住のS様という知り合いの方が「ひょんなことから」ジーン・シモンズの自宅に行くことになり、そこで私が30数年に渡るKISS ARMYであることを思い出してくれて、わざわざジーンよりWILDMAN宛でサインを頂いてくれたのです。

S様本当にありがとうございます!!

それにしても「ひょんなことから」ジーン邸宅に行けるなんて一体何なのでしょう?? 私もひょんなことから行ってみたいものです・・・

これまでKISS関連のサインは力づく?で手に入れた物が何点かありましたが、それらには当然私宛の名前など入って無かったので、魂のこもったサインが手元に来たわけであります、最高です!!

先月は前回ブログでお伝えした通り、ジューシィ・フルーツ(ジューシィ・ハーフ)のイリア様に宛名入りサインを頂けたので、最近調子に乗っているWILDMANなのであります。

残念ながらついこの前の1961年に書かれた力道山先生の本物直筆サインには、他の方への宛名が入っておりますので、このようにカバーをして気を紛らわせております。

書き直して頂きたいですが、こればかりはどうにもなりませぬ・・・・

 

こちらはEd”Big Daddy” Rothより1991年に頂いたものであります。自分でWILDMANて名付けてくれたくせに、サインにはいつもHIROと書いてくれてましたね・・・ そういえば最初は間違えてHITOとも書いてました、確かに人ですが・・・

 

そして全然関係ありませんが、ついに禁断の果実に手を出してしまいました。 そう30年来の憧れだったテニスラケット”DONNAY BORG PRO”であります。

 

ついこの前の1981年に我があこがれのスーパースター、ビヨン・ボルグ様がウィンブルドン5連覇した時に使用してたのがこのモデルで、当時はお値段も強烈だったのと、何よりも恐れ多くてこんなもの使えないというのが、当時の正常な神経のテニス・フリークの考えでした。

 

だってこんなの使ってヘタクソだったら恥ずかしいじゃありませんか、小心者には絶対無理でしたね。

    

BORG PRO以前は同じベルギーはDONNAY社のこちら”ALL WOOD BJORN BORG”を使われていました。

   

契約の関係上アメリカでの試合はこちらアメリカはBANCROFT製の”BORG PERSONAL”を使用するという人気者ならではの二重契約??でした。

[…]

女神さま降臨、33年越しの恋はベンチシートだぜ!

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか??

Mooneyes Area-1では「R381 あれから45年 パネル展」を引き続き開催しておりますので、ぜひ本牧まで足をお運び下さいませ。

  

カリスマ店長のFIAT 500にもPinstripeが入りましたのでご覧になって下さい。

お店にはこの春、数々のNew Itemが出揃いました。

その中でもWildmanの一押しはこちらのSigns & Pinstriping Studio Stickerとなります。久々のStudioオリジナルステッカーになりますね。

ブラックとパープルの2種類がありましてノーマルな方にはブラックを、変態の方にはパープルをお勧め致しております、ハイ・・・

5月19日のお台場はStreet Car Nationals会場でステッカーをお求めになられた方には勝手にサインをさせて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します(そんな元気がありゃいいんですけど・・・)

サインと言えば不肖Wildman、33年越しの夢が叶いました、有難うございます!!

 

ついこの前の1980年、16歳の時になんとなく見てたTVに映った美形のお姉さまが「ジューシィ・フルーツ」というバンドでリードギターをギュイーンと掻き鳴らすさまを見て、一発でファンになってしまいました。(Wildman’s Blog 2008年8月30日参照)

そうKISSのジーン・シモンズよりも好きになってしまったのは「イリア」こと奥野敦子様でした。

その後勝手に結婚しようと思っておりましたが、夢ははかなく破れてジューシィも解散してしまい寂しい日々を送っておりました。

30年の月日が流れ、ジューシィ・フルーツは半分のメンバーとサポートのお二人による「ジューシィ・ハーフ」となって復活し、私ども時流に逆らっている変態を楽しませてくれているのです、ああ楽しいな!!(Wildman’s Blog 2012年4月13日及び12月29日参照)

そしてこのほどジューシィ・ハーフのDVDが発売されることとなりまして「ジューシィ・ハーフDVD発売記念パーティー! ほかにもいろいろ特別に見せちゃうスペシャル」なる催しが高円寺であるというじゃありませんか!!

しかもミニライブや秘蔵映像鑑賞タイムのほかに何とビックリ「全員にサイン&握手」となっております。

「あ、あ、握手だって、イリア様と握手が出来る上にサインまで頂けるのか!? こりゃ変態だ、じゃなくって大変だ!!」と興奮しまくる私は失神しそうになってしまいました・・

ハイ、行って参りました古着の街、高円寺。高円寺なんて何年ぶりになるのでしょう。

 

場所はグリーンアップルさんという小さなお店ですが、そこには熱心なファンの皆様が沢山集まっておりました。

   

ミニライブからスタートし、トークや貴重な当時の映像も沢山流されました。

  

解散の時はTV「俺たちひょうきん族」で最後の演奏をしたジューシィでしたが、ひょうきんピヨコ隊の映像もたっぷり流してくれました。

トークの途中でイリア様が「今日はオリジナルメンバーの優司クンが遊びに来てくれています!」とこちらの方を指さして言っています。

みんなが拍手をするので「お、おれじゃないって!!と小心者は首をブルンブルンと振ろうと思ったら、何と私の後ろにオリジナルメンバーのベーシスト、沖山優司氏がいらっしゃいました。

「あ~ビックリした、全然気付かなかったぜ」と胸をなでおろしました・・・

しかし次の瞬間には正気に戻り、沖山さんにお願いしてちゃっかり記念撮影とサインも頂いてしまいました。沖山さんは本当に良い方でした、嬉しいな!!

ちなみに沖山さんは現在も作曲家、編曲家としてご活躍され、アンジェラアキやスキマスイッチ、ゆず、モー娘といった方々のライブサポートやレコーディングに参加されているとの事です、現役バリバリなのです。

私は当日、自分でデザインしたレインスプーナーのシャツを着ていましたが沖山さんに「オシャレだね」と誉められました、ただの小心者じゃなくって洒落者Wildmanだぜ!!

 

そしてイベントも終わりにさしかかり、いよいよ「サイン&握手会」となりました。

 

皆様DVDにサインを頂いているようですが、私的にはそれでは物足りないので場を盛り上げるためにも32年前のツアーパンフを持ち込み、それにサインしてもらおっと!!と決めておりました。小心者はいつでも準備周到なのであります・・・

[…]