Wildman 名前の由来

1990年、Pinstriperとなって1年が経った頃、初めてアメリカを訪れユタ州のEd Rothの元へ行く事になりました。1989年の日本の3rd. Annual Mooneyes Street Car NationalsでRoth本人に会ってそのパフォーマンスをライブで見て感動し、Pro Pinstriperになる事を決意しましたが、今度はアメリカで再会し新たにRothよりPinstripeについて学びたく思っていました。LAXにてRothと落ち合い、クルマで遠くユタ州の彼の家に向かう訳ですが、狭い室内の彼の愛車Mazda Pick upの助手席に乗ろうとすると、「何、やってんだHiroが運転していってくれよ」ととんでもない一言が!初めて来たアメリカで初めての運転でそんな距離を走らされるとは思ってもいなかったので正直焦りましたが、フラフラとFreewayを走り、朝だか夜だか分らない時間に何とかユタのRoth宅に到着しました。するとそれまで殆ど眠っていたRothが言いました、「いや〜初めてのアメリカでよくこんな所まで運転してきたな!おまえをWildman と呼ぼう!」の一言でRothより"Wildman石井"という名前を命名していただきました。

Here is a story for people who are not familiar about why Pinstriper Mr. Ishii is called "Wildman" Ishii. He was named "Wildman" by ED "Big Daddy" Roth. It was when Mr. Ishii traveled to Utah to be trained as Pinstriper by Ed "Big Daddy" Roth at his home. Ed "Big Daddy" Roth was only expecting Mr.Ishii to drive from airport in Utah but when Ed Roth found out that Mr. Ishii actually drove all the way from LAX airport in California, Ed "Big Daddy" Roth had to say "Oh! You are Wildman!. Let's make your name "Wildman" So his name "Wildman" has been called since then. Good story isn't it.

WILDMAN の作品

思い出の大エース、遠藤様は大洋一筋さ!!

皆様遅ればせながら明けましておめでとうございます。

本年もMooneyes並びにMooneyes Studio並びに当ブログを宜しくお願い致します。

お正月休みはどのように過ごされたでしょうか?

私は相変わらず自室に引きこもり、ミニカーのワックス掛けにいそしんでおりました、恒例行事なので・・・

今回はスーパーカーの棚を中心に行いましたが、ほとんどがあのブームの頃に入手した物なので、かれこれ36年は手元にいる奴らばかりなのです、1977年なんてついこの前の事ですが。

それはそうと我が横浜DeNAベイスターズは年末にかけて怒涛の補強を行い、気がつけば中日ドラゴンズよりブランコら外国人選手3人を強奪し、ホークスからは多村が帰って来るわでストーブリーグを賑わせております。

オーナーが「補強の予算は全部使っちゃって下さいね!」とのことなので高田GMの腕の見せ所ですな(福留はいらんかった、良かった阪神で)

現在は元レッドソックスの108勝投手、バディーヤと交渉中とのことで、これが決まれば予算をきれいさっぱり使えそうです、ああ気持ちいい。

さらに奇跡が起これば、あの松坂大輔獲得も視野に入れているのでその時は特別予算枠が発生するそうです、いいぞ大盤振る舞いDeNA Baystars!!! プロ野球はこうでなくっちゃ。

これで驚異の5年連続最下位より脱出できると思われます。それどころかCS進出も確定的ですな!! (そう思っているだけならタダですので)

ほんとにここまで弱い期間が長く続いたのは、ついこの前の1975年にファンになって以来、たぶん初めてのことだと思われます。

そりゃね万年Bクラスのチームでしたし、優勝だって2回しかしたことないし、大洋時代だってたまに3位になったくらいですし、どうもこうもないような成績なのですが、いくらなんでも5年連続でビリッケツで借金が軽く30を超えるような状況は考えられませんでした。

何で顔見知りの6球団で争う競技でこうも差がつくのか、不思議で不思議でなりません。

なのでこうなったらお金で解決するしかないようなので、大補強大いに結構なのであります!!

勝てないのであれば、せめて個人タイトルくらいガンガン獲って欲しい物ですな。

その昔大洋時代はチームはBクラスでも首位打者や最多勝を獲得した選手がおりまして、ファンにとってせめてもの慰めになっておりました。

そんな時代で大洋ファン最大のヒーローは(私にとっても)何と言っても背番号24の大エース「遠藤一彦」様なのであります!!

問答無用で80年代のセ・リーグを代表するピッチャーで、江川と最多勝を争った真のエースでした。

1955年生まれの遠藤様は東海大から、スーパーカーブームに沸くついこの前の1977年にドラフト3位で大洋に入団しました。

翌年の春に大洋は川崎から横浜にフランチャイズが移転となるわけです。

79年にその才能が開花し12勝12敗8セーブという素晴らしい成績を上げ、少年Wildman的には「やったぜ新人王確定だ!!」と大騒ぎしておりましたが、結果は何と13勝5敗0セーブの中日の藤沢が新人王になってしまい、テレビの前で遠藤様よりWildmanの方が落胆致しました、トホホ・・・

だってその後の遠藤様は15年の現役生活を全うし、数々のタイトルを獲り通算134勝58セーブを上げセ・リーグを代表する投手となりましたが、

藤沢なんて実働6年で27勝35敗ですぜ。全く見る目がない奴らだのう・・・と34年経った現在でも毎日落胆しております。

長身から投げおろすストレートと魔球のような高速フォークボールでバッタバッタと三振の山を築く姿は、弱い大洋の中でキラリと光輝いていたのです。

東海大の後輩である原(現巨人監督)にはナゼかポンポン打たれましたが当時現役メジャーリーガーとして日本へやってきた巨人のロイ・ホワイトが「遠藤のフォークボールはメジャーで通用する」と言っていたのが忘れられません。

時代が違っていたら遠藤様はメジャーに行っていたでしょう・・・

第一回ストリートカーナショナルズが開催されたついこの前の1987年にアキレス腱断裂という事故に見舞われましたが、それを克服しその後クローザーに転向して見事カムバック賞を受賞しました、流石だぜ!!

