Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

Happy New Year!! そしてミニカーコレクション第7位であります。

皆様、明けましておめでとうございます。本年もWildman’s Blogにお付き合いくださいませ。

今年の干支はBoar(イノシシ)なので、本牧はArea-1のNew Year Special Stickerはイノシシさんをモチーフにデザイン致しました。毎年恒例のプレミアムなギンギラ仕様となっております。Area-1店舗にて¥3,000(税別)以上お買い上げの方にプレゼントしておりますが、残り少なくなって来ましたので、ぜひご来店頂きお買い物を楽しんでステッカーをGetしてください。

そして力道山先生より年賀状を頂きました。先生のご結婚を祝うもので、大変恐縮で有ります。

今年は昭和38年か、来年は東京オリンピックだなあ・・・・と思ったら平成31年で有りました、初夢を見てしまいました。でも東京オリンピックはまた来年ありますね、東洋の魔女再来であります!

という事で夢から覚めまして、次はいつもの白昼夢ミニカー話の続き「43周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」第7位となります。43周年のはずでしたがいつの間にか年が明けてしまったので、コレクションスタートの1975年からは44周年となってしまいましたが・・・・

第10位がイタリア製Politoysの「BREサムライ」 第9位が西ドイツ製Marklinの「ビュイック・セダネット」第8位が日本製モデルペットの「トヨタスポーツ800」ということでありました。もちろん全て実車現役時代に作られた「当時物」のビンテージミニカーたちなのです。

そして今回発表の第7位は英国製Corgi Toysの傑作ロータス・エラン(Lotus Elan)であります。もちろん1960年代に造られたミニカーなのです。

1975年当時、少年ジャンプにて「サーキットの狼」の連載が開始されましたが人気が出ない為、打ち切り話が出たくらいでしたが、突如人気が出てその後は76〜77年に掛けてのです爆発的なスーパーカーブームにつながって行きました。

主人公の風吹裕矢の駆るロータス・ヨーロッパが当時のお子様たちの人気でしたが、頭のおかしい少年Wildmanは「ロータスだったらヨーロッパより エランの方がカッコいい、いやコルチナの方がいいかも」とひとりつぶやく変質者と化していました。

すでにミニカーコレクションはスタートしておりましたが、まだ知識の浅い小学5年生はこれまでにどんなクルマがミニカー化されていたのか全く理解出来ておらず、資料も今と違って少ないので、ミニカーは現場で知るしかありませんでした。ミニカー専門店、玩具店、デパート、文房具屋、駄菓子屋、縁日の露店等々現場で遭遇してその存在を確認しておりました。

変態への道を突き進んでいた11歳はミニカー専門店というものを突き止めて通うようになりました、世捨て人の始まりです・・・・

70年代当時の横浜はミニカーパラダイスでして、数々の専門店が存在し、買う買わないに関わらず、そこに行けばいろんなミニカーに遭遇出来たのです。横浜に生まれてしまったことが人生を狂わせたと言っても過言ではありません・・・・

専門店では新製品や現行モデルに混じってとっくの昔に生産が終わっている「絶版ミニカー」が平然とショーケースに並んでおりました。

いろんなお店に行きましたが最初にホームグラウンドとなったのが鶴見区にあった「チェッカー」というホビーショップでありました。ミニカー、プラモデル、モデルガン等々、当時のお子様に人気のあった商品を小さな店舗内に所狭しと並べてありました。

夢のような空間で夢のような買い物をする術が少年Wildmanにはありまして、当時鶴見区には親戚が住んでおり、そこに遊びに行こうと祖母を誘い出し、途中でチェッカーに寄ってミニカーを買ってもらうという鉄板のルーティーンがあったのです・・・なんというガキなのでしょう!

昭和50年のとある日、いつものように祖母を誘い出しチェッカー経由で親戚の家に行く段取りとなりました。すでに頭のおかしくなっていた少年Wildmanは現行品や新製品のミニカーには目もくれず、店の奥にあった絶版ミニカーコーナーを凝視しておりました。

するとブルーと白のツートンカラーのミニカーが目に留まりました。「あれ何だろ、小さなスポーツカーに見えるぞ」と思い店主のTさんに「み、見せて下さい、その青いの」と頼んでケースから出して頂きました。

紛れもないロータス・ヨーロッパよりも好きなロータス・エランでありました。「うおおお〜エランのミニカーなんてあったんだ!」と興奮し、祖母にお願いし「これを買って下され」となりました。

これが英国Corgi Toys製のロータス・エランでその頃でも10年近く前のミニカーでした(実車が60年代のクルマなので)

こちらが当時のCorgi Toysカタログ画像になります。

Corgi Toysは昭和35年の玩具自由貿易が施工された時に日本に最初に正規輸入されたブランドの一つでした。

ミニカー王国の英国ではDinky Toysというブランドが戦前からトップブランドのミニカーとして君臨しておりました。こちらの画像が50年代のDinky Toysですがプロポーションも良く頑丈な造りとなっています。未だ窓ガラスが無い時代のモデルです。ハドソンの美しさにはほれぼれ致しますね・・・

後発のCorgi ToysはDinky Toysに追い付け追い越せという感じでスタートし、こちらの初期モデルでもすでに窓ガラスを装着していてDinkyに差をつけていました。

その後怒涛のCorgi快進撃が始まり、こちらの1960年発売のアストン・マーチンDB4では世界初のボンネット開閉アクションを持ちエンジンも再現されるというエポック・メイキングなモデルとなりました。

[…]

KISSも終わりか!? そしてミニカーコレクション第8位

2018年も残りあとわずかとなりましたね。先月が元旦だと思っておりましたらもう年末を迎えようとしております・・・

今年は我が横浜DeNAベイスターズは3年振りのBクラスに沈んでしまい、昨年はクライマックスシリーズを勝ち上がり日本シリーズまで行った事実が夢のように感じられます・・・

まあ数年前までは毎年のように最下位だったことを考えますと、贅沢なことは言ってられませんが、いい加減に優勝しないと本当に前回のように「38年ぶりの優勝!」なんて恐ろしい事態になりかねません(すでにあれから20年経過しましたが)このパターンが繰り返されますと次回の優勝は2036年になりますので、皆様覚悟を決めておいてください・・・

そして今年の私的な出来事でベイスターズのBクラス転落以外でショッキングな出来事はと申しますと、KISSがついに最後のツアーを行うという事が発表されてしまいました・・・・「ついに解散か??」と途方に暮れてしまいましたが「ライブ活動はこれで終わり」という事らしく、もうライブはやりませんが、解散はしないという解釈のようです。

ややこしいのですが、彼らももう70歳が目前に迫っておりまして、Tシャツとジーンズ&アコースティックギターで適当に演奏してれば何歳でもライブが出来ますが、あの衣装と18cmのブーツを身にまとい、空中遊泳をし、火を噴いて2時間近いライブをこなすのはさすがに無理という事のようです・・・そりゃそうだ。

KISSは2000年にも「もう、や~めた」とフェアウェルツアー(サヨナラツアー)を行って、もうこれで最後だと私もだまされて、せっせと日本ツアーを廻りましたが、結局「やっぱりやめるのや~めた」という事になりKISSはその後も何も無かったように存続、活動し現在に至っておりましたが、今度は「もう疲れるからライブ活動や~めた」という事のようです。なのでまだ解散はせず、新しい楽曲も出る可能性もありますし、無限にグッズ類も売られ続けるでしょう・・・永遠のKISSビジネス万歳!であります。

最後のツアーはOne Last KISS: “End Of The Road” World Tourというカッコいいタイトルで数年掛けて世界中を回るとの事です。これまでで最も激しく、最もデカいショウになるそうです。生KISSを見たことのない方は本当に最後のチャンスですぜ・・・

すでに2019年のスケジュールはほぼ発表されているのですが、まだその中に日本は入っておりませんので来年は来ず、オリンピックイヤーの2020年の来日かもしれません、ぜひ聖火台で火をぶっ放して欲しいのであります!そしてその年にベイスターズが優勝したら私は昇天して死んでそのまましまうかもしれません・・・