  

で、こちらはその頃に頂いた遠藤様の直筆サインボールなのであります!!ボルグ様のサインボールと並び我が家の家宝になっていることは言うまでもありません。

そういえば80年代の選手名鑑か何かの資料で、遠藤様のご自宅住所が何と我が街、横浜市磯子区岡村町となっているではありませんか!!!

しかし番地までは掲載されていなかったので当時激励に行こうと必死に探し回りましたがついぞ発見することは出来ませんでした、無念・・・

 

そういえばもう一人のエース斎藤明雄投手は当時横浜市南区別所に住んでおられ、高校の時の友人が御近所で斎藤投手宅で高校生相手によく麻雀をやってましたね・・・・昭和っていいですね!!

2年連続最多勝、最多奪三振、沢村賞まで獲得しあとは優勝だけでしたが、残念ながらそれだけは経験出来ず、1992年に涙の引退となりました。(ちなみにベイスターズ38年ぶりの優勝は1998年であります)

横浜スタジアムで最後の登板となりましたが、この日は遠藤様にとっても大洋ホエールズにとっても最後の試合となり、翌年から「横浜ベイスターズ」にチームが変わってしまいました。

よって遠藤様は大洋ホエールズ最後の大エースなのであります。

横浜大洋ホエールズが生まれた時に入団し、ホエールズからベイスターズになる時に引退するという数奇な運命をたどられましたね。

今年はどう考えてもCS進出が確実な横浜DeNAベイスターズですが、(勝手に言ってるだけですので)遠藤様のような真の大エースが現れる事を期待しております、Go! DeNA Baystars

[…]

ウソ八百じゃないよ、800番目のGT350の数奇な運命

先日ですね、当ブログにて知り合った本物の小田急ロマンスカー運転士のH氏が本牧はMooneyes Area-1に遊びに来てくれました。

Wildmanが愛してやまないロマンスカーNSE3100の現役時代に本当に運転されていたという痺れるような経歴の持ち主なのであります!!

 

きっと当時はこういう風な感じで運転されていたのですね。

ロマンスカー・パイロットと言えばNHRAやBonnevilleレーサーに匹敵する優秀な人材と認識しておりますので、あんまり嬉しくて思わずサインをいただいてしまいました。

これで力道山先生、ボルグ様、大洋ホエールズの選手たちと並ぶサインコレクションに一点追加となりました、有難うございます。

で、今週こちらの本が発売となりました、モノ・マガジンのNo.678になります。もう30年も続いているという凄い歴史を持つ本ですが、私も自分の趣味の守備範囲の特集号は揃えさせて頂いております。

今回の号ではトイズ・マッコイさんの特集がされておりまして、その中でマッコイ岡本社長のシェルビー・コブラ427が出ているのですが、私にとっては岡本社長と言うよりも岡本画伯というイメージの方が強いのです。

ついこの前の1977年ポパイ18号の表紙は岡本画伯の筆によるスキーを背負ったブルーのビートルのイラストなのですが、当時13歳の少年Wildmanに強烈な印象を与えてくれまして、「なんでボディがヌメっとみえるんだろう?何でバンパーがメッキに見えるんでしょう??」とこの作品に感動しまくっておりました。思わず自分でもスキーを背負ったスバル360のイラストを描いてみましたがヌメっとはなりませんでした・・

まさかそれから四半世紀以上経って一緒にお仕事をさせて頂いたり、お話が出来るとは思いませんでした。

で、記事の中では岡本画伯とシゲ菅沼のシェルビー・コブラに関する対談に変態一人が割り込む形で?構成されております。

 

岡本画伯の迫力あるシェルビー・コブラ427 S/Cといっしょに写っているブルーの’66シェルビー・ムスタングGT350は何と変態の愛車でございました。

御丁寧に細かな解説も入れて頂きまして恐縮であります。

私のクルマは1966年に2380台作られたGT350の内、ちょうど800台目のキリ番でありまして、当時ロスアンゼルス空港の敷地内にあったシェルビー・アメリカンから直接最初のオーナーにデリバリーされています。

 

シェルビーのシリアルSFM6S800というクルマになります。

シリアルプレートのSFMはShelby Ford Mustang、6は1966年式、Sはストリートバージョン(Rだったら天文学的数字の価値のあるレーシングバージョン)800はこの年800台目のGT350ですぜという意味なのです、ウソ八百みたいですが・・・

800台目からリアの足回りが小変更され、いろんな文献にやたら800という数字が出て来まして何かドキドキしてしまいます。

その後複数オーナーを経て80年代にはレース仕様にモディファイされ、SCAAビンテージレーサーとして西海岸のサーキットを走っていた模様です。

 

90年代に入ってJames Romanoさんという方が元の状態にレストアし、ナゼかフェラーリディーラーに売却され、その後92年にバレットジャクソンオークションに出品され、94年頃日本に上陸し、ついこの前の95年にナゼか変態の元へやって来ました、ご愁傷さまです・・・

こういった事が調べられるのもアメリカという国の奥の深さですが、今後個人情報が出にくいご時世となり調べにくくなってしまうのでしょうか??

 

まあこのクルマはずっと私の元で1/1ミニカーコレクションとして過ごすので個人情報もへったくれもないのですが・・・

46年前に造られた一台のGT350は数奇な運命をたどって日本の変態の元で生息しております。アメリカのマニヤの皆さ~んSFM6S800は岡村町にありますぜ!!

[…]