という事で本当はKISSの話をするつもりでは無くて、ミニカーの話をするはずでした。以前「43周年のミニカーコレクション、ザ・ベスト10発表!!」と大騒ぎしたのですが、10位と9位を発表したままで、それ以降をお休みしておりましたので、反省してお気に入りベスト10の第8位を発表させて頂きます。

10位はイタリアのPolitoys製「BREサムライ」(ヒノサムライ)でしたね。見れば見るほどカッコいい!!

そして9位は西ドイツMarklin(メルクリン)製の”Buick Sedanette”でした。ほぼ70年落ちのミニカーなのですが、その迫力は現在の模型化したミニカーでは到底表現出来ないものとなっております、まさに芸術ですな。

そして栄光の第8位は8という事でヨタハチ、トヨタスポーツ800に決定いたしました!! 8という数字は良いですな、御所山8も・・・

私、国産車の中ではスバル360やフジ・キャビンとともに最も好きなクルマの一つがヨタハチでありまして、この車のデザインは国産車の中では最強と思っております。どう考えてもトヨタ2000GTの10倍はカッコいいのです・・・・あくまで私見ですが。

そんなヨタハチのミニカーですが当時物は1種類しか出ておりませんでした(ブリキ製は除く)ついこの前である昭和40年の5月に発売となったアサヒ玩具はモデルペット製の品番31「トヨタスポーツ800」であります。Wildman生後10か月のときでありました・・・・

昭和40年8月1日発行の当時のミニカーコレクターのバイブル、月刊コレクター誌No,66の表紙にもなっております。このミニカーの当時の定価は¥450でした。

存在を知ったのは、少年Wildmanがミニカーコレクションを始めた年である昭和50年(1975年)9月発行の月刊ミニチュアカー誌 No,85の連載記事「モデルペットのすべて」にこのヨタハチが紹介されていた時なのであります。

「うおおお~なんてカッコいいミニカーなんだ、まんまヨタハチじゃん!!」と興奮する11歳は変態の道を突き進んでおりました。その頃、モデルペットのヨタハチは発売後約10年が経過しており当然絶版モデルだったので、そんなものをすぐに手に入れるのは至難の業となっていました。

あっちこっちのミニカー専門店、ひなびた玩具店、ミニチュアカー誌の売買欄等を必死に探しましたが、全く私のアンテナに引っ掛かりませんでした。「欲しい、欲しい、欲しい」とのたうち回ってもナゼかこのミニカーは目の前に現れず、長い年月が経過して行くのでありました。

縁の無いモデルというのはある物で、たいして珍しくないモデルでもどういう訳か全然手元にやってこないことがありまして、ヨタハチはまさにそんな一台の代表となってしまいました・・・

[…]

鯉の季節はやって来るのか?頑張れディーゼルのマツダ!!

プロ野球もやっとこキャンプインとなりまして、私には楽しみな季節がやって参ります。 我がDeNAベイスターズはキューバの至宝、グリエルが残留となりまして、あとは4番の筒香がシーズン通して活躍すればすべりこみ3位内に入ってクライマックス・シリーズ進出の可能性が十分あると思われます(希望的観測)

今期は混戦の期待が高まるセ・リーグでありますが、やっぱりジャイアンツとカープが頭一つ抜け出てますね、悔しいけど。ジャイアンツはどうでもいいとして、カープはここ数年力をつけていて昨年も2位となり今季はメジャー男、黒田の復帰もあって大変盛り上がっております。というか今季優勝しないと、昔のホエールズ(ベイスターズ)のように38年間優勝出来ないのではないかとこっちが心配 してしまいますよね・・・

はたして鯉の季節はやって来るのでしょうか?? ちなみにこちらはピンキーとキラーズ、恋の季節であります!! どうでもいいですね、すみません・・・

野球が盛り上がってる広島ですが、カープと言えばやっぱり東洋工業のマツダであります。こちらもカープ同様大変頑張っておりまして、トヨタを中心としたハイブリットのエコカーとは一線を画し、ヨーロッパ的なクリーン・ディーゼル・エンジンで市場にチャレンジしてます。

スカイアクティブ・ディーゼルは静かで燃費も良くパワーも十分で、石原都知事が植え付けたディーゼルの嫌なイメージを完全にぬぐい去りましたよね、素晴らしいぞマツダよ!!

アクの強いデザインさえ受け入れられれば、使用環境によってはちっとも燃費の良くないハイブリット車なんかよりも良い選択肢になるのではないでしょうか!?

マツダは昔から変わったことが好きなので、最強の3輪トラックの後はロータリー・エンジンに首ったけ?という時代が長く続きましたよね。市場や環境の変化により、悲しいかな速いけど極悪燃費なロータリーエンジンはとりあえず一休みとなってしまいました。

でも、やっぱりマツダと言えばロータリーのイメージがずっと続いてました。最終的には3ローターなんて変態エンジンもありましたよね。 ついこの前の昭和59年に幼なじみのI君が初代RX7を購入し運転させてもらいましたが、一体どこまで回るの??という程高回転までエンジンが回り、クルクル目が回りそうになりました。「コリャ、2ストのバイクみたいだ!!」と驚きました。 当時の我が愛機TE71カローラ1600GTとは全く違う乗り物に思えましたね。

その後も友人のRX7カブリオレ(ロータリー・ターボのAT仕様)を運転したところ、低速トルクが全くなくて「なんだこりゃ、軽自動車よりも遅いぞ??」と思った次の瞬間ターボにブーストが掛かるとロケットのように加速して前のトラックにぶつかりそうになりました・・・これぞロータリー・ロケットだぜ!!

最近はクリーン・ディーゼルのイメージが定着してきたマツダですが、皆が忘れる前に初期ロータリーエンジン車をミニカーを使っておさらいしなくてはなりません。米澤玩具の当時物ダイヤペット・シリーズにご登場して頂きます。

ロータリーエンジンと言えば1967年発表のやっぱり世界初の量産ロータリーエンジン搭載車コスモ・スポーツであります。帰って来たウルトラマンのマット・ビハイクルと言った方が分かりやすいクルマでもあります。子供の頃は本当に未来から来た車に感じたものです。トヨタ2000GTよりも見る機会が多かったので、強烈なペッタンコスタイルに惚れ惚れしておりました。

ダイヤペットはついこの前の昭和43年5月にモデル化してくれました。ちょっとずんぐりむっくりしたミニカーでしたが、前期型L10Aのコスモを再現してくれています。このモデルはステッカーを貼って子供向けにウルトラマンのマットカーとしても売られたので莫大な数が作られまして、集め切れない程の細かなバリエーションが存在しています。

お次はファミリア・ロータリークーペであります。軽量小型クーペのファミリアに強烈パワーのロータリー搭載は国際レースでも成功を収めましたね。ダイヤペットではコスモに続いて5年前くらいとしか思えないついこの前の昭和43年の8月に発売してくれました。実車が7月の発売なので何とたったの1カ月遅れでモデル化されたという超ハイスピードな米澤玩具の(下請けさんの)仕事っぷりなのでした。 実はマツダがこのミニカーを販促品として配る為に、米澤玩具に実車設計図を実車発表前に渡しておき、ミニカーも同時進行のような形で製作されていたのです。何ともいい時代ですね・・・・

フルアクションでドアーのガラスも半開き状態という凝ったモデルなのでした。

販促品として使われたのはこのフルメッキバージョンで、ボディ全体がシルバーメッキされていたのです。

さらに手持ちのこいつはドーム状のディスプレイケースに入っておりまして、これは当時マツダディーラー展示用として配られたレア物なのでした。良く生き残っていましたね・・・・

そして今度はルーチェ・ロータリークーペであります。マツダ初の前輪駆動車はロータリーエンジン搭載の大型クーペという変わったスタイルで1969年に発売されましたが、ベースのセダンはイタリアはベルトーネのデザインでしたよね。

クラウンのハードトップよりも高い値段だったので、商業的には全く振るわず短命に終わった悲しいクルマでした・・・・ダイヤペットは昭和46年6月発売となっていて、関係ありませんがウチの弟と同じ誕生月となっております、全くついこの前の事ですね。

ミニカーはバランスがいいんだか悪いんだかよく分からない実車のプロポーションを上手く再現しています。イメージカラーの白が決まっていますね!

最後はカペラ・ロータリークーペの登場です。名機12A型ロータリーを搭載するカペラは1970年の登場ですが、ゼロヨン15,7秒というのは当時としては激烈な速さでありまして、その後サバンナRX3に進化してツーリングカーレースでスカイラインGT-Rを撃破して行くのです。ロータリーの時代到来であります(オイルショックまで・・・)

ダイヤペットからは昭和46年11月のデビューとなりましたが、メッキパーツを上手く使いこの頃のダイヤペットとしては結構出来が良いミニカーとなっておりまして、近年の絶版ミニカー市場では意外と評価が高くなっております。

この後はサバンナRX3がデビューして最終的にRX8まで発展して行きますが、それは又次の機会にとっておきますので宜しくお願いします。

なにはともあれ今年は広島東洋カープとマツダ・スカイアクティブの年になるかもしれません(ベイスターズはきっと3位となることでしょう・・・)

[…]

変態が認める三輪トラックデザイナーは天才だぜ!!

皆様お久しぶりでございます。いよいよMoon Illustrated vol.10が発売となりました!!

今回はですね巻頭特集がHot Rod Custom Show 2012のSneak Previewということで、Showに来るクルマやゲストのことを詳しく紹介しております。こちらを読んでから当日会場に来て頂ければ、より一層楽しくなることうけ合いでございます。

Wildmanページはですね、やはりイベントのAir Cooled in Action(VW)に敬意を表し? VWの見たこともないようなミニカーをFruityと御紹介しておりますので、変態の皆様は必見です!! その名も「マニアがワーゲン」でございます。ということで今年のHot Rod Custom Showは大盛況だった昨年の20回記念よりもさらに盛り上がること必死なのであります。 だって現時点で昨年よりもクルマもバイクもベンダーも全てエントリー数が増えているのですから、ああこりゃ大変だ・・・・・

で、話は変わりまして、先日長年探していた本がやっとこ手に入りました。 発行が昭和58年4月20日なので、全くついこの前の新しい本で恐縮なのですが、こちらの一冊になります。

マツダR360クーペと三輪のK360が表紙になっている「わがインダストリアルデザイン 小杉二郎の人と作品」という高速有鉛とは一線を画す?真面目一直線な感じの本ですが、本当に真面目な内容となっております。

 

故小杉二郎様は昭和の時代に御活躍された工業デザイナーで、クルマからバイク、ミシンや電化製品までありとあらゆるジャンルの工業デザインを手掛け、日本における工業デザイナーのパイオニアといえる存在なのであります。

日本における変態のパイオニアの自分としてはとしては非常に尊敬しております。

何といっても素晴らしいのはマツダ(東洋工業)関連の車両デザインでして、Wildman的には突き刺さるものばかりなのです。

日本の戦後復興の過程で三輪トラックは絶対に欠かせない存在でしたが、バイクに荷台を付けただけのような簡素なデザインだった三輪トラックに小杉氏は全天候型のキャビンを付けて見事なデザインをまとめ上げたと思っております。

特にこちら1950年代中期のCHTA型はバーハンドル時代の集大成だと理解しています。ドアーも付いたキャビンは強烈なフロント周りのデザインで、どう考えてもカウンタックよりカッコイイのです、本当に。

そして丸ハンドルへとフルチェンジしたHBR型は「究極の工業デザイン」といえるキャビンを持ち、流線形なスタイルで国鉄の特急列車よりもスピードを感じさせるのです、もう完璧過ぎますよね!!

これらの小杉氏のスケッチを見ているだけで天才と思えます、本当に。

CHTA型やHBR型は古すぎて当時物ミニカーになることはなく、ブリキの玩具でモデル化されていました。

   

共にバンダイ製なのですが当時の持てる技術を駆使して作った傑作モデルでして、強烈な出来栄えを誇っているのです。

    

特に丸ハンドルのHBR型は素晴らしく、部屋の中でじっと見ている変態行為を繰り返していると、本当に実車に見えてきて昇天してしまいます・・・

スバル360と同時期に造られていたマツダR360クーペもデザイン重視のクルマで、どうやったらこんなに可愛らしい形を思いついたのか一度聞いてみたかったです。

子供のころでも見る機会は少なく、短期間親戚のオジサンが乗ってましたが、それ以外でクーペ見たときは興奮しておりました。

 

当時物ミニカーでは大盛屋ミクロペットとアサヒ玩具のモデルペットから製品化されていましたが、出来はこちらのミクロペットに軍配が上がります。

 

ついこの前の昭和36年7月に発売されていましたが、フリクションモーターが内蔵されていて、走らせて遊ぶ玩具だった為、殆どが当時の心無い子供たちによって破壊されてしまい、実車並みに現存台数の少ないレアなミニカーとなっております。

マツダ車はこの他にもロンパーやキャロルのデザインも手掛けられていますが、世に出なかったこれらクレイモデルたちも強烈なセンスでデザインされています、 素晴らしい!!

[…]

スカイラインのサポーターはポルシェ904だぜ!!

先週のブログにてお伝えしましたが、我がベイスターズは私が観戦し勝利したあの試合以降は見事に3連敗となりまして、「たまに勝つから見ていて楽しい」というベイ勝利の方程式は今季も崩れることはなく、ますます応援に力が入るという物であります。皆様Mooneyes x 横浜DeNA Baystarsコラボレーションも宜しくお願い致します!!

で、話はガラッと変わりまして、この前崩れ落ちて来た本の山からこんな素敵な表紙の一冊が出て参りました。

「自動車JUNIOR」誌の1964年6月号であります。ちなみに定価¥140、送料¥18となっております。

64年なんて全くついこの前である東京オリンピック開催の年なのですが、そういえば6月では私は生まれていない事に気付きました。

でも当時の出来事を沢山覚えているのはナゼなのでしょう・・・

やはり前世があったとしか思えない「時の旅人Wildman」なのであります!!

そんなことはどうでもいいとして、この自動車JUNIOR誌は伝説の「第2回日本グランプリ特集号」となっています。

表紙はあまりにも有名なGT-IIクラスのスタートシーンでポルシェとスカイラインGTが写っています。

裏表紙は日産ブルーバードのCMですが、遠くに見える江ノ島の位置、角度から推測すると三浦半島の荒崎海岸あたりでロケしたものでしょうか?

今度私もこの場所へロケに行って参ります・・・

 

さて本の方はかなり気合が入っている内容で、モノクロですが豊富な写真とレースの各クラスの詳細なレポートが記してありまして、まるで当日現場に行ったような気分にさせてくれますね、だから私もよく覚えているのか!! ナ~ル程・・・・

なにはともあれこのレースはスカイライン神話を生んだGT-IIクラス(1000cc~2000cc)が後世に語り継がれる物になってますよね。

前回のグランプリでトヨタに惨敗したプリンス自動車が、1,5リッター4気筒のスカイラインのノーズを無理やり伸ばし、グロリア用2リッター6気筒を押し込んで和製マッスルカーをグランプリマシンとして作り、このスカイラインGTが主役になり絶対に勝つというプリンスにとってのシナリオが書かれていたはずでした。

性能を考えたら他の国産車ではスカイラインGTに太刀打ち出来るはずもなく、プリンスが圧勝してトヨタに雪辱を果たすはずでしたが、そこに突如として現れたのが当時最新鋭のミッドシップ・レーシングカーである「ポルシェ904カレラGTS」でした。

 

904はFRPの軽量ボディに180bhpの空冷2リッターDOHCフラット4をミッドシップに積んだレーシングカーで、6気筒とはいえ乗用車ベースのスカイラインやべレット、トラックのフレームのフェアレディたちでは太刀打ち出来るはずがありません。

中学生の運動会に突然ボルトが飛び込んで来たようなものです・・・

長きに渡りこのポルシェ904の突然のグランプリ参戦に関してはトヨタが金を出して輸入し、前回クラウンで優勝したドライバー、式場壮吉にドライブさせスカイラインGTの優勝を阻止する目的だったという小説のようなストーリーがありました。

しかし近年の式場氏のインタビューでは、そんな馬鹿バカしい話ではなく、来日した当時のポルシェのレーシング部門監督を通じ、自分でミツワ自動車から「たったの571万円」で買ったとお話しされております。

私的にはトヨタ説の方が物語が面白くって好きなのですが、本当の事は当事者様たちにしかわかりません。

力道山先生の死とともにどちらも半世紀近く前のお話なので真相は闇の中であります・・・

レース2週間前にパンナム機であわただしく輸入された904はぶっつけ本番のような形でレースに挑みましたが、神様はプリンスに味方したのか904は予選でクラッシュしてしまい見るも無残な姿に変わり果ててしまいました。

200キロ近いスピードで突っ込んだらしく、フロント部を中心に大破してしまい、これではレース出場は無理でしょうという状況になってしまいました。

プリンス首脳陣はさぞや喜んだことでしょう・・・

 

自動車JUNIOR誌の偉いところはこの雨に打たれる無残なポルシェ904の事故直後の姿を捉えている所でして、当時のオートスポーツ誌始め、他の雑誌では事故前や修復後の写真は載っていても、グシャグシャの姿は殆ど紹介されてなく当時の貴重な資料写真となっております、流石だぜ自動車JUNIORよ!!

もうレース参加は絶対無理だと思われていたポルシェ904でしたが、名古屋の名人のもとに運ばれ徹夜の2日間で無理やり修復し、レーススタート4分前にガムテープだらけでグリッドに並ぶという奇跡が生まれました。

名古屋の名人は並行して予選でクラッシュしたロータス・エリートも修復し、2日間の徹夜で2台を修理しレースに間に合わせるという離れ業を演じたそうです。流石だぜ昭和の名人よ!!

レースの方は皆様御存じの通りポルシェが飛び出しましたが、ほんの一瞬だけスカイラインGTがトップに立ち観客を狂喜させ「国産車がポルシェを抜いた」ということで、ここにスカイライン神話が誕生し、スカイライン・ブランドは現在も存続し、日本人に愛されてきました(最近は厳しいですが・・・)

 

結局ポルシェ904の圧勝に終わったレースでしたが、プリンスはグロリア始め他のクラスで勝ったので、このことを大々的に報じCMに生かし見事販売に繋げました。当時はレースの結果が販売を左右するというおおらかな時代でありました。

こちらのレース後のCMではグロリアを押し出し「プリンス圧勝!」を謳っておりますが、スカイラインGTの所だけ「国産車上位を独占しました」となってるのがとっても寂しいですね・・・

  

ちなみにこのミニカーは日本グランプリを記念して当時発売された大盛屋のミニカーになります。

 

ツーリングカーⅥクラス優勝のグロリアとⅤクラス優勝のスカイライン1500です。よくぞこんなモデルを作ってくれました、今は亡き大盛屋に感謝であります!!

傷つき優勝したポルシェ904はその後どうしていたのかと思っていたら、ついこの前の1978年に大枚¥1,800を投じてイワセ商店街は湖南書房にて購入した企画室ネコ発行の心に残る名車の本シリーズ”The Porsche 1978”に実車が紹介されていて少年Wildmanは仰天しました、¥1,800という本の値段にも・・・

当時秋田のコレクターのもとにあった904は美しくれストアされ、ナンバーも取得しロードバージョンとして素敵な余生を送っていました。

[…]